競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年31戦5的中
-13840
第42回 エリザベス女王杯(GI)
-600
第156回 天皇賞(秋)(GI)
200X9.0=1800-700=+1100
第78回 菊花賞(GI)
-700
第22回 秋華賞(GI)
-700
第68回 毎日王冠(GII)
-900
第51回 スプリンターズステークス(GI)
-500
第65回 神戸新聞杯(GII)
4.6X300=1380-600
+780
第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X14.3=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X4.5=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
8.6X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第34回 マイルチャンピオンシップ(GI)大外れ 

12.2 - 10.8 - 11.6 - 12.1 - 11.9 - 11.5 - 11.6 - 12.1
マルターズアポジーが逃げてペースが稍重にしては速かった
先行した馬はレーヌミノル以外失速した

レーヌミノルが4着に粘るとは驚いた

エアスピネルは馬場の中央にもっていってベストのタイミングで抜け出した
馬の力は出し切っている
勝ちきれないのは運がないな、母の母エアデジャブ―のようだ

サングレーザーも外からよく伸びていた
まさか3着に来ると思わなかった

さらに驚いたのはペルシアンナイト
後方で溜めて中央を物凄い末脚で抜けてきた
4コーナーの位置では届かないと思ったのでびっくりだわ

終わってみれば3歳.4歳.3歳.3歳
6歳世代は全滅

期待したサトノアラジンはスタートからさげて外にだして大外ぶんまわしたが
全然伸びなかった
天皇賞の精神的なダメージで馬のやる気がなくなったのかも

イスラボニータは追い込みで良いタイプじゃない
ある程度前で抜け出すエアスピネルと同じタイプ
4コーナーの位置が悪すぎた

ペルシアンナイト+12だったけど歩様は軽いし成長分だった。


馬券は大外れ
6歳中心にしたのはあほだった
3歳世代レベルが低いとか言われていたが強い
4歳が糞過ぎる
5歳もマイルは強いのがいない
6歳は衰え
終わってみれば4歳1頭出てる馬と3歳でよかった

ジャパンカップも3.4歳中心で良いだろう
ただ5歳がめちゃくちゃ強い
スポンサーサイト

第34回 マイルチャンピオンシップ(GI) 

このレースは3歳は苦戦
斤量が1キロ増えてから牡馬は全くダメ
4歳も強いのだが6歳でも来る
前年連対馬がでてきたら連続で連対

サトノアラジンは天皇賞のぼろ負けで人気が落ちた
天皇賞は馬場でまったく走ってない
天皇賞で5着以下でも
ジェニュインが勝った
ハットトリックも勝った
サダムパテックも勝った
毎日王冠では58キロで凄い末脚
去年は不利受けての失速
まともだったら3着はあっただろう
あとは当日の馬場だけだ

レッドファルクスは去年芝に戻してから香港スプリント以外は3着以下無し
安田記念で3着が凄い
内側にいて直線前が壁になって大外にだしてから凄い末脚だった。
東京の1600で問題ないのだから京都の1600なら問題ない
ダートも走れるパワーがあるので馬場が荒れても問題ない
欠点が出走馬で一番無いと思う

前年連対馬はイスラボニータがいる
今年は京都1600のマイラーズカップで勝ってい
富士Sはエアスピネルに負けたが、パドックみればわかるが仕上がりの差が大きい
斤量も1キロ重かった
ただ

エアスピネルは掲示板をはずさない安定感があるのだが
G1だとそこそこで終わってしまう
持続するタイプなのでG1級の末脚勝負だとどうしても少したりない
これがムーアでどうかわるかだ

4頭ボックスで買えば当たるだろうがそれでは面白くない

馬連
05-07 100
ワイド
05-07 200
3連
05-07-11 100
05-07-12 100
合計500円

第42回 エリザベス女王杯(GI) はずれ 

4歳を買ってはいたのだがヴィブロスじゃなくてクロコスミアが来た
そして3歳は3頭中切ったモズカッチャンが来るとは。
馬券の買い方下手くそすぎるわ
12.5 - 11.3 - 12.7 - 12.8 - 12.7 - 12.8 - 12.9 - 12.2 - 11.6 - 11.2 - 11.6
残りの4Fまでが12秒の超スロー
これでは前にいないとダメだ

クロコスミアは2番手でいったのだが最後一旦抜け出した
昔のクロコスミアではなかった
先頭じゃなくてもいいならこの先も上位争いできそうだ

モズカッチャンパドックよかったなぁ
肌艶よくて張りが合って、気合も入っていた
内側から抜けてきた
デムーロの位置取りと仕掛けのタイミングが上手い

ミッキークイーンは休み明けだが外を回って歩様もよかった
完全に仕上がっていたようだ
最後物凄い末脚で伸びてきた
この馬だけ後方から外を早めに動いて伸びてきた
やっぱ強かった
牡馬相手のG1で3着になっていた馬を切ったのはあほだった

ヴィブロスは外から前にいったのはよかったのだが
スローすぎて折り合いがついてなかった
なんとか馬の後ろにいれて折り合いをつけたが消耗してたのか伸びなかった
あれなら気分よく前にでてしまったほうがよかったのかも?

後方に控えて末脚勝負のタイプは馬場が内しか伸びないし終わっていた



馬券は大外れ
取れそうだったのになぁ

第42回 エリザベス女王杯(GI) 

このレースは6歳以上はほぼこない
7歳のスマートレイアーは切る
5歳も苦戦傾向だが前年勝ち馬か連対馬は買える
4歳が強い

◎ヴィブロス
4歳で牡馬相手に海外G1勝ち
今回は牝馬だけのG1
叩き2戦目
府中牝馬は434で秋華賞のときより+20キロ
今回はかなりの上積みがあるはずだ。
普通なら連には来る。

○クロコスミア
最近は逃げたら3勝している
気性的に前に馬がいないほうがいいタイプなのだろう
今回も逃げ馬はいないので逃げれそう
ステゴ産なのでパワーはある
馬場が荒れてる内側でも問題ない


▲クイーンズリング
5歳だが前年勝ち馬
府中牝馬は調教不足
今回は調教が一変している
良馬場の京都は連対100%

△リスグラシュー
最近仕掛けてからの反応が鈍い
距離が延びるのは絶対に良い

△ディアドラ
秋華賞は一頭だけ抜けて強かった
200伸びて外回りは、更にいいかもしれない

馬連流し 600円
11-16 100
06-16 100
07-16 200
04-16 100
07-11 100

第156回 天皇賞(秋)(GI) 的中 

13.2 - 12.5 - 12.9 - 12.5 - 13.1 - 13.0 - 12.4 - 12.0 - 12.7 - 14.0
2:08.3

勝ちタイムが2000Mとは思えない馬場
スタミナとパワーだけでキレなんて発揮できる状態じゃなかった
キタサンブラックは出遅れて最短コースから抜けてきて早目先頭
そっからギリギリ粘ってなんとか勝った
抜け出すときのパワーは凄い
それを持続するスタミナと根性
やっぱり現役最強馬はこの馬か
パドック気合入って良い感じだった

サトノクラウンは前の内側で今日なら絶好のポジション
追い出してから伸びだすまで時間が掛かったが最後ゴール前までしぶとく持続
この馬の根性も凄いものだ
パドックみればわかるが+10キロで、体に少し余裕があった
調教も少し足りない感じがしていた
ここを目標に限界まで仕上げていたら勝っていたのだろうけど
堀は海外好きだし香港勝ちに行くのかな?

レインボーラインは時計が掛かると強い
モーリスに迫った札幌記念のときもひどい馬場だったが
今回はあれ以上の酷いパワー馬場
ステイゴールド産の特徴がでている
まさか3着に来るとはね

リアルスティールは最後1Fで失速
位置もよく伸び掛かったがさすがにスタミナ切れだった

マカヒキ
パドックで久々に良く見えた
凱旋門から帰ってきてなんかいまいちだったけど今日はよかった
レースは内田の選んだ位置が悪すぎた
後方から伸びてきたのはこの馬だけ、ダービー馬が復活気配
これはジャパンカップで買おう

ネオリアリズムは馬場が合うと思ったんだが全くダメだった
結構強い調教やってたけどプラス体重、体に余裕ありすぎたのかな?

ソウルスターリングは無茶苦茶重い馬場
3歳牝馬では仕方ない
それでも6着なら悪くない

終わってみれば6歳は全滅
5歳5歳4歳
やはり秋は5歳と4歳が強い




第156回 天皇賞(秋)(GI) 

このレースは4歳5歳が圧倒的に強い
なぜか6歳以上は走らない
例外は8歳のカンパニーだけだ

4歳世代はダービー組すらボロボロと負けまくり
そうなると5歳世代を買うしかない

◎サトノクラウン
デムーロがリアルスティールじゃなくてこっちに乗るのだから勝負になるのだろう
宝塚記念は外から一気に抜け出してあとは流していた
稍重で2.11.4は優秀
枠も内側で前を行くキタサンあたりをマークして抜け出すだけ
今回も丁度良く雨が降る
良いことばかり

○グレーターロンドン
今回は調教がいい
その上積みと距離延長でどうなるか
毎日王冠の走りだと2000でも問題なさそう
渋った馬場はどうなるかわからん

▲マカヒキ
毎日王冠を見てると距離が足りない感じ
距離が伸びたほうが絶対にいい
叩き2戦目で調子もあがっているはず

△サトノアラジン
安田記念から馬が変わった
毎日王冠も58キロでクビ差
200M伸びても3000に対応できるタイプなので問題ないだろう
問題は6歳な事

△ネオリアリズム
札幌記念でモーリスを負かして香港のG1まで勝ったのに人気がない
この馬は雨が降る馬場は大得意
粘りのあるパワータイプ
先行できたらそう簡単には止まらない
これも6歳なのが不安だ

△シャケトラ
18番が不利なのだが今回調教が良く見えた
一発あってもおかしくはない

△キタサンブラック
宝塚の負けだけがよくわからない
天皇賞の反動か?
燃え尽きただけか?
去年パスした2000を使ってくるのもよくわからん
調教はなにか物足りない

馬連 700円
02-03 100
02-07 200
02-13 100
02-14 100
02-15 100
02-18 100

第78回 菊花賞(GI) 大外れ 

不良でもキセキは関係なかった
母系が軽いタイプだから心配したが
終わってみれば力が違い過ぎた
神戸で強かったのだから信じて◎でよかったのに
馬場悪化でキレがなくなるからダンビュライトにしたのはダメだった
4コーナーで外からあがっていって一番外にいってそのまま加速
ミッキースワローを置き去りにして突き抜けていった。
凄いパワーとスタミナだった。

ルーラーシップ産駒は距離伸びて強いなぁ
2歳はスピード不足で苦戦するが距離が伸びてくると強くなる
成長速度もちょっと遅いのかも
あまり高くないしカナロアよりいいな
来年いたらら出資したい

ダンビュライトは直線先頭できたが
最後はバテバテになってしまった
案外距離が持たなかった

クリンチャーはセントライトでボロ負けで切ってしまったが
3000や重で強いブライアンズタイムが母父に入っていたのだから買うべきだった

ポポカテペトルは進路の取り方もうまかったし
和田の好騎乗だろう
ダンビュライトを内から交わしていったのだから長距離は相当強い

マイネルヴンシュは最後伸びてきたが
4コーナーまわったところで位置はよかったのだが加速しなかった
ミッキースワローのすぐ後ろをついていけばキセキと叩き合いになったはずだが
あそこで加速できなかったのが力の差なのかな


普通に当たらないのに大雨のときは馬券は買うもんじゃないね

京都1R 2歳未勝利 スーブレット6着 

今回は相手が糞弱いから楽勝だろうと思っていたがそんなに甘くはなかった。
ゲート入ったら落ち着きがなくてこれはやばいとおもったら出遅れ
そっから前にいけるかとおもったら芝の部分ですでに進んでいかない
4コーナー入ったあたりでルメールが動かそうとしてるのに進まない時点でこれは終わったと思った
外にだしてから少しだけ伸びたが最後はゼットアレースに競り負け
タイムが1.27.3で良の阪神よりタイムが遅い
馬のやる気がなかったのだろう。
雨混じりのダートを嫌っていたのかも?
坂路で最後13秒台しか出ない時点でやばいと思った
飼葉を食べないので調教を緩めでやった影響もありそうだ。
一旦放牧だろう。
シルクの関東馬は昨日2頭も勝ち上がっているのに関西馬はダメだな

第78回 菊花賞(GI) 

馬場が悪くなれば前でレースできる馬が断然有利なはず

◎ダンビュライト
重不良はかなり強そう
一定ペースで粘るタイプ
キレが削がれる馬場はかなり良いだろう。
ルーラーシップ産駒は長い距離が強い
ハーツも同じだがトニービンが入ってる影響だろう
さらに母系はRivermanにRibot
一定ペースで走るパワー馬場なら相当強そうな血統だ

○ミッキースワロー
セントライトはスローだが抜け出す脚は凄かった
母父にジャングルポケットが入ってるのはいい
ジャンポケはトニービン系でスタミナがある
3000になっても問題はない。

▲キセキ
ルーラーシップなのはいいのだが母系が軽いタイプ
スタミナもないので雨がやばいような気がするが
力はあるので買うしかない

△クリノヤマトノオー
清滝特別は届かない位置から差し切った
かなり強くなっている
サトノクロニクルともともと差がない馬
古馬相手に戦ってパワーアップしたなら通用するはず
:ジャングルポケット産駒は長距離で強いのが多い
一発あるかも。

△マイネルヴンシュ
2600で1000万を勝ってきた
重馬場で強いステゴに母系がコマンダーインチーフでさらにマキャヴェリアンが入ってる
道悪の塊のような血統

馬連 700円
12-13 200
12-15 100
13-15 200
06-15 100
09-15 100

15年産のシルクの関東馬 

シルクの2歳が次々に勝ち上がっているが関東馬だけ異常に勝っている
2015年産で勝ち上がった14頭
関西3
関東11

過去も調べた
2014年産で勝ち上がった39頭
関西18
関東21

2013年産で勝ち上がった34頭
関西15
関東19

2012年産で勝ち上がった33頭
関西17
関東16

2011産で勝ち上がった38頭
関西16
関東22

2010産で勝ち上がった21頭
関西9
関東12

どうやらシルクは昔から関東のほうが勝ち上がりはいいようだが、
今年の2歳の差がやばすぎる
最終的には関西も16くらいはいくのだろうけど
今年の関東馬は凄い
上のクラスでも通用しそうなのが何頭もいるしこれならクラシックに出れるだろう。
やっぱ天栄の坂路拡張効果と技術が向上したのだろうか?
これだけ差がでると完全に育成の差がありそうな気もする
これからは関東馬を狙おう。
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
疲れたときは
月別アーカイブ