競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年19戦3的中
-8220

第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第84回 東京優駿(GI) 大外れでハーツライ 

13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4
物凄いスローペース最後の3Fまでに11秒が2F目の11.2しかない
あまりにも緩い上がりだけのレース

レイデオロはパドックで暴れてるしこれは大丈夫なのかと思ったらレースでは折り合いがついてた
外人は折り合いつけるのが異様に上手い。
5Fのところで遅すぎて上がって、二番手にいって早め先頭から末脚を持続させて勝った
昔の絶好調だったときのアンカツを思い出す
ペースが遅かったら自分で動くってのが最近なさすぎる
折り合いと馬をコントロールする技術があるからやれるのだろう。
ルメールすごい。

期待したペルシアンナイトはスタートから頭あげたり
外で折り合うのに苦労してレイデオロが動いたところで一緒に動いてペースがあがって多少折り合ったが
直線までまともに折り合うことができなかった。

直線でかなり頑張って伸びていたが坂を上がったところで力尽きた
やっぱり調教に乗って折り合いを確認してないのはダメだわ。
パドックは落ち着いてて柔らかい歩様でこれはやれると思ったのになぁ
レースはまったく折り合い付かないとか想定外

スワーヴリチャードは内側ぴったりで折り合い
直線だけ外の完璧な乗り方
それで勝てないのだから力が足りなかった

アドミラブルはスローで後方になり
4コーナーからずっと外回って絶望的な位置から大外追い込んできた
33.3でよく3着まで来たと思う
一番強い競馬をやってる。
まともな平均ペースだったらこの馬勝ったんじゃないのかな
青葉賞みたいに3コーナーから捲っていくべきだった。

馬券は大外れだ。
予想の前に書いたデータの残った馬のBOXでよかったじゃんか、配当に目が眩んで変えたのが、アホ過ぎる






スポンサーサイト

第84回 東京優駿(GI) 


アドミラブルは青葉賞のタイムがやばい2.23.6
これで走ったら普通に勝つレベル
ソウルスターリングがチューリップ賞ですごいタイムで勝ったあと桜花賞で
思ったほど伸びず3着に負けたが
あれは関西に二回輸送とトライアルで走りすぎた疲労だろう
アドミラブルは今回このパターンだと思う

◎ペルシアンナイト
皐月賞は5F59.0だが馬場が軽すぎて先行馬は楽な展開だった
この馬は5Fのとこから上がっていって緩むところで動いている
息の入るところがなかった。
それで坂あがって2着は相当強い
同じ位置で動いたカデナは伸びなかった
安定して3着以内は確保するしダンツフレームに似ている

○レイデオロ
今回は写真でみても銭型がでて艶がよくなってる
皐月組では一番疲労がないはず
末脚はしっかりしているのであとは位置取りだが
ルメールなら内側ぴったりで来るだろう
気になるのはサンデーがない血統だ

▲アドミラブル
疲労だけ
まともに走れば勝てるでしょう。

△スワーヴリチャード
トライアル使ってない余裕ローテ
皐月賞は外を回った影響

△カデナ
弥生賞で負かした馬が青葉2着にプリンシパル勝ち
ベストアプローチがアドミラブルと0.4
カデナと弥生賞で0.3
直線の短いスローの上り勝負で0.3なのだから
比較でいけばアドミラブルと差はないはずなのだが。

馬連 BOX 3点 300円
11-12 100
11-18 100
12-18 100
馬連流し4点  400円
04-11 100
11-13 100
04-18 100
13-18 100

1.59.0以内の皐月賞出走馬のダービー成績 [4.2.2.20] 

アルアイン 1.57.8 1着
ペルシアンナイト 1.57.8 2着
ダンビュライト 1.57.9 3着
クリンチャー 1.58.1 4着
レイデオロ 1.58.2 5着
スワーヴリチャード 1.58.2 6着
ファンディーナ 1.58.3 7着
ウインブライト 1.58.3 8着
カデナ 1.58.3 9着
トラスト 1.58.6 13着
1.59.0以下の決着で59秒以下で走れた着順
2016は7着まで 2着マカヒキが1着  3着サトノダイヤモンドが2着
2015は6着まで 1着ドゥラメンテが1着
2013は9着まで 2着エピファネイアが2着
2009は3着まで 13着リーチザクラウンが2着 14着ロジユニヴァースが1着
2004は2着まで 14着ハーツクライが2着
2002は5着まで 3着タニノギムレットが1着
一頭はダービーで連にくる
今年の皐月賞は14着までが1.59.0以内なのだから馬場が早い以外ありえないインチキ馬場

弥生賞からのローテがマカヒキ、エピファネイア、ロジユニヴァース 
皐月前にトライアルを使わない余裕ローテがドゥラメンテ、リーチザクラウン、サトノダイヤモンド

ハーツとギムレットは次を使ってダービーに出るくらいの体力があった。
今年はこのパターンはいない

今年
弥生ローテ
カデナ

余裕ローテ
スワーヴリチャード、レイデオロ、アメリカズカップ

アメリカズカップはさすがに弱すぎて駄目だろう

年明けぶっつけで皐月を叩いたレイデオロは他より疲労がない
スワーヴリチャード、カデナも叩き1戦で皐月賞も末脚不発でそこそこに負けてるので疲労はない
この3頭のどれかは連に来るはず

疲労という意味ではサトノアーサーは毎日杯からのぶっつけで高速タイムのダメージもない
アドミラブルは疲労との闘いだろう
最後の直線さすがに苦しくなって寄れていた
2:23.6なんて早いタイムで走ったら相当負担になる
なんかペルーサぽい
あの時のダービーもエイシンフラッシュは余裕ローテで
3着ヴィクトワールピサが弥生ローテだった

第78回 優駿牝馬(GI) ハズレ 

12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6
5F61.7 2.24.1 
スローなのにオークスで二番目のタイム
馬場が軽すぎる

後半11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6
前にいた馬がそのまま伸びているのだから、これでは後ろにいた馬はもう勝負にならない
ソウルスターリングは2番手から突き抜けている
モズカッチャンも5番手の内側から伸びてきている

リスグラシューパドックで馬体みたいときにあまりにも細すぎた
中段後方から内側を狙ったが前が邪魔になって割って出てきたが
だいぶ離れた5着
3F34.2はソウルスターリングが前で34.1なので完敗
2400で強気に前にいって持続力を発揮する体力がなかったように思う
直前の調教もウッドで流したのも馬体がギリギリだったのだろう。

アドマイヤミヤビはよく差してきたが位置が後ろすぎた
前が止まらないのに直線で一番後ろのほうではどうにもならない
0.7秒も離された。

モズカッチャンは先行して34.1で伸びている
前半の位置取りの差がそのままでただけで相当強い
良馬場では3連勝だったことをもっと評価するべきだった

ソウルスターリング
二番手で内側ぴったりで直線だけ中央
直線でモズカッチャンが並んだように見えたところから突き放してしまった。
スピードの持続力と坂を上がってまだ加速できるスタミナ
すごい馬だわ
フランケル産駒は軽い馬場のスピード勝負がいいようだ
秋華賞もでれば勝てるだろう

ヤマカツグレースは大失速
2000までだった
こんなのに印つけたのはダメだわ

馬券は3連複で大外れ
2着買ってないし|←樹海|         オワタ┗(^o^ )┓三

第78回 優駿牝馬(GI) 

土曜の馬場は軽すぎる
メイSは3F33秒が当たり前
ある程度前にいてキレが無いとだめだ

◎ソウルスターリング
前にいて加速できる
チューリップ賞のレースをすればいいだけ
ルメールなら先行5番手あたりにつけて
内側ピッタリを回ってくるはずだ
問題は距離が持つかどうかだけだ
1.33.2でチューリップ賞を勝つようなレベルなら2400もまず問題ないと思う。

○リスグラシュー
桜花賞の4コーナーから全然進まなくて
これはダメかとおもったら残り200Mから伸びてきたように見えるが前が止まっただけ
最後の1Fで12.8掛かっている
一定ペースで長く持続する末脚がある
距離が延びるほうがいいタイプだが馬場が軽すぎると届かないかもしれない
あと調教が軽すぎ

▲アドマイヤミヤビ
クイーンCで1.33.2で33.6
チューリップ賞に負けないレベル
桜花賞はうんこしててスタートが遅れた?
よくわからないが全く走らなかった
桜花賞はぼろ負けでも直前の重賞で好走してれば
メイショウマンボ、フサイチパンドラ、チューニーのように巻き返す馬もいる
勝ってもおかしくはない。

△ミスパンテール
桜花賞は走らなすぎ
こちらも原因不明のぼろ負け
ダイワメジャーにしては胴が長く足も長く見せる
滑る馬場はバランスが取れなくてだめだったのかも?
距離は伸びたほうがいいタイプ
チューリップ賞の走りができれば十分2着争いに入れる

△ヤマカツグレース
調教だけなら一番だろう
6Fから時計だして最後の1Fも11.8
単走で楽々と走っている
他の追いきりは軽いのばかり
フローラSはスローの上りで
キレ負けしただけで止まったわけではない
ある程度早いペースで逃げたほうがおもしろい。
横典ならやりそう

△フローレスマジック
アルテミスSではリスグラシューと差がなかった
クイーンCは太目残り
フローラは仕上げいまいちで肌艶が悪かった
一回使って上積みがあるはず

3連複2頭流し 7点 800円
02-03-16 100
02-04-16 100
02-14-16 200
02-15-16 100
02-03-14 100
02-04-14 100
02-14-15 100

第12回 ヴィクトリアマイル(GI) 大外れ 

12.6 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 11.1 - 10.8 - 11.9
5F60.1
雨が降って時計が掛かるにしてもペースが遅い

アドマイヤリードは中段後方で内側ぴったり
4コーナーから直線も内側
スマートレイヤーが壁になっていたが開いたところを抜け出した
末脚の持続力すごいわ
キレもあって最後まで垂れないのだから強い
時計勝負じゃなかったのもよかったな

デンコウアンジュがなんであんなに走ったのかさっぱりわからん
阪神牝馬で1.1負け福島牝馬も0.4負け
ここで来るとは思わないわ
時計が掛かったパワーのいる上がり勝負で嵌ったか?
理解不能だが強かった。

ジュールポレールは直線で前が邪魔になってたがうまく抜けてきた
よくスマートレイヤーを交わせたと思う
これも相当強くなっている。

スマートレイアーはスローで先行して早めに抜け出し
ほぼ完ぺきに乗っている
馬の能力が足りなかった

ミッキークイーンはよくわからない
パドックでもいい仕上がりだったし能力は出し切れているはず。
デンコウアンジュと外で叩き合いになっていたが先にでられて
しかもレッツゴードンキが外にくるから進路が狭くなる不利くらって加速遅れ
浜中の位置取りと進路の取り方に運がなかった
阪神牝馬で重でも問題なかったのにデンコウアンジュに加速で負けたのはパワー負けなのかな?

軸がぶっとび大外れ
デンコウアンジュなんて買えないわ

第12回 ヴィクトリアマイル(GI) 

◎ミッキークイーン
雨が降って1.31秒台にならない
ある程度のパワーとスタミナがいる
この馬は重の阪神で物凄い末脚を使っているので雨も問題ないし
2500の有馬で0.4差5着スタミナもある
今回は調教の動きがめちゃくちゃいい
まず普通に回ってくれば勝つだろう
相手探し

○ルージュバック
金鯱賞は前が詰まって結局出れずに終わった
天皇賞秋で7着なら牝馬限定なら余裕で勝負になるレベル
オーサムアゲインが母父だしパワーのいる芝のほうが断然いいはず

▲スマートレイアー
7歳になって急に調子がもどってきたのだろうか
調教の動きがよくなっている
マカヒキに先着したのだからここに入ればトップレベル

△アドマイヤリード
衣笠特別でジュールポレールに負けたのは前が邪魔になった
北大路はとても届かないような位置から差し切り
飛鳥Sは楽勝
阪神牝馬は相手が強すぎただけ
いまの調子なら2着争いには入れそう
馬場が重くてもステゴ産は有利パワーはある

△レッツゴードンキ
距離がどうかだが馬場が渋ったときは[1.3.1.0]
馬券内100%
最近の連対もすべて時計がかかったパワーレース
雨が降ったのはいい

馬単 4点X200 800円
11→02 13.0
11→05 14.6
11→07 15.6
11→14 10.8

第22回 NHKマイルカップ(GI) はずれ 

12.4 - 10.9 - 11.2 - 11.6 - 11.8 - 11.3 - 11.3 - 11.8
5F57.9 1.32.3

高速馬場になっているので33秒は切るだろうと思ったが
1.32.3は早い

アエロリットは抜群のスタートでそのまま外を先行して早め先頭から抜けて1着
今年の牝馬はレベルが高いと言われてたが強かったわ
桜花賞5着でこのレベル
ソウルスターリングはやっぱすごいんだな
よく思えばこれに負けてたペルシアンナイトが皐月で2着

びっくりしたのは2着のリエノテソーロ
ダート馬だと思ったら芝でも強いわ
アネモネSの4着がG1で2着とかなんなんだ
今年のメンバー超低レベルだったってことかな

期待したレッドアンシェルはスタートしてすぐ下げてしまった
あれでポジションが悪くなり直線伸びているが届かなかった
それが無くても、2着馬のすぐ後ろにいて最後離されてるから2着もなかっただろう
パドックでイレ込みすぎだし馬体が減ってるし発汗もしているし落ち着きがでてこないとダメだ

ボンセルヴィーソは堅実、重賞で2.3着
スピードが足りないとおもって軽視したのだが粘って3着
1600だと着差が広がるのでベストは1400なのかな

1400万の馬が1着
クロフネの牝馬は走るなぁ


第22回 NHKマイルカップ(GI) 

未勝利で1.34.1 F59.4
ハイペースでもないのにこのタイムは早い
プリンシパルSは1.58.3と物凄い高速決着

◎レッドアンシェル
高速決着で強い母父ストームキャット
アーリントンCで34.3でディバインコードは楽に交わせている
休み明けでペルシアンナイトから0.5ならまあまあ
朝日杯は体ができてなかった
今回は調教が抜群にいいし、肉の厚みが全然違う
叩き2戦目で坂が緩い長い直線
この馬にぴったりなコースだと思う。

あとはもう手広く流すしかない
桜花賞組
アエロリット
カラクレナイ
距離短縮
アウトライアーズ
プラチナヴォイス
モンドキャンノ

馬連流し5点X100 500円
04-15 28.5
15-16 35.2
01-15 43.6
03-15 52.1
05-15 146.9



第155回 天皇賞(春)(GI) 馬単的中 

12.9 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 13.0 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2
3.12.5
キタサンブラックは離れた2番手で12秒台を維持してはしっていたような感じ
下りから12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2
さすがのキタサンブラックも12.2で失速している
相当厳しいレースだった。

シュヴァルグランはジワジワと差をつめていたのだが競るまでは無理だった
下りから直線に入るところでもう併せていければよかったのだが、そこで差が開いてしまった。
加速していくときのスピードが足りなかった
ステイヤーとしての能力は相当高い

サトノダイヤモンドは直線でシュバルグランを交わせるかと思ったら案外伸びなかった
4コーナー外まわっていたのが相当厳しかった。
シュバルグランに負けるのだから距離適性が出たのだろう。

ディーマジェスティは下りから反応が悪すぎ
胴が詰まった体系だし、距離が長すぎた

ゴールドアクターは珍しくパドックで入れ込みがなかった
出遅れてポジションが悪くなった時点で終わってしまった



久々に馬単で◎○で的中
今回は簡単だったがNHKマイルはやばいな
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
疲れたときは
月別アーカイブ