競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年19戦3的中
-8220

第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

ビッググラスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! 

久々に穴馬券とれた10-12 4,050円
12.5 - 10.8 - 10.9 - 11.7 - 12.0 - 12.7 - 12.9
3F34.2でトウショウギアが飛ばす展開だが
後ろは結構離れているので、平均ペースのように思える
しかし先行して残ったのはシーキングだけ
結構力のいる馬場で早かったのかな。

シーキングザベストは先行していい所にいたが最後とまった。
休み明けだし、冬場のパワーのいる馬場はこの馬合わない。

ビッググラスは予想してたより後ろからいったのだが
最後すごい脚で抜けてきた。
エルコン産はパワーのいる馬場は強い。

リミットレスビッドは早めに動いたのと58キロ
これがやっぱり最後の伸びがなかった原因だろう。

ニホンピロサートは物凄い脚で突っ込んできた
買ってないのでやばかった。
地方のダートでも走れるタイプだし
パワー優先馬場でタイムが掛かったのが嵌ったようだ。

京都牝馬 ハズレ
ディアデラノビアが一頭だけ33秒台の脚で突き抜けた
G1で3着の馬が54だし勝って当たり前4馬身は強かった。

スポンサーサイト

京都牝馬ステークス 

◎ディアデラノビア
G3で54キロ、G1で3着にくるほどの馬
勝つでしょう
これで勝てなきゃ、重賞は勝てないぞ。

○サンレイジャスパー
府中牝馬でディアデラに同じ斤量で先着
今回1キロ重いのでその分負ける

△ソリッドプラチナム
マーメイドでサンレイジャスパーを負かしている
54キロ以上だと成績が良くないは体が小さいのが
影響しているのかも。

△コイウタ
オーロCで古場相手に2着
まだ4歳で成長があるはず

馬単 4軸 5.9.14 3点

根岸ステークス 

◎ビッググラス
太秦ステークスでボードスウィーパーに負けているのだが
このときは良ダートで前半3F33.6のハイペースで57キロで先行
しかも休み明けで負けた。
ボードスウィーパーがその後シーキングと0.1なのでこの馬
十分に勝負になるはず。
3戦目はぼろ負けしたが芝なのでしょうがない。
ダートの1400で前で引っ張ってくれる馬がいる展開
完璧にいい条件がそろっている。

○リミットレスビッド
ガーネットで59キロで3F32.7の超ハイペースを
早めに動いて二着は強い。
今度は58キロ、ペースが34秒程度
余裕でついていけて差しきれるだろう。

▲シーキングザベストは1400ダート「6.1.0.1」東京「2.0.0.0」
ほとんど不安は見当たらないのだが
距離が長いほうがいいと個人的には思っている
武蔵野勝った馬が、OPを使ったのが気になる
疲労でもあったのだろうか。
普通なら連ははずれないだろう

馬連 9.10.12 BOX

1戦1勝 馬連1番人気当たって当たり前 

スズカフェニックスは前に壁もできず、楽に抜け出した。
5F58.3で3F33.3すごい上がり
しかも大外を走っているしゴール前まだ余裕があった
まだまだ強くなっている。
エアシェイディは武が外にいてだせない感じにされたので
内側突っ込んで、どうなるかと思ったが
手ごたえ抜群で、仕掛けてから抜け出す脚はすごい物だった
イースターは平均ペースだったが上がりの早い展開で
ルメールが最短コース走って3着
2着とは、0.1だがそれ以上に力の差がある

パドックでホッコーソレソレがすごいいい感じだったので
3着で買ったのにあの仕上がりで4着はやっぱ能力の限界かな

ブラックバースピンはパドックで小足で歩いていたしなんか変だった。

11R 東京新聞杯(G3) 

◎スズカフェニックス
富士Sでエアシェイディと0.0で3F33.9も同じ
あのとき56キロだったシェイディが57キロになる
1キロ増えるのでフェニックスに有利だ。

○エアシェイディ
4.2.0.0
まあ普通に走れば連は外れない。

馬連1点 4-12

イースターは前半が37秒と遅いときか後半3F37秒と掛かるときしか
きたことがない平均的な持続力はないので危ない

キャピタルで3F0.5も差があるブラックバースピンは
今回も展開がスローで前にいってないとシェイディに先着は無理

グレイトジャーニーは持続的な脚は微妙
ぺリエなので3着ならありそう。

3戦3敗まったくアタラネーゼ 

呆然すること林の如し 怒ること火の如し 不貞寝すること山の如し
13.0 - 11.3 - 12.3 - 11.9 - 11.7 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 13.0
11秒を最初から連発して最後持つわけがない
インティライミは折り合い付かないで暴走
この馬もう長距離はだめだろなぁ
4着に粘っているが5馬身もぶっちぎられてるし
たんなるOP馬だった

マツリダゴッホは楽勝
折り合えば強い
中山では強いが長い直線の京都はどうなんだろう

平安Sはエイシンラージヒルが粘っていたので
馬券的には楽しめた。
まあはずれて仕方なしみたいな買い方だったので納得

9R 若竹賞
ナイキアプロードにはやられた
レース諦めて追わないとかふざけんな

(´Д⊂ モウダメポほんとアタラネーゼ 大損物故板

11R AJCC(G2) 

◎インティライミ
中日新聞杯5F58.2のハイペースを4番手から早めに動いて
先頭にでたが最後は差されてしまったが、やっと復活気配だ
粘りがでてきた。
小回りで直線が短い中山のパワー勝負なら勝てるはず。

○マツリダゴッホ
中山「2.1.0.1」着外一回はぶつかって騎手が落ちたセントライト
右回り「4.1.0.2」
左回り「0.0.0.2」二回とも2番人気でぶっ飛んだ。
この馬は右回りではかなり安定している。

◎○二頭でかなり固いとおもう。
あとは3連単3着で買うだけ。
△インテレット
菊花賞は出遅れて後ろからいったのが
ハイペースで先行した馬は潰れる展開で
結果的によかっただけで0.8だから強いとかおもうと
アクシオンみたいにやられる気がする。

△ジャリスコライト
調教だけみてるとすごく買いたくなる
絶好調に近い動きに見えたが中身はどうだろう
故障での休養じゃないので仕上がってるのかも?


馬連 4-5 1点
3連単フォーメーション
1着 4.5
2着 4.5
3着 3.9

平安S(G3) 

このレースは5F60以上だと4コーナーで5番手以内にいなければ
ほとんど連に絡めない。
フィールドルージュ、サンライズバッカス、タガノサイクロン
人気になりそうなのは全部差し追い込みで
人気薄の前にいけるのが残れば結構いい馬券になるだろう。

◎エイシンラージヒル
4コーナーで1番手で回ってきたら4戦4勝
ファイナルSでは逃げれなくても粘って3着
先行した馬はほとんど潰れて差し追い込みが上位にきていた
きついレースでも崩れなくなった
京都なら坂はないし速いペースでも大丈夫だろう。

人気はないと思うので、手広く
クーリンガー、フィールドルージュ、サンライズバッカス、
タガノサイクロン、シルククルセイダー、シャーベットトーン

馬連 3軸 1.6.10.11.12.13 6点流し

9R 若竹賞(500万下) 

◎ナイキアプロード
5FF60.5で1600では遅い
スローペースでまくって坂下から一気に抜け出した
しかも余裕がかなりある。
3F34.8は最速でレースの上がりを1.3秒上回る凄い脚
2000Mでも問題ないだろう。

○ブルーマーテル
スローでも追い込んできている
中段で競馬できるようになれば
500万ならすぐ勝てる

△キッズヴェローチェ
タイムは遅いが重だったので仕方ないが
12.7-12-12.1と最後加速していく展開で2馬身抜け出ている
500万でも勝負になりそう


△ショウワモダン
重馬場で5F59.8は早い
それで逃げ切りパワーは凄い

△ヒシブレーブ
ベゴニア5着
今回の相手なら勝ってもいいのだが
加速に時間の掛かるタイプなので直線が短いのは微妙

馬連 7軸 2.8.9.12

2戦2敗 アタラネーゼ モチが粘る!ワロタ 


若駒ステークス
モチが粘る!モチが粘る!テレビ東京の実況、糞ワロタ
しかも勝ってるし馬券が大外れだったが笑ってしまった
しかしスローだからってモチが粘りきって勝つとは驚いた
12.9 - 11.8 - 13.4 - 13.4 - 13.3 - 13.3 - 12.4 - 11.7 - 11.3 - 11.7
5F64.8の超スローで3F 34.7
こんな遅いペースで一番早い上がりを使ったフィニステールが34.2
パワーが無いとだめだった。
モチはダートではしってきたパワータイプで差す競馬ができない
状態だったのでたまたま勝っただけだろう。
クルサードは展開読んで早めに動いたのはよかったが
最後とまったのは途中で脚使ったせいだろう。

ブルーリッチは絶好の展開で抜け出したが、差し替えされた。
あまり強いとは思えない。
フィニステールは後ろからいって外にだしている
スローで外回してコースロスじゃ届くわけが無い
しかし3Fは最速 次は◎で買いたい

コーズウェイもスローで外回しすぎだ
糞騎乗すぎる。
---------------------------------------------------------
菜の花賞
ショウナンタレントを買っていない
せっかくピンクカメオが勝ったのに
ペースが遅かったのかローズオットーは掛かり気味で
最後伸びがなかった
イクスキューズは早めに動いたが1キロ重いのが利いたか
最後のもうひと伸びがなかった
ピンクカメオはいい感じで内側走っていた
最短コースまわってきていたし
ペースも遅いし勝って当たり前だった。

9R 菜の花賞(OP) 

◎ピンクカメオ
スタートがよかったのに後ろから行きすぎで
直線内側に入ろうとして進路がなく
外にだしてまた内側に入る糞騎乗
まともなら5着はあったんじゃないかな
能力はイクスキューズとあまり差は無いと思う。

○イクスキューズ
阪神JFで5着で1.33.8
重賞でも崩れないので強いのだが
今回は1キロ重い
これが影響するとピンクカメオに逆転されるのもありそうだ。

▲ローズオットー
赤松賞は出遅れて後ろから追い込むも伸びず。
東京の長い直線で持続勝負はだめな感じだった。
芙蓉Sが物凄い強い内容だったので正直超(´・ω・`)ガッカリ・・・
今度は中山に変わって瞬発力勝負
ドリームジャーニーと0.2なら勝負になるでしょ。

△叩き二戦目のメイクユーハッピー
ダリア賞でマルカハンニバルと0.0だった
3着着け

3連単
1着 4.6.11
2着 4.6.11
3着 1.4.6.11

9R 若駒S(OP) 

今週も土曜はメインが面白くないし
当たりそうにないので勝負は9R 若駒S

◎クルサード
ホープフルSでハイペースを早めに動いて
抜け出る勢いだったのだが
さすがに坂で止まったが失速ではなく
その後も伸びている。
ブラックオリーブよりは強い
2000Mの瞬発力勝負の方がよさそう

○スズカコーズウェイ
ジュニアカップでシーガルと0.0
稍重で60.6はスローに近いのだが逃げた二頭は
大失速の大差でボロ負けしている
物凄い力のいる馬場だったのだろう。
コーズウェイは早めに動いて先頭にでて
坂を上がっても失速しないでそのまま伸びていた
結構持続する脚もあるので2000M大丈夫そうだ。
コンティネントがクルサードと0.1
コーズウェイも0.1
能力は互角に近い。

▲フィニステール
こちらは坂上がってから突き放した
前半が35.0で前が飛ばす展開で厳しいレース3Fで36.1
最後の坂で12.4も掛かっている
そこで伸びるのは強い
京都で坂がなくなればもっと瞬発力が発揮されるはず
まとめて負かす可能性もある。

△ブルーリッチ
最後は抑える余裕があった
勝ち方はよかったのだがレース内容がよくない。
5F63.1のスローで3Fが35.1はしょぼい
2分4秒も掛かっているようでは厳しいと思ので3着で買う

3連単
1着 4.8.9
2着 4.8.9
3着 4.6.8.9

2戦2勝 京成杯 馬連的中、 日経新春杯馬連的中 

今日は珍しくメインレースを両方当ててしまった。
京成杯 馬連 7-10 800円 的中
サンツェッペリンが逃げたペースは5F62.3とかなりのスローペースだった
12.6 - 11.6 - 13.4 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 12.2 - 11.4 - 11.4 - 12.2
これだけ遅いのに11.4-11.4-12.2で上がりが掛かってる
差し馬にはかなり不利な展開だった。

逃げたサンツェッペリン35.0で2馬身楽勝で強かった。
OPで2着なのに人気なさ過ぎる。
スローだし勝って当たり前だった。

アロマンシェスはいい感じで4コーナーまわってきたのに
伸びなかったのは距離が長かったのだろう。
メイショウレガーロはこの展開で2着なら上等だろう
ただ1番人気になるほど強くはない
クビも高いし距離が伸びてはダメそう。

マイネルアナハイムは切れる脚がないのになぜか中段
伸びもしないが失速もしないもっと前にいかないとダメだった。
ピサノデイラニは血統だけで2番人気とか信じられんかった。
マスコミに釣られすぎ、弟でも血統が違いすぎる。
------------------------------------------------
日経新春杯
残り4Fのとこから11.7 - 11.7 - 11.6 - 12.3
逃げ馬に追いつくために早めにみんな動いて持続力勝負になった。
最短コースまわったトウカイワイルドが1着
そのちょっと外を回ったトウカイエリートが2着
早めに抜け出した二頭がそのままゴール
ダークメッセージも内側を回って3着は驚いた。
外回ったメイショウオウテ4着が一番強い競馬をしている
パドックで物凄い暴れ方していてよく伸びてきたもんだ。

エリートは+12でやっぱりちょっと太かった
ワイルドは若い分まだ伸びそうだ
オウテもかなり能力はあるのだが気性が酷過ぎる
フジは完全復活は無理かも
今日も完璧に近いくらいの仕上がりだったのに
やっぱ故障の影響が大きい

京成杯(G3) 

◎サンツェッペリン
ホープフルSで2着
エリカ賞ではスローでダメだったがハイペースの
持続勝負ではかなり強い
百日草特別のタイムはコスモバルクと互角
負けても2着以下はないはず

○マイネルアナハイム
56キロ背負ってたのを考えれば5着はよく頑張っている
斤量差がなくなれば0.2は短縮できる計算

▲ダイレクトキャッチ
最後結構いい足つかって差を詰めている
新馬で33.4ですごい瞬発力
スローペースになれば一気に差し切りもありそう

△メイショウレガーロ
一応抑える程度
負かした馬がしょぼいし今年の札幌組は強くない

△アロマンシェス
アドマイヤヘッドに2回先着している
レガーロより強いかもしれない。

馬連 10軸 5.7.9.11 縦目9-11 5点

日経新春杯(GII) 

◎トウカイエリート
オリオンSが先行して直線抜け出して楽勝
着差以上に強い
京都「1.4.3.4」安定している
4ヶ月の休養で馬が変わった。
58で勝てなかったのが、いきなり58キロで楽勝
そのあと1600万もあっさり勝ち上がった
6歳後半にしてやっと本格化したと見ていい
今回は54キロと軽いのもいい
出走馬の中で2400以上で3勝以上してるのはこの馬だけ
距離適正もぴったりで軽量でちょっと上がりの掛かる馬場
ベスト条件が揃った。

○メイショウオウテ
京都で3.0.1.0
このコースでは強い
トウカイワイドルに勝っているのでエリートと差はない
距離適正がこっちはマイラーっぽいので軸にはしなかった。

△アドマイヤフジ
有馬はしょうがない。
調教は有馬のときも絶好だった
今回も問題なし
あとは叩き二戦目で変わるかどうかだろう。

△トウカイワイルド
時計の掛かる馬場での持続勝負では結構強い
いまのボコボコ馬場の京都なら勝つのは厳しいが結構やれそうだ

△サイレントディール
京都3.1.0.3
大阪杯で3着とかダービーで掲示板入った馬
パワー勝負の馬場は得意なタイプ
56キロなら残ってるのもありそう。

△オースミグラスワン
鳴尾記念でビリだったが61.2の超スローで一番後ろにいた
しかも内ぴったり回ったとこまではよかったのだが
行き場がなく外にも出れず、どうしょもない糞騎乗だった。
京都3.3.1.0で得意コース
外回りで頭数が減った今回はもっと走れるはず。

馬連 8軸 1.3.4.9.10

2戦1勝だけど収支マイナス 

白梅賞 3-10的中だが6点買って6.3倍で儲けなし
ブラックオリーブは外からひとまくりで楽勝
やっぱりエリカ賞の力が本来のものだった

迎春S アタラネーゼ
アクシオンすごい勢いで上がってきて
坂でとまってギリギリ3着
この馬は坂がないコースのほうがよさそうだ
思った以上に中山コースは伸びがない
距離ももしかしたら長いかも。
次は平坦コースにでるまでは買わない
結局こっちが外れて大損だった。

9R 白梅賞(500万下) 

◎ブラックオリーブ
二回とも本命にして見事にこない
今度こそだ
ホープフルステークスは5F58.8で速いペースだった
4コーナーで先行集団は7.9.11.12.14.15着と全滅
そのきつい流れで早めにまくっていって
一旦は抜け出す勢いだったが坂でとまって9着なら悪くない
エリカ賞の走りさえできれば勝てるはず。

○ディープスピリット
ラジオNIKKEI杯で7着0.5離されがスローペースだった
同じ位置にいたホウオーには置いていかれたが
34.6で伸びているので悪くはない
距離短縮もいい。

▲ウィルビーキング
阪神1600で1:34.4はかなりいいタイム
58.7の早いペースで3番手にいって最後差された
休み明けで馬体+16、余裕がありすぎた
今度は叩き2戦目で変わるはず

△タガノグラマラス
ニシノマナムスメと0.1
タイムは遅いが強いレースだった
先行できて3Fでは3番目以内の脚を使う
坂もなくなって内側有利の京都はぴったりだ。

ペリエの乗ってたキープユアアイズは切った
ペリエでダメだった馬が和田で走るわけがない。

馬連 BOX 3.7.10.15

10R 迎春S(1600万下) 

メインがハンデでしかも大混戦だ
まともにあたりそうなのはこれしかない。

◎アクシオンは菊花賞で5着
メイショウサムソンと半馬身ならあっさり勝てるはず
クリスマスCで5F58.3の早いペースを控えて
絶好の仕掛けで伸びきれず最後は1馬身マツリダゴッホに付けられた
ゴールまえでなぜか鞭いれてない
寄れたのかよくわからんがまともに走れば1600万は勝てるはず。

○リメインオブザサン
冬至ステークスでマツリダゴッホと半馬身
サウスポールが飛ばして5F58.8で6Fまで12秒以内のきつい流れ
早めに動いてフェイトトリックスと一緒に抜け出たのだが
最後は力が及ばず差されてしまった。
ゴッホがクリスマスCでアクシオンに勝っているので
差のないリメインも勝負になる。

▲オールピュールが凄い鮮やかな勝ち方
直線の抜け出し方が凄すぎる
しかしペリエが乗って買った後は危ないので◎にしなかった。

△チョウカイフライト
8歳だが能力は落ちてない
勝つのは難しいが2着はありそう

△ネヴァブション
53キロだったが2500の中山コースで勝っている

馬連 3軸1.5.6.8 縦目1-6 5点

シンザン記念 ハズレ+回顧 

1着スカーレット固定でやられた
12.6 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.3 - 11.7 - 12.0 - 11.2
5F60.2だがエイシンイッキが離して逃げる展開なので
後ろの集団は61秒くらいだろう
スローの瞬発力勝負になってしまった。
ダイワスカーレットは中京2歳のように早めに突き放せばよかったのに
オーラをまって追い出した感じでキレ負けした
安勝はなに考えてんだ
瞬発力じゃオーラのほうが上なのは前走でわかっていたのに
わざわざ並んで追い比べにするなて馬鹿すぎる
オーラのほうは1馬身抜けるくらいなので瞬発力勝負ではかなり強い
3着ゲレイロは位置が後ろすぎた

1.35.1でタイムが遅いしオーラは賞金加算できてよかったが
他の馬にはあまり意味のないレースだった

シンザン記念(G3) 

◎ダイワスカーレット
54キロのままで斤量がアップしてないのは有利
とくに飛ばす逃げ馬もおらず
平均ペースを先行して早め先頭で勝ちそうだ。

○アドマイヤオーラは56キロになってしまう
中京2歳でスカーレットの上がりは上回ったが
56キロになると微妙に影響がでそう
さらに外回すといまの京都は届かない。

▲ローレルゲレイロ
デイリー杯のような乗り方をすれば逆転もありそう
だが57キロで重いので無理だろう

あとはゲレイロが57で沈むかオーラが届かないときに
なにが3着にくるかだが
ジャングルテクノかマイネルフォーグだろう。

3連単 6点
1着 8
2着 5.7
3着 4.5.6.7

3連敗 (´Д⊂ 

ガーネットS
リミットレスビッドを買ってないのでハズレ
スリーアベニュー後ろにいすぎだとおもったら
すごい脚で一気に差しきり
かなりハイペースだったようだ

ジュニアカップ
ウィズディクタットがなくて3連単でハズレ
シーガルとスズカの叩き合いだったが
57キロ背負って外まわしているのにシーガルが勝った
やっぱG1で戦ってきただけある

今日はぜんぜんだめだった
BOX作戦も2着が抜けてたり
3連単買えば3着が変なのくるし
福寿草は軸がぶっとびではどうしょもない。
(´・ω・`)ガッカリ・・・

福寿草特別 大はずれ C死ね 

ケープポルトまけるはずがないとおもったが
ぶっちぎりで3着に負けた
なんだったんだラジオnikkei杯よりタイムが早かったのは?
2.04.1の遅いタイムでボロ負けしすぎ
糞ケープポルト駄馬だった思いっきり騙された
ペリエの乗った馬は新馬とかも次買っちゃダメだ
今年はペリエからの乗り代わりは切りまくるぞ

ジュニアC(OP) 

マイネルシーガル
朝日杯FS6着で上位とは0.4しか差がない
早いペースにもならないだろうし
先行すれば楽勝できる
57キロでも問題ないでしょう。

シャイニンワールド
勝ちタイムは遅いのだが
勝ち方がよかった。
加速してからほとんど鞭もいれずに交わしているしレベルが違った。
タイムが早くなってどうなるかだが
雨の影響で1分35秒程度なら問題ないでしょう。

スズカコーズウェイ
これも勝ちタイムが1.37.0で遅い
しかし3着には5馬身
瞬発力勝負で33.9
次がコンティネントの34.5なので物凄い瞬発力を発揮している。
コンティネントはクルサードと0.1
レベル的には500万で通用する馬
それを差しきったのだから強いはず。

3連単 1.5.7BOX

8R 福寿草特別(500万下) 

◎ケープポルト皐月賞の最有力馬だと思ってる。
勝ったタイムがラジオnikkei杯G3より0.6早い
新馬2.01.5
5F61.9(36.3-35.3)
ラジオnikkei杯2.02.1
5F61.4(36.6-35.2)
前後半3Fもほとんど同じ5Fで0.5新馬の方が遅い
しかし勝ちタイムで0.6早いのは凄い
500万なら楽勝

相手探し
順当ならマイネルダイナモ
坂がなくなればもう少し粘るはず

2.01.6で中京で楽勝してきたタスカータソルテ

マイネインティマ
中京2歳はぶっちぎられてしまったが
3F34.4で伸びてきている
平坦右回りでスローの瞬発力勝負なら2着はあるかも。

馬単 2軸 3.6.8

11R ガーネットS(G3) 

リミットレスビッドはダート1200Mで2戦2勝
58でゴールドトロフィを3馬身離して勝って来たので
59でもなんとかなりそうだが微妙すぎ

アグネスジェダイは休養してから調子がよくないのか
結果がでない。
しかも59ではいらない。

ジョイフルハートは関東初輸送でOP2勝が59キロ
いくらなんでも59背負う実績はないだろう。
しかも外枠なので逃げるために前半から足を使うことになる
最後の坂で止まる可能性が高い

スリーアベニュー
ダート1200で「5.5.1.0」
この距離ではめったに崩れない
中山でも勝っているし54キロで軽量

サンアディユ
ダート1200で「3.0.0.0」
スリーアベニューにも勝っているし

ニシノコンサフォス
ダート1200で「3.0.0.0」
羅生門Sでジョイフルハートに57の同斤量で1馬身勝っている
それが57対59ならこっちが先着するのが当たり前。

ニホンピロサート
57.5キロならまだなんとかなる
9歳だが重賞で2着したりとまだ衰えてない
ダート1200で5.4.2.0
中山で2.2.1.0
このコースは大得意だ

馬連BOX 3.8.12.13


中山金杯 ハズレ 京都金杯 70.2倍的中  

中山金杯
12.6 - 10.8 - 12.6 - 11.6 - 12.2 - 12.1 - 12.5 - 12.6 - 12.2 - 13.2

重馬場で5F59.8は早いしかも4F11.6と変なとこで早い
かなり前半からスタミナ消耗するレースだったのか
中途半端についていった馬は全滅
後ろで溜めてまくってでたブラックタイドが
二番手に抜けてたが早めに動いてバテたとこをさらに後ろで溜めてた
アサカディフィートに差しきられた
7馬身後方でショボイ争いだった
シャドウゲイトは2番手で折り合って離すだけ
物凄い強さだった。


京都金杯 70.2倍的中
12.3 - 11.2 - 11.7 - 12.2 - 11.6 - 11.0 - 11.6 - 12.3
1600Mで59秒は遅い
スケルツィはスローで前にいるのだから楽だった
メガワンダーが来ていたが直線で突き放した。
メガワンよりは確実に強い
エイシンドーバーはよく届いた
中段にいてスローペースで前がかなり楽だったので
メガワンダーに届きそうなかったがギリギリ差していた
右回りだと強い。
キンシャサノキセキは掛かっていたのか
無理やり抑えて外まわしたとこで伸びがなかった
ひどい騎乗だった。
マルカシェンクは大外ぶんまわし
まあ後ろにいてはあれしかない騎手がへたくそすぎ。
リシャールのぼろ負けはよくわからない

金杯が当たってよかった。

中山金杯 

◎グロリアスウィーク
きさらぎ賞4着、弥生賞2着
アドマイヤムーンやメイン、サムソン、ドリパスとほとんど差のない
競馬をやっていた。
叩き二戦目で変わる事に期待する
スローで先行できるし55キロ
条件はそろっているし9割力をだせればあっさり勝つだろう。

○マヤノライジン
外枠に入ったのだけが心配だが
ある程度前にいける
中日新聞杯はインティライミ、ホーホウアランと差はなかったし
この程度のG3なら勝負になる。

▲イースター
エルコン産なので距離が伸びてもいいはず
ディセンバーはスローの上がり勝負で先行して最速の上がりだった
今回もスローの瞬発力勝負
1F伸びてもなんとかなるだろう。

△シャドウゲイト
香取特別のタイムがOPのディセンバーSより0.6早い
7馬身ぶっちぎったのも納得できる。
しかも今回逃げ馬はこの馬だけだ
単騎逃げで自分のペースでいけば結構粘るだろう。

△ワンモアチャッター
横典がイースターではなくこっちに乗ってるので
たぶん勝負になるのだろう。
重賞でも崩れていない、叩き3戦目で調子落ちはないはず。

馬連 11軸 4.9.14.16 縦目4-14 5点

11R 京都金杯(G3) 

4歳のトップクラスが一杯でてきた。
しかし鳴尾記念組は怪しい
5F61.2で3F33.6でシェンクとメガワンダーは
先行して内側走っている。
展開に恵まれすぎていたしメガワンダーはペリエからの乗り代わり
これは危ない。

阪神Cは56.6のハイペースの潰し合い
先行して1.3着にきたリシャール、スケルツィは強い
マイネルスケルツィは56
フサイチリシャールが1キロ増えて57
0.1の差だったのスケルツィ逆転可能
しかもリシャールは鮫島良太で騎手が糞だ
まだヨシトミのほうがいい。

キンシャサノキセキはマイルCSでスケルツィと0.1
こんどは安勝が乗るのもいい
十分勝負になる。

右回5.4.1.1
エイシンドーバーは58キロから55で3キロ減
しかも得意の平坦コース
これも勝負になる

スズカフェニックス
大原Sでトップハンデでホッコーソレソレを楽に差しきって0.5
ソレソレが鳴尾記念で3着で0.5
着差で計算すればメガワンダー、シェンク買うなら
人気落ちのフェニックスのほうがいい。

5頭 馬連BOX
◎マイネルスケルツィ
○フサイチリシャール
▲キンシャサノキセキ
△エイシンドーバー
△スズカフェニックス
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
疲れたときは
月別アーカイブ