競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年31戦5的中
-13840
第42回 エリザベス女王杯(GI)
-600
第156回 天皇賞(秋)(GI)
200X9.0=1800-700=+1100
第78回 菊花賞(GI)
-700
第22回 秋華賞(GI)
-700
第68回 毎日王冠(GII)
-900
第51回 スプリンターズステークス(GI)
-500
第65回 神戸新聞杯(GII)
4.6X300=1380-600
+780
第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X14.3=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X4.5=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
8.6X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

むらさき賞的中したが ダービーアタラネーゼ 

ウオッカ素晴らしい。
牡馬のトップクラスを3馬身ぶっちぎりで勝ってしまった。
12.6 - 10.9 - 12.3 - 12.6 - 12.1 - 12.1 - 12.7 - 12.6 - 12.2 - 11.4 - 11.4 - 11.6
5F60.5で平均ペースだが次から12.7-12.6とアサクサキングスはペースダウンうまく此処で息を入れて、最後再加速11.4 - 11.4 - 11.6
絶妙な逃げだった。
2番手にいったサンツェッペリンが4着粘っているし
上がりで33秒が簡単にでる軽い馬場でゆるいペースは先行に有利だった。
それを中段後方から33.0で突き抜けたウオッカは凄すぎる。
ヒシアマゾン級の牝馬だった。
馬券は外れたが感動した(^▽^)ゴザイマース

ホウオーは安勝が手綱引っ張ったままだったのでやばいと思ったら
やっぱり直線延びなかった。
ずっと掛かり気味で走ってしまっては2400は持たない

アサクサキングスは福永の巧騎乗だった
うまく息をいれての再加速と内側の馬場はとまらないのを見抜いていた
百日草で1.2着がダービーで2.4着強かったなぁ。
コスモバルクのタイムを超えていただけあった。

アドマイヤオーラもよくがんばった
マイラー体系だし2400は長いの3着は上出来だ
年明け二戦して体重増無しで二戦とも負けてたジャーニーは
やはりこなかったこのデータは来年も使える。

ヒラボクロイヤルはどこいったんだかわからず沈んでいった
青葉賞で2.26.5以内で勝った馬はダービーで[0.3.1.0」
このデータも今見直した新たな発見
連勝で青葉を2.26.5以内だと「0.3.0.0」
ハイアーゲームは負けていて3着
ヒラボクは毎日で負けていたのでぶっ飛んだのだと思う。

しかし牡馬が3馬身も牝馬にぶっちぎられて負けるとは
レベル低い牡馬だったなぁ
それともウオッカが抜けてるのか?
ダイワスカーレットも出てたら1.2着だったかもしれないなぁ

-------------------------------------------------------------
むらさき賞的中 馬連13.7倍
エイシンニーザンが4コーナーまわってるときからすでに
手ごたえが怪しいし直線向いてすぐ鞭入ったのに伸びないから
やばいとおもったらジワジワ伸びだして抜け出たとこで
カイシュウタキオンにあっさり差された
3F33.4とすごい上がりだった。
こんなにキレる馬じゃなかったはず、馬場が物凄く軽い。

-------------------------------------------------------------
目黒記念 アタラネーゼ
本命ポップロックはうまいこと内側を走って抜け出し順当勝ちだった
トウカイトリックはどうしたんだろ
まったくいいところなく消えていった。
ココナッツパンチは51キロだったが
大外から物凄い伸びだった
まさか3歳が今の時期に古馬の重賞で2着に来るとはびっくりだ。
順調に成長すればココナッツは3歳の牡馬トップになるかも?
秋が楽しみだ。
スポンサーサイト

目黒記念(G2)  

◎ポップロック
有馬記念で2着は自分で先に動いて
ドリームパスポート、ダイワメジャー、サムソンに先着した
かなり強くなっている
ディープがいなくなった今なら長距離では1番だと思うのだが
天皇賞に出なくて残念だった。

○トウカイトリック
天皇賞で0.0で3着は強い
阪神大章典でドリパスと0.0

馬連は2-17の一点でいいだろう

3着固定
マイネルネオス
障害レース後に2600で2連勝

センカク
53キロなのと東京コースでは3.1.1.1
着外一回だけ

アドマイヤモナーク
アドマイヤタイトル
アドマイヤフジ

3連単フォーメーション
1着 2.17
2着 2.17
3着 3.4.8.10.18



9R むらさき賞(1600万下) 

◎エイシンニーザン
東京は1.2.0.1
着外一回はダービーでディープにぶっちぎられた負けだが
3着シックスセンスからは0.4差の7着だった
プリンシパルで負かしたのはシャドウゲイト先週海外G1勝ち
それに勝っているのだからもっと走っていいはずだ。

○カイシュウタキオン
勝てないが安定して走るので軸にはいいが
高速馬場があまりよくない。

▲カフェベネチアン
1000万だが1.33.5
58.1の流れを先行して最速の上がりで勝った
これはかなり強かった。

△ブレーヴハート
東京では最後差しきれない
長く持続しないからだと思われる
スローならいいがハイペースだと人気で沈むかも。

△マルタカハーモニー
府中Sで最速の上がりで3着はなかなか
ハマれば来るがダメならぼろ負けだろう。


馬連6軸 4.11.12.13

10R 東京優駿(G1) 

アドマイヤオーラは4戦連続馬体が減っている
しかも皐月賞で負けてしまった。
勝っていれば問題ないのだがこのタイプはだいたい人気で飛ぶ

ヴィクトリー
東京経験がないと着外データに入ってしまった。
連では買えない

サンツェッペリンも皐月で連対できても[0.0.2.6]馬体が減った分だけ着順も落ちているデータに引っかかる
これも連では買えない

タスカータソルテ
この馬坂コースは0.0.0.2で上がりも平凡
平坦コースでは3.0.0.1
2000M以上で2.0.0.0
これだけ見れば買えそうなのだが、勝ったときの相手がその後
ボロボロだし京都新聞にしてもローズプレステージ程度ではダメだ

◎フサイチホウオー
4連勝で重賞3勝まけた皐月賞も小回りで1枠で追い込みきれなかっただけ
最後の33.9で突っ込んできた末脚が東京ならもっといい。
東京は3戦3勝
首が高い走りなのが心配なだけで負ける要素がほとんどない。

○ヒラボクロイヤル
青葉賞で2.26.5以内で勝った馬はダービーで[0.3.1.0」
今年は稍重になってもいいくらいのすごい雨のなかで2.26.3だった。
かなり優秀なタイム。
勝った3勝は全部2000M以上
走り方もギムレットに似ているし距離が長いほどいいタイプに見えた。

▲ウオッカ
牝馬が2400で牡馬とやって勝つのは厳しいのだが
東京2400はジャパンカップで牝馬が上位にくる事が多いコース
ダイワスカーレットがアドマイヤオーラとほぼ互角
この馬もダイワスカーレットとほぼ互角
ローブデコルテの5馬身前を常に走っている馬
オークスでれば勝てたのにダービーに出るのだから
結構いい勝負になるかもしれない。

△ゴールデンダリア
前週の古馬1600の府中Sが1.59.3でたったの0.3差
しかも5Fで1秒プリンシパルのほうが遅かった
プリンシパルSの1.59.6はかなり優秀
未勝利でトーセンマーチに2馬身先着
トーセンが青葉賞でヒラボクと1馬身なのでこの馬も
2着ならありえる。

馬単 15→3.4.9
縦目 3→9.15

3連単の3着は手広く
3連単フォーメーション
1着 15
2着3.4.9
3着3.4.8.9.12.14.17

3連単フォーメーション
1着 3
2着 9.15
3着 9.15

スプリングSから皐月で連対できても[0.0.2.6]  

スプリングSから皐月で連対できても[0.0.2.6]馬体が減った分だけ着順も落ちている


スプリング 皐月賞 体馬 ダービー 人気
スクラムダイナ 2着 2着 +2 3着 4
ゴールドシチー 6着 2着 -4 4着 2
ドクタースパート 3着 1着 -16 14着 4
オースミブライト 7着 2着 4 7着 4
ダイタクリーヴァ 1着 2着 -6 12着 2
サクラプレジデン 2着 2着 -2 7着 2
ダイワメジャー 3着 1着 -4 6着 4
ドリームパスポート 3着 2着 0 3着 7
サンツェッペリン 8着 2着 -8 ?着 ?
サンツェッペリンはよくて3着だがマイナス8だったので着外に沈む可能性が高い

皐月賞が初重賞勝ち[2.2.0.4] 

トウカイテイオー 1着 無敗5連勝
ジェニュイン   2着 東京経験あり
エアシャカール  2着 東京経験あり
サニーブライアン 1着 東京経験あり
テイオー以外で東京経験ありなら「1.2.0.0」

ダイワメジャー  6着 東京コース経験なし
ノーリーズン   8着 東京コース経験なし
セイウンスカイ  4着 東京コース経験なし
イシノサンデー  6着 東京芝コース経験なし
東京芝コース経験無しだと「0.0.0.4」

今年のヴィクトリーは東京コース経験なし
着外の方に入ってしまう。

穴で狙えそうだったドリームジャーニーだが
年明け2戦して連対なしで馬体増無しは
「0.0.3.29」連対無し

アドマイヤオーラは4戦連続馬対減で負けてしまった。
東京コース経験もない
去年のジャンクと同じタイプでかなり危ない。

3連単はアタラネーゼ 

12.6 - 11.0 - 11.6 - 11.8 - 12.1 - 12.8 - 12.7 - 12.5 - 12.4 - 11.8 - 11.4 - 12.6
5F59.1で3F35.8
午前中は3F36秒掛かっていたり
芝の状態は先週と違ってかなり重い

それで5F59.1は早い
最後は12.6と失速したベッラレイアは位置が前すぎた。
しかも厳しいながれで早めに先頭にでてしまったし
秋山の失敗だ。
1番人気で負けれないレースだから安全にいったのが裏目にでた。

ローブデコルテは内で溜めて外にだして直線一気だった。
まさか差しきるほどに伸びるとは予想外
桜花賞で3F最速だったとはいえ2400でこれほど伸びるとはびっくりだ
この馬に1秒勝っているスカーレットとウオッカはすごい馬だなぁ

ラブカナーナは更に外に出して伸びてきた
最後は根性とスタミナとパワーがいる我慢比べで
ラブカーナのしぶとさが活かされたようだ。

馬連なら当たってるが
3連単はほんと難しい
ラブカーナなんて買ってないし最悪だ
3着は手広くいかないとだめだなぁ
1.2着は入れ替えて買えたなぁ
(-ι-З)ナームー

優駿牝馬(G1) 

◎ベッラレイア
どんな状態でもかならず最後は伸びてくる
持続力と加速力がある
フローラSでは前に壁ができて横にもっていってから
加速開始、それでも差しきるのだからすごい馬だ。
ミンティアエアーは内側を綺麗に走って0.0差だったが
着差以上に能力の違いがある。
心配なのは調教が軽すぎ
馬体の維持が目的だったとしか思えない。

○ザレマ
2000Mで2戦2勝
0.9ぶっちぎりと0.3の楽勝
どっちも決定的な差をつけて勝っている
この馬は長い距離のほうが絶対にいいタイプ。
武豊が乗るのもいい
ペース判断はまず間違えない。
調教は抜群で馬体は艶があって絶好調だ

▲ミンティエアー
この馬は競馬のセンスがいい
すぐ前の位置につけれるし
末脚もあるし、抜かせない根性もある
たったの3戦で牝馬のトップクラスと0.0
イクスキューズに勝ったのだから強い
あとはベッラレイアに勝てるだけの上昇力があるかどうかだけ

△カタマチボタン
桜花賞3着なのだが、59.8のスローの上がり勝負
前にいった馬はかなり有利だった
展開に恵まれた3着なので人気してるだけに微妙だ

△ローブデコルテ
阪神「0.0.0.3」
直線が平坦コースでは「2.2.0.0」
これはチャペルコンサートのパターンに似てきる
桜花賞の1.2がいなければトップクラスなのは間違いない

△ピンクカメオ
長距離輸送しなければ4.1.0.0
阪神にいって0.0.0.2
輸送に弱いとしか思えない
菜の花でイクスキューズに勝っているし
東京コースの重賞勝ち馬なので切れない

3連単
1着7
2着2.5.8.11.18
3着2.5.8.11.18

1着5.18
2着7
3着2.5.8.11.18

1着5.18
2着5.18
3着7 

ヴィクトリアマイル(GI) アタルワケネーゼ 

5F58.2でいって後半34.3で勝ったコイウタが33.4
ハイペースなのに止まらない馬場
この大波乱はすべて馬場が影響している
自分が思っていたのは最後12.5とかで差し馬が繰るような
持続力の要るレースを想定していたのに
まったく違う瞬発力勝負でしかも前が止まらない。
インチキ馬場としか言いようがない。
こんなのアタルワケネーゼ
期待したアドマイヤキッスは先行集団が
外に出したおかげで更に外に出すことになって距離損
しかしいい感じで伸びていたが最後とまった
持続力が足りないようだ
この馬勝つときは京都の内回りと
旧阪神コースに札幌と小回りが多い
東京の直線は長すぎた。
馬場が普通でもキッスはダメだっただろう。

カワカミプリンセスはスタート遅れてるし
走りが硬くなっているようにみえた。
馬は走る気だったが体がついてこないような感じ。
馬体が470まで減ってから戻しながら調教してきたそうだが
それが影響したような気がする。

スイープトウショウは中段からきたが
やっぱりこの馬、思いっきり後方で溜めまくるほうがいい
中途半端な位置からでは伸びがない。
フサイチパンドラは、去年無理したのがあるのか
ぜんぜん粘りがなかった。

コイウタは先行して33.4はすごい伸びだった
こんな強かったっけ?
桜花賞3着馬だったのだけどすっかり忘れた。

アサヒライジングはオークスみたいな粘りがもどった
この馬も気分よく走れば止まらないタイプなのかな。

終わってみれば掲示板は桜花賞の3着.4着.3着.1着
桜花賞組強かった。
自分が選んだ桜花賞2着のキッスだけ掲示板外れるなんて運がないね。

ヴィクトリアマイル(G1) 

去年のヴィクトリアの1.2.3着は
牡馬の混合G2に出走していた
ダンスインザムード マイラーズC
エアメサイア   中山記念
ディアデラノビア マイラーズC
ラインクラフトはG1で牡馬とやって2着だったのだが
高松から中1週で阪神牝馬を使った疲労があったのだと思う。

今年の出走馬では
スイープトウショウ マイラーズC2着
アドマイヤキッス  マイラーズC4着
フサイチパンドラ  マイラーズC9着

スイープトウショウ
2200ではカワカミには完敗だったが
1600なら逆転してもおかしくはない。
問題は6歳なのと、4歳後半から追いきりがまともにできない
今回もCW予定がBコースでダート追いきりだった。
4歳秋以降関東に遠征して6.5.5.10
全部馬券対象から外れている。
毎日王冠、天皇賞、有馬記念と相手が悪いのもあるが少し心配。
本命にはできん。

アドマイヤキッス
マイラーズCで4着
直線で前が狭くなり動けなくなった
最後いい伸びを見せているので0.7差は気にしない。
愛知杯、エリザベスと先行して頑張っている
この馬はキレより持続だと武豊は判断したのだと思う
武豊ならまずペース判断は間違わないだろうし
絶妙の仕掛けで持ってくるだろう。

フサイチパンドラ
牡馬の強いところと長距離で戦っているのでボロ負けも仕方ない。
マイラーズCも56キロで超高速馬場の瞬発力勝負は合わない。
エリザベスはカワカミには完敗だったが
スイープトウショウには実力で勝っているし弱くはない。
平均ペースの流れで持続力が活かせれば2着はある。

カワカミプリンセス
写真をみると去年の秋より肉が落ちた感じがする
北海道に放牧にだしてガレてもどってきた影響があるみたい。
調教ですごいタイムを出しているがレースは別物
休み明けで、騎手が変わってしまったのは不安がある。
能力だけなら1番だ
エリザベスで降着したが1馬身抜けている
まともなら、勝つだろう。

ディアデラノビア
G1では3着が多いのは末脚の持続力がたりない
今回もハイペースになったら持続力がないので3着だろう
買うなら3連単3着固定

◎アドマイヤキッス
○スイープトウショウ
▲カワカミプリンセス
△フサイチパンドラ

3連単 フォーメーション18点
1着 6.14
2着 5.6.7.14.
3着 2.5.6.7.14

京王杯スプリングC アタラネーゼ 

12.3 - 10.9 - 10.9 - 11.2 - 10.6 - 11.6 - 12.5
早すぎる5Fで56.9
2F目から10.9で11.2が一番緩んだところ
こんなのでは前いった馬はかなり厳しい
それで逃げねばったマイネルスケルツィは強い
3番手でいったオレハマッテルゼも完全に復活したようだ。
最後11.6-12.5と失速しているし
エイシンドーバー、2着のシンボリエスケープは展開がはまった。
安田記念ではたぶんいらないだろう。

それにしてもプリサイスマシーンはハイペースだとしても負けすぎ
8歳だしさすがに疲労がきたのかな?
スケルツィが粘っているのに掲示板もないし
坂前で完全に伸びがなくなっていた。
終わったかもしれない。

京王杯SC(G2) 

◎プリサイスマシーン
1400で「2.1.0.0」しかも全部重賞で0.1以内
今回の相手なら連は外れないはずだ。

○エイシンドーバーは阪急杯でプリサイスと同着1着
56から1キロ増えて左回りになる分で本命にはしなかった。

△フサイチリシャール
この馬阪神Cでプリサイスに勝っている
それが京都金杯でまったく走らず
最後200で止まってしまった。
阪神Cの強さからはありえない失速
人気落ちてるなら買い。
まともなら勝っていい。

△マイネルスケルツィ
左回りで二回ぼろ負けしているのが気になる。
能力はプリサイスと同等くらいだ
1400ではちょっと短い気がする。

馬連9 →6.8.12

NHKマイルCアタルワケネーゼ 

ムラマサノヨートー、シベリアンバードが3.4着だし
1着は牝馬でしかも桜花賞でボロ負けだったピンクカメオ
自分の頭ではこんなの速攻切りだしホント o(゚Д゚)っ モムーリ!
12.1 - 10.5 - 11.6 - 12.0 - 12.3 - 11.5 - 11.7 - 12.6
稍重で2Fが10.5とは早すぎる
ここで前にでたダイドウ、レーニアなど先行馬は
最後の坂前で伸びが無くなった。
5F58.5はいまの馬場では早かったかもしれない。
前日の1600万や1000万が1.33.0
古馬なら1.32.5くらいは出るはずなのに出なかったのは
やはり馬場が多少重いつくりになっていたようだ。
そこに雨で更に重い芝になった。
3歳ではかなりきついペースになっていたようだ。
ピンクカメオもムラマサノヨートーもかなり後ろから
直線一気の形、展開が嵌ったとしかいいようがない。
ローレルゲレイロは先行して最後までしぶとく伸びていたのだから強い
しかしダービーでは距離長すぎでダメでしょう。

ダイレクトキャッチはやっぱり馬場が軽くないとダメだ。
しかし、ピンクカメオとムラマサを3連単で買った人すごいなぁ
100円で900万羨ましい

NHKマイルC(G1) 

◎ローレルゲレイロ
1600で0.3.1.0でG2、G1も入っているのだからすごい。
今回の相手なら実績では断然抜けている。
ハイペースでいっても持続するタイプ
重い芝も函館で経験があるので雨が降っても問題ない。

○アサクサキングス
百日草特別がコスモバルクのタイムを上回るすごい記録
負かした相手が皐月賞2着なので弱いはずはない。

▲オースミダイドウ
骨折したのが心配
能力は、ここで勝てるだけの物はある
あとは輸送して、気象難が悪化しなければいいのだが
そこだけは当日みるしかない。


△ダイレクトキャッチ
能力は高いが、この馬の走りは馬場が悪いのはよくなさそう
雨が降るの前提なので評価は下がる。

△マイネルレーニア
左回り3.0.1.0 稍重で2.0.0.0
雨が降ったら勝つのもありそうだ。
右回りでゲレイロにぼろ負けだが
左回りなら差はないとおもう。

△トーホウレーサー
4コーナーまわって抜けてくるときの反応はすごい
毎年NZTの勝ち馬は人気になって飛ぶので信頼はできないが
速いペースで持続するタイプでパワーがある
雨がふればさらにいい。

馬連流し 10軸1.2.3.11.13
縦目   1-3
合計6点
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
疲れたときは
月別アーカイブ