競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

Author:sairesu


2017年7戦1的中
-2880

第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

宝塚記念(GI) アタラネーゼ 

12.1 - 10.5 - 10.9 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.7 - 13.0 - 12.3 - 12.2 - 12.4
5F57.5の超ハイペース
3F36.9で上がりも掛かっている。
前行った馬は総崩れだった。
5着までは3コーナーで後方集団にいた馬ばかりで物凄い厳しいレースだった。

アドマイヤムーンとサムソンの二頭が突き抜けた叩き合い
サムソンはいつもより後方からだったが
自分のペースを守っただけでいつも通りの力を出し切った。
展開も上がりの掛かる馬場も味方した
そのサムソンを見る形でムーンが追走
直線の叩き合いで前にでたのだからムーンは強い。
しかも最後はサムソンが止まったように見えた
着差以上にムーンが上だ。

期待したウオッカは大雨で渋った馬場でさらに初古馬相手でG1
それで、掛かって走ってはどうしょもない。
スタートから頭を上げていたしずっと完璧に折り合うとこがなく
4コーナーまでいっては無理だ

ポップロックはムーンを見ながら行って2馬身負けは力負け
もう6歳でこれ以上上がり目はないだろう。

カワカミプリンセスは一旦先頭にでた
久々にいい頃に近い走りだったがこれも力負けだが
先行集団にいて早仕掛けで1.2秒差は牝馬限定ならG1勝てるレベル。
牝馬にはレース展開が厳しすぎた。

馬券は大外れだった
ウオッカがぶっ飛んでしまっては仕方なしだ
やはり牡馬の古馬相手でいきなりG1なのは厳しい
ルドルフやディープでさえ初戦は負けていたのを考えるべきだった。
スポンサーサイト

宝塚記念(G1) 

◎ウオッカ
ディープインパクトの牝馬バージョンがウオッカだと思えばいい
くらい能力は高い
しかも4キロ減って51キロ
今回は長距離輸送もない
条件はかなりよくなった
目黒記念でポップロックと7.5キロ差あったココナッツパンチが0.0だった。
この馬はココナッツくらすの牡馬を3馬身ぶっちぎり
ポップロックと7キロあれば勝つ可能性は高い。

○アドマイヤムーン
京都記念がすごい59キロでポップロックを負かした
ポップは有馬2着で古馬の中距離以上では実質1番
1キロ重いのに勝ったのだからムーンは強い
ドバイではメジャーに4馬身つけて勝っている

▲ポップロック
有馬記念2着馬
サムソンに先着していたのだから天皇賞春にでてれば
勝っていたのはこの馬だと思う。
京都記念も負けはしたが最速の上がりで0.0
サムソンには負けないでしょう。

△スウィフトカレント
金鯱賞の1.57.2がすごい
夏馬だし暑いのはいい
ハイペースなら追い込んで2.3着はありそうだ。

3着固定
カワカミプリンセスは初56キロが怪しい
幸四郎なのも微妙だ

ダイワメジャーは中距離ではムーンより弱い

メイショウサムソンは天皇賞を勝ったけど
負かしたトリックが目黒記念ぼろまけレベルが怪しい

アサクサキングス
調教が物凄くよくなっている
53キロなら3着にはなれそうな感じ


3連単
1着 2
2着1.5.6
3着1.5.6.7.11.15.17

物凄い数値だったウオッカ 

ダービーの指数
77.1ウオッカ
74.7アサクサキングス
75.6アドマイヤオーラ

77.2ディープインパクト
74.7インティライミ
74.9シックスセンス

ディープと同じタイムだった
キングカメハメは76.0

ウオッカは初古馬相手でしかもG1と厳しいのだが
ダービーの数値はディープインパクトと0.1
抜けて数値が高い
ディープと互角なら古馬のしょぼいG1馬相手なら勝てるだろう

宝塚記念データ 安田記念を勝って宝塚に出走馬 [0.2.0.5] 

金鯱賞を1.58.5以内で勝った馬「2.2.0.0」
サイレンススズカ 1.57.8
メイショウドトウ 1.58.5 稍重
ツルマルボーイ  1.58.3
タップダンスシチー1.57.5

ローゼンクロイツが1.57.2で勝ったのだが休養
スウィフトカレントが2着で1.57.2
これも勝負になりそうだが金鯱まけてる馬は2着までだ
3連単の2.3着で買いたい。

安田記念を勝って宝塚に出走馬 [0.2.0.5]
この中で6歳は連対できず。「0.0.0.4」
フレッシュボイス 6着 4歳
ニッポーテイオー 2着 5歳
バンブーメモリー 5着 4歳
オグリキャップ  2着 5歳
タイキブリザード 4着 6歳
アグネスデジタル 13着 6歳
ツルマルボーイ 6着 6歳
ダイワメジャー ?? 6歳
安田記念を全力で走った疲労があるのだろか?

安田記念アタラネーゼ 

12.3 - 10.7 - 11.1 - 11.8 - 11.6 - 11.3 - 11.5 - 12.0
ずっと12.0以内の持続力勝負になったのはダイワメジャーにはよかった
コンゴウリキシオーも57.5のペースでいって粘っているのだから強い
マイラーズCの強さは本物だった
後方待機した組は脚を使わされながら追走でぜんぜん伸びてこなかった
しかも内側がとまらないのに外を回されてしまってはどうにもならない
2着以下は0.5以内の大混戦
1.2着の馬が強すぎた。

絡まないで楽に逃げれたコンゴウリキシオーを競られるとおもって
切ったのは失敗だった。
ヽ(τωヽ)ノ モウダメポ
宝塚までお休みしよかなお金もなくなったよ。

安田記念 

安田記念は、なるべく年明け数を使ってない馬
年明け1戦で連対するパターンが一番いい
最近では年明け3戦以上できたのはアサクサデンエンしかいない。

年明け1戦出走
アサクサデンエン 2着 ドバイデューティーF(G1)
--------------------------------------------------
スイープトウショウ 2着 都大路S5着    
--------------------------------------------------
ツルマルボーイ   1着 産経大阪杯6着   
テレグノシス    2着 京王杯SC2着    
バランスオブゲーム 3着 産経大阪杯4着   
--------------------------------------------------
アグネスデジタル  1着 かきつばた記念5着 
--------------------------------------------------
ダンツフレーム   2着 京王杯SC4着    
--------------------------------------------------
ブレイクタイム   2着 オアシスS(OP)2着 
--------------------------------------------------
負けてても年明け1戦は狙える
しかも人気がない
今年はダイワメジャーがドバイで1戦。
去年の安田記念4着 天皇賞1着 マイルCS1着 有馬3着
古馬のマイルから中距離トップになった馬
今年は相手がさらに手薄になったので勝ってもいいはずだ。

スズカフェニックスは高松で2馬身つけて圧勝は強かった
阪急では負けているし、東京新聞杯ではエアシェイディと0.0
京都金杯でも負けている
ダイワメジャーと比べると格負けだが今期は2勝で勢いがある。
追い込みタイプなのも安田記念ではいい。

エイシンドーバーは能力ではフェニックスと差はない
しかし京王杯CSがピークだった感じ
今年すでに5戦したしそろそろ疲労がありそう。

マイネルスケルツィは高松のあとに2戦使っては厳しい

コンゴウリキシオーはまだ年明け2戦
58キロでマイラーズCを勝って、余裕あるローテーション。
問題は前に出れてしまえばいいのだが、競り込まれるとあっさり潰れる。
今回スケルツィが前にいくので簡単には先頭にでれそうにない
しかもダイワメジャーが先行するので前にいった馬は厳しい

エアシェイディはマイラーズCでボロ負け
馬体が減ったのが影響したとしか思えない
東京では1.32.8、1.32.9で走っているし東京新聞でスズカにまけた0.1は
斤量が1キロ重かったので同じなら差はなくなる。
人気は落ちているが能力ではスズカと互角

香港馬はザデュークが怖い
去年の安田記念後から、目的のレースに合わせて休ませ、
使いながら調子を上げ本番に合わせる使い方をしている。
アルマダは香港で一番強い馬だと思っている。
そのアルマダに香港マイルで勝っているのだから弱くはない

グッドババもアルマダに勝っている
3連勝で高速タイムを持っているし日本の馬場はいい。

ジョイフルウィナーは調教が軽すぎ
今回は危ない気もする。

エイブルワンはスピード馬場には合わない感じの走り
パワータイプでフェブラリーのほうがいい感じだ。

◎ダイワメジャー
○ザデューク
▲スズカフェニックス
△グッドババ
△エアシェイディ

馬連 2軸 4.6.8.13 縦目4-6 4-8 6-8 7点 
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
疲れたときは
月別アーカイブ