競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年24戦3的中
-12320

第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

天皇賞(秋)アタラネーゼ 

12.9 - 11.5 - 11.7 - 11.6 - 11.9 - 11.9 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 12.1
重から稍重に回復はしたが湿った状態で力のいる馬場だった
それで1.58.4はすごいタイムだ
最後の12.1までずっと11秒台でかなり先行した馬には厳しかったのだが
それで2馬身楽に突き放すサムソンは強すぎた。
このペースと馬場で楽勝なのだからジャパンカップも勝つでしょう。

バルクがよれてエイシンが横にいってかなり進路妨害していたが
アグネスアークはぶつかっても伸びてきて2着
この馬の根性は凄いものだった。

3着のカンパニーは前をカットされたが
仕掛けが遅れたから伸びたとも思える
最後アグネスを交わせなかったあたり早くしかけても2着は
無かっただろう。

ポップロックは位置が後ろすぎたのとやはり早いペースでは
伸びてはくるが届かない。
もっと距離がながいスタミナ勝負のほうがいい。

アドマイヤムーンはぶつかっても一応伸びてるが
メジャーほどの不利じゃないのに伸びなかったのは
やはり休み明けで調教の動きがすごく悪かったせいだと思う。
次も調教みないと判断できない。

サムソンは有馬まで全部勝ってしまいそうな感じがする。
ドリパスが故障してなければもっと面白いのに残念だ。
スポンサーサイト

天皇賞・秋(G1)  

雨が降って高速馬場の時計勝負はなくなった
スタミナと、持続力のいる厳しいレースになるはずだ

◎メイショウサムソン
宝塚記念で5F57.5のハイペースで前半は後方
みんなが加速するちょっと前から一気にあがっていき
4コーナー出口ではほぼ先頭に並びかけ
抜け出したところにアドマイヤムーンが一歩遅れてしかけて
叩き合いで2着は強かった

○アドマイヤムーン
59キロでポップロックにかってドバイでダイワメジャーを負かし
宝塚でサムソンにかって国内1位になったと思える。
去年は3歳で3着だったが今年は更にパワーアップしている
ただ調教の動きが案外よくなかった。

馬連ならほぼこの1点でいいとおもう。
もしものための押さえ

△ポップロック
宝塚の2馬身は決定的
逆転は難しいがペリエなのでどっちかが崩れたら二着はありそう

△ローゼンクロイツ
輸送するとダメで更に雨では厳しかったが晴れるようだ
2000は得意距離しかもサンデー
一発があるならサンデーだと思う

△マツリダゴッホ
今年はG2を2勝しているのに人気がない
東京コースに実績がないからだと思うが
結構先行して粘るタイプなのでちょっと時計の掛かる持続力勝負の
府中の直線なら結構頑張ると思うので抑える。

ダイワメジャーは宝塚が情けない
もう燃え尽きたとおもうので切った。

馬連 1軸 5.12.15.16
1-12は厚めに買う

武蔵野S(G3) 

◎ワイルドワンダー
南部杯でブルーコンコルドに0.1負けたが
あれはスローペースで位置取りが悪かっただけ
相手が弱くなった今回は勝てる

○フィールドルージュ
北海道で2連勝
東京コースではJCDで3着
フェブラリーは5着だがその時の1.2がいない3着は休み明け
4着カフェオリンポスは58キロで重い
56キロで順調に使われているので優先

△ロングプライド
エルムSの内容からすると案外軽いダートはだめなのかも?

△イブロン
湿ったダートで前にいけるのは有利
なかなか失速しないしぶとい馬

馬単 10→4.5.8

菊花賞(GI) アタネーゼ 

12.9 - 11.7 - 11.7 - 12.8 - 11.6 - 11.9 - 13.4 - 12.6 - 12.9 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 11.6 - 11.9 - 12.7

ホクトスルタンが結構いいペースで飛ばしたので
13秒くらいのが3回しかない
スタミナと持続力と勝負根性がいるレースだった。

ホクトスルタンは最後ゴール200Mまでは粘っていたのだから頑張った
自分が勝つために消耗戦にしたのもよかった。

離れた位置の先行集団につけたアサクサキングスは楽におりあって
直線突き抜けるかと思ったが、結構ギリギリだったのか突き放せなかった。

アルナスラインはやっぱ強かった
古馬のG2でポップロックと0.3は本物だった
アサクサの後ろにつけて直線も目標にしながら仕掛けていって
競り合ったとこで前にでれなかったとこが根性の差かな。

ロックドゥカンブは4コーナーでほかの馬があがっていったときに
動けない内側にはまってさらに直線前で進路が塞がっているし位置が悪すぎた。
アサクサみたいに外を走っていればよかったのだが騎手の経験の差だろうなぁ。
最後内側を抜けて3着まで上がってくるのだから馬自体は相当強い
これが成長したら凄い馬になりそうだ。

エイシンダードマンは人気ないのに上位にきた
ローズプレステージもかなり後方から伸びてきてる
スタミナのいる展開だとダンス産は強い

ドリームジャーニーには持続力とスタミナが要求されるレースは合わない。
もっとボロ負けすると思っていたのに5着はよく頑張った。

ヴィクトリーは18番で前半が折り合えなかった
結局最後は失速してボロ負け気性がダメすぎる
体系的にも胴が短いし中距離のほうがいいだろう。

馬券は立て目で外れてしまった
アサクサ○にしたのに、アルナスをもう少し評価すべきだった
△程度に抑えたのが大失敗だった。

菊花賞(G1) 

ロックドゥカンブ 4戦4勝
新馬は鞭いれて抜け出してから持ったままの楽勝
2戦目500万の中京で重馬場
後方から大外にもっていって簡単に交わしている
3戦目ラジオNIKKEI賞は4コーナー先頭で直線では突き放して楽勝
4戦目セントライト記念も早めに抜け出して、ダリアが迫ってきたがまた加速して楽勝
これが生まれが遅くて55キロで出られるのだから有利だ
折り合いも完璧でスタートもいい、末脚もあって根性もある
重馬場でも差せるパワーとスタミナもある。
物凄い性能の馬が軽いのだから◎にするしかないだろう。

相手が難しいが神戸の上位はドリーム以外買いたい
前が残ったが前半58.8のきつい流れ6Fから12.5-12.8-12.8と緩んだが最後3Fから加速して11.4-11.4-12.6
最後坂で12.6と掛かっている
ここでドリームジャーニーが差しきったのだが前が厳しすぎて嵌っただけかも?

それで粘ったホクトスルタンとアサクサキングスは強い
ヴィクトリーは5番手から最後坂上がってからまだ伸びていた
休み明けで仕上げてなかったのもあるが前半58.8でいったとこでも
口割ったりで折り合いが難しい
叩き二戦目なら変わってくるか?
関西でレースのときは3.1.1.0

サンツェッペリンが早め先頭と言ってる事から先行馬は厳しい
展開が考えられる
ステイヤーらしい追い込み馬も押さえたい。
ローズプレステージはダンスインザダークでシャーリーハイツ
血統的には3200も問題ない
しかも京都で1.3.0.0で全部2000M以上のステイヤー

アルナスライン
G2で古馬の3番目に強いポップロック相手に0.3は凄い
しかも骨折休養あけでいきなり3着
ある程度前にいけてそっから早い脚が使えるタイプ

◎ロックドゥカンブ
○アサクサキングス
▲ヴィクトリー
△ホクトスルタン
△ローズプレステージ
△アルナスライン

第12回 秋華賞(GI) アタラネーゼ 

12.3 - 10.4 - 11.5 - 12.2 - 12.8 - 13.6 - 12.4 - 11.3 - 11.1 - 11.5
3F34.2 5F59.2 3F33.9
前半結構速いペースで5Fまでは平均ペースだったが
そっから13.6-12.4と緩いペースで最後3F33.9
馬場が軽すぎてあまり消耗しないようだ。
前にいった馬は有利だった。

ダイワスカーレットは33.9で楽勝
6F13.6とか揺るまならければ追い込みでも届くペースだったのだが
一息いれて最後に末脚温存できる流れは有利すぎた。

レインダンスは
内側ぴったりをまわって早い上がりで強いタイプなので展開がよかった
幸四郎がうまく乗ったと思う
馬も結構強くなっている

ウオッカは後ろからまくってきたが
前が楽なぶん追い込む馬にはきつい展開で最後はレインダンスを交わせなかった。
もっと位置が前だったら二着は十分あったのに
3歳前半は先行馬だったのに四位下げすぎ

ベッラレイアはウオッカを見ながらレースをしたのだろう
一番後ろから外にだして32.9で追い込んできたが
直線が短くて前が止まらない流れで追い込みは無理だ
武豊の溜め殺しが炸裂した。

馬券の方は2.3着が逆になって大ハズレ
競馬に絶対はないのに3強で1.2着は埋まるだろうと思ったのが間違いだった。

第12回 秋華賞(GI) 

本命はウオッカかダイワスカーレットかベッラレイアか迷った

今年の桜花賞はハイレベル
2着ウオッカがダービーを勝ち
4着ローブデコルテがオークス勝ち
5着イクスキューズは牡馬や古馬G3で3着
7着アストンマーチャンがスプリンターズSを勝ち
12着クーヴェルチュールがG3勝ち
14着ピンクカメオがNHKマイル勝ち
これだけの相手が桜花賞で2着以下は3馬身も離れてしまったのだから凄い
今回はダイワスカーレットが先行有利な内回りで、順調に使っている。
ローズSも着差は0.1だったが余裕がある勝ち方だった。
桜花賞馬がローズS連対したら[1.2.0.0]
軸はこれしかない。

ウオッカはダービーを3馬身ちぎって勝つくらいだからまともに能力を出せば
まず2着以下はありえない馬だ。
問題は仕上がりだけなのだが、馬体が寂しく見える
ブライアンズタイム産のよう使ってよくなるタイプなのかも?
なんか春のような張りがない。
宝塚で物凄い厳しい競馬した反動が残ってるんじゃないかとも思える。

ベッラレイアは武豊がどう乗るかだけだ。
ローズでスカーレットと0.1差
33.2の限界の上がりを使って交わせなかった
しかも最短コースでぴったりマークしていたのにダメ
戦法を変えて早めに撒くってでるとかやりそうだ。
ハイペースなら下げるだろうけどスローなら早めに抜けると思う。

オークスで3着以内でローズSで3着以内なら[3.1.1.0]3着以下はなし。
オークス3着 ローズS1着 ファレノプシス1着   オークス馬ボロ負け
オークス2着 ローズS2着 ローズバド2着     オークス馬が1着
オークス2着 ローズS3着 スイープトウショウ1着 オークス馬不在
オークス2着 ローズS1着 エアメサイア1着    オークス馬不在
オークス2着 ローズS3着 フサイチパンドラ3着  オークス馬が1着
オークス2着 ローズS2着 ベッラレイア?

1.2着はこの三頭以外は入れそうにないがそれがそのまま1.2.3着とも思えない
消えるならウオッカじゃないかと思う。

3着以下で買うのは手広くいくしかない
上がりの掛かる展開なら強いラブカーナ
早い上がりで強いレインダンス
休み明けで仕上がりが微妙だが3着ならありそうなローブデコルテ
人気ガタ落ちのミンティエアー
1600万でも通用したオメガエンドレスをぶっちぎったヒシアスペンは遊びで買っときたい。
◎ダイワスカーレット
○ウオッカ
▲ベッラレイア
△ローブデコルテ
△ラブカーナ
△レインダンス
△ミンティエアー
△ヒシアスペン
3連単フォーメーション 22点
1着 11.13
2着 11.13.16
3着 1.2.5.16.17.18
ウオッカに勝たれたら仕方ないわ。
3着のウオッカのとこだけ厚めにしないと元割れです。

デイリー杯アタラネーゼ 

ひどい予想結果になったものだ
1.2.3.4着が一頭も印つけてないワロタ
まさかトゥーレがあんな強い勝ち方するとは思わなかった
12.3 - 11.3 - 11.9 - 13.1 - 12.4 - 12.0 - 11.0 - 11.6

4Fから13.1-12.4と息の入る展開で先行有利だったが
それにしても一緒に前にいて失速した馬は情けない
2着以下はみんな追い込みの展開だった
その中で先行3番手から最後11.0-11.6と
加速してまとめたトゥーレは強かった。
朝日杯勝てるんじゃないかな?

マルブツは外にだして並んだとこで不利受けて下がった
まああれがなくても負けてた。
距離が長かった。

デイリー杯2歳S(G2) 

◎マルブツイースター
前半33.5の流れを余裕でついていって
馬場の中央からジリジリ突き放して勝った
この馬あまり瞬発力タイプではないのでバクシンオー産駒だが
距離が伸びたほうが合っていそうだ

○オースミマーシャル
左回りがだめなのか、最終の新潟の内側を走ったせいなのか?
ひどい失速だったが阪神もどったらやっぱりつよかった

▲マリエンベルク
初戦で負けたミリオンウェーブが小倉二歳で二着
相手が悪かっただけ
二戦目はスローペースで一番後ろから一気に交わして
2馬身も抜けてしまった
十分勝負になる。

△マイネルフェスタ
平均ペースの流れを中段にいて最後35.1で差しきり
1.48.7は古馬500万より上
今の時期なら重賞でも通用するので抑え

△シャランジュは新潟二歳で外まわして二着につっこんだ
33.0の凄い末脚だった
京都の外回り1600はぴったりだが案外このタイプは人気でも
信用できない。

馬連 10軸 2.4.6.7 2-6 5点

京都大章典もアタラネーゼ 

13.1 - 11.5 - 11.7 - 12.6 - 12.5 - 12.4 - 12.7 - 12.7 - 11.6 - 11.4 - 11.1 - 11.5
5F61.4で最後4F11.6 - 11.4 - 11.1 - 11.5
最後4F11秒台のスピードと瞬発力の持続力勝負
ほんとに力がないとまず差しきれない流れだ
ポップロックの後ろにいたインティライミは外にだして
一気に交わしたのだから完全に復活した
距離損考えると着差以上に強いと思わせる内容だった。

ポップロックは内側に入っていったがこの馬は元々
高速の上がり勝負はあまり得意じゃない
もう少しスタミナが要る展開だと強いタイプ
しかも休み明けで58キロでインティライミより1キロ重い
これも負けはしたが悪い内容じゃない

アルナスラインはよく頑張っている
骨折明けで3着しかも1馬身ちょっとなら菊花賞にでても十分やれる

馬券はまたもアタラネーゼ
馬単でポップロック頭だったから逆になってしまったorz

京都大賞典(G2) 

◎ポップロック
調教で軽い動きで仕上がりもいい
サムソンとムーンの次に強いのがポップロック
今回の相手では勝って当たり前
負けるとしたら前が止まらない馬場で差しきれない時だ

○トウショウナイト
有馬記念以外は負けても0.3以内
毎回確実に差を詰めてくる

△インティライミ
休み明けを使ったあと3歳以降は次で確実に着順が落ちている
今回も怪しい

△ファストタテヤマ
いつ突っ込んでくるのか良くわからない
宝塚記念で5着なのでまだ能力は衰えてない
一応抑える。

馬単 3→1.6.9
3連単 フォーメーション
1着 3
2着 1.6.9
3着 1.6.9
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
疲れたときは
月別アーカイブ