競馬予想がはずれまくりで終了しました。

はずれまくりで終了しました。
 
 
2017年の成績

ouma000

Author:ouma000


2017年37戦8的中
-11980
第62回 有馬記念
-700
第69回 朝日杯フューチュリティステークス
7.0X200=1400-500=+900
第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)
9.2X100=920-700=+200
第18回 チャンピオンズカップ(GI)
-600
第37回 ジャパンカップ(GI) 馬連
17.7X200=3540-1000=+2540

第34回 マイルチャンピオンシップ(GI)
-500
第42回 エリザベス女王杯(GI)
-600
第156回 天皇賞(秋)(GI)
200X9.0=1800-700=+1100
第78回 菊花賞(GI)
-700
第22回 秋華賞(GI)
-700
第68回 毎日王冠(GII)
-900
第51回 スプリンターズステークス(GI)
-500
第65回 神戸新聞杯(GII)
4.6X300=1380-600
+780
第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X14.3=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X4.5=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
8.6X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

カウンター
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27回ジャパンカップ(G1) アタラネーゼ 

サムソンで完璧だとおもって1着付けで買ったのが大失敗だった。
12.9-10.7-12-12.3-12.2-12.7-12.8-12.6-12.2-11.3-11.1-11.9
しかしへんなペースだった5F60.1
そっからペースが一気におちて
最後3Fでまた加速する秋華賞とかエリザベスに似たペースだった
楽ができたチョウサンが粘って6着なのだから
そうとう先行有利だった。
フサイチパンドラはこれで失速してしまったので力負けだ

アドマイヤムーンとポップロックとサムソンは通った位置の差がでた
3頭とも4コーナーで4番手くらいで3F33.9で同じ
ムーンは一番内側を走って最初に抜け出し最短コース
ポップはちょっと外にだして伸びかかったが届かない
サムソンはずっと外をはしって届かなかった
サムソンはもっと強気に先行するべきだった。
しかも不得意な高速の上がり勝負になって大外回すのは厳しかった
でも一番強い競馬をしている。
ポップロックは最初に先行してゆるいペースで楽をできたのがよかった
しかしサムソンを警戒して外にいったのが最後の差になった感じ
ムーンは内側ぴったりで前が何も無く開いた
荒れた馬場も苦にしないパワーのある馬なので伸びきった
運がよかった。

ウオッカは内側ぴったりまわって直線だけ外にだして33.6で伸びてきた
物凄い追い上げで一瞬サムソンを抜きかかったが坂で伸びがなくなった
最後はパワー負けだ。
しかし3歳牝馬で4着は凄い。
スポンサーサイト

第27回 ジャパンカップ(GI) 

◎メイショウサムソン
データは完璧で今年は連対100%で負けたのは宝塚記念2着だけ。
去年は後半疲れてるのか粘りが無かったが
今年は瞬発力まで付いてきた。
連なら確実

相手探し
○ポップロック
サムソンと同じく順調に出走してこれたのが一番いい
長距離では強いので距離が伸びたほうが有利
宝塚でも3着で有馬2着で国内中長距離NO3だ

コースを改修してから3歳馬は4年で
2着3回ザッツザプレンティ コスモバルク ドリームパスポート
3着1回デルタブルース
昔ほど3歳馬が苦戦しない傾向にある

△ウオッカ
ダービー馬だし通用する可能性は高い。
回避したあと追い切りを坂路に変えてきた
動きは問題なく1番時計だったので脚は大丈夫。
あとはダービーのように走ればいいだけだ。

△フサイチパンドラは長距離の広いコースは得意
去年はサムソンに先着している。
先行できるので前で競馬できればかなり粘りそうだ。
一応サムソンと同じデータに当てはまる
ただし牝馬限定なのが微妙。

△アドマイヤムーンは追いきりがかなり良くなったが宝塚に比べると
まだ動きに鋭さが足りない。
この馬は戦跡をみるとスピードタイプではない。
イメージほどキレがある馬ではなく重い芝でパワーで勝負する馬場があっている

インティライミ
京都大章典を勝ってでるパターンは「3.1.0.0」
マーベラスは良くわからないがアマゾン、レガシー、タップダンスは
前年の有馬記念2着馬だった。
インテはそのレベルの馬からすると各が落ちる。

△ドリームパスポートは去年2着
サムソンに秋は4戦4勝だった。
順調に出走していればどっかでG1連対していたはずだった
骨折明けでどこまでやれるかだけ
調教はそれなりに動いているので仕上がりはよさそう。

外国馬だが強さだけならサデックスなのだが
サドラーズウェルズでドイツの重い芝で強い馬日本に合うとは思えない
ハリカナサス、ペイパルブルは各下すぎ欧州のG3は日本の1600万レベル
アルティストロワイヤルはレベルの低いアメリカ芝、ダメだ。


東京(日)10R
3連単フォーメーション
1着 :10
2着 :02,04,11,12,14
3着 :02,04,09,11,12,14

馬単1着ながし
1着 :10
相手:02,04,11,12,14

第27回 ジャパンカップ(GI) データ サムソンは完璧だ 

このレース古馬で連対して次の年着順をあげるパターンがほとんどないが3歳で負けた馬が次の年着順を上げるのが結構ある
シンボリルドルフ3着→1着 天皇賞春1着 天皇賞秋2着
オグリキャップ3着→2着 天皇賞秋2着 マイルCS1着
スペシャルウィーク3着→1着 天皇賞春1着 宝塚記念2着 天皇賞秋1着
バブルガムフェロー13着→3着 宝塚記念2着 天皇賞2着
ハーツクライ10着→2着 宝塚記念2着
共通するのは次の年G1連対
去年の3歳馬
ドリームパスポート2着 なし
フサイチパンドラ5着  エリザベス2着
メイショウサムソン6着 天皇賞春1着 宝塚記念2着 天皇賞秋1着

メイショウサムソンはデータでも完璧
しかも天皇賞春を勝ってでてきたスペシャルとルドルフは1着
サムソンも勝ちそうだ。

ジャパンカップダート(GI) アタラメーゼ 

馬券はオオハズレだった。2.3着が買ってないしヽ(τωヽ)ノ モウダメポ
回顧
7.1 - 10.7 - 11.9 - 11.7 - 11.5 - 11.9 - 12.6 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5
前半からずっと12秒以内の早いペース
緩んでも12.6芝と同じようなペースというか芝の長距離より厳しいペースじゃないだろうか。
先行した馬には物凄く厳しくロンバード、キャンディはフリオーソから大差負けだった。
ヴァーミリアンは早いペースを中段で見ながら
4コーナーから外を上がって直線鞭入れてから加速が早かった
一頭だけ外を豪快に伸びて1馬身差をつけて完勝
ハイペースで早めに動いてしかも伸びるのだから文句なしに強い。

先行した中で結構粘っていたブルーコンコルドは能力は高い
普通ならボロ負けの展開だった
しかし直線の長いコースの2100はこの馬には合わない
やっぱりベストはマイルかな。

フェブラリー出走馬が必ず一頭連対するのだが
まさかバッカスやコンコルドではなくフィールドルージュだった。
去年3着で武蔵野Sも不良で前が止まらない
3F最速を考えるともっと評価すべきだったが
ドラゴンファイアーとかそっちに印をまわして押さえれなかった
(´・ω・`)ショボーン

ジャパンCダート(G1) 

なんかトウコンが人気だったりへんなオッズだ
ブルーコンコルドとバッカスが人気なさ過ぎる

◎ヴァーミリアン
休み明けで4馬身ぶっちぎりは強すぎる
普通に走れば勝つでしょう
ただしあまりハイペースだと危ない
この馬タイムの掛かるレースは強いが
スピード競馬はいまいち

○ブルーコンコルド
JBCは大外回りすぎた
南部杯を今年も勝っているし強さは去年と変わらない

▲ワイルドワンダー
南部杯の走りはブルーコンコルド以上と思わせる
武蔵野は不良馬場で負けただけ
東京「3.1.0.0」

△スチューデントカウンシル
G1で負かした馬がBCで3着だった
アメリカのレベルの高いダート馬
案外走りそうだが、人気があると走らない
キングマンボで血統は日本でも大丈夫だ
BC使わずJCD目的に間隔をあけてきたのもいい感じなので押さえる。

△ドラゴンファイヤー
3Fの追い込みがすごくいい
持続するし加速力もある
前走は内がのびて外もいるど真ん中を無理やり伸びてきた
物凄く強いかもしれない。

馬連 7→2.6.12.13
馬連 6.12.13 BOX

土日で2戦1勝 

東スポ杯で負けた分でちょっとしか儲けれなかった
東京スポーツ杯のフサイチアソートは強かった
13-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12-11.3-11.9
5F59.4なのでそれほどハイペースでもない
これで前にいって粘れなかったダンツキッスイはしょぼすぎる
それを見る形で抜けてきたゴスホークケンも期待以上に弱かった
新馬は持ったままで強そうに見えたがあれが限界だったのかも

差してきたアソートは1馬身つけて勝ってしまうのだから強い
スマイルジャックはやっぱり勝ちきれない持続力がないのか
距離がもっと合ったほうがいいタイプにも見える。

スズジュピターはなかなか凄い伸びだった
しかも休み明けだ。
能力は高かった。

マイルチャンピオンS(GI) 4頭BOXで的中した
当たったが、勝つ事はないと書いたダイワに勝たれたのがショックだわ
逆神発動した。
12.6 - 10.6 - 11.2 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 11.3 - 11.9
ずっと12秒いないのスピードの持続力を試されるレースだった
ダイワメジャーの得意パターンになっていた
しかも4コーナーまわって楽な手ごたえで先頭にでてきたので
これはやばいとおもった。
スーパーホーネットは最後伸びてきたが、最後はダイワと同じ伸びしかなかった。
今回は相手が悪かったとしか言いようが無い。

後方にいたスズカとアグネスアークはよく伸びている
この流れでちゃんと差してくるのだから強い馬だ。

カンパニーはスタート直後に下げてしまったのが大失敗だった。
もっとハイペースならあの位置でもいいが後ろ過ぎるし
内側回ってるし福永ダメすぎ。

マイルCS(G1) 

今年は天皇賞から来る三頭に勝てる馬がいるかどうかだけだ。

◎スーパーホーネット
ポートアイランドSが凄かった雨でタイムの掛かる馬場だったが
先行した馬が12秒以内でずっと飛ばす展開
それを中段から突き抜けて4馬身は凄すぎた。
パワーや底力など去年とは比べ物にならない
京都では3.0.0.1
着外一回が去年のマイルCS
今年はダイワメジャーが衰えてきてるし
それ以外ならあまり差はない。
叩き3戦目でローテーションもいい。

○カンパニーは6歳だが今年は二戦で
天皇賞秋は休み明けで3着
今回は使った上積みがありそう
アグネスアーク逆転も可能だろう。

▲アグネスアークは4歳で若いが
ずっと使っている
毎日王冠から天皇賞とかなり仕上げて使って二度も関東遠征
ここで疲れがでていてもおかしくは無い。

△ダイワメジャー
1600では4.3.0.2で安定している
2着はあるかもしれないが勝つのはデータからありえない。

ベクラックスはまずこないだろう
ダイワメジャーが国際G1で3着
アドマイヤムーンが1着だったりと日本の馬はレベルが高い
ダメジャーに勝つかも知れない馬たち相手に
アメリカの芝はレベルが低いレースボロ負けでしょう。


馬連でも最低10倍以上ならBOX
馬連BOX 7.8.9.12

マイルCS 6歳以上で安田記念を買った馬はまず連もない。 

安田記念を6歳以上で買った馬後の成績
タイキブリザード [0.0.1.3]最後は1.9秒のボロ負け
ブラックホーク 引退
アドマイヤコジーン[0.1.0.2]マイルCS1番人気でぶっとび
アグネスデジタル [0.1.0.4]2着は地方のダート中央芝では全滅
ツルマルボーイ  [0.0.0.3]1秒以上の大敗二回
アサクサデンエン[0.1.0.6]G2ですら勝てず。
ダイワメジャー [0.0.1.2]
安田記念を勝ったあと6歳以上では勝った馬がいない。
ダイワメジャーに同じ傾向がきている。
東京コースは高齢でもなんとかなるが
なぜか京都コースは高齢馬はあまり走らないのが不思議だ。

東京スポーツ杯2歳S(G3) 

予想がむちゃくちゃ難しい

◎ゴスホークケン
1.34.9で楽勝だった。
前半が早い展開で先行して楽に突き抜けて勝ってしまった
鞭もいれずに圧勝は凄い
もっと速いペースでもまず問題ないし
距離が伸びても折り合いは心配ない

○リアルヴィクトリー
野路菊のタイムと0.2しか負けてない
しかも5Fで1.2秒も遅い展開だったのだから凄い
キャプテントゥーレやベンチャーナインよりは上だろう。

▲スマイルジャック
アポロドルチェがこのあと重賞を勝ったのを考えると
ほとんど同じ脚で伸びてきた、いちょうSは評価しないといけない

△ダンツキッスイ
萩Sでは早め先頭から粘りこみ寸前交わされて二着だった
ヤヤ重で1.47.9もいいタイム

馬連BOX2.4.9.10

エリザベス女王杯(GI) 的中したけどorz 

的中したけどボックスだったので元割れ 
馬鹿じゃないのかって安勝に言われそうだ。

ダイワスカーレット強すぎた。
12.7 - 11.1 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.6 - 12.8 - 11.8 - 11.1 - 11.4 - 11.6
5F60.6 そこから12.6-12.8と一息いれただけで
直線の長い外回りで11.8 - 11.1 - 11.4 - 11.6
全部11秒台でまとめてしまった。
これはクロフネとかと同じ長くいい脚を持続する強い馬
ハイペースでもまずこのタイプは崩れない。
ゴール前はまだ余裕があった感じだしウオッカがでても勝ったかもしれない。

アサヒライジングにはがっかりしたもっと強気にいくとおもったら
抑えているしヨシトミつまらなすぎ
G1のレースであんな消極的な乗り方は最悪だ

4コーナーからまくって動いたのがルメールだけ。
他の騎手は勝ちに行かなかった。
負けてもいいからもっと潰しに動かないと見た目に面白くない。

エリザベス女王杯(G1) 予想Ⅱ 

ウオッカが取り消しになってしまった
本命が消えるなんてのは予想外だった。

ダイワ、アサヒは後ろの脅威が減った
パンドラも前にいくタイプだし
早めの展開で結構厳しいレースになりそうだ。

追い込み馬ローブデコルテを変わりにいれる

◎フサイチパンドラ
○ダイワスカーレット
▲ローブデコルテ
△アサヒライジング
△アドマイヤキッス

馬連BOX5.6.7.9.12

エリザベス女王杯(G1) 

スローの上がり勝負になると先行馬が結構残るが
ハイペースだとオーシャンほどの馬でも4着になるのが
京都の外回り
たぶんライジングが逃げて後ろに脚を使わせるように
早めに動いてくるはず
瞬発力勝負ではまず勝ち目がない

◎ウオッカ
ある程度の早いペースでの消耗戦で外回りで直線が長くなる。
後方からの方が有利
この馬の場合遅すぎると掛かる事もある
完璧に折り合えば牝馬で1番強い。
秋華賞は内回りのスローで休み明けだったが
今回は一回使って馬体の張りがよくなった。


○フサイチパンドラは去年は繰り上がり1着だが
スイープトウショウやディアデラノビアには力で勝っている
2000M以上では「2.1.3.2」
着外2回は2500の日経賞 ジャパンカップ
どっちも牡馬相手の厳しいレース
今年は結構ボロボロなのだが札幌記念で牡馬相手に勝っている
負かしたアグネスアークが天皇賞秋で2着
牝馬限定なら上位は確実。

▲ダイワスカーレット
ハイペースの経験がない。
距離の経験がないただそれだけ
2着は十分ある。

△アドマイヤキッス
ヴィクトリアマイルは0.3差で位置が悪かっただけ
安田記念は力を出し切ってスズカフェニックスには先着
クイーンSは小回りすぎた
府中牝馬は休み明け
今年まともに能力出し切ったのが安田記念だけだと思う
一瞬のキレだけは凄い馬
ある程度前にいて直線に入ればチャンスがありそう。

△アサヒライジングはヴィクトリアマイルで2着から復活
11秒でずっと逃げて1.32.6でねばったのは凄い
府中牝馬はゆっくり行き過ぎた
早めに動いて持続力勝負になればかなり粘るはず
二着は十分ある。

ディアデラノビアは55キロ以上では2着が一回だけ
56キロで2200では連は厳しい

ディアチャンスは53キロで重賞勝ったが56キロでは微妙だ

馬単 3→6.7.9.12 4点

ファンタジーS(G3)的中 アルゼンチン共和国杯(G2) 的中 

キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!
アルゼンチンのほうはBOXで狙ったのがよかった
馬連流しでやってたら66.7倍は取れなかった
トウカイトリックは内側ぴったりはしって
かなり頑張っていたがそれを
楽な手ごたえで4コーナーまわって抜かせない
アドマイヤジュピタは強かった

ファンタジーSも当たった9倍でも満足だが
予想では1着はないと思ったオディールが凄い差しきり
( ゚Д゚)ポカーンだった。
なんであんな強くなってるんだ?
やっぱり、内回りのりんどう賞と外回りじゃかなり違うなぁ。

エイムは途中から飛ばしていって
息の入らない流れにしてしまった
直線が長くなったぶん最後差された感じだった。
あれでは1600はまず持たない

エイシンパンサーは伸びてるが3着
やっぱり1200専用なのかも?

ファンタジーS(G3) 

◎エイムアットビップ
この馬瞬発力があるタイプではなく
同じペースでずっと走るタイプ
極端なスローになったりハイペースになったりすると
ダメなのだが
先行して自分のペースでいければ問題ない
福永だしそれなりにペースは読めるはず
まず連ははずさないはずだ。

○マイネレーツェル
エイムアットビップを新馬で負かした馬
フェニックスも小倉2歳も差してきて届かない
直線が短すぎた
京都の外回りなら逆転も可能
能力は高い

▲エイシンパンサー
りんどう賞でエイムと0.3だったオディール
を新馬で楽に負かした
追い込むときの沈み込んだ走りがとてもいい馬
4コーナーで前と差がない位置だったら
1着もありそうだ。

△ビーチアイドル
フェニックス賞の32.9のハイペースをついていって
最後まで粘りきった
34秒程度なら1400でもなんとかなる

△オディール
能力ではエイムに完敗
他が崩れたら二着があるって感じだ
1着とかはまずありえない。


ドリームローズは勝ち方は派手だったが
タイムが未勝利より遅いしぁゃιぃ
武豊で人気になって飛んでくれればありがたいので切った。

馬連 14軸 3.4.8.11 縦目 8-11 5点

アルゼンチン共和国杯(G2) 

ハンデ戦で面白いけど当たらないのが悲しいレースだ
軸をどうするか物凄く迷ったがBOXで買うしかない
BOXなので印はつけない。

2500の日経賞の1.2着は買いたい
トウショウナイトは58キロで2着の実績があるし
天皇賞春で0.3だった
ネヴァブションは4歳でまだ強くなる
斤量は不安だが力を出し切れば十分勝負になる。

トウカイトリックは休み明けだけ
天皇賞では3着だった
アイポッパーなどのトップクラスと戦ってきた
実績を考えれば人気なさすぎ。

ダンスアジョイは芝になってから能力を発揮
2400を3回走って 1着4着3着
ダートばかり使って出世が遅れたのが勿体無い

アドマイヤジュピタ
0.8のぶっちぎりは凄かったがタイムは凄くない
相手が雑魚すぎただけ
本当に強いかどうかは今回わかる
今まで勝っているレースも含めてタイムが全部よくないのは
とても気になる。

馬連BOX 3.4.7.9.16
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。