競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年19戦3的中
-8220

第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

有馬記念(GI) まったくアタラネーゼ 

6.9 - 11.2 - 11.2 - 12.1 - 12.4 - 13.4 - 13.2 - 12.5 - 11.9 - 12.4 - 12.2 - 11.7 - 12.5
スタートから11秒前半で1週目4コーナーまでいきそこからペースを落として
13.4-13.2で3コーナー手前からまたペースアップするスタミナの消耗するレース
しかも馬場が湿っていたのも影響したのか外からはぜんぜん伸びない馬場で
内側まわらないとどうしょもないレースだった。

それで外まわってボロ負けしたウオッカは仕方ない。
後ろからいってはあの展開しかない。
サムソンはウオッカの後ろにいくなんて自滅的なレースだった。
サムソンはスタートしてすぐ位置が後ろになってしまった所で終わった感じ。
外からあがっていくときもぜんぜん動かない
4コーナーで外回ってる時点で終わっているが、武が鞭いれてもぜんぜん加速してない
ジャパンカップで燃え尽きたのかも?

ダイワスカーレットは有馬で2着に粘ったのだから凄い牝馬だった。
エリザベスのときにクロフネに近いと書いたが今回は関東輸送初で古馬の混合G1なので
軽視してしまった。
来年の牝馬路線は勝ちまくるだろう。

マツリダゴッホは中山では物凄く強い馬だったので○を打っていたのだが頭で狙えなかった。
3番手でずっと内側にいて最後ちょっと抜け出すだけの完璧な乗り方だった。

最後で大損物故板悲惨な一年だった。
データを信頼しすぎて失敗した。
競馬は(゚∠゚)ムズカスィ
スポンサーサイト

有馬記念(G1)3連単をあてて今年の負けを一発逆転したい。 

◎メイショウサムソン
今年はG1で1着2着1着3着と崩れない
宝塚の1.2.3着がJCで1.3.2着で今年一番レベルの高かったレースだった。
そこで勝ったアドマイヤムーンはもういない
JCで逆転されたポップロックがいるだけだ
自力は宝塚で先着したのから考えてもサムソンが上回っている
ジャパンカップは外回ったのと瞬発力の差がでてしまっただけ
持続力がいる中山2500ならまず負けないはずだ。

○マツリダゴッホ
中山では4.1.1.1で落馬したセントライト以外なら全部3着以内
オールカマーを58キロで勝ったり
AJCCで5馬身ぶっちぎり
日経賞は負けてしまったが初57キロで2500も初めてだったし
4コーナーから先頭は早すぎた

▲ドリームパスポート
調教の動きがあまりよくないがタイムは一応ましになった。
能力はサムソンと互角
力を出し切れば十分連はあるはず。

馬単 1→2.3 2点

ポップロックは5歳以上でJC3着以内はやばいデータだし
人気なので切った。
よくて3着だ。

牝馬のウオッカはジャパンカップを使ってでてくる
このパターンの牝馬ではエアグルーヴしか3着に入れてない
ウオッカは直線が長いコースのほうがいいタイプで掲示板すら入れないかも。

ダイワスカーレットは先行できるのはいいが
ファインモーションですら古馬のG1では潰された。
それ以上に強いとは思えないのだから5着がいいとこだろう。

3着候補

ロックドゥカンブは関東では負けなしで53キロと軽い
しかも得意の小回りコースなので結構やれそうだ。
G1で連もない3歳馬が有馬で勝つとはとても思えない
人気ありすぎだ。

チョウサン 中山で3.1.0.3案外中山は問題ない。
結構前で粘るタイプ
毎日王冠は差してきたが基本は先行粘り込みのタイプだと思う
ダイワメジャーを負かした持続力は素晴らしい物
3着なら可能性は多少ある。

ダイワメジャーの調教は物凄い動きだ
有馬が一番いい状態に思える。
能力は去年と変わらずなので3着なら十分これるだろう

3連単 フォーメーション
1着 1
2着2.3.
3着2.3.4.6.8.15
結構配当はつきそうだ。

ラジオNIKKEI杯(GIII) アタラネーゼ 

◎マイネルファルケは最後の坂上がったとこまでは頑張ってたのに
あがってから一気に交わされてしまった
力は出し切った感じだし能力の限界だったのかな
12.5 - 11.6 - 13.4 - 13.4 - 13.6 - 13.9 - 13.1 - 11.5 - 11.4 - 12.6
13秒でゆるいペースで先行して交わされたのではダメだ。

サダムイダテンは強かった
まさか一番後ろから直線一気で二着までくるとは驚いた
新馬みた感じはあまり強く感じなかったし
相場眼が無いなぁ

11R ラジオNIKKEI杯2歳S(G3) 

人気はないかも知れないが強いとおもうのが◎マイネルファルケ
5F62.4でスローだったのだが6Fから加速していき
12.5-12.2-11.7-11.6-12.5
最後1Fは余裕で12.5で坂をあがって2.02.9は凄い
叩いて一変したタイプだと思う。
瞬発力勝負では弱いが持続力は評価できる。
今回はランチボックスが逃げるはずである程度早いペースで上がりの掛かる
絶好の展開が期待できる。

○ダノンイサオは早い2.02.5の早いタイムをもっている
この馬はもっと前で持続力を使う競馬のほうがいいとおもう
武豊が溜めて後方にすると瞬発力がちょっとないので負ける事もありえる。

▲フローテーションは萩Sを勝って2連勝
1.47.9でヤヤ重馬場だったのは優秀。

△ランチボックス
阪神2000を経験しているし
上がりの掛かる展開にするとかなりしぶとい

馬連 6軸 5.7.9 3点

牝馬と3歳、5歳以上JC3着以内馬[3.0.1.14] 

牝馬と3歳、5歳以上JC3着以内馬[3.0.1.14]
JC3着シンボリルドルフ 有馬記念1着3歳
JC3着オグリキャップ  有馬記念1着3歳
JC3着ダイナアクトレス 有馬記念7着4歳牝馬
JC3着ウイニングチケット有馬記念11着3歳
JC2着エアグルーヴ   有馬記念3着4歳牝馬
JC2着エアグルーヴ   有馬記念5着5歳牝馬
JC2着ファビラスラフイン有馬記念10着3歳牝馬
JC2着ヒシアマゾン   有馬記念5着4歳牝馬
JC2着テイエムオペラオー有馬記念5着5歳
JC3着ナリタトップロード有馬記念10着5歳
JC3着シンボリクリスエス有馬記念1着3歳(JC中山)
JC1着タップダンスシチー有馬記念8着6歳
JC2着ザッツザプレンティ有馬記念11着3歳
JC2着コスモバルク   有馬記念11着3歳
JC3着デルタブルース  有馬記念5着3歳
JC3着ゼンノロブロイ  有馬記念8着5歳
JC2着ドリームパスポート有馬記念4着3歳
JC2着ポップロック   有馬記念?着6歳
東京2400で限界で走って3着以内に入った疲労は
成長途上の3歳や疲れが出やすい牝馬
能力が落ちかけてくる5歳以上には厳しい
ぼろ負けして疲労が無いほうがまだマシ。

勝った3頭は3歳馬
オグリとクリスエスは菊花賞を走ってなく天皇賞秋連対
ルドルフは無敗3冠馬

ポップロックが今年は該当する
6歳馬で2着になってしまった。
叩き4戦目になるし4着以下になるかも?

ウオッカはJCはしってさらに牝馬なので超やばい。

阪神カップ アタラネーゼ 

12.2 - 10.9 - 11.3 - 11.6 - 11.2 - 11.3 - 12.1
全体的には1400なら平均ペースくらいだったのだが
先行した馬が総崩れだったのか、ブルーメンブラットが最後方から直線一気で3着
こんな馬が来るのだからやっぱり前が粘れないほど厳しい展開だったとも思える。
フェニックスが勝ったがそれほど強いとは思えない。

期待したリシャールは中段からちょっと伸びかかってそのままでゴール
どうせなら逃げてほしかった
クロフネ産は揉まれ弱いしごちゃごちゃしたレースはダメだ。

11R 阪神C(G2) 

◎フサイチリシャール
この馬関西の1400では「1.1.0.0」去年の阪神Cでは1000M1.08.3の流れを
先行して粘ったのだから強かった。
そのあと距離なのかよくわからないがスワンSで久々に復活した
1400が一番合っているのだと思う。

○エイシンドーバー
京王杯と阪急杯、1400の重賞を勝っている
ベストは1400なタイプだ
ある程度早めにも動けるのもいい。

▲スズカフェニックス
マイルCSで3着は強い
ただし阪神の1400で外枠にはいってずっと外をまわるのは厳しい
それが不安で評価を下げた。

△ドラゴンウェルズ
スワンSで差の無い競馬ができた。
今どんどん強くなっている時、きつい展開でばてないタイプなので
リシャールの早いペースはいい。

△マイネルシーガル
56キロなのが気になるが富士Sで古馬相手に勝ってきたし
先行抜け出しも阪神コースにはいい。

朝日フューチュリティ(GI)アタラネーゼ 

超がかっりだわ。
12.3 - 11.1 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 11.9 - 11.3 - 12.0
3F34.7 5F58.6 F35.2
前半から緩む事無くずーっと同じペースで走ったレース
ゴスホークケンは12秒以内で坂を上がっても失速しないのだから強すぎた。
しかも坂あがってから差が広がっている。
ちゃんと調教やっていれば東京スポーツ杯も負けてなかったのだろう。

ペースが緩むところがないと前も苦しいが、止まらない馬場では
後方に待機した馬はどうしようもない。
結局1.2.3着は
逃げたゴスホーク
先行3番手のキャプテントゥーレ
4番手で内に入ったレッツゴーキリシマで決まってしまった。
外枠はいって後方に行った馬は全部二桁着順だった。
アポロはきついペースで早めに動いた分坂で止まった
この馬はやっぱりスプリンターだと思われる。

スズジュピターは返し馬から汗が凄すぎてやばいと思った
もうゲート入り前に終わっていた感じだった。
4コーナーまわったとこで手ごたえは怪しいし、最後まったく伸びなかった。
馬券は買ってしまったあとだしネット投票じゃ取り消しできないし
どうしょもなかった。おかげで大損物故板。

キャプテントゥーレはいい位置だったのだが外いったぶん3着だった。
デイリー杯組は勝てないけどやはり相性はいい。

ゴスホークの1.33.5は凄いタイムだったこの馬は
まだ3戦でこれからもっと強くなりそうだ。

朝日フューチュリティ(GI) 

◎スズジュピター
今年の牡馬レースで一番レベルが高かったのが東スポ杯
1:47.6の高速決着だったがそれほどハイペースだったわけでもない
スピードと瞬発力と持続力の総合的にバランスがとれた結果
これで休み明けで1馬身差2着だった。
しかも3F34.3で最後凄い伸び、叩き二戦目で今度はもっとよくなる
調教も物凄い動きだった。

○サブジェクト
札幌二歳も萩Sも最後凄い伸びなのだがどうにも届かない
距離が長いのかもしれない。
距離短縮で鋭く伸びるかも?

▲アポロドルチェ
出遅れて外から差しきった京王杯2歳はレベルが違った
外枠に入りすぎたので評価を下げた
しかも出遅れ癖があるので1600の中山で最初のコーナーまでに
ある程度いいとこに付けれないと
4コーナーからずっと外を回されて消耗しそうなのが不安だ。

△キャプテントゥーレ
デイリー杯のタイムが遅すぎるのが不安
G2勝ち馬だし勝ってもいいがボロ負けもありえる。

△ゴスホークケン
東スポ杯で4着
1600で1.34.9で勝った馬が案外しょぼい内容だと思ったら
まともに追い切りやってなかったとはふざけんな
レースのある前に言えよ!
今度はびっしり調教やってきたので変わるず。
まともに走れば重賞クラスなはずなんだけどねぇ。

△ヤマニンキングリー
黄菊賞の1.47.5は超優秀だった。
負かしたトールポピーがG1勝ちならこの馬も勝負になっていいが
サブジェクトにはまったく相手にならなかった。
一応の押さえ。

5点で勝負
馬単 9→1.7.11.14.16
3連単フォーメーション
1着 :09
2着 :01,07,11,14,16
3着 :01,07,11,14,16
20点

9R エリカ賞(500万下) 


キングスエンブレムは2:05.9
5F65.8で3F34.3
スローの上がりだけで2着に1馬身半
3着には5馬身以上つけてる
しかも余裕で勝ってしまったのでまだまだ伸びる

アルスノヴァ 2:02.4
5F63.3で3F34.9
5ハロンで2.5秒早いが3Fで0.6しか遅くない
牝馬だが能力は互角くらいとも思える。
新馬でダノンイサオと0.0でイサオはOPで2着
500万なら十分勝負になる。

ゴールデンガッツ 2:05.9
5F65.0で3F35.1
キングスに比べると同じタイムだが中身がしょぼい
5Fで0.8も早いのにタイムが同じではダメだ。

ドリームノクターン
2000Mで2.01.9は凄いタイムだ
この馬が新馬で0.9も負けたのが信じられない
たたいてよくなったのだろう。
OPで通用するタイムなので買うしかない。

馬連 2.5.6 BOX
3連複 2.5.6 1点
3連単 2.5.6 BOX
馬連 2.4.5

阪神ジュベナイルF(GI) アタルワケネーゼ 

ニシノガーランド本命は無理がありすぎたか。
まあ17番人気だったし力を考えると人気がなさ過ぎるから狙ったので仕方ない。
12.5 - 10.6 - 11.3 - 11.8 - 11.9 - 11.5 - 11.5 - 12.7
5F58.1で最後1Fまでずっと11秒のかなりきついペースだった。
これで先行した馬は全滅
エイシンパンサー 15着
マイネブリッツ 16着
エフティマイア 17着

ガーランドは内側のいいとこにいたのだが
ちょっと掛かり気味だったのと4コーナーで下がってしまった
おかげで行き場がなくなるし直線ではぶつかって体制立て直す不利
そっから再加速して8着まで追い上げてきた
スムーズな競馬だったらもう少し上位にこれたはず
17番人気は人気なさ過ぎた。

5F58.1のハイペースで最後1Fが12.7
ここで早めにしかけたオディールは止まりかけ
後ろで溜めていたトールポピーとレーヴダムールが追い込んで1.2着
レーヴダムールは嵌った感じがする。
トールポピーはスタミナと持続力のいる展開になって
長い距離を走っていた分有利だった。

エイムアットビップは逃げずにレースができたのはとてもいい
自在性がでたので桜花賞まではトップグループにはいれる。

オディールは力は出し切っている。
あとは展開が向かなかった。

エイシンパンサーは前にいって自滅追い込んでいい馬で逃げてどうするんだ岩田あふぉすぎる。
パンサーも馬体はスプリンターなので桜花賞では用無しになりそうだ。

500万で1.34.0が出ていたのからすると1.33.8なのは微妙だ
ウオッカとかのレベルに比べるとかなり劣る
クラシックは別の組の可能性が十分ある。

阪神ジュベナイルF(G1)◎ニシノガーランド 

このレースは超難しい
レベルの高いレースから買う普通の作戦でいいかも?

各ならG3ファンタジーS
そこの1.2.3着はタイムも優秀で強い。
特にオディールは現時点での牝馬1番上がりも早い
現時点で一番強い牝馬だと思う。
エイムアットビップもタイムは優秀だしファンタジー2着でこれも強いが
オディールに差されたのをみると坂のコースでは最後止まりそう

OPいちょうS
アロマキャンドルは負かした相手が重賞で1着3着で強そうに見えるがスローペースで前にいて有利だった。
スマイルジャックより弱いと見るが牝馬同士なら強い方に入りそうだ。

OPききょうS
マイネブリッツはなかなか強そうだ
キリシマが京王杯で3着になっている
それを負かしているのだから牝馬同志なら上位だ。

ほか重賞で負けてる
シャランジュは追い込みタイプで直線が長くなったといっても
新潟のような直線一気はまず決まらない
しかも坂コース経験がないので止まる可能性が高い。

京王杯2歳
エフティマイアは負けすぎ。
サフラン賞から京王杯にでてた馬が着順をかなり落としている
サフランで0.4差の馬がファンタジーにでて0.9もぶっちぎられている
サフラン賞で負かした相手はその後ボロ負けレベルが低い
それを考えるとラルケットはあまり強くない

レジネッタはミゼリコルデに勝ってきたが千両賞でミゼリコルデはボロ負けだったのを考えるとレジネッタもそれほど強くない。

トールポピーは負かした相手が京王杯で2着にいたり
なかなか強そうだ。
しかも1800を使っているのもいい

赤松賞はなかなか強い
やや重でいちょうSとほとんど差の無いタイムを出している
アロマキャンドルが人気だが買うならカレイジャスミンとニシノガーランドのほうがいい。

◎ニシノガーランドを狙ってみたい
3戦連続1600で中山コースで坂の経験もある
今回はプラードが乗る
内枠に入っているしある程度前にいってほしい

相手は
○オディール
▲トールポピー
△アロマキャンドル
△エイムアットビップ
△カレイジャスミン
△マイネブリッツ
△アロマキャンドル
△エイシンパンサー
17番人気なので手広く流す。

馬連 5軸→4.7.10.11.15.17

今日の結果 2戦1勝 取り損ヽ(τωヽ)ノ モウダメポ 

葉牡丹賞は馬連だけ的中したが3連複を買った分が余分だった。
マイネルチャールズはスローで二番手にいって
直線内側から伸びそうで案外のびないで2着はしょぼい
ミステリアスライトはスローで逃げたとはいえ
後ろの馬に追いつかせないのだから力が上だった
リアルヴィクトリーは駄馬
スパークキャンドルはスローで先行して沈んでいくのだから弱い
エアキリヤンもスローで前にいて交わせないのだからこれも弱かった。
クラシックに繋がるかは微妙だがミステリアスライトは結構やれそうだ。

千両賞はオオハズレ
ダノンゴーゴーはやっぱりスプリンターなのかな
溜めまくった割には伸びが微妙
1200限定の瞬発力だったのかも
グリフィスは後ろに付けすぎ
もっと前で粘る競馬をしないとだめだ。
マイネトゥインクルはそれなりに走った
ミゼリコルデはいくらなんでも位置が後ろすぎる
まああれだけ後ろから脚使っても35.7ははっきりいってしょぼい。

10R 千両賞(500万下) 


◎ダノンゴーゴーは3F33.3の物凄いキレで一気に突き抜けた
ゴール前はまだ余裕がかなりある走りだった
1600Mでもまったく問題なさそう。

○ミゼリコルデ
61.4のスローで34.1で勝ちパターンだったが相手が強かっただけ
タイムは1.35.5でまあまあ出ているし500万なら通用する。

▲グリフィス
黄菊賞は早いペースを2番手でいって最後まで粘って3着
この馬は瞬発力はあまりないが持続はするタイプ
阪神の坂で最後の持続力の差がでそう。

△マイネトゥインクル
1600Mではエアパスカルと差の無い3着
次の1400では溜めて最速の上がりでまとめて差しきり
1.22.9もまあまあいいタイムだ。
ハイペースなら追い込んで二着はありそうだ

馬連 BOX 4.9.10.11

10R 葉牡丹賞(500万下) 

11Rが面白くないし当たりそうにないのでこっちで儲けたい
◎マイネルチャールズ
しかもヤヤ重で1.49.7は優秀
直線の長い府中で先行2番手から最速の上がりをつかって1馬身つけたのは強い。
負かした相手はフサイチアソートと0.0だったサトノプログレス
小回り中山の開幕週で先行有利
条件もいいので連はくるだろ。

○エアキリヤン
重馬場で1.49.0は優秀だが負かした相手が次に3着になっている
タイムが掛かるレースで強いだけ?

▲リアルヴィクトリー
東京スポーツ杯はしょぼい結果だったが
未勝利を勝ったときの走りからしたらもっと走れていいはず
もう一回買い

△ミステリアスライト
タイムは平凡だが上がりだけはなかなか優秀
叩き二戦目だし上積みもある

△スパークキャンドルはしぶとい
今回はペリエ乗るのは怖い
ペリエが乗ると馬が変わる。

馬連 2軸 1.3.7.8
3連複 2軸 1.3.7.8
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ