競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

Author:sairesu


2017年7戦1的中
-2880

第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

高松宮記念(GI) ハズレ 回顧 

12.0 - 10.4 - 11.0 - 11.0 - 10.9 - 11.8
3F33.4 後半33.7 1.07.1
早いペースで最後も止まらないのである程度前にいないと勝負にならなかった。
追い込みタイプは馬場にやられた感じだ
外にだしても内側が止まらないではどうしょうもない。
躓いていい場所がとれなかったスズカフェニックスはそんな状態で
よく3着まできた32.7の凄い伸びだった。
力はあったが不運だった。

期待したゲレイロはリシャールに絡まれた上に
前に入られて外に持ち出す形になって邪魔になった。
最後は力で差し返したのだから勿体無い。

キンシャサは5番手から直線はしぶとく抜けてきた
力はあるが気性が悪くていつ走るかわからないので切った馬が今回に限って
一番流れにのったいいレースをしている。

ファイングレインは最後外に出さず内側が開いていたのがよかった
シルクロードのような凄い脚で最後は差しきり
短距離で3戦3勝だったがタイムが1.09.1と遅かったので軽視したのが大失敗だった。

最近また勝ちきれないフジキセキが増えていたのに1.2着がフジキセキなんてびっくりだ。
ドバイでもフジキセキ産駒が勝っていたがまさか日本でも勝つとはなぁ
スポンサーサイト

高松宮記念(G1) 

◎ローレルゲレイロ
阪急杯の1200通過で1.08.7だった
最後1F12.0でぜんぜん止まらない
東京新聞でも5F57.7のペースで11.5 11.7 11.9と最後止まらない
1200で平坦コースの中京ならまず止まるのはありえない。
負けるとすれば差しきれるタイプだろう。
同じ先行型にはまず負けないはずだ。

○スズカフェニックス
阪急杯も休み明けで59キロだったが最後はよく伸びている
6歳だがまったく衰えはない。
1枠だがここは下げて大外直線一気しかないだろう。

▲スーパーホーネット
この馬は直線一気のタイプにみられるが
それほど下げなくてもきっちり伸びてくるタイプだ
ある程度中段につけていければ勝ってもおかしくはない。

△ペールギュント
最近ぼろぼろだが、シルクロードSは先行馬総崩れの中4番手で行ってしまった
阪急杯は挟まれて終わり
この馬最近まともに走ったのは京成杯で、この時はG1馬サンアディユと0.1で1.08.0だった
これぐらい走ればチャンスはある。

馬連4頭BOX

毎日杯 的中 / 日経賞 的中 

日経賞 回顧
7.2 - 12.2 - 12.3 - 12.1 - 12.0 - 12.1 - 12.2 - 12.1 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.3 - 12.3
12.7でかなり厳しい展開だった。

マツリダゴッホは59キロでどんなレースをするかとおもったら4コーナーで楽な手ごたえで並びかけて
そのまま突き抜けた。
かなりのスタミナがいるペースだったのだが、最後12.0 - 11.3 - 12.3でまったく失速しないのだから強かった。
やっぱり有馬記念を勝つだけの馬だった
天皇賞春に是非でてほしい海外にいかないでほしい。

トウショウナイトは去年と同じような展開だったが、ゴッホが強すぎた。
能力は出し切っている。

アドマイヤモナークはあんなものだろう
去年と同じような位置から伸びてとどかないのもいっしょだった
成長したんじゃなくて勝ってきたのは相手が弱すぎた。


毎日杯 回顧
12.7 - 11.0 - 11.3 - 12.1 - 11.9 - 11.7 - 11.8 - 11.3 - 12.2
5F59.0でずっと11秒の続くスピードの持続力がいる厳しいレースだった
タイム1.46.0は大阪城Sの1.46.1より早い
レース内ラップもほとんど同じでディープスカイは古馬OPと互角だ。
いままでの勝ちきれないレースが嘘みたいな強さだった。
一定のペースの厳しいレースが得意なのかも。
ただしこんなタイムだした後皐月はどうなのか?
疲労がなければ勝負になるはず。

アドマイヤコマンドはかなりしぶとい
直線外の方にだして伸びかけたが坂で伸びがなくなったのだが
あがってからまた加速してきた
もうダメかと思ったところから盛り返すのはなかなかできない。
タイムも2秒短縮しているし
一戦だけの馬が重賞で2着だからすごい。
ダービーでも勝負になりそうだが、どこか勝たないとまず出れない。

毎日杯(G3) 日経賞(G2) 

毎日杯(G3)
◎アドマイヤコマンド
1.48.8はレッドシューターの1.48.0と0.8も差があるが余裕でぶっちぎったレースだけに
まだまだ差は縮まるはずだ。
レースのラップもほとんど同じ、素質的にはレッドシューターと差はないと思う。
○ロスペトリュス
どんな相手でも崩れないのが強みだ
2000以上は長いと思う
距離短縮で狙いたい
▲ディープスカイ
この馬も崩れない
しかも末脚は鋭い
展開しだいで突っ込んでこれる
△ロードバリオス
1.34.0で勝った500万がいい
前にいって止まらない馬場でこの馬がたぶん逃げるだろうし
展開はぴったりだ

馬券は4頭BOX

日経賞(G2)
◎マツリダゴッホ
中山では別馬のように走る
G1馬になったのだからこんな所では負けれない。

○トウショウナイト
去年58で2着だったが今年は57で軽い
二着なら十分あるだろう。

△アドマヤモナーク
2連勝で今年は調子がいいのもあるが相手が弱いのであまり評価していない

△タスカータソルテ
横典が乗るのがいい
最短コースで回ってくるはず外回したりはまずない
4歳でまだ強くなるし期待したい。

馬連ゴッホ流し

阪神大賞典(G2) 回顧 不的中 

13.0 - 11.6 - 12.8 - 13.0 - 13.4 - 13.0 - 13.2 - 14.1 - 13.0 - 12.6 - 12.4 - 11.8 - 11.4 - 11.3 - 12.1

2000Mを走ったあとに後半4Fが瞬発力と持続力の試される展開
結構厳しいレースになった。

ポップロックには得意の展開のはずだったのだが
まさかアイポッパーにすら負けるとは思わなかった
休み明けなのか、年齢からくる衰えなのか?

アイポッパーは馬体を絞って復活した
長距離では強い馬だ。

アドマイヤフジは中段からいってはダメだ
展開が悪かったのと長距離タイプじゃなかった。
完全に見誤った

アドマイヤジュピタのほうはステイヤーだった
しかもゴール前は突き放している
今回は重い58キロを背負っての内容だから強かった
まだ5歳だし、天皇賞春でも十分に勝負になるだろう。

フジTVスプリングS(GII) 回顧 不的中 

12.6 - 11.3 - 12.4 - 12.0 - 12.5 - 12.5 - 12.0 - 11.6 - 12.0
5F60.8のスローペース 1.48.9とタイムはまあまあ

期待したショウナンアルバは首をあがって掛かってしまった
あれで消耗したのか最後の坂では伸びがなくなった
スローで緩いペースでちょっと掛かっただけで伸びがないのはスタミナはそれほどない
NHKマイルのほうがいいだろう。

スマイルジャックは予想のとき書いたような展開だった
内枠から先行してそのまま持続力をいかしてしぶとく伸びる
スローでも上がりの掛かる展開で外まわったら伸びない馬場の助けがあったから
勝てたのだが、皐月賞で通用するか?となると疑問だ。

フローテーションは折り合いつけて内ぴったりを回って伸びてきた
交わす勢いだったのだが坂で止まった
スペシャル産駒は中山だと似たような止まり方をするのがおおい
皐月賞ではかなり厳しいかもしれない。

アサクサダンディは最後すごい勢いで伸びていたのだがスローで後ろ過ぎた

スプリングS(G2) 

いまの中山は強い馬が先行したら止まらない
展開を考えるなら
◎ショウナンアルバ
共同通信杯の
3F33.9 5F58.5のハイペースを先行して最後バテないで抜け出したのは評価できる。

○レッツゴーキリシマ
この馬はキレがないが持続するのがいい
京都のような直線の長いコースより小回りコースのほうがいい
朝日フューチュリティで2着の実績もある

▲アサクサダンディは若竹賞でアルバと0.1
500万勝ちのタイム1.47.8も共同通信と0.2差でこの馬は強い。

△スマイルジャック
中山の内枠に入った
これならうまく先行して5番手以内でまわってこれるはず
毎回勝ちきれないが能力はある
勝ちきるだけの瞬発力がないので前が止まらない馬場で先行すればなんとか連はあるはず。

馬連軸10→3.13.14

阪神大賞典(G2) 

◎ポップロック
有馬でしょぼい負け方をしたが前が止まらない馬場だったのと
ジャパンカップの疲労が相当残っていたのかJC組は全滅だった
ここでは格が違う

○アドマイヤフジ
瞬発力ではちょっと劣るタイプなので長距離で持続する流れのほうがいいはず

▲トウカイトリック
完全なステイヤータイプなのか2400以下はほとんど走らない
距離延長で見直し

△アドマイヤジュピタ
母父リアルシャダイなので距離はもつはず
能力的にはここでも勝負になるはずなのだが体系からは距離がながいきもするし微妙

△ダークメッセージ
この馬も関西で長距離なら天皇賞春以外では0.8以下に負けたのはめったにない
キレはないが長く持続するステイヤー
そろそろ本格化してもいいころ

アネモネステークス 回顧 

12.5 - 11.2 - 11.6 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.8 - 12.8
5F59.3、11秒後半でずっと走り緩んでも12.1で息が入らない厳しいペースだった
これで前にいた馬は全滅
人気のブーケフレグランスも失速した
このペースで中段にいたソーマジックが外から豪快に伸びて勝ってしまった
シャランジュと着差は少しだが、まだ余裕があるように感じる。
ソーマジック相当強い
トライアルの中で一番厳しいレースだったので本番も結構期待できる。

シャランジュは溜めまくりの直線勝負
前が総崩れの展開で嵌っただけだろう。

フィリーズレビュー(GII) 回顧 

12.1 - 11.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.8 - 12.4
前半から34.8でそれほど早くもないのに先行馬は失速してしまった
このペースでいって沈んだエイシンパンサーはしょぼい
上位はみんな後ろからの差し馬だったが34.9とそれほど凄い脚でもない
前が止まって貯めてた展開が嵌った感じだ。
勝ちタイム1.22.5もレベルが怪しい
桜花賞ではこの組はまったくいらないだろう
エイムアットビップは熱発があったらしいが負けすぎ
早熟なんじゃないのかな。
この馬も1400までの馬で本番じゃいらない。

チューリップ賞 弥生賞 回顧 

チューリップ賞
12.6 - 11.2 - 12.3 - 12.6 - 12.6 - 12.0 - 10.7 - 11.8  1.35.8
5F61.3で超スローなので全体のタイムが遅いので判断が難しいが上位3頭は強い

瞬発力だけの競馬になっているので逃げて内側回ったエアパスカルが3F34.5で止まらない
本番も同じような展開になるならパスカルもチャンスはある。

ちょっと後ろにいて交わせなかったトールポピーは0.0で2着34.1でパスカルより0.4早いので
一応は桜花賞に繋がった。
使って上積みがあるので桜花賞は先着するはず。

オディールは後方から外回して33.5と物凄い勢いで突っ込んできたが3着だった。
スローペースで後ろからいってるので、この馬が一番強い競馬をした
しかもコメントが
オディール 安藤勝己騎手
「返し馬から何か以前と雰囲気が違って、ちょっと不安もありました。状態としては本物ではなかったように思います。それでも今日のような競馬ができましたし、収穫はあったと思います」 
状態が本物じゃないってことは使って良くなるはず
桜花賞最有力この馬だ

3着以下は1馬身離れてしまった。
完全に力の差がでてしまったので本番でてきても用無しだ。


弥生賞
12.2 - 11.5 - 12.4 - 12.8 - 12.9 - 12.5 - 12.3 - 11.7 - 11.3 - 12.2
5F61.8なので先行した馬のほうが有利だった

タケミカヅチが3着だがペースと止まらない馬場が嵌って先行して粘っただけ。
この程度の馬では本番は無理だ。

マイネルチャールズは強い馬が一番楽な競馬をしたのだから勝って当たり前だった。
前半がゆるいので2番手から最後は失速もなく十分に伸びた。
この馬に関しては、このレースは参考にならない。
この馬はどんな展開でも伸びてくるので厳しいレースでも根性でなんとかなるタイプ
皐月ではペースが厳しくなるがこの馬なら問題ないだろう。

ブラックシェルは0.1負けたが位置が後ろだったのと前が止まらない馬場とスローの展開だったのを
考えると一番強い競馬をしている。
能力ではチャールズと互角

アインラクスは後ろからいって一番大外を回すひどい乗り方だった
あれじゃ馬場がいいときの中山ではどうしょもない
能力が違えば上位争いに出てくるのだけどこの結果だとG1級には足りないようだ。

アーリントンC(G3) 

ポルトフィーノはそんな強いとは思えない
危ない一番人気だろう
タイムが平凡すぎる。エルフィンSも強くみえるが相手が弱すぎた
しかもスローペースで逃げて最速の上がりではない
未勝利よりタイムが遅い
ぶっとんでもおかしくは無い。

◎ルールプロスパー
57.6のハイペースを2番手でいって最後まで粘りきったのだから凄いと思った。
物凄いきついレースをした後に、平均ペースならもっと楽なはず
しかも前にいけて伸びてくるタイプは開幕週の阪神にぴったりだ。


○ドリームガードナー
シンザン記念ではそれなりの力は見せた
朝日は後ろからになってなにもできずにおわっただけ
まともに走れば今度もチャンスはある。

▲スマートファルコン
ジュニアCで1.34.1は凄いタイムだった
ハイペースで差したので展開が嵌ったのもありそうだが人気がないなら狙う価値はある

△エーシンフォワード
関西ではまだ負けなし
中山コースでは先行しながらさがっていってしまった
普通に走ればあんな負け方はしないとおもうんだけどなぁ

△アポロドルチェ
1600は微妙に長い気がするがある程度先行できれば力でなんとかなりそう

馬連ルールプロスパー流し .2.5.6.8 押さえ2-8
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ