競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年22戦3的中
-10820

第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

10R 宝塚記念(G1) ◎メイショウサムソン 

◎メイショウサムソン
去年は57.5のハイペースを4コーナー2番手で強引にいって
最後まで粘って2着
自力は明らかに今回のメンバーでは1番
元々は時計のかかるパワー勝負の馬
G1を勝ったときは
ダービー、天皇賞秋はヤヤ重
皐月賞も1.59.9とタイムは遅い
雨が降る条件も今回はぴったりだ。


○アルナスライン
2400で2.23.5で走った馬
スピードの持続能力はG1級
叩き3戦目で地元の阪神
輸送がなくなればさらにいい
ある程度中段から末脚を発揮するタイプなので
ハイペースの前崩れになれば勝てる。

▲エイシンデピュティ
58キロを背負うと人気で凡走
天皇賞ではすごい寄れていた斤量の不安がある。
時計のかかるレースはフレンチ産駒は強い
馬場の助けと内回りの先行有利で結構やれそうな気がする。

△アサクサキングス
この馬雨が降ったときは二回とも大敗
渋った馬場がダメなタイプなのかもしれない。
能力的には勝つのは厳しいが2着なら十分ある。

△ロックドゥカンブ
この馬は重は強い
時計勝負より確実にパワーがいいタイプ
叩き二戦目できっちり変わってくるだろう。
目黒記念の着差は菊花賞のアルナスの着差とかわらない
馬場を味方にどこまでやれるかだ。

馬連 2-4.8.9.11 4-9 5点勝負
スポンサーサイト

回顧 マーメイドステークス(GIII) おおはずれ 

12.7 - 11.2 - 12.4 - 12.5 - 12.3 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.2 - 12.8
牝馬限定の重馬場なのでタイムが遅くなるのは当たり前
逃げたピースオブラヴが離して逃げて2着に粘りこみはわかる

勝ったトーホウシャインは後方から36.5の最速で差しきってしまった
物凄い重が得意なのか?
とても勝てるような馬じゃないとおもったのだが驚いた
たぶん軽量と馬場が総てだろう
ても良で重賞では買えない。

期待したソリッドプラチナムも37.0で伸びているのだが
やはり最後の坂が響いたか3着が限界だった
それでも崩れないのだから力は付けている。

ベッラレイアは馬場かなぁ
あまりにも負けすぎている。
父トップロードも雨はだめだった。

ブリトマルティスは力のいる馬場の長い距離はだめだ
ベストが1600の馬のようだ。

1.2着がいなければあたったのになぁ
さすがに10番人気12番人気は買えない

マーメイドS(G3) ◎ソリッドプラチナム 

2年連続軽量馬が馬券になっている
今年も56キロのベッラレイアは人気だが去年の調子にはもどっていない
サンレイジャスパーは長期休養で56は厳しい

◎ソリッドプラチナム
53キロと軽い
去年は牡馬相手に2400.2200で2着
古都ステークスで負けたフィールドベアーは新潟大章典で3着
2着のマンハッタンスカイと0.0でスカイが金鯱賞G2で2着
この馬も牝馬限定なら見直していい。
瞬発力だけだった馬がある程度行けるようになって
中段から差してこれる自在性がついてきた
阪神の内周りなんとか先行してもらいたい。

○ブリトマルティス
中京の1800で1.46.6
しかもヤヤ重で出したタイム
雨に強い馬
先行できるのもいい

▲ベッラレイア
瞬発力タイプなので馬場が悪いのは心配だが
力を出し切れば今回の相手なら勝てるはず
問題は力が出せるかどうかだけ

△ザレマ
母父ザフォニックが強くでたようで時計のかかるレースは強い
阪神内周りで先行と買い要素は揃っている。

馬連 4.5.6.11 4点BOX

エプソムC(G3) ◎ヒカルオオゾラ 

◎ヒカルオオゾラ
1.32.5で3馬身も抜けた強い勝ち方だった
57キロのトップハンデで56.6のハイペースを先行して抜け出す勝ち方
能力が抜けていた、重賞でも即通用する

○マイネルキッツ
1.47.0もかなり優秀な時計だ
5F60.3のスローの上がり勝負で2馬身抜けたのは強い。

▲ブライトトゥモロー
新潟大章典の負けがよくわからないがまともに走れば勝てるはずだ
去年の毎日王冠では1.44.6でダイワメジャーと0.1
大阪杯でもドリパスやアサクサキングスに0.1しか負けてない

△トーホウアラン
速いペースで先行しても失速しないタイプ
中日新聞では1.57.8と凄いタイムを持っている
能力は高いので4戦目で体がもどれば勝てる馬だ。

△サンライズマックス
叩き3戦目 軽い馬場の末脚勝負がいいタイプ
東京の長い直線はいいのだが坂が問題だ


ファストロックは勝ってはいるがスローの先行で恵まれた勝ちが多い
人気ほど信頼できないと思う。

馬連 7-2.4.11.12 2-4 5点勝負

回顧 安田記念(GI) アタラネーゼ 

12.1 - 11.1 - 11.4 - 11.6 - 11.7 - 11.4 - 11.4 - 12.0
5F57.9 1.32.7
土日の芝はなぜか上がりの掛かるのが多く力のいる馬場状態だった
それで5F57.9はハイペース
スピードの持続力とスタミナがいる物凄いきついレースだった。
11秒台でずっと先行したコンゴウリキシオー1.33.5とOPみたいなタイムで5着
残った感じだが馬場に助けられたのが大きい復活はまだまだ先だ。

すぐ後ろにいたアルマダはジリジリと伸びて1.33.3
香港に近い時計の掛かる馬場で走っている馬なので今回の馬場が合っていたが
3馬身は完全に力負けだ。

そのすぐ後ろにいたウオッカは先行して34.0の最速の上がりで1.32.7で3馬身抜けた
能力が違いすぎた。
この馬は元々は先行してそっから伸びるタイプだったのを四位が追い込み馬にした
それからダービー以後まったく勝てなくなっていたが
今回はきついペースで先行して後方で溜めたのと変わらない上がりで突き抜けるのだから
やっぱり今までの乗り方がだめだったようだ。

力のいる馬場状態で外をはしっても伸びない
溜めても同じ脚しか使えない状態では、差し、追い込み馬は不利だった
スーパーホーネットは直線一旦は抜け出せたが坂で失速
体調もよくなかったのかも?美浦にいれて馬体は維持できたが調教がイマイチだったようだ

グッドババは発汗していたし相当レースまえで消耗していた
レースまえに終わっていた。

馬券は大外れだ。
1.2着は馬券にはいってたが立て目 BOXならとれたなぁ
スーパーホーネットを信用しすぎた。

安田記念(G1) ◎スーパーホーネット 

このレースは日本馬に限ればG1で実績のある馬で、年明け1戦が理想的
ダイワメジャー、アサクサデンエン、スイープトウショウ、テレグノシス、ツルマルボーイ、アグネスデジタル、ダンツフレーム

今年の日本馬で1戦はドリームジャーニーだけになる
2歳のG1馬なので微妙だ。

使っている馬から選ぶとスーパーホーネットが2戦で少ない
使っている馬は勝っているのが理想的
古馬GⅠ連対馬で京王杯で58キロ以上を背負って勝った日本馬は安田記念で連対する。[4.1.0.0]
これに該当するのが◎スーパーホーネット
ダイワメジャーとマイルチャンピオンで0.0
メジャーがいなくなれこの馬が実質マイルでトップになる。

○ドリームジャーニー
年明け1戦なのがいい2歳G1馬でもあるし
1600なら復活もあるかも?
マイラーズCは出遅れて勝負にならず人気もない

▲グッドババ
安田記念を負けた後5連勝
買わないわけにはいかない

△アルマダ
去年安田記念にきたら買う予定だった
国際G1で2着が2回ある
血統的には東京コースにはグッドババよりこっちのほうがあっている。

△ウオッカ
馬体の写真だけみればヴィクトリアマイルよりよくなっている
能力は牡馬相手のG1で通用するだけの物は持っている
一応押さえる

△スズカフェニックス
マイルチャンピオンで3着の実績馬
短距離を使っているが本当はマイルのほうがあってそうなタイプだ
高松は直線が短い
京王杯は前が止まらない馬場で大外回し
安田記念でも外まわすと厳しいが武がなんとかするかもしれない
それに期待する。

馬連 11-5.7.16.17.18 立て目7-18 6点で勝負

回顧 ユニコーンステークス(GIII) 馬単的中 

12.4 - 10.8 - 11.4 - 12.1 - 12.2 - 11.9 - 11.8 - 12.5
5F58.9 1.35.1
前半からかなり早いペースで緩みがない
物凄いきついダート1600だった。
2番手でいって直線7馬身つきはなしたユビキタスはもうフェブラリーで通用するタイムで走った
先行して上がりが最速の36.1後ろにいた馬は離されるだけ
あまりに強すぎた。
これに勝ってるサクセスブロッケンってのは物凄い強い馬だ

シルクビッグタイムは力は出し切ったが相手が強すぎた

馬券は馬単1番人気の6→7で的中
アポロがきてたのでやばかった。

ユニコーンS(G3) 

◎ユビキタス
昇竜Sで逃げて1.44.5
自分で作ったタイムだ
このタイムは古馬のOPでも通用する

○クリールパッション
昇竜Sでユビキタス0.3負け
今回も勝てないが同じだけ走れば2着は十分可能

△ダイワマックワン
初ダートでサクセスブロッケンに負けたが負かした相手に結構強いナンヨーヒルトップなどいた
レベルは高いレースだった。

△シルクビッグタイム
ダートでは3戦3勝で全部1馬身以上の余裕がある

△ロードアリエス
シンボリクリスエス産はダートのほうがあっているのが多い
芝の重賞で能力の高さは見せている
ダートでは1戦1勝
今回もかなりやれるんじゃないか?

馬単 6→7.910.15

回顧 ダービー はずれ アタラネーゼー 

12.5 - 10.6 - 12.4 - 12.9 - 12.4 - 12.8 - 12.3 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 12.2 - 12.4
5F60.8 6Fまでが12秒後半の緩いペースで後半の持続力と瞬発力の勝負
逃げた馬が楽にはしっているのだから後方の馬はかなりスローだ。
本来なら前にいる馬が有利
この流れで外まわして突き抜ける勢いでまとめて差しきったディープスカイは素晴らしい
3F34.2はレースの上がりを2.2秒も上回る、物凄い馬だ。
ゴール直前でも垂れるとこがなく加速しているのだから菊花賞でも問題ないだろう。

スマイルジャックは先行して内側をはしれて一番いい所を走っていた。
スローのあがり勝負なので前にいるのはよかった。
この馬もきさらぎ賞2着に来ていた馬
やっぱりダービーはきさらぎ賞組がつよいなぁ

ブラックシェルは末脚を溜めて内側を抜けてきて3着
限界まで力をだしきった感じだ

期待したアドマイヤコマンドは直線加速してから内側の馬につまって
外にだして失速ひどい乗り方だった。
ちょうど勝負どころの加速したばかりでブレーキでは厳しい。
でも普通に走っても勝てなかっただろう。

サクセスブロッケンは直線で失速あまりにも弱すぎた。
G1で初芝で未経験の距離だから厳しかった

レインボーペガサスは先行してジャックの後ろにいたのだが
直線では差が開いてしまった
距離の適正の差かな?

チャールズはジリジリのびているが4着が限界
やっぱり早いあがりの競馬がこの馬にはよくない


ディープスカイの2着馬との差は1 1/2だが大外まわしたのを考えると
5馬身くらいの力の差がありそうだ。

馬券は大外れだ
2.3着は買ってないし、サクセスブロッケンなんて買ってる時点で馬鹿になっていた。
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ