競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年24戦3的中
-12320

第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

菊花賞(GI) 回顧 アタラネーゼ 

12.9 - 12.2 - 11.0 - 11.7 - 11.0 - 12.2 - 13.9 - 13.8 - 13.5 - 13.3 - 12.9 - 12.0 - 11.5 - 12.1 - 11.7

12.9 - 12.2 - 11.0 - 11.7 - 11.0 5F58.8
12.2 - 13.9 - 13.8 - 13.5 - 13.3 5F66.7
12.9 - 12.0 - 11.5 - 12.1 - 11.7 5F60.2

ノットアローンは掛かって11秒で前にでてしまったとこで終わった。
それに巻き込まれたアグネスも大敗は仕方ない
3番手で離れてはいたがペースがあがったとこで動いてしまった
スマイルジャックも最後余力なし
中間5Fで息はいれれるといっても前半が速すぎた11秒2回は早すぎた。
後半はスタミナを消耗しながらの持続力と瞬発力勝負

ここで早めに動いて突き抜けたオウケンブルースリは強かった。
最後1馬身だがそれ以上に余裕があった。
この馬はやっぱり別格だったようだ。

2着のフローテーションはずっと同じペースでスタミナを温存
最後の直線で凄い伸びをみせた。
ステイヤー血統だったことしか走った理由が見当たらない。
母父リアルシャダイ
やはり京都の長距離でこの血統は強い。

ナムラクレセントは先行した中ではかなり頑張っている
普通なら失速するが3着に粘ったのだからこの馬もスタミナと持続力は重賞級だとおもう。

中段あたりにいて失速した馬は完全に力負け
マイネルチャールズはナムラクレセントから2馬身も負けているのだからしょぼかった。
1000万を勝った馬がG1を勝ってしまうのだから今年の3歳牡馬の平均レベルは低い

馬券はBOXだったのに大ハズレだ
スポンサーサイト

第69回菊花賞(GI) 

最近の菊花賞の傾向は古馬と重賞で実績があるか、春にG1で連対できるくらいの馬が多い
上がり馬は春の勢力とステップレースでやって0.3差以内くらいでないと駄目だ。

春の実績馬◎スマイルジャック
栗東で調整して調子がかなりよくなっている。
ダービーで3番手でいって最後35.5で2着に粘っている。
東京の直線で早めに先頭で失速しないのだからスタミナはある。
本来の力を出せれば十分勝てる。
神戸は休み明けで折り合いがつかなかった。
まともに走れることを期待する。

上がり馬○オウケンブルースリ
普通に考えればこの馬が本命でいい
神戸新聞は負けたが上がりは最速で止まってはいない
坂のコースで止まらないのだから3000でも平坦なら問題なさそうだ。
1.2着がいなくなったのだからこの馬の勝つチャンスは大きくなった。
超スローの上がり勝負で17番手とかだと届かない可能性もある。

▲マイネルチャールズ
古馬とG2で対戦した経験があって春のトップグループ
G1では連対できなかったが弥生賞を勝っている
この馬はスピードが問題だが土曜の京都は少し上がりの掛かる感じだった
ミッキーチアルフがある程度逃げていくはずなのでスタミナ勝負になれば
なんとか勝負できる気がする。

△ミッキーチアフル
この馬は平坦コースは強い
[2.2.0.2]で負けたレースも4着.5着と崩れていない。
シンボリクリスエスで母父がカーリアン
血統的にも距離が長いほうがいい。
古馬相手に勝っている事もプラス

△ダイワワイルドボア
セントライトはゴール前できっちり交わしてまだ余裕があった。
春とは比べ物にならないくらい強くなっているようだ。
2200以上は[3.1.2.1]で長距離では安定している。

馬連 9.10.11.14.18 BOX10点 自信はあまりないのでBOXです

秋華賞(GI) 回顧 大ハズレ アタラネーゼ 

12.3 - 10.4 - 12.3 - 12.2 - 11.4 - 12.5 - 11.9 - 11.5 - 11.8 - 12.1
5F58.6で前が飛ばす展開で後半も緩むことなく11秒が3回
前に行った馬は相当厳しいレースだった。
逃げたエアパスカルは失速して18着
このペースで途中から先頭になったプロヴィナージュはゴール寸前まで粘っているのだから凄い
期待した◎ブライティアパルスは3番手で前が離れて単騎の形で絶好の展開だった
最後仕掛けを遅らせて伸びてきたのだが4着プロヴィナージュは交わしてほしかった。

ブラックエンブレムやムードインディゴには後方の内側ぴったりで4コーナーまで溜めていた。
ムードとブラックの差は内と外をまわったコースの差だけだろう。
ブラックエンブレムはフラワーカップで速いペースで粘りもあったし
オークス4着の実績もあったのだがローズで大失速だったので切ってしまった。
持続力勝負で強いのはわかっていたがハイペースになるとは思わなかった。
ムードインディゴもハイペースで持続力のいる展開になったのがよかったが
まさか高速タイムでもやれるとは予想外だった。

プロヴィナージュはダートしか実績がないので速攻切った
前が止まらない馬場と人気薄でだれも捕まえにいかなかったのがよかったのだろう。

エフティマイアは伸びてはいるがもともと持続力のタイプ
物凄いキレがあるわけでもないのでもっと早めに動くべきだった。

オディールはパドックでイレこんでいたし距離が長い。
レジネッタはパワータイプで馬場が合ってない
トールポピーはスタミナタイプで距離が短いしスピード負け

馬場が止まらないのである程度前にいける馬を狙ったのだが
ハイペース過ぎたのとローズの結果を完全に無視したムードとローズの失速で失望したブラックにやられた
ひどい予想になってしまった。
馬券は大ハズレ アタラネーゼ

第13回 秋華賞(GI) 

京都の芝軽くて早い馬場
パワーより、スピードと瞬発力が優先になっている。
レジネッタは時計の掛かるレースで結果がでている
高速決着では微妙だ。

◎ブライティアパルス
牝馬で古馬相手に1000万で2着.1着なら十分勝負になる。
1800で1.46.3も早い
逃げて最後の坂で12.7かかっているが11秒で息が入らない流れだった
京都は坂がない、逃げ馬不在で単騎でいければ逃げ切りもありえる。

○エフティマイア
新潟の軽い芝では強かった。
クイーンSはレジネッタとたったの0.1
能力はほとんど互角
前が止まらない今の馬場なら先行して止まらないこの馬にはぴったりだ

▲オディール
瞬発力だけなら3歳牝馬世代でもトップだと思う
スローの上がり勝負で先行できていれば
かなりいいレースができるはず。

△トールポピー
動きはローズの時とはぜんぜん違う、かなりよくなっている。
外回りならこの馬でもいいのだが内回りだと
届かない可能性が高いので押さえ。

△レジネッタ
しぶとく追い込んでくるタイプなので
2着はありそうだが勝つのは微妙だ。

馬連 10-5.11.17.18
縦目 5-11.17.18
  手広く 7点

11R デイリー杯2歳S(G2) ◎ホッコータキオン 

◎ホッコータキオン
逃げ切りだが1600通過で1.34.6
これはもうデイリー杯の勝ちタイムだ。
12.4が一番緩んだところでそれ以外は12秒前後で展開する
結構厳しいレースだったそれで、1800で失速しない
坂のない京都1600で失速はない。
負けるとすればこれを差せる馬だ
野路菊で負かしたプロスアンドコンズは新馬でロジユニヴァースと0.1
これを0.2負かしているのだから能力は重賞級

○トップカミング
1.22.2で逃げ切りはなかなかいいタイム
逃げてそのままだから未勝利では力が違った。
この馬も1600で1.34.0くらいでやれる能力はある。

△シェーンヴァルト
1.49.3で結構いい勝ち方だった
上がりのかかる展開で中段から最速の35.6
末脚はしっかりした馬なので直線が長いほうがいい。

△アラシヲヨブオトコ
33.4とスローのあがりだったがまだ余裕がある勝ち方
ペースが上がったほうがいい感じもする。

馬連 10-4.5.6 3点勝負

毎日王冠(GII)  

12.7 - 11.5 - 11.6 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 10.5 - 11.3 - 12.0
5F59.3の平均ペース最初の12.7以外12秒以下レベルの高いレース

持続力も必要だが、最後10.5-11.3-12.0でかなりの瞬発力も必要
逃げたウオッカが3F33.8で上がって普通なら勝てるレースだった。
しかし負けたのは、57キロの分もあっただろう。
最後少し止まりかけていた。

勝ったスーパーホーネットは3F33.3の物凄い瞬発力
軽い芝で上がりの競馬では強い馬だ。
8勝中5回が以上が33秒台
次のレースを買うときも芝の状態をよく見ておきたい。

2着以下は2馬身も離れてしまったので二頭が強すぎた。

ドリームパスポートは期待したような走りはできず
パドックの時点で暑くないのに汗が落ちていた。
イレこんでいたのか、まったく最後は伸びなかった。
レース前に終わっていた。

馬連2-3的中 8.0倍 だれでも当たる。
馬券はドリパスの投資分を減らして、少し儲けがでただけ。

京都大賞典(GII) 

京都大賞典(GII)
12.9 - 10.7 - 11.7 - 13.2 - 13.3 - 13.1 - 12.8 - 12.6 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 11.6
5F61.8のスローペースで後半3Fの上がり勝負

前につけるとおもったアルナスラインは後方待機
直線では安勝の内側に入ってしまい
アドマイヤジュピタ、モナークの壁ができてしまい
仕掛けを遅らせて外にだした。
完全にアドマイヤの罠にはまったしまった。
持続力で走るタイプなので瞬発力勝負で仕掛けが遅れてはどうしょもない。
先行3番手くらいにいってればこんなことにはならなかった。

アドマイヤジュピタは完全に勝負を捨てていた
直線でまったく伸びず最後は流してゴール馬体が-16キロで力がでなかったようだ。

トーホウアランが勝つとは驚いた
京都新聞杯と同じでスローの上がり勝負では強い馬だ
今回は溜めて最短コースと馬場が絶好の内に入ったのもよかった。

アドマイヤモナークは58キロで33.9の最速で上がっている
外をまわったぶんも考えればトーホウアランより強い。

ポップロックも得意パターンだったのだが
まったく伸びず、天皇賞春の大敗で終わってしまったのかも。

京都大賞典(G2) 

◎アドマイヤジュピタ
サムソンに勝ったのだから強い
阪神大章典ではポップロックに2馬身もつけている
こんな馬が今回逆転されるとは思えない。
負けるとすれば若い馬だろう。

○アルナスライン
宝塚では馬場が合わずにぼろ負けしたが
菊花賞2着、目黒記念2着
長い距離で先行して突き放すタイプなので
京都の長距離はぴったりだ。

馬連 1-4 一点

毎日王冠(G2) ◎ドリームパスポート 

◎ドリームパスポート
2000M以下なら[3.4.1.1]
着外一回がダイワスカーレットと0.2の大阪杯
大阪杯のときの走りができれば十分勝負になる
マイル路線より戦ってきた相手がかなり強い。

○スーパーホーネット
最後の末脚はかなりすごい馬なのだが
安田記念はさっぱり伸びなかった
持続系の展開よりはスローからの上がり勝負がいいタイプ
1800でゆったりした流れならいつもの末脚が使えるはずだ。

▲ウオッカ
安田記念で先行して3馬身突き抜けた
やはりダービーを勝っただけあって強い
今回は57キロだが1キロ程度ならまず問題ないはずだが
ヴィクトリアマイルで負けたり、京都記念でもまけている。
1倍台の本命にできるほど安心はできない

△カンパニー
春はマイラーズカップを勝ったまではよかったが
そのあと疲労で安田が使えず宝塚でぼろ負け
調教もあまりよくないのであまり強気になれない。


△オースミグラスワン
新潟大章典の31.9で突き抜けたのはすごい

△トーセンキャプテン
休み明け4戦目で復活重賞勝ち
なかなかできる馬はいない。
かなり力のある馬だ


馬連 13-2.3.9.15 2-3 5点勝負

スプリンターズS(GI) 大ハズレ 

11.9 - 10.4 - 11.3 - 11.4 - 11.5 - 11.5
3F33.6はスローだったが上がり3F34.4で勝ち時計が1.08.0
先行馬には有利なはずだったのだがスローでも上がりの掛かるパワーのいる馬場になっていた。
外1.2.3.着までが6枠より外だったので馬場のいい外側を不利なく走った馬が上位独占
内側を走った馬はみんな失速してしまった。

ファイングレインみたいなスピードタイプには嫌な感じがしたのだが
やっぱりまったく伸びなかった。
4コーナーですでに手ごたえもなくなっていたし
調子も戻ってはいなかったようだ。
しかも内側の悪いところに閉じ込められたのもよくなかった。
中山の開催後半は内枠はだめだ。

カノヤザクラは上がりの掛かる競馬ではパワー不足
そこそこ伸びてはいるが時計が遅いので追い込みでは無理だ。
5番手くらいでいけばもっとやれたはずだ。

スリープレスナイトはスタート抜群で楽に先行
上がりの掛かる馬場もダートで走ってきたパワーがあるので問題なかった
1200で1馬身も差をつけるのは相当強い。

函館、札幌と力のいる馬場で走ってきたキンシャサノキセキ、ビービーガルダンが2着.3着
今日の中山の馬場に近い状態で結果を出していたのが上位にきた。

馬券は大ハズレ ファイングレイ本命は大失敗だった。

スプリンターズS(G1) 

◎ファイングレイン
G1では1.1.0.0 1200では4.0.0.1
負けたセントウルは59キロで休み明けで仕上げ不足だった
今回はDWで2番時計、調教がぜんぜん違う。
まともならまず崩れない

○カノヤザクラ
叩き3戦目で完全に復活
去年はサンアディユの2着に2回なっていた馬
4歳で成長して帰ってきた。
セントウルの先行して差しきる形はとてもいい
小回りの中山で同じ走りができれば勝てるだろう。

▲キンシャサノキセキ
1200で2.1.2.0でどんなコースでも崩れない。
中山では2戦2勝と相性もいい

△スリープレスナイト
人気だがそれほど強いとは思ってない
負かした相手がその後ボロボロなのばかりだ。
中山経験もないし危ないパターンだ。
一応勝ち方がいいので抑える。

馬連 2-7.14.15 7-15
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
疲れたときは
月別アーカイブ