競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年31戦5的中
-13840
第42回 エリザベス女王杯(GI)
-600
第156回 天皇賞(秋)(GI)
200X9.0=1800-700=+1100
第78回 菊花賞(GI)
-700
第22回 秋華賞(GI)
-700
第68回 毎日王冠(GII)
-900
第51回 スプリンターズステークス(GI)
-500
第65回 神戸新聞杯(GII)
4.6X300=1380-600
+780
第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X14.3=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X4.5=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
8.6X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

有馬記念(G1) ◎スクリーンヒーロー 

◎スクリーンヒーロー
今年は復帰してから+18キロ一回り大きくなってパワーアップ
休み明けは負けてしまったがアルゼンチン共和国を2.30.8で勝って
ジャパンカップで1着
このレースは61.8のスローだったが先行していたマツリダゴッホの
すぐ裏にいたスクリーンヒーローは直線で1馬身付けて勝っている
ゴッホの得意な流れで勝っているのだから今回も負けるとは考え難い
データでも4歳牡馬でJC連対馬は有馬で[5.4.0.1]
故障でもない限りは連対するだろう。

○アルナスライン
今年は1勝だけだがメトロポリタンで2.23.5
G1級の時計でOPを勝っている
アルゼンチン共和国で3着に負けてしまったが58キロであがり勝負になった
この馬は本来先行してスピードを持続させる競馬があっている
ペリエならある程度まえからダイワスカーレット目標に動いてくるはず
4コーナーから早めに動いて粘る競馬ができれば連対できる力はもっている。

▲マツリダゴッホ
中山コースでは強い[7.1.1.1]着外はセントライトの落馬だけ。
今年は59キロで日経賞とオールカマーを楽勝している。


△エアジパング
札幌日経オープンではスクリーンヒーローと0.1
瞬発力勝負のアルゼンチンではボロ負けしたがステイヤーズSでは
持続力とスタミナを活かして1着
エルコンドルパサー産駒はスタミナ勝負は強い
ダイワを目標に有力馬は早めに動くはず。
スタミナがいる厳しい流れになれば2着はあるかもしれない。

△ダイワスカーレット
天皇賞秋で凄い粘りで2着
今年は二戦しかしておらず疲労がない
天皇賞秋の能力からするとまず有馬でも勝負になるが
ヒシアマゾンやエアグルーヴでも次の年は着外に沈んだ
能力が高い牝馬だが長距離で牡馬とやるのは不安がある。

スクリーンヒーローから馬連流し
馬連 8-4.7.10.13
スポンサーサイト

回顧 ラジオNIKKEI杯(GIII)  

12.6 - 11.0 - 12.3 - 12.2 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.3 - 12.9
5F59.9 2.01.6 3F37.5

リーチザクラウンは6Fまで12秒でいってしまった
12.3と少しスピードダウンだが後ろにロジユニヴァースがいて少ししか息をいれれず
最後の坂ではまったく伸びなかった。
このペースで3着以下に沈まなかったのは確かに強い
しかし相手が今回は強すぎた。

ロジユニヴァースはリーチを目標に2番手で直線坂あがってから4馬身も突き抜けた
この馬だけ別な伸びをしている
3Fで37.2も掛かるスタミナとパワーのいる馬場で4馬身
リーチザクラウン以下の相手との勝負付けは済んだ形
よほどの事がない限りこの馬来年ダービー勝つだろう。


4歳牡馬JC3着以内馬 有馬記念で[6.4.1.2] JC1着スクリーンヒーロー 

4歳牡馬JC3着以内馬 有馬記念で[6.4.1.2]
JC1着カツラギエース有馬記念2着
JC3着ミホシンザン有馬記念3着(秋連対無し)
JC1着シンボリルドルフ有馬記念1着
JC2着タマモクロス有馬記念2着
JC1着トウカイテイオー 有馬記念11着 レース中骨折
JC1着スペシャルウィーク 有馬記念2着
JC1着テイエムオペラオー 有馬記念1着
JC2着メイショウドトウ  有馬記念2着
JC3着シンボリクリスエス有馬記念1着
JC1着ゼンノロブロイ 有馬記念1着
JC2着ハーツクライ 有馬記念1着
JC1着ディープインパクト 有馬記念1着
JC3着メイショウサムソン 有馬記念8着
JC1着スクリーンヒーロー 有馬記念??

去年はサムソンが3着から8着にぶっ飛びしてしまったが
JCで連対した4歳牡馬に限れば[5.4.0.1]
骨折したテイオー以外は全部連対している。
スクリーンヒーローはJCで1着で今年の春のG1勝ち馬がでてこない
秋のG1勝ち馬もでてこない。
かなりの確立で勝てるはずだ。
最低でも連は確保するデータだ。

回顧 朝日フューチュリティ(GI) ハズレまったくアタラネーゼ 

12.2 - 10.8 - 11.3 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 11.7 - 12.0
5F58.8で12.5-12.6とスローになって最後の2Fでのあがり勝負
3コーナーすぎてからある程度前にいないと勝負にならないのだが
4Fまでが厳しいながれで先行馬がみんな潰れてしまった
残ったのはホッコータキオンだけ
あとは0.7秒以上も後方に沈んでいるので
勝ったセイウンワンダーは内側ぴったりのいい所にいた
直線も前が開いてかなり有利だった
二着のフィフスペトルは中段から外を回していた
回った位置の差で勝ち馬が決まった感じだ。
能力的にはほとんど差はない。

期待したホッコータキオンは4コーナーからいい感じで直線にきたのだが
最後の坂をあがったとこでブレイクランアウトに競り負けてしまった。
やはり外枠から前に取り付くまでに少し足を使った影響が最後にでた。
おかげで3連単はマルチで外れてしまった。(´・ω・`)ショボーン

フィフスペトルは思った通りのパワータイプの差し馬
時計が掛かるような展開では強い。
スピードに限界がありそうなので2400とかダートの中距離がよさそうだ。

ブレイクランアウトは最後坂をあがってから伸びがない
後方待機から4コーナーで早めにまくっていったのが最後に止まった
武の言うように仕掛けが早すぎた気がするが
今回はどうのっても3着が限界にも思える。

セイウンワンダーは勝ったが回った位置とか恵まれすぎて来年のG1で来るほど強いとは
思わなかった。

シェーンヴァルトは騎手がだめすぎもっと強気に前に付けていくかと思ったら
あっさり下げている
外人が乗っていれば十分上位争いに入っていただろう。
北村友一が乗っている間はG1じゃ用なしだ。

第60回朝日フューチュリティ(GI) ◎ホッコータキオン 

小回りである程度前にいないと勝負にならない。
ドリームジャーニーみたいな直線一気は滅多にない

◎ホッコータキオン
野路菊Sでレコードで逃げ切り
5F59.3で逃げて3Fで11.9-11.2-12.2とまったく失速しなかった
坂があって最後1F12.2と掛かったがまだ余裕があった。
デイリー杯は5F57.9と11秒を連発する厳しい流れで最後11.2-12.2-12
息の入らない流れで最後まで我慢できる精神力、スタミナもある。
外枠に入ってしまって人気が落ちたのは買いだ。
3番手の外くらいに付けれれば連はなんとかなる。

○セイウンワンダー
5F60.1のスローで不良馬場を一番後ろから直線一気でまとめて差しきった
1600で坂も阪神で経験している
岩田はミッキーパンプキンにも乗れたのだがワンダーを選んだ。
こちらのほうが勝負になるはずだ。

▲シェーンヴァルト
デイリー杯でホッコータキオンに勝っているのだから強い馬
問題は騎手だ。
北村友一がG1で人気になって来るとは思えない
内枠にはいったのもよくない。
ペリエ、岩田、武あたりにマークされる位置に入っている。
大舞台の経験が少ない友一ではプレッシャーでまともに乗れないかも
普通に乗れたら勝負になる。

△ミッキーパンプキン
2連勝なのだがスローの上がり勝負ばかりなのが気になる
1.47.7のタイムは優秀だし最後まで余裕をもって勝っているので弱くない。
本当にスタミナとパワーがあるところを見せていないのに1番人気
ちょっとびっくりだ。

△フィフスペトル
重い芝の函館1200で豪快に追い込んで重賞勝ち
パワーがあるので坂は問題ない
京王杯2歳で先行して負けたのをみると短距離ではスピード不足で
ある程度スタミナが発揮できる1600以上がよさそうだ。
ハイペースで差し比べになれば出番はありそう。

ブレイクランアウトはスローの上がり勝負ばかりで速いペースは経験なし
きついペースになっていつものキレが発揮できるか疑問
左回りだけしか経験がないし人気なので馬連では買いたくない。

馬連 15 - 1.2.3.11 縦目2-3 5点

3連単マルチ15軸 1.2.3.5.11

回顧 阪神ジュベナイルF(GI) ◎-▲ 的中 

12.4 - 11.0 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 11.9 - 11.3 - 12.4
5F 59.6 G1としてはかなり遅い 1.35.2も平凡だった。
このペースで先行した馬が上がりで36秒も掛かっている。
普通の状態なら5F59.6なら3Fで35秒きってくるはず
馬場がいつもとまったく違うパワー馬場になっていた。

スローの上がり勝負で位置が後ろだったブエナビスタはあっさりと突き抜けて34.8
ゴール前はもう余裕で流していた。
この馬に後ろから交わされてしまった馬はもう来年逆転は相当難しい
馬の基本能力で完敗

前にいた中ではショウナンカッサイがかなり頑張っていた
内から一旦抜けて坂ではまだ3着争い
沈むと思われたがそのまま4着以下は寄せ付けなかった
短距離ならこの馬は結構やれる。

後ろから追い込んだ馬ではミクロコスモスが凄い勢いで最後突っ込んできた。
4コーナーでビスタから4馬身くらい後ろにいて
直線入るところで一旦接近したのだが突き放されてしまった。
仕掛けてからの反応の差もあったが位置が悪すぎる
同じ位置にいたら2着はあったかもしれない

ダノンベルベールはある程度まえから抜け出す競馬だったのだが
あれで2馬身も負けては完敗だった

来年ミクロコスモスがどこまで成長してくるか楽しみだ。

馬券は当たったが ビスタから買えばだれでも当たる。

阪神ジュベナイルフィリーズ(JpnI) 

2年連続で1800Mからの馬が1着
早い流れで最後に坂があるコースなのでスタミナが必要になる
1800経験馬を買いたい。

◎ブエナビスタ
新馬1800は5F64.5の超スローで3Fだけのレースで9番手と不利な位地
33.5の物凄いあがりで最後リーチザクラウンを追い詰めている
未勝利はスローの上がり勝負で後方から34.5で持ったまま3馬身抜けた
余裕で出した1.34.9は優秀

○ジェルミナル
1800を2回経験して2勝
黄菊賞は61.3のスローの上がり勝負で牡馬に競り勝った
最後まで末脚はしっかりしているタイプで、阪神の坂があっても問題ないだろう。

▲ダノンベルベール
坂路で52.1は2歳としては凄い
赤松賞はスローで出負けして後方から突き抜けた。
500万では物がちがった。

△ミクロコスモス
新馬を勝ったときは33.4で凄い脚を使っており
まだゴール前は余裕があった
瞬発力だけならブエナビスタと互角くらいの物はある。
問題は角居厩舎が勝負気配ならもっといい騎手を乗せてくるはず
鮫島というのがどうも怪しい
調べてみると鮫島が乗っているときは誰が乗っても勝てる馬か、
下級条件で人気がない馬、重賞で勝負にならないとき。
誰が乗っても勝てるとは思えないとなると、ここはレースを経験させるだけの捨てレースか?

△メイショウボナール
新馬で最後1F10.9 最後で11秒をきるのは滅多にない珍しいレース。
スローの上がり勝負でリクエストソング以外には3馬身つけた
人気はまったくないが、結構強い馬だ。

△ショウナンカッサイ
ききょうSで阪神を経験している。
2番手から一旦追い出しをまって勝った。
貯めれるタイプで坂でしっかり伸びている
負かしたエイシンタイガーはその後重賞で3着と結構強い
牝馬限定でスローペースになれば前につけれるこの馬にチャンスがありそうだ。

馬連 13ー2.7.9.16.17 2-17 6点勝負

回顧 ジャパンカップダート(GI) アタラネーゼ 大ハズレ 

12.4 - 11.2 - 13.1 - 11.7 - 11.8 - 12.4 - 12.0 - 12.1 - 12.5
5F60.2なのでダートの1800としては普通だ
4着まで6歳で、5着が8歳。
ダートのトップクラスはなかなか衰えがない

サクセスブロッケンはゲート前で発汗していた。
その時点でやばいとおもったがもう買ってしまった後だし祈るしかなかった。
ブロッケンは直線坂を越えたとこで止まった
最後の失速はこの時期で発汗しているのだから相当消耗していただろう。

ヴァーミリアンは後ろから行き過ぎた
上がっていってからの伸びがなかったのはやっぱり太い
1F14秒で失速気味だし、おかしいとおもっていたが、調教であまりに動かないのは、
相当体重が増えていた影響だったのかもしれない。

メイショウトウコンは自分の形で競馬をしただけだが
それほど早いペースでもないのに後方から追い込んで
ヴァーミリアンを交わしたのだから立派だ

カネヒキリの1着にはびっくりだ
最初から内側で先行して4コーナーでは持ったままで前が開くのを待っている状態で
直線に入ったとこで内側が1頭分綺麗に開いた
そこから坂をあがって早めに先頭にでてゴールまで失速しないのだから強かった。
元の能力を取り戻せば強い事は判っていたが、まさか叩き2戦目で一変するとは驚いた

この馬を切っているので馬券は大ハズレ完敗

ジャパンCダート(G1)◎サクセスブロッケン 

阪神の1800に変わった
ある程度前の位置にいないとだめだが
最後に坂があるのでスタミナも必要だ

◎サクセスブロッケン
早め先頭にでてヴァーミリアンに交わされてしまったのは完敗だったが
初の古馬相手のG1で強敵と戦った経験が大きい
地元阪神で先行できて持続するタイプ
坂路で時計がでるので阪神の急坂も問題はない。

○ヴァーミリアン
坂路でまったく動かないのが心配だ
いくら調教が動かないといっても最後1Fで14秒は掛かりすぎだ
もう6歳だし上積みが期待できそうにない
普通に走れば勝つでしょう。

▲ブルーコンコルド
8歳になっても1600のG1で2着1着と崩れない
1400のJBCスプリントではスピード不足になっている
1600では2年連を外していない。
2000では4回着外
1800なら調度いいかもしれない。

馬連 6.7.12 3点BOX
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
疲れたときは
月別アーカイブ