競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年24戦3的中
-12320

第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

根岸S(G3) / 京都牝馬S(G3) 

根岸S(G3) 
◎バンブーエール
59キロが厳しいが力が一枚抜けている
相手のレベルが低い、力だけでなんとかなる可能性のが高い

○アドマイヤスバル
芝では微妙にたりない
はやりダートのほうがいい

▲フェラーリピサ
順調に使えていればJCDなどG1でも掲示板に入れる馬
今回は休み明けで顔面マヒ
力を出し切れば十分勝てる能力は持っている。

△セントラルコースト
△ビクトリーテツニー
△ナンヨーヒルトップ

軸 2-1.3.6.11.13 5点X200 ¥1000
--------------------------------------------------------------------------
京都牝馬S(G3)

◎ニシノマナムスメ
マイラーズCでカンパニーと0.0
坂のない京都で先行できる

○オディール
クラシック狙いで1600以上を走っていたが本来は
1200~1600が適正の馬だと思っている。

▲スペルバインド
ゴールデンブーツTで3歳牝馬が牡馬の古馬相手に勝ったのだから凄い。
新春ステークスでは上がり勝負で1馬身もつけるのだから凄い

3頭 1.2.9BOX 3X300 \900 
スポンサーサイト

回顧 東京新聞杯(GIII) ハズレ 

不良馬場で前に行った馬が全部失速した
アブソリュートが一気に突き抜けて
さらに外からキャプテンベガが伸びてきた
完全に前崩れ差しの展開になった。
かなり厳しいペースだったようだ

◎にしたサイレントプライドは直線でもう手ごたえがなくそのまま伸びず
58キロで不良馬場は厳しかった。

タマモサポートは持ったままあがってきたが追って伸びなかった。
馬場がだめだったようだ。

リキッドノーツやマルカシェンクは後方有利で伸びないのだから馬場が悪すぎたのか?
ただ弱いだけかもしれない。

アブソリュートは1600万で3着以下になし安定していたが
不良馬場でも力を出し切れるのだから優秀だが強いかどうかは微妙

キャプテンベガは重賞でも掲示板にはいるし堅実
SSで母父トニービンで東京コースでは強い血統だが不良でも走れるとは予想外だった。

馬券は軸がとんだし大ハズレだ。

東京新聞杯(G3) 

雨で不良になるはず

スピードよりパワーと馬場適性が重要になる。
重賞で実績のあるパワー血統を狙ってみる。

◎サイレントプライド
力のいる馬場ならフレンチ産、馬場が悪いときには凄い力を発揮する
ダートもこなすパワー血統が時計の掛かる芝でちょうどいいのだろう。
コース実績、重賞2勝で不安は58だけだ。

○リキッドノーツ
エルコンドルパサー産も不良とか重になるとよく走る
長距離のスタミナ血統なので消耗戦に強い。

▲タマモサポート
京都金杯は早い流れに乗って最後まで失速しないで
2馬身もつけて勝ってしまったのだから強くなった。
いったいなにが起こったのだろうか?
タマモクロスの血が覚醒したのかな
血統は重でも問題ない。

△ローレルゲレイロ
先行したら簡単には止まらない
NHKマイルCでは2着だが相手がかなり弱かった
スピードタイプの血統なので馬場が悪くパワー勝負になると厳しい感じ

△マルカシェンク
母父ザフォニックの産駒は重で力を発揮するのが多かった

馬連 11-5.9.10.12 10-12 5点X2 1000円

回顧 若竹賞 ハズレ/ 平安S 的中 馬連 10.0倍 

若竹賞
5F58.6とタイフーンが飛ばしまくったが最後失速
この馬は軽い馬場でないとだめだろう
狙うなら開幕週限定

ケイアイライジンは中段でためて坂を上がってから凄い末脚
内田が溜めればキレるのをわかっていたからできる乗り方
ペースが速く最後1F13.5も掛かっている展開も味方した。

びっくりしたのはモエレオフィシャル
早いペースをそのまま追いかけていって
最後まで粘って2着なのだから凄い
ダートしか走ってない馬だったので人気はなかった
SS系にトニービンなので完全な芝血統
少し買えばよかったなぁ

サトノロマネも頑張っているのだが3番手からいって
モエレを交わせないとは情けない。
まあ未勝利勝った程度だし仕方ない。

メイショウパルマはなんで人気があったのかイマイチ理解不能
こんなのが1番人気とは驚いた。
馬券はモエレに粘られて大万馬券でやられた。


平安S
12.3 - 11.2 - 12.4 - 12.8 - 13.0 - 12.7 - 12.5 - 11.7 - 11.8

12.8-13.0-12.7と逃げても一息いれたエスポワールシチーは完全に勝ちパターンだった
しかも湿った馬場で止まらない
これで差されてしまったのだから完敗だ

ワンダースピードはうまく先行してくれた
もともと持っている力はあったのだがG1では後ろからばかりで力を出し切ってなかった
脚抜きのいい馬場で内枠
最短距離でゴールまで走っている
エスポワールをマークする展開もよかった
58キロで最後差しきったのだから強い。

マコトスパルビエロが3番手から3着にはいった

スローペースで馬場が湿っている状態で前にいかないとどうしょもない状態
サンライズバッカスなど後ろからいく馬には不利すぎた。

フェブラリーの馬場によるがあまりこのレース参考にならないかも

馬券は2-3 馬連 10倍 的中 2桁あったのでまあいいかな

9R 若竹賞(500万下) 

タイフーンルビーがたぶん大逃げする展開になる
パワータイプの差し馬を買えばいい

サトノロマネ
ダートでだめだったが
芝に変えて2着.1着
勝ったレースの2着トップキングダムが次で1.35.3で勝ち上がっているが失格
レベルは高い

トップキングダムは未勝利でここに使ってくるのだから自信があるのだろう
1.35.3のタイムで2馬身つけて失格
今回の500万なら十分通用する。

メイショウパルマはタイフーンに先着しているのでとりあえず買う

ケイアイライジン
末脚だけならOPクラス
いちょうSではブレイクランアウトに先着しているし
マカオは63秒の超スローで後ろからいきすぎた
ある程度早い流れで縦長になれば差しきれる。

馬連 4頭BOX 4.7.10.13 6点X1 600円

平安ステークス(GIII) 

◎エスポワールシチー
4連勝が全部0.3以上つける勝ち方
錦秋S(1600万下)の1.35.3はもうフェブラリーSの勝ちタイムそのもの
55キロで2枠
絶好の位置にはいった
逃げてしまえば簡単には止まらない京都
勝てるでしょう。

○ネイキッド
京都は得意3.1.1.0
1年休んで、体調がよくなったのか粘りが違う。
まだまだ強くなりそうな

▲ダークメッセージ
ダートになってから安定してはしっている
芝の長距離馬だとおもっていたので驚いた
トパーズでエスポワールにまけたのは稍重で前が止まらない馬場
それで追い込んで2着なのだから強い。

△マイネルアワグラス
まくって動けるようになってきたのがいい
今回は京都で早めにいないとだめだが
ルメールならまず距離ロスするような乗り方はしない

△ワンダースピード
先行できば相当しぶとい
1枠で先行できる
スタミナだけはあるので早めに抜け出して粘りこめば2着はある

馬連 3-2.7.10.12 10-12 5点X2 1000円

回顧 若駒ステークス ハズレ 

12.7 - 11.4 - 12.1 - 12.2 - 12.7 - 12.9 - 12.6 - 12.4 - 11.5 - 11.7
5F61.1でそこからさらに12.9 - 12.6 - 12.4
超スローで2Fだけの上がり勝負

最短コースをうまく走った
メイショウドンタクが粘りこみ
アンライバルドが得意の瞬発力で3馬身突き抜けた
京都2歳はやっぱり本当の力じゃなかったようだ
レベルが違った。

きたいしたマイベストソングは前の位置にいたのだが瞬発力がなかった
距離が長かったのか、普通に弱いだけだった可能性が高い。

馬券は大ハズレ OP実績のある馬を買えば当たるレースだった

10R 若駒S(OP) 

低レベルメンバーが集まった

OPで実績のあるアンライバルドは低レベルな京都2歳で伸びきれずに3着
同じコースでまた人気になるだろう
新馬のレベルが本物ならここは勝てるだろうが
二戦目がしょぼすぎて買う気にはならない。

メイショウドンタクは中京2歳は勝てたがギリギリ
強い相手ではまったくだめ
レベルが微妙なので通用しそうだ。

コパノカミは60.5のスローで逃げ切り可能にも思えた
上がりの勝負になって一気に逆転されてしまった
瞬発力がない。
もっと離して持続勝負にすれば今回ならなんとかなりそうだ。

ガウディ 2000の阪神で上がりの掛かる馬場
これで後ろから3番手で差しきったのだから強い。
低レベルなOPなのでいきなり通用しそうだ。

マイベストソング
1.36.6でタイムは遅いが61.0の超スローでは仕方ない
11.8-11.8-12の上がりを中段から34.7で差しきった
坂があるコースであがり勝負で差しきるのは強くないとできない。
十分通用するだろう。

◎マイベストソング
○コパノカミ
▲ガウディ
△アンライバルド
△メイショウドンタク

馬連 10-1.2.4.6 4-6 5点X2 1000円

回顧 京成杯 的中 7.3倍 /紅梅ステークス ハズレ 

12.1 - 11.5 - 12.6 - 12.6 - 13.2 - 12.6 - 12.6 - 11.7 - 11.6 - 12.2
中間が12.6-13.2-12.6-12.6とすごいスロー
これでは前にいないとどうしょもない。
アーリーロブストは2番手から抜け出す完璧な内容だった
エリカ賞と似たようなレースをした、評価は微妙だ

ナカヤマフェスタは57キロで35.0で二着まで突っ込んできた
さすが重賞勝ち馬だけある。
しかも落馬でバランスを崩して加速しているところで邪魔されてしまった
あれがなければもっといい位置から追い上げれたはず
もしかしたら勝っていたかもしれない。

モエレはペースがスローで恵まれたのが大きい。

トゥリオンファーレは外まわって伸びてはきたが最後止まり気味
ラジオnikkeiでも同じような感じだ、成長の余地はあるがパワー負け

モンテトウルヌソルは外から凄い追い込みだった
こっちのほうが将来性がありそうだ。

馬連で流したのが当たった 7.3倍としょぼかったがとりあえず当てることが大事だ。


紅梅ステークス 1.23.3とタイムが遅い
馬場が悪いのか前に行った馬と溜めた馬の上がりがあまり変わらないのも影響したようだ
コウエイハートは小倉2歳Sで2着の実績があったがファンタジーが情けない負けで
切ってしまった。
ペースが遅くなれば前に行った馬が有利
差せない馬場も有利ですべてがうまくいった。

期待したチャームポットも頑張って2着まできたが
前が止まらないし、伸びない馬場ではしょうがない。
まあ今回程度のレベルで差しきれないようでは重賞ではきついだろう。

アディアフォーンはスピード競馬じゃないとだめだ
パワーがいる馬場とかでは力負け
軽い馬場の中京とか東京開催になったら狙ったほうがよさそうだ。

3点BOX で300円やられてしまった
当てる癖をつけようとおもったのにやられてしまうとは情けない。
来週こそ全勝だ。

紅梅ステークス 


◎チャームポット
阪神JFでは外枠で距離ロスがあった
4コーナーでまくっていったがそっから失速したのは力負けだが
あそこから伸びたのはビスタとミクロだけ
G1級のいない今回なら通用するだろう。

○コパノマユチャン
500万でミクロコスモスと0.4
ミクロは上がり34.8で直線一気に差しきったので相手が強すぎた
この馬も35.5で伸びている
低レベルなら争いの今回は1枠
ある程度前につけて抜け出すのを待つだけだ。

▲アディアフォーン
1400で1.21があるほどスピードはある
阪神JFのボロ負けは距離なのかきになるが
1400までなら問題ない。

馬連 3頭BOX 1.5.6

11R 京成杯(G3) 

◎トゥリオンファーレ
ラジオNIKKEI杯(GIII)でリーチザクラウンには1馬身まで迫っている
厳しい展開を自分で動いて3着なので価値はある。
今回の相手なら十分勝てるレベルだ。

○アーリーロブスト
勝ちタイムは遅かったが
逃げてほとんど集団で4コーナーまできて
直線、余裕で3馬身も差がついたのだからこれは強い
1600で1.35.1もでているので
スピードもあるし中山の小回りで逃げても簡単にはとまらない。

▲ ナカヤマフェスタ
自分で動いて先に抜けてブレイクランアウトに勝った
長い直線でも耐えれる末脚がある
先行もできるので中山もいいだろう
右周りでどうなるかは気になる。

△セイクリッドバレー
2.01.0で走っているので弱くはない
ホープフルのジョーダンが強すぎただけ
今回の相手では持ちタイム1番
中山コースで2000M二回の経験
十分勝負になるだろう。

馬連 7-2.6.13  2-6.13 4点                

1月17日(土) 1回京都5日 7R 的中 6.1倍 

12.7 - 10.8 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 11.6 - 11.6
1600にしてはゆったり流れた
完全に前に行った馬が有利だった
この展開で牝馬に負けたドリームゼニスはこれから先厳しい

ブロードストリートは1枠から先行して最後突き抜けている
思った以上に阪神開催が時計が掛かっていただけで強かった

ファミリズムはOPから500万なら勝てると思ったのだが
1600じゃ短いのかスピードが足りないのか
これからも勝ちきれないレースが続きそうだ
2馬身もまけたあたりスピードの限界かも?
次からは評価下げる

久々にあたったのに一番安いのが来てしまった
1番人気の馬連なんてだれでもあたる。

京都7R 500万下 

OPで2着だった◎ファミリズムが500万にでてきた
ラジオNIKKEI杯ではボロ負けしてしまったが
レースが厳しすぎて牝馬にはきつかった。
今回は得意の京都
内回りなので早めに動く展開になるが
スタミナはあるので問題ない。

相手は手広く
○ナンヨーアイドル
▲キーヤマト
△アキノカウンター
△ブロードストリート

馬連 流し 5-1.8.9.14

回顧 フェアリーステークス(GIII)/シンザン記念(GIII) アタラネーゼ 

フェアリーステークス(GIII)
5F60.9 は遅い それで3Fが35.6もかかっているのだから
力のいる馬場になっている。

外まわったりした馬は消耗が大きすぎてまったく伸びなかった
スローで瞬発力で差しきれる馬場ではないので
後ろにつけた馬もだめ。

マイティースルーは後ろにいたので3コーナーでこれはだめだとおもった。
伸びてはいるが位置が悪すぎた。
しかも外回っているし糞騎乗だった。
先行できれば十分かてるレースだったのに勿体無い。

エリザベスムーンはパドックで暴れているし出遅れて外回ったので消耗した
ジェルミナルは内側で溜めて前が開くのをまつだけの完璧な競馬だった。
強い馬がロスなく走ったので勝つのは当たり前だ。

驚いたのはアイアムネオ ムネオなんて名前がついてて嫌ってしまったが
35.1の最速で伸びてきた
新馬のタイムが遅かったし、今回は1.34秒だと厳しいとおもったのだが
1.36.5と時計が掛かっていたのがよかった。
力のいる馬場で伸びてくるのだから能力は高い。

パールシャドウはジェルミナルの横にいたのに外によれるし
そのまま伸びなかった。
完全に力負けだろう

グッデーコパはマイペースで自分の力は出し切っただけで強いわけではない。
馬場とペースに助けられた。

馬券はBOX買いなのに2.3.4着もかってない大はずれだ


シンザン記念(GIII) 
5F59.4 それほど早いペースでもないのだが
ミッキーパンプキンは失速してしまった。
萩Sはただ馬場が良すぎだけで実は強くないようだ
キングスレガリアも9着でまったく伸びてない。

◎にしたアントニオバローズは期待に答えて勝ってくれた
直線まではまともに走ってない
馬体を合わせてからまた伸びるあたりは秘めている能力で上がある。

二着のダブルウェッジ にはやられてしまった
連対100%だし1200で負けていたのはスピード不足だったようだ
距離が伸びてゆったりはしれた今回は内側からすごい末足だった。
スズカワグナーなんてダート血統を買っている場合では無かった。

完全に見誤った。
こちらも馬券は大外れ 2.3.着が買ってないヽ(τωヽ)ノ モウダメポ。

フェアリーステークス 

◎マイティースルー
1600で1.34.7なら十分勝負になる
11秒連発の息の入らない流れで2番手から勝ったのだから強い
使われてどんどんよくなっている。

○ジェルミナル
先行して3番手から失速してしまったが
後ろから追い込んだ馬が1.3着
その中で6着に粘ったのだからなかなか強い。
中山の小回りなら前につけるのは有利だ
1枠で出遅れなければまず連は硬い。

▲パールシャドウ
ベゴニア賞では早めに先頭にでてそのまま押し切り
強い内容だった。
中山の小回りで先行できるのでこちらも有利。

△エリザベスムーン
1.35.9は阪神JFのジェルミナルより0.1早い
坂のコースで差しきった経験もある
問題は小回りでどこまで追い込めるか?

馬連 4頭BOX 1.7.8.10

日刊スポシンザン記念(GIII) 

スローの上がり勝負になるはずでなるべく前にいる馬がいい

◎ アントニオバローズ
新馬でまけたメイショウドンタクが中京2歳Sを勝っているし
出遅れて1.22.1で楽勝は凄い
阪神Cが1.21.6 2歳でたったの0.5差なのだから能力はかなりあるはず。
1F延長くらいなら問題ないだろう

○ミッキーパンプキン
朝日FSは先行して伸びなかったが
前半から 10.8 - 11.3 - 12.0でかなり厳しい
先行して残ったのはホッコータキオンだけでそれ以外は伸びきれず
溜めて後ろから直線に駆けた馬が1.2.3着だった
今回はダンス産が得意の平坦京都コース

△モエレエキスパート
札幌2歳3着
仕上がりに不安があるが能力は高いので
きても不思議じゃない。

△タキオンクール
中京2歳であがり勝負で後ろから3番目しかもずっと外まわっていた。
最後まで伸びて3着
京都の長い直線なら合いそうだ。

△スズカワグナー
イグゼキュティヴを負かしているのだから能力は結構高いはず
パワー押し切るタイプなので早めに動いて自分からスパートすれば面白い
あとはスピードに対応できるかだけだ。

馬連 1-4.8.9.11

回顧 中京10R ビオラ賞 馬連からはなにもうまれん 

12.1 - 10.7 - 11.5 - 12.3 - 12.4 - 12.4 - 12.6 - 12.8 - 12.7 - 12.8
先行した馬はペースを落とさずそのままいってしまったので
結構きつかったので失速
ロードロックスターは3着ならよくがんばったほうだ
ラヴィンライフの2着にやられた
ラジオNIKKEI杯でほとんど差のないロックスターが1番人気なら
十分買えた
ラジオNIKKEI杯はやはりレベルが高かった。

キタサンガイセンは期待にこたえて差しきってくれたが
4コーナーで弾き出されてよれてるし
あれで差しきってしまうのだから結構強い馬だ。

馬券は2.3着もかってないので大外れだ。
馬連からはなにも生まれん

10R ビオラ賞(500万下) 

金杯を予想しわすれてしまった
今年の春は3歳戦中心でやろうとおもう。

◎キタサンガイセン
スローペースで最後11.6-11.3-11.8
完全に前残りのペースでこれを7番手から差しきったのだから結構強い。
中京の小回りだが
3コーナーから早めにみんな動くはず
溜めて4コーナーで外から一気に巻くってでれば勝てるだろう。

○レッドシャガーラ
同じコースで2.02.7とまあまあなタイムで勝っている
今回の相手なら十分勝負になる

▲レオウィザード
相手が弱かったのもあるが最後11.9-11.2-11.9
で逃げて3馬身も突き放した500万レベルなら通用するはず。

馬連 3点BOX 2.3.8


回顧 第53回 有馬記念 大外れまったくアタラネーゼ 

6.9 - 11.2 - 11.9 - 11.2 - 11.9 - 13.0 - 13.2 - 12.4 - 11.5 - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 12.7
ダイワスカーレットが逃げて11秒を連発
途中で13.0-13.2-12.4とペースダウンで上手く息をいれたところで
一気に11.5と加速してまた後ろを離す
そっから11.9-12.0-11.7とまったくペースが落ちない
3コーナーから動いたサムソン、ゴッホ、スクリーンヒーロは厳しい競馬になった。

相手がペースをあげたとこでさらに早い足を使って追いかけなければいけない
サムソンは2番手で追いかけていったが潰されて失速
ゴッホとヒーローは捲くっていったのでもっときつい
4コーナー出口でゴッホは力尽き
ヒーローが頑張って坂上までは2着争いだったがそこで失速

ダイワスカーレットを負かそうと動いた馬は全部失速した
2着につっこんだアドマイヤモナークは一番後ろから動かないので消耗がなかった
自分の競馬をしていただけで、元々勝負にでるつもりもなかったのだろう。

エアシェイディが3着だが巻くって出ないでこちらも後方で溜めていた
4着ドリームジャーニーも溜めていた

今回の有馬記念はダイワスカーレットが強すぎて負かしに動いた馬が自滅
したのが荒れた原因
諦めて直線勝負にかけた馬が2.3.4着だった。
ダイワスカーレットは前半 11.2 - 11.9 - 11.2 - 11.9 後半11.5 - 11.9 - 12.0 - 11.7
ペースに乱れがないし道中加速しても最後まで我慢できるのだから恐ろしい牝馬だ
普通に走ればウオッカより強い。
4歳牡馬は牝馬にダービーを取られた世代だけあって弱かった。

馬券はスクリーンヒーローから入ってしまったので大外れだった。
データもぶっ壊れ(´・ω・`)ショボーン
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
疲れたときは
月別アーカイブ