競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年22戦3的中
-10820

第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

中山記念(G2) 

中山1800なので先行できる馬が有利
内側が止まらない馬場で外を回すのは不利すぎる。

◎アドマイヤフジ
中山金杯で58キロで勝った
11.4-11.6-11.7-11.5-12.6
後半5Fがずっと11秒が続くきついペースで2番手だった
2000Mでこのペースで耐えれるなら
1800で先行しても大丈夫だ。

○エアシェイディ
AJCより1キロ軽くなるのは大きい

▲カンパニー
去年の秋のG1で4着4着とそれほど負けてはいない

手堅く3頭BOX馬連で当たる。
3点X500 1500


スポンサーサイト

回顧 アーリントンC(G3) ハズレ(´・ω・`)ショボーン 

12.7 - 10.8 - 11.3 - 12.0 - 12.4 - 12.1 - 11.8 - 12.5
5F 59.2 で1.35.6
良だが力のいる馬場なのか、あまりスピード競馬じゃなかった。

飛ばしていったジョーメテオが失速しただけで
2.3番手走っていた馬が1.2着に入っている
実質前残りの持続勝負

開幕週で内側は止まらない馬場でスピードの乗らない馬場
これで後ろから、外を回った馬は厳しい
アイアンルックは最悪なレースをやってしまった
内側に入れないから外にもっていったのだが距離損が大きいし
武にしては糞騎乗だった。

勝ったダブルウェッジは1枠からうまく最短コースまわって力を出し切った
予想していたとおりの展開だった。

マイネルエルフはスピード馬場の東京じゃだめだったが
札幌の力のいる馬場で崩れなかった馬だったのだが、普通に弱いと思って速攻切ったわ

アイアンルックは良馬場で次でてきたら買いたい。

アーリントンC(G3) 

OPで限界が見えているようなのが多いメンバー
ホッコータキオンがいなくなったのは大きい
◎アイアンルック
1200で7馬身も突き放すのは珍しい
4コーナーで並んでから7馬身直線だけで突き抜けている
スピードの持続力のレベルが違う
らくらくゴール前を走っている
今回のしょぼいメンバーなら通用するだろう。

○ダブルウェッジ
1枠なら最短コースで走れる
坂のあるコースだけに外をまわったりロスするのは最後に効いてくる
シンザン記念のときだけ走れば連はある。

▲ジョーメテオ
重の1800で1.49.7は優秀
逃げて最後ぎりぎりだったが、3着には二馬身もつけている
持続力はかなりある。

△スーニ
時計が掛かる芝なら通用するだろう。
馬場が乾いてしまうとスピードに限界のある血統なので厳しい
馬場を見極めて買いたいがたぶん乾かないはずなので買う。

△アドバンスヘイロー
ジュニアCを1.34.6で走っているのでなかなか強い

馬単 7-1.5.10.12 4点X200

回顧 フェブラリーS 大ハズレ  

12.7 - 10.5 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 11.3 - 12.1 - 12.4
5F58.8 1.34.6
ヤヤ重なのでスピード勝負になってしまった。

エスポワールシチーは最後失速してしまったが、よく頑張っている。
自分のペースで走って負けたのだから仕方ないがG1でやれる目処は立った。

カジノドライブは追い出しを我慢して仕掛けてから確り伸びてきた
あんなに強いとは思わなかった。
1600万だから3馬身で勝てただけだろうと軽視した
しかも人気だったし切ったのは大失敗だ。

サクセスブロッケンは毎度前が捉えきれずに負けてきたが今回はヤヤ重で軽いダート
持っているスピード能力が存分に発揮された
内田騎手もうまく溜めて乗った。

カネヒキリは力を出し切った3着
しかも最短コースを回って負けたのでやはり歳が影響したか?

ヴァーミリアンは4コーナーで外回ってはスピードの持続勝負では距離損が大きい
しかもスピードに付いていけなかった。距離不足だ

フェラーリピサはもっと強気にいくべきだった。
最後止まっているので力的にも限界だったが、見せ場もなかった。

JCDで本命にしたブロッケンが勝って、抜けにしたカジノが2着
間抜けな予想だ

11R フェブラリーS(G1) 

6歳がJCDで独占 東京大章典でも1.2着と強い世代

◎カネヒキリ
7歳だが5歳は出走してないので馬体は消耗がすくなかった。
G13連勝で衰えはない。
国内のダートで負けたのは2回だけ
3歳のとき出負けして、追い込んで届かなかった武蔵野S2着
1年以上の休み明けだった武蔵野S9着
まともにスタートをきって力を出し切ればまけない。

○ヴァーミリアン
調教で動かなくなった去年の年末あたりから勝てなくなった
負けたのはカネヒキリとメイショウトウコンだけなのでまだ衰えてはない
仕掛けてからの反応がよくないので、直線が長いコースになるのはいい。

▲フェラーリピサ
東京コースで3.1.0.1の得意コース
エルムSで顔面神経痛で休養したのがよかったのか
調教が物凄い動き
叩き二戦目で確実によくなっている。


△サクセスブロッケン
JCダートから古馬の前に連敗続きで人気がなくなっている
2000Mではもしかすると長いのかもしれない。
芝でもいけそうな走り方だし軽いダートのほうが得意なので
深い地方のダートで2000だときつい
東京1600で巻き返しに期待する。

△キクノサリーレ
武蔵野S5F59.3の結構きつい流れで3番手から36.4の二番目のあがりを使って粘りこんだ
なかなかの力を持っているし後方から追い込めるタイプなので
有力馬が前できつい流れを作れば連はあるかもしれない。

△エスポーワルシチー
ダートで100%連対

△サンライズバッカス
JCDで4着、毎回最後の末脚だけはいい伸びを見せる。

3連単 フォーメーション 18点 X100
1着 2.9
2着 2.9.16
3着 3.8.12.15.16

回顧 クイーンC 馬連17.3倍的中 / 京都記念 ハズレ 

デイリー杯クイーンC(GIII)
12.6 - 11.1 - 12.2 - 12.5 - 12.4 - 11.4 - 11.5 - 12.0
5F60.8
結構緩いペースの上がり勝負

勝ったディアジーナ
早めに先頭に立って粘りこみ、赤松賞のときよりかなり力を付けている
そのまま押し切った。

ダノンベルベールはディアジーナのすぐ後ろに付けて交わせなかった
1キロ重かったのもあるが、成長がなさそう。

エイブルインレースはまさか3着に入るとは、冬場のフジキセキの東京コースはよく走る

ミクロコスモスは勝負所で前が狭くて入れなかったのもあるが
開いてから伸びなかった。
スローの上がり勝負専用なのか、早めに動くと脚が使えないタイプに見えた
クラシックじゃこのタイプは力が1段抜けてないと勝つのは難しい。



京都記念
12.4 - 11.3 - 12.4 - 12.1 - 12.5 - 12.9 - 12.8 - 12.2 - 11.9 - 11.4 - 12.7
ゆるいペースで流れているのに最後3F11.9 - 11.4 - 12.7
残り1Fで12.7と失速気味

雨の影響が結構残っていて、芝がパワー優先になっていたようだ
瞬発力より、スタミナとパワーが必要だった

こんな馬場ではカワカミプリンセスには合わない
軽い馬場でスピードの持続力で勝つタイプ自力で最後は伸びてきたが
牡馬相手に差しきれるパワーはなかった。
手ごたえが悪くなる昔からの特徴がある
あそこで本田は追いまくって直線に入っていたのだが横典は下がってしまう
騎手も合ってないようだ。

びっくりしたのはヴィクトリーが粘った、やっと復活したのかな?

アサクサキングスが勝つとは思わなかった
スタミナの消耗する馬場とパワーが優先なのがよかったのだろう。
まあ相手がG1に比べたらかなり弱かったと思えば納得。


サクラメガワンダーは力は出し切った。
距離も長い、パワー馬場もよくない。

京都記念(G2) 


◎カワカミプリンセス
有馬記念で前半2番手でいって1.0秒以内に入ったのだから強い
少し後ろにいたアサクサキングスは14着だった。
ここは平坦コースで55キロ
直線で存分にこの馬の瞬発力と持続力を発揮できるコース
強い牡馬もいないので勝ってほしいが最低連は確保してもらわないと困る。

○サクラメガワンダー
他の牡馬がぼろぼろなのでこの馬しか順調で強いのがいない。
得意の京都なので距離が長いが連ならありそう。

▲アドマイヤオーラ
一回このレースを勝っているし、本来の力を出せば勝てるはずなのだが
海外遠征でおかしくなっている
どこまで叩き二戦目で戻っているかだけ。

馬連 7-6.11 2点X 500 1000円

クイーンC(G3) 

◎ミクロコスモス
武豊がこの馬で牝馬のG1を狙っているのだから能力は高い
鮫島だから後方から直線一気だが
武ならスローならある程度前につけていくだろう。
ジュベナイルでベルベールに1馬身負けているが
大外を通ったのと中段から馬場のいいところを走った差だけだ

○ダノンベルベール
赤松賞で出遅れて直線一気で1馬身も突き抜けた
スローの上がり勝負は強い。

▲ディアジーナ
赤松賞ではスローで先行してベルベールに交わされては完敗だが
成長したのかサンカルロに先着、重馬場で突き抜けた
持続力が違ってきた。
早め先頭から粘りこみにいければもしかすると一発あるかも。
溜めて瞬発力勝負では勝ち目はない。

馬連 9-12  1点 X1400
 9-11、9-12 2点 X300  合計2000

回顧 きさらぎ賞(GIII) 馬単的中 4.4倍 

13.0 - 11.5 - 11.9 - 12.7 - 12.6 - 12.2 - 11.8 - 11.1 - 12.1
5F61.9のスローペース

リーチザクラウンは楽なペースで逃げれたので直線は余裕だった
強い馬が楽に逃げているのだから勝って当たり前
勝ちタイムは10R飛鳥ステークス1600万より0.3も早いので優秀

リクエストソングは後方から内側を抜けてよく伸びている
もっと位置取りを前にいければ際どい競馬になっていたかもしれない。

3着以下は普通に弱すぎた。
G1に出れても、用無しだろう

きさらぎ賞(G3) 

◎リーチザクラウン
スピードの持続力なら今回の相手では抜けている。
未勝利を勝った1.47.4は大差これに1F12秒たしても1.59.4で2000を走れるはずだった。
馬場が悪くスピードが乗らない、間隔が詰まっていて疲労があったのか
パドックでは元気もなし
上がりが37秒もかかる様な馬場で5F58.9で12.3のペースで息をいれずに行ってしまったのが
最後の失速の原因だろう。
馬場が軽ければ、ラジオNIKKEI杯(G3)みたいな止まり方はしない。

○ベストメンバー
中山2000Mで2.00.7で楽勝
スローの上がり勝負よりはある程度早いペースでの上がりの掛かるほうがいいタイプのようだ
リーチザクラウンがいるのでスローにはならないだろう。

△リクエストソング
レースのレベルが低いのだが上がりの速さはいいものがある。
アーリーロブストくらいは強いはず。

△キタサンガイセン
ビオラ賞でぶつけられてフラフラしながら直線で差しきった
中京で相手がよわかったので勝てたが今回は勝つのは厳しいが
2着ならある。

馬単 7→4.3.10 3点  3000円

回顧 共同通信杯(GIII) ハズレ 

チクショーメー馬連以外からはなにも生まれん
3.5二頭で1.3着以内は絶対堅いとおもって3連単にしたのが失敗だった
トップカミングなんて買ってないわ。
馬券の買い方が下手糞すぎる。

12.4 - 11.5 - 11.7 - 12.2 - 12.6 - 12.0 - 11.6 - 11.6 - 11.7
後半の上がり勝負の展開で、外を回っている馬は結構厳しい。

ブレイクランアウトは内側ぴったりを回って
馬場のいい最内と一気に伸びてきた。
強い馬が最短コースはしってるんだから勝って当たり前。
武豊はやっぱりうまい。

トーセンジョーダン
3番手でまわっていって仕掛けてからの反応が悪すぎる
いままで高速の上がり勝負を経験していなかったのもあるが
この馬は溜めていいタイプじゃないようだ
ステイヤーっぽい感じだ、軽い馬場なら逃げたほうがいいだろう。

マッハは一瞬凄い勢いだったが坂で止まった
持続力がなさ過ぎる。

トップカミングはブレイクの後ろから同じような位置を伸びてきた。
シンザン記念のレベルが低いとおもったので切ったのだが
重賞で走ってきた馬の実績を評価するべきだった。

シェーンヴァルト はブレイクの外にいたのだが直線外いって損したのもあるが
伸びないところみるとやっぱ弱いのかな?
デイリー杯は嵌っただけとみて正解のようだ。

共同通信杯(GIII) 

東京の芝は内側は止まらないので、先行できる馬が有利。

◎ブレイクランアウト
重賞で2着3着で東京でも結果を出している
朝日FSは早めに捲くりすぎた。
勝ちきれないのは持続力が足りないのだけが心配だが、相手が弱い。
武豊だし仕掛けミスはないはず。

○トーセンジョーダン
先行できるタイプで、馬場が内側有利になっているのだから
2番手あたりで抜け出すのだけ気をつければいい。
3連勝が全部0.2以上つけた楽勝
ホープフルはゴール前追うのを止めて流していた。
重賞で十分通用するレベル。
体重が減り続けているのが気になる。

▲ショウナンアルディ
61.7のスローで一番後ろから直線だけで追い上げて2着
しかもクビ差まで迫っていた。
まだ加速するとこでゴールがきていたようにみえる
相手が強くなるが、瞬発力勝負だったら十分勝負になる。

△シェーンヴァルト
内田に乗り変わりで人気になりそうだが
デイリー杯組がその後しょぼい。
ホッコータキオン以外は見せ場もなく負けている
ハイペースで嵌っただけか?
今回は評価を下げる。

3連単 12点X100 1200円
1着 3.5
2着 3.5.6.7
3着 3.5.6.7

回顧 エルフィンステークス 単2.2倍 的中 

なんという事だ、オッズみてレッドデザイアが2.2倍で1番人気になっていた
4倍は付くだろうとおもっていたのに、2000円投資で640しか儲からなかった
2着がチャームポットなら馬単もあたっていたのにだが大誤算だった。

レースのほうは12.6 - 11.6 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 11.9 - 11.2 - 12.0
ゆるいペースだが上がりも掛かる馬場
これで後方にいては厳しいのだが
ワイドサファイアはうまく外回って綺麗に伸びてきたが
レッドデザイアは内に押し込まれて外にだせず結局、直線も内側から伸びてきた。

しかもゴール1Fすぎてもまだ前と差があったが良くそこから交わしたものだ
邪魔がなく外をまわっていれば突き抜けたかもしれない。
勝負根性もいいし、追ってから最後までずっと伸びるのがいい。
この馬ならブエナビスタといい勝負できるかも。

エルフィンS(OP) 

先週は一回も的中できない屈辱
今週は取り返す 土曜はこの1レースだけに絞った。

◎レッドディザイア
61.4の超スローで後方から直線一気
内側の先行馬と4コーナーまわったところで5馬身以上あった
そっから一番外まわって34.2の末脚で一気に交わした
しかもゴール前まだ余裕がありそうな感じで走り抜けている
物凄い瞬発力をもっている。

○エリザベスムーン
フェアリーSは強引にまくりすぎた
小回りコースで早めに動きすぎて溜めれなかった
今度は京都の外回りで溜めれる

△アイアムカミノマゴ
△チャームポット
△アディアフォーン

馬単 2→1.4.8.12 4点X2 800円  単2 1200 円 合計2000

回顧 根岸Sハズレ /京都牝馬ステークス(GIII) ハズレ  

根岸S 12.2 - 10.6 - 11.3 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 12.2
2F106とか11.3がある
芝のような高速タイムで先行してさらにゴール前で伸びたフェラーリピサは強かった。
重で簡単に止まらない馬場だったがハイペースで先行して勝つのだから評価できる。
フェブラリーで、カネヒキリとかにはさすがに負けるだろうがそれ以外なら
なんとかなりそうなきもする。

ヒシカツリーダーは最後すごい伸びだったが重じゃなかったらどうなっていただろうか?
馬場の助けとハイペースで2着だろう

セントラルコーストも坂を上がったとこまでは良く頑張っていたが
さすがに止まったまだ力不足だ。

バンブーエールはハイペースに59キロで休み明けでは厳しかった
フェブラリーで期待したいがさすがに1600だと長いきがする。

馬券はハズレ フェラーリピサは▲だったのだがヒシは買ってないし失敗した。


京都牝馬ステークス(GIII)
12.2 - 11.4 - 11.8 - 12.2 - 11.6 - 11.8 - 11.5 - 12.6
ほぼ12秒以内の一定ペースでハイペースでもないのだが
最後12.6と掛かっている。

力がいる馬場でスピードよりパワーとスタミナがいる馬場だった。

スペルバインドは出遅れて上がり勝負で外にいって伸びない馬場
大外回さなければもう少しやれたが力不足だ。

チェレブリタは最初から内側狙ったようにぴったり最短コースでまわってきた。
武がうまく乗りすぎ。
一応今回の相手では勝てたが、通った位置が恵まれすぎた。
同じような走りで負けてしまった馬はどうしょもないが、レインダンスあたりは逆転も可能だ。

ザレマは時計の掛かる馬場だと強い。
キレる脚がないので粘りこむような展開と馬場だと浮上するので見極めが難しい。

馬券は3頭で一頭も3着以内に来ない。
恥ずかしい予想禁止!
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
疲れたときは
月別アーカイブ