競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年22戦3的中
-10820

第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

回顧 高松宮記念(GI) 馬連的中 

11.9 - 10.3 - 10.9 - 11.5 - 11.4 - 12.0
3F33.1 前半からハイペース

逃げていたローレルゲレイロが1着
2着も内側で溜めていた、スリープレスナイトだった。
ペースがきつすぎたので力が上位のゲレイロ、スリープレスしか残らなかった。
強い馬が強い競馬をして1.2着なので納得できる。

前半無理して付いていった馬は失速
ジョイフルハート 、ファイングレイン 、ドラゴンファング、キンシャサノキセキ 、ウエスタンダンサー、ビービーガルダンが二桁着順に沈んでしまった。

ファリダットは差しきってもいいような流れだったのだが案外ハイペースは良くないのかも?
1400で前半が緩い上がり勝負専用だとすると
京王杯スプリングSはよさそうだ。

ビービーガルダンの失速はよくわからない余りにも弱すぎた。

一応的中したのだが馬連3番人気だししょぼい
スポンサーサイト

11R 高松宮記念(G1) 

◎スリープレスナイト
普通に走ればこのうまが勝つはずだ
スプリンターズSでも先行して止まらないのだから強すぎる
小回りコースは先行できるので有利だ。
あとは仕上がりだけだが調教もいい
坂路で2番時計
力の出せる状態には仕上がっているようだ。

○ビービーガルダン
阪急でハイペースをそのまま先行して1馬身つけて押し切ったのだから強い。
この馬も先行抜け出しタイプで中京にはぴったりだ。

▲ファリダット
末脚だけなら凄い物があるのだが、持続がないので脚の使いどころが難しい
3歳春はスピードだけで勝てたが古馬相手に勝てないのはそこらへんだろう。
距離短縮、1200の平坦コースはぴったりだろう。

△ローレルゲレイロ
去年の上位はキンシャサだけでそれも調子が悪い
今年なら連ならありそうだ。

△アーバンストリート
末脚を爆発させるタイプなので嵌れば
ただしスピード不足で後方のまま終わるのもありそう。

馬連 4-7.8.13.16 8-16 5点X200
自信があまりないので遊び程度

回顧 日経賞 / 毎日杯 ハズレ 

どっちも大ハズレだ。

日経賞は○にしたアルナスが来るまではいいが相手がマイネルだと
マイネルニハマイルネ
芝を刈った効果で内側が止まらない。
高速馬場に変化しているのでスタミナよりスピードの持続力がいる
パワーとスタミナがいる先週までと大違いだった。
ネヴァブションはまた壊れてるんじゃないのかと思えるほど伸びなかった
あれは能力発揮できてないだろう。

毎日杯はアイアンルックが凄い勢いでゴール前伸びてきた
11.8 - 11.0 - 11.7の流れで前有利だったのだが
外から凄い勢いで差しきってしまうのだから末脚だけなら世代トップだろう
中山はどうかわからんが、東京では強いタイプだ。

10R 毎日杯(G3) 


◎アイアンルック
アーリントンでは伸びない外をまわしてしまった
最後凄い勢いで突っ込んできたが足りなかった
今度は1800でゆったりいける
スピードはあるのである程度中段からいければ勝ってもおかしくはない。

○アプレザンレーヴ
二戦連続で3馬身突き放す強いないよう。
末脚が確りしているので阪神の坂でとまるような馬ではない。

▲ストロングリターン
毎回出遅れて変な競馬になってしまうが
1800なら追走も楽になる。
この馬は重賞を勝てるレベルにあると思っているのでまた買う

3頭できまりだ 馬連 8.11.14 BOX 3点X400

日経賞 

◎ネヴァブション
AJCCで早めに動いて上がりは二番目だった
まったく衰えなく最後まで突き抜けてしまった。
いまの状態なら勝てる。

○アルナスライン
この馬加速が鈍い
蛯名は早めに動く事が多い騎手
今回は合う気がする。
一枠から3番手あたりに付ければいいレースができるはずだ。

▲ホクトスルタン
逃げ馬でスタミナがあるタイプ
自分で動いて潰しにかかるはず。
仕上がっていれば逃げ切りもあるだろう。

△モンテクリスエス
ダイヤモンドは強かった
今回は重賞の常連相手なのでどうなるかだが
スローの瞬発力勝負ならチャンスはあるが
ホクトスルタンがいるのでペースが微妙だ。

△アーネストリー
これも安定していて、なかなか強い
先行して、早い上がりが使えるので中山にぴったりだ。
あとは力が通用するかどうかだけだ。
底が見えてないので勝って見る。

馬連 11-1.9.10.12 4点X200

回顧 スプリングS(GII) 大ハズレ 

12.3 - 11.5 - 12.8 - 13.0 - 13.0 - 13.0 - 12.3 - 11.4 - 11.5
13秒が3回もある超スローペースだった。

期待したイグゼキュティヴ +20だったのでこれはやばいと思った。
レースでもあがっていくところで前が詰まっていたが
そっから加速しないで下がっていった。
しかも最下位ワロタ
厩舎が変わって調教失敗したんだろう。

レッドスパーダは楽なペースで内側ぴったりだったのが大きい
それを交わしたアンライバルドは外回って坂下から一気に伸びてきた
途中で掛かり気味だしパドックでは暴れぎみ
それでも勝ってしまうのだから強かった。

フィフスペトルは溜めて外回ってきた
超スローじゃなければ2着はあったかもしれない
ペースが悪かった。

一応印つけた馬で1.2.3着にきてるのに組み合わせが悪かったし
やはり軸馬を選びをミスった。
下手糞すぎて涙が出るわ。・゚・(ノД`)・゚・。

阪神は堅いとおもって、予想もしないで見てるだけだった
馬場が悪いのはあったがオウケンとスクリーンが情けない
オウケンは新潟とか暖かい時期のパンパン馬場で走っていた馬
ぼこぼこした力のいる馬場じゃだめだ。
まったくのびないのだから酷いものだ。

スクリーンヒーローは斤量と距離と輸送だろう
関西初輸送だった。
ゴール前まで3着争いだったが坂で止まったところは有馬と似ている
急坂が駄目なのか?

アサクサキングスは地元ではやはり強かった
買うなら一点とした3頭中のスクリーンとオウケンが飛んだのはワロタ
逆神すぎる買ってた人ごめんなさい。

スプリングS(G2) 

スプリングS

◎イグゼキュティヴ
札幌二歳では自分から動いて勝つかと思われたところにロジユニヴァースが猛然と突っ込んできた
相手はその後も無敗のG1候補
京都2歳Sでは最後までしぶとく伸びていた
ラジオNIKKEI杯はハイペースを巻くって動いたのと馬体が減ってしまったので仕方ない
中山の1800は札幌1800とほとんど同じあとは坂で失速しなければ大丈夫だ

○アンライバルド
新馬の相手がリーチザクラウン、ブエナビスタ
3戦目では3馬身の楽勝だった。
やはり強かった。

▲フィフスペトル
朝日杯では仕掛けを遅らせて最後伸びてきた
1800までなら末脚が鈍ることはないはず
外を回して捲くるようだと厳しい
ある程度前にいって内から抜けたい
武がどう乗るかだけ。

△リクエストソング
きさらぎ賞はスローになりすぎて失敗だったが
3F最速だった
瞬発力だけなら重賞でもトップクラス
スローの上がり勝負になるとある程度前にいないとだめだが
後藤ならそれを考えて4番手くらいでいくだろう。

△レッドスパーダ
最後3Fを11.7-11.3-11.7でまとめた
1.34.7も優秀
スピードはあるし先行できるので中山では有利
押さえは必要。

馬連 6-1.2.7.12 2-12 5点 X200

阪神大章典
オウケン、スクリーン、アサクサの3頭で堅い
アサクサは輸送がないレースじゃ3着以下は2回しかない
しかも不利と馬場が悪かった
まともに走ると3着以内100%

オウケンは菊花賞馬だ
神戸でも強烈に伸びていたので坂は問題ない
58もあまり関係ないだろう。

スクリーンヒーローは59だがこれもスタミナがある
アルゼンチンなど先行してそのまま突き放す強さだった。

買うなら スクリーンとオウケンの一点だろか。

回顧 フラワーC ハズレ / 若葉S ハズレ 

フラワーカップ(GIII)
12.3 - 11.4 - 12.0 - 12.4 - 12.5 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 12.7

途中で12.4-12.5-12.5と緩くなったこれで前に行っている馬が有利になった。
ヴィーヴァヴォドカ は4コーナーから加速して
直線ではそのまま突き抜けていった。

前走があまりにしょぼかったので切ってしまったのが大失敗
1.34.7で中山で買っていた馬
岩田ショウサンウルル なんて買うならこっちの叩き二戦目に期待するべきだった。

ディアジーナ は最後伸びてきたが、仕掛けが遅かったような感じ
もっと持続力をいかせるように早めに動くべきだった。



若葉ステークス
12.6 - 11.3 - 12.5 - 12.8 - 12.3 - 12.4 - 12.3 - 11.7 - 12.2 - 12.0
5F61.5 前半かなり遅かった
内回りでスローペースは差し馬には厳しい展開

トライアンフマーチが早めに抜け出したところに
ベストメンバーが伸びてきてなんとか差しきった。
スローの上がり勝負は得意じゃないが相手が弱かったから勝てたが、重賞クラスの馬があいてでは今回のような競馬では厳しいだろう。

トライアンフはちょっとびっくりだ
血統しかいいところがないし勝ったタイムもすごい遅い
いきなりOPでは無理だとおもってきったら二着にきてしまった。
変わり身がありすぎた。

トップカミングは毎回崩れないが詰めが甘い
ヤマニンウイスカーは前が詰まったのもあるが開いてからまったく伸びなかった
坂で消耗したようだった。

馬券はどっちも◎がきているのに、相手が抜けて外れてしまった 最悪だ。




若葉S(OP) 

◎ベストメンバー
きさらぎはしょぼい結果になったが、あれはスローになったのと
上がりで早くないのに溜めたのが失敗だった。
寒竹賞みたいに持続力を生かして早めに動くほうがいい。
四位がそれをわかってくれる事を祈る。

○ヤマニンウイスカー
ほとんどレースで3Fで最速の上がりを使って追い上げている
瞬発力だけならトップレベルに近い。
あとは差しきれるように持続力が付けばいいのだが
マンハッタンカフェ産は案外持続しないタイプが多い
持続力がないので坂がきつい
今回は内回りなので早めに動かないと厳しいのも不安だ

△トップカミング
重賞で0.3以内に粘っているのだからなかなか強い。

△アドマイヤアゲイン
重で1.51.0 13秒が一回しかない中々厳しいペースで外枠からのロスがありながら
3F最速で勝ってきたのでパワーはある
ワイルドアゲイン産なのでスピードが不安だが
対応できるならおもしろい。

馬連 16-5.7.8 3点 X200 600

フラワーC(G3) 

今週も基本は内有利で力が抜けた馬以外は
外から差しきるのは厳しいだろう。


外枠に入ってしまったが力の違いであっさり勝てそうな
◎ディアジーナを軸にする。
中山コースでは2番手から粘りこむ得意の競馬ができる。
バテないスタミナと東京の直線でも垂れない持続力がある
今回のメンバーでは力が1ランク違うだろう

相手が難しいので手広く

○マジックシアター
赤松賞ではディアジーナに先着している。
3枠で先行できればチャンスは大きい

△クリアソウル
勝ち上がるまで結構掛かったが、ストロングリターン、ミクロコスモス 、エリザベスムーンと戦ってきた。
相手を考えると連ならありそうだ。

△ロイヤルネックレス
まだ3戦で前走は重だった。
良ならまだ底はみせていない。

△ショウサンウルル
岩田が乗りにくるくらいだから自信があるんだろう。
買ってみる

馬連 16-2.3.6.14 4点X200 800円

回顧 フィリーズレビュー(GII) 大ハズレ 

12.3 - 10.5 - 11.5 - 12.0 - 12.2 - 12.0 - 11.9
5F58.5 1400とすればスローペースだった。
最後 12.0-11.9と上がりが掛かっている
阪神の馬場は今回の開催はパワーがいる馬場になっている。

前に行って内を突いた馬が1着2着3着
外を回ったらまったく伸びない。

ミクロコスモスは予想のときに心配した、最悪な乗り方をやってしまった
スローペースで直線が短いコースで外をまわって上がりの掛かる馬場では勝てるわけがない。
そんなので勝てるのはディープインパクトとかレベルが違う馬だけだ。
権利とれず900万では抽選にもならないだろう桜花賞はでれない。

期待したショウナンカッサイ は4コーナーまでは良かったのだが
仕掛けてからぜんぜん伸びない。
阪神JFの馬が1着3着なので弱くはなかったはずなのだが
休み明けできつかったか、成長がなかったか。

ワンカラットはファンタジーと同じ乗り方
1400がベストのようだ。

アイアムカミノマゴはエルフィンで伸びなかったので弱いのかとおもって切ってしまった
こちらも1400がベストのようだ。

1.2.3着は桜花賞にでてきてもいらないだろう。

馬券はミクロ以外が掲示板にいない大ハズレだった。

フィリーズレビュー(G2) 

土曜日は天気が悪いし見送って正解だったブログに書かなかったが予想したレースは
すべて外れていた(´Д⊂

ミクロコスモスが人気になるが、今回は直線が短くなるので差し馬は不安がある
ビスタほど強ければ馬の力でなんとかなるがそこまでの馬じゃないのはクイーンCでわかった。

◎ショウナンカッサイ
阪神ジュベナイルFで先行した中で一番頑張っていたのがこの馬。
坂を上がった直後まで内側で二番手にいた。
今回はベストの1400
ハイペースにはならないはず。
普通に走ればまず2着以内だろう。

○ミクロコスモス
ある程度前の位置から外を回されずに直線に入れば勝てるでしょう
勝てる力はあるので、武豊の走らせ方だけ。

▲スイリンカ
まだ無敗。
どこまで強いのかはわからないのだが
500万であっさり0.3秒つけて勝ちあがってくるのだからOPで通用してもいい

△ラヴェリータ
阪神の重のダートでぶっちぎりで1400で1.23.5
芝のスピードで通用していい。
大外なので外から2番手かうまく逃げれればかなり粘ってくれそう

△チャームポット
ソコソコ強い相手に今年は2着3着でしぶとい。
阪神の坂でどうなるか?
2歳のときは見せ場もなかった。

先週は馬単と3連単で痛い目にあったので、今回は馬連だ。

馬連 9-5.11.15.16  5-11 5点X300 

回顧 報知杯弥生賞(GII) ハズレ 

12.4 - 11.3 - 12.2 - 13.0 - 13.1 - 13.0 - 12.7 - 12.2 - 11.5 - 12.1
ヤヤ重馬場で時計が掛かっているが
5Fで62秒とかなり遅い

ロジユニヴァースは逃げたというより回りがいかないので
普通に走ったら前にでた感じ
強い馬が楽なペースで走って
しかも先頭で最短コースはしっているのだから負けようがない
時計が掛かる馬場で坂を上がっても12.1と余裕で駆け抜けた
相手が弱すぎた。

セイウンワンダーは仕掛けてからまったく伸びない
長い距離は駄目なのか?
余りにもしょぼい走りで落胆したわ。

アーリーロブストはなんで前にいかないんだ
いままで先行して結果をだしてきたのに
今回は後方待機とか信じられん
位置取りが悪すぎる。
福永の糞騎乗で自滅だろう。

2.3着は前にいってた内側通った馬だった
ミッキーペトラは重賞でいきなり2着なかなか強かった。

モエレエキスパートは札幌二歳でロジから0.4差の馬だった
シンザン記念がしょぼすぎて切ってしまったわ。

馬券は3連単で2.3着がまったくコネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!
大ハズレでマイナスが1万を超えてしまった。

報知杯弥生賞(G2)  

明日は雨の予報もあり、馬場も変化ないだろう。
パワーがある持続力のある馬を買えばいい。

◎ロジユニヴァース
ラジオNIKKEI杯で上がりの掛かるパワー馬場で37.1も掛かった
しかも2番手で早めに動いて、溜めてたマッハと0.1しか違わない上がりで4馬身突き放した。
この経験は大きい。
今回も似たようなペースになるかもしれないが
2番手くらいから直線で突き抜けるだろう。

○セイウンワンダー
不良でも問題ないタイプ
瞬発力だけで勝ってきた馬ではない。
朝日杯で中山は経験しているし2000に対応するだけ
持続力は新潟二歳で大外直線一気できるほどなので大丈夫だろう。

△アーリーロブスト
ロジにつぶされないか心配だが
今の中山は前にいったほうが有利

△ケイアイライジン

3連単 6点X500 3000円
1着 10
2着 4.6.9 
3着 4.6.9

回顧 チューリップ賞 ハズレ /  黄梅賞 ハズレ 

チューリップ賞
12.5 - 11.1 - 12.4 - 12.6 - 12.7 - 12.2 - 11.1 - 11.9
5F61.3の超スロー 上がりの掛かる馬場で3F35.2
1.36.5は低レベルだ 見るところは上がりだけ。

これでは前に行った馬が断然有利
サクラミモザは自分のペースでいけたのがかなり大きい
しかも後ろからだれも仕掛けず、みんなビスタの動きにあわせてしまったので、楽に走れた。

ビスタは後ろから早めに動いて4コーナーでは集団の外にとりついていた
そっから最後坂をあがってから物凄い勢いで交わしていった
外をまわして、早めに動いて勝ったのだから強いし、持続力も試せた。

ルージュバンブー は最短コースで内から伸びてきた
本番ではペースも上がるし、3着以内はムリダナ

ブロードストリート  ジェルミナル が最後結構いい脚で伸びていたが
上がりで負けているので完敗
ジェルミナル はビスタにあがりで勝てると思ったのだろうか
ビスタより後ろから仕掛けるとかなにを考えているのか?

馬券は2着が買ってないハズレだ


黄梅賞
12.2 - 10.9 - 11.4 - 12.3 - 12.2 - 12.4 - 11.7 - 12.6
前半からペースが緩まず、持続力が試されるレースだった。

サトノロマネは自分のペースで逃げてそのまま逃げ切り
上がりの掛かる馬場で差してくる馬もいない
この馬はもっと距離が長いところで走ったほうがよさそうだ。

ストロングリターンは毎度出遅れ、小回りコースで外回されて
早めに動いていったのだが届かなかった
馬場が瞬発力で差しきれるような状態ではないし、仕方ない。
2400くらいの距離でゆったり走ったほうがいいんじゃないかと思う

モンテアルベルトは最後最速の35.7で伸びていた
末脚だけならいいものがある。
東京コースで買いたい

馬券は 1.2着当たっているのに馬単でストロングからいったので2着1着で逆になってハズレ
ヽ(τωヽ)ノ モウダメポ

チューリップ賞(G3) / 9R 黄梅賞(500万下) 

◎ブエナビスタ
阪神JFで大外から直線一気で楽々差しきってしまった
レベルが1段違う感じだ
ここも普通に走ればまず負けはない。

○ジェルミナル
阪神JFで6着にまけてしまったが
フェアリーではきっちり勝ったのだから強い

▲ブロードストリート
2戦目でファミリズムを楽に負かしている
500万では物が違う感じだがブエナビスタには足りないと思う。

△マイティースルー
フェアリーでは後ろから追い込んできたが
小回りでスローでは負けて仕方ない。
ビスタ以外なら通用する

△カウアイレーン
ミクロコスモスと0.0
二戦目はマイティースルーを楽に負かしている
能力は高いのだが休み明けなのがどうか。

馬単 5→3.4.9.11 4点X400円


中山9R 黄梅賞(500万下)

◎ストロングリターン
休み明けで前走は負けたが叩き二戦目でまとにも走ればサンカルロより強い
まずこんなとこで走っているレベルじゃない
重賞で上位を争える素質を持っている

○ダブルレインボー
末脚だけならいい
問題は小回りなコースでどうなるかだけだが
相手が雑魚ばっか
ケイアイライジンと差のない競馬をした能力がある

△サトノロマネ
ケイアイライジンと0.0なので強い
先行できるので中山では有利

△モンテアルベルト
ダートでボロ負けだったがいちょうSは7着といっても3Fでは34.2
今回の相手なら位置取りと展開しだいで2着ならなんとかある

馬単 13→7.8.12 3点 X500

回顧 中山記念(GII) 

13.1 - 12.1 - 12.5 - 12.1 - 12.1 - 12.2 - 12.0 - 11.3 - 11.8
スタートしてからずっとゆったりペース
残り2Fの加速勝負になっている
これでは前にいて内側を走った馬しかこない

逃げたキングストレイルはこれで4着では力不足だ

カンパニーは流れのって力を出し切ったので強い馬が楽な競馬をすれば勝って当たり前。
アドマイヤフジ は3番手でまわって伸びてはいたのだが
あまり得意じゃない上がりの競馬になってしまったのが最後のクビ差だろう
もっと強気に早めに動いて4コーナー先頭でもよかったと思う。

ドリームジャーニー はよくこの展開と馬場で2着まで伸びてきた
平坦小回りがベストだし前残りの馬場じゃきついと思って切ったのが失敗した。
元は中山でG1勝っている馬
坂も関係なかった。

エアシェイディ は衰えたかなぁ
最後のキレがなかった。

馬券は1.3着で外れてしまった 馬連からはなにも生まれんヽ(τωヽ)ノ
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ