競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

Author:sairesu


2017年12戦2的中
-5980
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

有馬記念で負けていて天皇賞を勝った馬はG1馬しかいない。 

有馬記念で負けていて天皇賞を勝った馬はG1馬しかいない。
4歳ライスシャワー菊花賞
6歳ライスシャワー菊花賞・天皇賞春
4歳ヒシミラクル菊花賞
5歳マヤノトップガン菊花・有馬
4歳テイエムオペラオー皐月賞
5歳テイエムオペラオー皐月賞・天皇賞春秋・宝塚記念・JC・有馬記念
4歳ディープインパクト3冠
4歳メイショウサムソン2冠

有馬記念出走馬が2着以内に来なかったのは1998天皇賞、2005天皇賞
3着以内に来なかったのも2005天皇賞だけ。

今年も2着は有馬出走馬からでるはずだ。
コスモバルクとかデルタとか終わったの切れば
4頭しか残らない。

2008 ドリームジャーニー 4着 1~3着まで不出走
   スクリーンヒーロー 5着
   アルナスライン   6着
   コスモバルク 11着
   デルタブルース   12着
   アサクサキングス 14着

基本的に、前年のG1勝ち馬が巻き返すパターンが多く
前年以前のG1勝ちはライスシャワー以外は勝ててない。

ジャパンカップを勝ったスクリーンヒーローしか残らない。


上位がいなくなったときに有馬の最先着馬が来るパターンが過去にある
2007年メイショウサムソン1着 1~4着まで不出走
2003年ヒシミラクル1着    1~10まで不出走
2000年テイエムオペラオー1着 1~2着まで不出走
1995年ライスシャワー1着   1~2着まで不出走

全部G1馬が巻き返しただけ
このパターンなら今年はドリームジャーニーになる。
ジャーニーは2歳のG1を勝っているだけで微妙。

-----------------------------------------------------
2007 ポップロック    5着 天皇賞10着 1~4着まで不出走
   ドリームパスポート 6着 天皇賞9着
   メイショウサムソン 8着 天皇賞2着

2006 メイショウサムソン 5着 天皇賞1着 1~4着まで不出走
   デルタブルース   6着 天皇賞12着
   トウショウナイト  7着 天皇賞5着

2005 ディープインパクト 2着 天皇賞1着
   リンカーン     3着 天皇賞2着
   デルタブルース  11着 天皇賞10着
   ビッグゴールド  13着 天皇賞13着

2004 シルクフェイマス  3着 天皇賞18着 1.2着不出走
   ハイアーゲーム   6着 天皇賞12着
   ハーツクライ    9着 天皇賞5着
   ユキノサンロイヤル10着 天皇賞9着
   ヒシミラクル   14着 天皇賞16着

2005年天皇賞春は5頭でてきたが全滅 ロブロイ海外、タップダンス休養
有馬記念が2.29.5の物凄いレコードタイムで3着だったシルクフェイマスは調子が戻らずボロ負け。
結果は大荒れでスズカマンボ ビッグゴールドがきて大万馬券だった。
OPを使ってきた馬が1.2着とありえないG1だった。

2003 リンカーン     2着 天皇賞13着
   ゼンノロブロイ   3着 天皇賞2着
   ウインブレイズ   5着 天皇賞10着
   ダービーレグノ   6着 天皇賞7着
   チャクラ      7着 天皇賞4着
   ファストタテヤマ 10着 天皇賞11着
   ザッツザプレンティ11着 天皇賞16着
   
2004年天皇賞 有馬記念から7頭でてきたが人気だけでボロ負け。
ダートの長距離を使っていたイングランディーレが勝ってロブロイが2着
3着は5連勝中のシルクフェイマス。

2002 ヒシミラクル   11着 天皇賞1着 1~10まで不出走
   アクティブバイオ 12着 天皇賞11着

2003年天皇賞
ヒシミラクルが勝ったときは有馬記念の10着までが天皇賞に出てこなかった。
ミラクルが繰り上がって1着
サンライズジェガーは有馬記念の2着タップダンスに勝っていたので2着もありえた。

2001 マンハッタンカフェ 1着 天皇賞1着
   ナリタトップロード10着 天皇賞3着

2000 テイエムオペラオー 1着 天皇賞1着
   メイショウドトウ  2着 天皇賞2着
   アドマイヤボス   5着 天皇賞5着
   ナリタトップロード 9着 天皇賞3着

1999 テイエムオペラオー 3着 天皇賞1着 1.2着不出走
   ナリタトップロード 7着 天皇賞3着
   ステイゴールド  10着 天皇賞4着
 
  2000年天皇賞春はグラス出てこない、スペシャル引退でオペラ時代の始まり。

1998 メジロブライト   2着 天皇賞2着
   ステイゴールド   3着 天皇賞5着
   セイウンスカイ   4着 天皇賞3着
   シルクジャスティス 7着 天皇賞4着

1997 シルクジャスティス 1着 天皇賞4着
   ローゼンカバリー  4着 天皇賞3着

1998のローゼンの天皇賞は1歳若い馬に負けた。
1着メジロブライトが3連勝できて1着
2着ステイゴールドは力はあったが安定感がなく勝ててなかったので人気がなかった。

1996 サクラローレル   1着 天皇賞2着
   マーベラスサンデー 2着 天皇賞3着
   マヤノトップガン  7着 天皇賞1着

1995 マヤノトップガン  1着 天皇賞5着
   ナリタブライアン  4着 天皇賞2着

1994 ライスシャワー   3着 天皇賞1着 1.2着不出走








スポンサーサイト

回顧 アンタレスステークス 的中 /フローラS 3連複的中 

アンタレスS 12.4 - 11.0 - 12.0 - 12.3 - 12.1 - 11.7 - 11.8 - 12.0 - 12.5
重馬場だったがダートでこれほど緩むことがないペースで逃げて
そのまま2馬身つけて勝ってしまったウォータクティクスのスピードの持続力は凄い
もうG1でやれるレベル、あとは坂をこなせるかだけだろう。

二着争いはワンダーが余裕で残るとおもったのだが、ボランタスがどんどん迫ってくる
ゴール前はヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!●~*ヒイィィィ!!(>ω<ノ)ノだった。
ギリギリ2着残ってくれたので的中できたが儲けは260円しょぼかった。

あまりにペースが速すぎて差し馬はまったく出番なし早いダートの差しはだめだ。
サトノコクオーには悲惨な展開だった。


フローラS 12.6 - 11.6 - 11.8 - 12.1 - 12.5 - 12.6 - 12.7 - 12.1 - 11.7 - 12.5
5F60.6だがそこから12.6-12.7とかなり遅い
なるべく前にいる馬が圧倒的に有利だった。
ディアジーナはこのペースで4番手、直線も周りの仕掛けをまっているほど余裕があった。
仕掛けてからはジリジリと伸びて、最後は2馬身もつけている
今回の相手では力が1レベル上だった。

ワイドサファイアは後ろから行った中ではよく伸びている
チャームポットレベルの馬かと思ったが、もっと強かった。
ハシッテホシーノは休み明けで馬体が減っているほど仕上がっていた。
展開も絶好だったのだがあれで3着では本番は厳しい
オークスで勝負になるのはディアジーナだけだ。
ミクロコスモスは距離が長いし、3歳になってからしょぼいのは成長が怪しい

馬券は久々に3連複で的中できたが、今回のは3連単でもとれたなぁ
惜しいことをした。

アンタレスステークス(GIII) 


◎サトノコクオー
復帰してから2戦まけているがどうも坂がよくない
坂をあがってからゴールまでの間でどうしても伸びがなくなっている
今度は叩き3戦目で京都
ウォータクティクスが逃げる速いペースの展開なら
この馬にもチャンスはある。

○ ウォータクティクス
アルデバランSではギリギリだったが
15番枠で外から先頭にでるまでに結構足を使っている
12.2 - 11.0 - 12.2 - 12.4 - 12.2 - 11.8 - 11.9 - 12.3 - 13.2
しかも最後の1F13.2以外は全部緩みがない
ダートしてはかなりレベルが高いレースだった。
重馬場で今回も同じコースで1.49.0くらいで走れば勝てる。


▲ワンダースピード
58キロでエスポワールシチーを負かしたのだから強い

△メイショウトウコン
去年JCダート2着
末脚が嵌れば今回の相手ならあっさり勝てる。

4頭馬連BOX 4.5.10.16 6点X200 1200

フローラS(G2) 

明日も馬場が回復するとは思えない、重馬場だろう。
東京コースと重馬場を経験しているパワータイプを狙う。

◎ディアジーナ
外枠に入ったが先行するので被されないのでいい
重の菜の花賞で5F59.6のペースで逃げ馬のする後ろから
直線あっさり3馬身も抜け出た。
持続力はかなりの物がある。
東京の直線もクイーンCで最後まで粘り通しているので問題ない。
距離が伸びてペースが緩くなればもっと楽だろう。
ただスローすぎると差されるかもしれないが
内田がフラワーCでキレがないのはわかってるだろう。

相手はわからないので手広く流すしかない。

○ピースエンブレム
ミモザ賞は前が飛ばして5F59.7
先行集団は60.2くらいだろうか?前を捕まえに先行集団は早めに動いていった
それで仕掛けを遅らせた、ラークキャロルにまとめて負かされたが
この馬は3番手で一番早く動きすぎた
それで崩れないのだからなかなか粘りはある
ヘクタープロテクターは重で強い血統馬場しだいで見せ場はあるだろう。

▲ハシッテホシーノ
不良の東京2400でピサノカルティエなど牡馬に勝ったのだから強い。

△アイアムネオ
フェアリーSの内容を考えれば十分やれる馬
アネモネは馬場でボロ負け
今回も馬場が悪いとどうなるかわからない。

△マイティースルー
東京コースでは崩れない
春菜賞 1.22.5は優秀。

△ミクロコスモス
この馬ちょっとでも速めに動くとだめだ
クイーンCもフィリーズレビューも伸びがよくない。
一番後ろから直線勝負でどこまで伸びるかだけだろう。
低レベルな2歳なら通用するが3歳のトップクラス相手だと厳しくなってくる。

△ワイドサファイア
エルフィン2着だが勝ちレースをゴール直前に差されている
仕掛けのタイミングなど考えてもレッドディザイアの1レベル落ちだ
今回の相手なら3着ならいけそうだ。

△ラークキャロル
ミモザ賞は2.01.0で時計は優秀
問題は馬場だけだ。

3連複 10点X100 1000円 たまには三連複で高配当を狙ってみる。
16-15-3.6.7.12.14
16-10-3.6.7.12.14

ムーニーバレーRC賞 ハズレ 

朝から大雨でまさか不良になるとは
デルフォイは切れるタイプだとおもって飛ぶならこっちかとおもったら
デルフォイ強すぎる圧勝だった。


ドリームライナーは直線で沈んでいった
2着がマイネルだし速攻切った馬が2着に来るとは
マイネルニハマイルネ

雨で馬場がひどくなると予想はかなり難しい
明日もどうなるやら( θ_Jθ)コマッタモンダ

ムーニーバレーRC賞(500万下) 

◎デルフォイ
アザレア賞では最後3F11.7-11.4-11.5
この上がりを6番手から34.2の最速で差して二着
トップカミングと0.0だった
今回のメンバー相手ならかなり強気になれる

○ドリームライナー
スローの上がり勝負はよくないタイプ
もっと早めに動いて後ろを潰すような競馬でないとだめだ
2:01.6で勝ったレースからすべば今回十分勝負になるはず

△ロードメダリスト
△タマモビート
△ミミオブパラダイス

3連複 1.9-5.8.10 3点 300円

今頃、弥生賞(G2) から皐月賞 

弥生賞で体重が減って勝った馬は皐月賞[3.0.4.6]
皐月からダービー[1.2.1.7]

ロジユニヴァースがロヴァになってしまった皐月賞
やはり敗因を考えると弥生で休み明けで体重が減っていたことしかなさそう。
調べてみたら弥生で体重が減った馬はダービーでもよくない
勝ったのはディープだけ。
2着はトップロード、メジロライアンと3着にきていた
14着にぼろ負けしたロヴァが逆転は相当厳しい
調教後体重で504だったのがパドック前に測って490
美穂から輸送でそんな減るのかとパドックみながら思ったのだが
結果からすると調子を落とすほどの何かが起こったと思うしかない。

14着ロジユニヴァース-4 休み明け 4戦無敗 重賞3勝
3着マイネルチャールズ-4
1着ディープインパクト-4 3戦無敗
4着アドマイヤオーラ-2
4着アドマイヤムーン-6
8着バランスオブゲーム-4
1着アグネスタキオン-8 休み明け 3戦無敗 重賞2
3着ナリタトップロード-6
6着ランニングゲイル-2
8着サクラエイコウオー-2
3着アサカリジェント-6
3着メジロライアン-6
1着サクラスターオー-4

弥生賞を体重0~で勝った馬は皐月賞[1.1.2.1]

2着コスモバルク+6    
3着エイシンチャンプ +2  
3着スペシャルウィーク+0 だーびー1着
4着ウイニングチケット+10 だーびー1着
4着イブキマイカグラ+2
1着シンボリルドルフ+18 だーびー1着

ダービー [3.0.0.2]

回顧  皐月賞 大ハズレ(´・ω・`)ショボーン 

12.1 - 10.8 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1
5F59.1は2000Mなら普通だがそっから12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.7まったく緩みがない。
これで先行した集団が全部失速した。
馬場が早くてでたタイムではなく上がりも掛かる力のいる馬場
スピードとスタミナと持続力と瞬発力すべてが試されたレース
古馬1000万の2000で2.01.7だったので勝ちタイム1.58.7は超優秀

私のロジユニヴァースはここまではよかったのだ。
4コーナーであがっていってまくってけるぞれこはと思った。


リーチの右側にスペースがあるのでそっから抜けてくるだろ!と思った。


横典の動きがおかしい抜けてコネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!
(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!


外からピンクの帽子が凄い勢いで3馬身くらい突き抜けていったので
なんだとおもったら、アンライバルド買ってないよウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!


( ゚Д゚)ポカーン( ゚Д゚)ポカーン
4番が一番後ろかまくって追い込み2着だってぇ工エエェェ(´д`)ェェエエ工


唖然とするしかないレースだった。
力のいる馬場で1.59.0をきるようなきついレースで先行したリーチや
それを早めにみて動いた馬は全滅した
ロジユニヴァースも4コーナーで交わしに行ったまではよかったのだが
そっから前にでる脚がなかったし挟まれて下がったにしてはしょぼかった。
リーチはパドックから発汗の跡があったので怪しいとみていたので
この負けは納得できるが、ロジはパドックも落ち着いていたし-10程度なら問題ないと思うのだがよくわからない。
調教やりすぎたか?間隔を詰めて使うのが初めてで馬がレースを分かってないのか?
それとも、どこか故障してて力を出せなかったのか?
4戦無敗で完璧な競馬をしてきてあまりにも酷い負け方だった。

馬券は1.2.3.4着まで買ってないのだから(´Д⊂ モウダメポ

第69回 皐月賞(GI) 

データでやばいリーチザクラウンとアンライバルドを買いたくない。
ここは1強の相手が崩れるパターンだと思う。

◎ロジユニヴァース
ラジオNIKKEI杯2歳ステークスで上がりが37秒掛かる物凄い重い馬場
それで2.01.7で4馬身抜けたのだから、スピード、スタミナ、持続力すべてが優れている
しかも休み明けで楽勝
弥生賞はスローペースで馬が強すぎて逃げてしまいそのまま楽勝

1枠だがよこのリクエストはすぐ下げるだろうし
サトノロマネは逃げにでるはず
右にスペースができるので先行3番手に付けれる
4コーナーから加速で先頭で直線に入れば勝ちだろう。
前が開かなかった時だけが心配だが、横典の邪魔はしないだろう。

相手は手広く

○ベストメンバー
負けたのは京都コースだけ平坦コースの上がり勝負ではスピードまけしている。
しかし坂コースでは3勝
スタミナと持続力があるがスピードが足りないのでスローの上がり勝負はよくない
皐月賞はある程度ペースが速く、持続する馬が強いコース
この馬は中山で2.00.7がある。
3歳の1月でこのタイムはかなり優秀だ。

▲ナカヤマフェスタ
京成杯でほかより1キロ重い57キロで中山2000を経験したの有利だろう。
しかも落馬の馬の影響で外に動いて仕掛けのタイミングが遅れた
まともだったら勝っていたかもしれない。

△アーリーロブスト
末脚がないのが分かっているのに福永が何を考えていたのか、弥生賞でいきなり後方待機
まったく伸びずそのままゴールで6着
この馬は前にいってそこから持続する脚を使って後ろを封じるタイプ
今度はまともに乗ってくれるはず。

△ミッキペトラ
勝つまで時間が掛かったが相手が強かった
ブレイクランアウトにプロスアンドコンズと重賞級
弥生賞は離されたが2着を確保、休み明けを叩いて上積みがあるはず
2着争いなら入れる。

△リーチザクラウン
データではどうしても危ないのだが、18番枠で前が詰まる可能性はない
実力どおり走れば2着は確保するはずだが、きさらぎから直行データはよくない
桜花賞でトライアル使わないでディザイアが2着だったし
それを考えるとデータで切ってしまうのは危ない悩むなら押さえる。


3連単  フォーメーション 20点X100
1着 1
2着 5.6.7.11.18
3着 5.6.7.11.18

最低77倍なら100円でも十分元がとれる。
リーチが飛んだら最低216倍だ

回顧 マイラーズカップ  馬連 的中 5.5倍 

13.0 - 11.8 - 11.4 - 12.1 - 11.9 - 11.0 - 11.0 - 11.7
5F60.2 3F 33.7
スローの上がり勝負になったのは予想通りだった。
1600で5Fが60秒のスローで上がり勝負なので前に行った馬が有利なのだが
タマモサポートなどは坂で失速
飛ばした二頭が60秒なので後ろの集団は61秒以上の超スローだろう

ホーネット抜けてキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!


2着が10だよ。(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!


カンパニーキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!


なんとか的中できました。
回顧
1.2着は上がり33.0
オースミグラスワンは32.6と限界に近い瞬発力勝負。
坂で止まらず伸びきる力がないとだめなコース
1.2.3着はG1で掲示板に入る力のある馬
上がり勝負でも強い馬しか上位に来なかった。
スマイルジャックはよく粘っていた
早めに抜けたところをホーネットに交わされて終わりかとおもったが
33.4で粘っていたので2着かと思った。

ゴール直前でカンパニーが物凄い脚で突っ込んでこなかったら馬券は外れていた。
8歳になっても末脚は強烈だ。
衰えなどぜんぜんないようだ。

馬券はなんとか馬連的中 5.5倍だった。
3点で取れたのだがタマモサポートは狙いすぎだった。

マイラーズC(G2) 

阪神外回りは桜花賞で33秒が出るほど上がりが早い
このレースも先行する早いのがいない
平均ペースかスローの瞬発力勝負だろう

◎スーパーホーネット
33秒台の脚を使って連に絡めなかったのは1200の高松だけ
それ以外は全部連対している
今回も33秒の上がり勝負になるはず。

○ヒカルオオゾラ
高速タイムにすでに実績があって
先行してさらに加速する
高速タイムもすでに経験している
小頭数で自分でペースを作っていけるので今回のレースは有利だ

▲カンパニー
去年先行して勝った。
中山記念も先行して勝った。
瞬発力がなくなったので、ある程度前にいって粘るようになってきた

△タマモサポート
不良馬場でボロ負けしてしまったが
京都金杯で1.32.9で走っているのだからまともに走れば
アブソリュートには逆転できるはずだ。

馬連 3-5.6.8 3点X500

スプリングSと皐月賞のつながりを考えた 

トライアルであるG2スプリングS
ミホノブルボン、ナリタブライアン、ネオユニヴァース、メイショウサムソンとG1馬がいるが
どれもダービーを勝って2冠を達成している。
スプリングSで負けて皐月賞を勝った馬はいない
前後半で36.0-36.0と平均で1.49.0前後の年はかなりの確立で連対馬がでる
1:48.9 36.9-36.4 メイショウサムソン サムソン1着 ドリパス2着
1:47.3 35.7-35.4 ダンスインザモア 連対なし
1:48.3 36.0-36.2 ブラックタイド    3着メジャーが1着
1:48.2 35.5-35.3 ネオユニヴァース ネオ1着 サクラ2着
1:46.9 34.7-35.5 タニノギムレット  連対なし
1:49.1 36.6-36.6 ダイタクリーヴァ  リーヴァ2着
1:49.1 36.6-36.4 ナリタブライアン  ブライアン1着

連がなかったのは2回で馬場が早すぎて好タイムのダンスインザモアのとき
皐月上位は2000M路線からだった。
馬場が軽すぎて2000の適正に合わなかった。

タニノギムレットの時はローエングリンが飛ばしまくって5F58.9とかなり厳しいペースで早すぎた
勝った馬と2着は東京コースでG1馬になったのでレベルが高いが
ギムレットはアーリントンまで使った疲労が本番影響があったと思う。

37.0-37.0の平均はだめなのは緩いペースで上がりも遅いレベルが低い証拠

3着以内に入ったのに人気薄で皐月で連対
ダイワメジャー36.3、メイショウサムソン36.1
どちらも早いペースを2番手からいって最後粘っている。
ダイワメジャーはヤヤ重で離れた逃げ集団にいて、
0.2しか負けなかったのだから今思うと凄い持続力だった。

負けた馬から皐月での勝ち馬はでていないがボロ負けした馬が来るパターンは重賞勝ち馬
サンツェッペリン オースミブライト 京成杯(G3)を2.02.0以内の好タイムで勝っている。

今年は36.6-35.2 アンライバルド 1.50.8
上がりが早いし優秀なように見えるが全体時計としてのレベルが怪しい。
5F62.6で超スローで、スタミナが要求されてない
皐月賞のような前半から、ペースが緩まず最後まで走りきる持続勝負とはまったく逆だ。

アンライバルドがこれで勝てたらダービーも勝つだろうが
タイムデータから想像すると2着もない感じだ、3着がギリギリ

負けた馬も、2000Mの重賞馬はいない、スプリング組いらないかも。

きさらぎ賞と皐月賞 リーチザクラウンは連に来ないデータ 

このデータも3年目だ。今のとこ破綻することなく使えているので今年も使える。

きさらぎ賞連対して皐月で2着以下
年明け3戦目1着 マイネルフリッセ  +0 毎日杯6着   競争中止
年明け3戦目1着 シンホリスキー   +0 スプリング1着 皐月15着
年明け3戦目1着 ツジユートピアン  -2 弥生賞4着   皐月10着
年明け2戦目1着 サムソンビッグ   +0 スプリング9着 皐月17着
年明け2戦目2着 イイデライナー   +8 弥生賞4着   皐月12着
年明け1戦目2着 テイエムロケット  -8 毎日杯4着   皐月14着
年明け1戦目2着 ダンスインザダーク -2 弥生1着    熱発回避
年明け1戦目2着 テイエムトップダン -6 毎日杯1着   皐月12着
年明け2戦目1着 スペシャルウィーク -6 弥生1着    皐月3着
年明け1戦目2着 ボールドエンペラー +0 毎日杯3着   皐月6着
年明け2戦目1着 ナリタトップロード +0 弥生1着     皐月3着
年明け2戦目2着 エリモブライアン  -2 スプリング10着 皐月6着
年明け2戦目1着 アグネスゴールド  +0 スプリング1着 骨折回避
年明け2戦目1着 メジロマイヤー   皐月直行      皐月18着
年明け2戦目2着 サイレントディール 皐月直行      皐月6着
年明け2戦目1着 マイネルブルック  皐月直行      皐月8着
年明け2戦目2着 ブラックタイド   -2スプリング1着 皐月16着
年明け3戦目1着 コンゴウリキシオー +6 毎日杯3着   皐月16着
年明け1戦目1着 アサクサキングス   皐月直行    皐月7着
年明け1戦目2着 ナムラマース   +4 毎日杯1着    皐月11着
年明け1戦目1着 レインボーペガサス -4 スプリング7着  皐月5着
年明け2戦目2着 スマイルジャック  -10 スプリング1着 皐月9着
年明け1戦目1着リーチザクラウン  皐月直行    皐月??着
年明け2戦目2着リクエストソング -2 スプリング7着  皐月??着

年明け3戦目できさらぎ賞を連対、使いすぎ
マイネルフリッセ ツジユートピアン シンホリスキー コンゴウリキシオー

年明け2戦目できさらぎ賞を連対して1800M以上のレース1着で馬体重にプラスが無い。疲労あり
(0.0.2.3)年明け3戦目1着 シンホリスキー   +0 スプリング1着 皐月15着
年明け2戦目1着 ナリタトップロード 弥生賞0で皐月賞3着
年明け2戦目1着 スペシャルウィーク 弥生賞-6で皐月賞3着
年明け2戦目2着 ブラックタイド   -2スプリング1着 皐月16着
年明け2戦目2着 スマイルジャック  -10 スプリング1着 皐月9着

皐月直行。[0.0.0.4]
メジロマイヤー サイレントディール マイネルブルック アサクサキングス

次のレースで3着以下は問題外
(0.0.0.7) ツジユートピアン エリモブライアン マイネルフリッセ サムソンビッグ
イイデライナー テイエムロケット レインボーペガサス
きさらぎ賞の次に毎日杯出走馬は1着でも(0.0.0.4)テイエムトップダン ボールドエンペラー コンゴウリキシオー ナムラマース

今年はリーチザクラウンとリクエストソング
リーチは皐月賞直行 このパターンできたのは2000だった頃のハクタイセイがいるだけで
1800になってから、[0.0.0.4]
しかもきさらぎ賞で-4キロと減っていたのも気になる
危険な人気馬とみていい。
3着はあっても2着いないは厳しい。

次のレースで3着以下は問題外(0.0.0.7)
リクエストソングがこれに該当する。

回顧 桜花賞(GI) 3連単 9-18-15 5,680円 的中 



12.4 - 10.8 - 11.7 - 12.0 - 12.2 - 11.7 - 11.6 - 11.6
5F59.1でほとんど緩みがない厳しいレースになった。
これで力のない馬は坂で失速

ブエナビスタ強かったがレッドディザイアもほとんど同じような位置から伸びている
ビスタは4コーナーで外にだしたところで前が塞がって
さらに外に持っていってから直線だけで全部交わしていったのだから凄い
33.3の限界に近い末脚壊れなければオークスも勝つだろう。

レッドディザイアも33.9抜け出して勝てるかと思ったが
坂をあがったところで苦しくなっている
休み明けの影響と坂の経験がなかったのが最後の伸びに影響したのだと思う

オークスはどちらも末脚比べになるだろう。
1.2着はほとんどこの二頭で決まりだろう。

ワンカラットが最後突っ込んできたが短距離っぽい末脚の使い方だ
ジェルミナルは仕掛けてから最後離れてしまった3着
力の違いがあった。

馬券は久々に3連単的中した。
しかし安い、マイナスはぜんぜん減っていないなんとかプラスにしたい。

忘れ名草 大ハズレ 



馬体が減っていたのでいやな予感がしたヒカルアマランサス
しかも5F60.1で内回りでスローになっていた
後ろから3頭目からぜんぜん伸びなかった
馬軍に囲まれていたがそれにしても伸びなかったのはやはり体重が減りすぎた。

ブロードストリートは内側から凄い勢いで伸びてきたが位置が悪すぎた。
ヒカルをマークして失敗したんだろう。

デリキットピースは3番手から直線鞭が凄い入っていたのだが
坂を上がってしぶとく伸びてきた。
あまりキレがあるタイプではなく追ってしぶといので2400はいいだろう。

予想は大ハズレだ

忘れな草賞 

桜花賞よりこっちで儲けたい

◎ヒカルアマランサス
1.48.0は毎日杯と同じタイムで3Fは33.9で楽々抜け出している
牝馬同士では物が違う印象だ
内回りに変わるが、ある程度前にもいけるしそっから最速で伸びるので問題ない。

○ブロードストリート
チューリップ4着馬だったが最後の脚はビスタに負けてないくらい伸びている
位置取りと相手を間違って権利を落としてしまったが
桜花賞にもし出ていれば4番人気くらいにはなっていい馬
こちらも内側に入っても問題ないタイプ

△サクラローズマリー
不良馬場で直線だけで突き抜けるとは凄い
内回りなので早めに動きたい。

△スイリンカ
フィリーズは距離が短すぎたのと後ろからになって競馬にならなかった
頭数が少ないし内回りなら先行できるだろう。
力を出し切ればもっとやれるはず。

△レイナクーバ
アネモネ3着だが2着争いはハナの接戦
中山の大外16番からは厳しい
しかも不良で捲くっていくロスを考えると中々強い

馬連 9-6.11.12.13 4点X500

10R 桜花賞(G1) 

◎ブエナビスタは牝馬に負けた事はないし
今までも3F全部最速
今回も、普通に走ってくれば1着。
牝馬同士ではレベルが違う。

相手探しのレースだがそれが難しい。
1600は2000のスタミナと安田記念のときなどは言われるが直線が長い阪神外回り1600も同じ

○ルージュバンブー
2000を経験していて阪神1600も経験がある。
チューリップでは内側から凄い脚で伸びている
前が開いていれば2着はあった。

▲ダノンベルベール
連対100%で崩れない
クイーンCでディアジーナに負けたが赤松では出遅れて交わしていた馬
休み明けと55キロが原因だろう。

△レッドディザイア
1800を経験している
エルフィンSはエンジンの掛かりが遅くてギリギリだったが
阪神外回りで直線が長いの方が絶対にいい。

△ジェルミナル
1800で牡馬相手に2歳のときは勝っていた
チューリップはビスタにあわせて動きすぎた
もっと前を見ていけば上がり勝負にはならなかった。
今度は早めにいってほしい。

△ヴィーヴァヴォドカ
1800のフラワーCを勝っている
1:34.7で1600を走るスピードもある
一応1600以上で勝てるスタミナがあるので押さえる。

馬連や馬単ではオッズが微妙だ

3連単 20点X100
1着  9
2着 1.4.14.15.18
3着 1.4.14.15.18   

9-4-14でもくれば330倍だ

回顧 アザレア賞 大ハズレ/ 阪神牝馬S 大ハズレアタラネーゼ 

阪神8R アザレア賞
13.0 - 12.0 - 13.8 - 13.6 - 13.3 - 13.4 - 12.7 - 11.7 - 11.4 - 11.5
物凄いスローで最後3Fの瞬発力勝負になった。

カルカソンヌ はスローすぎて動けなかった
3コーナーからまくってい行けばなんとかなったがそれでは脚が持たないだろうし
展開的に無理

ドリームライナーはもっと飛ばして逃げるべきだった
自分の得意な持続勝負ではなく瞬発力勝負にするとは負けて当たり前。
穴を狙ってみたが大失敗だった。


阪神牝馬S
12.4 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 11.4 - 11.5 - 11.7

1400としたらそれほど早くない普通だった
ポルトフィーノは微妙に掛かり気味だったのもあるが1400は短すぎたか?
ザレマは1400でもしぶとく伸びてきた。
スピードに対応できるとはおもわなかったが
それ以上にびっくりしたのはジョリーダンス 33.6の物凄い瞬発力でまとめて交わして行った
1400で強いのはわかっていたが8歳だしもう衰えてるだろうとおもったら
ぜんぜんそんなことはなかった。
オディールはやはり.1400までだろう
1200ならもっといいかもしれない。

1.2が印もないひどいよそうになってしまった。

サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII) 

◎ポルトフィーノ
清水Sで1.32.5 1400通過は1.20.8だった。
休み明けでいきなりこの時計に対応するのだから凄い
1400なら思う存分スピードを活かせるだろう

○チェレブリタ
53キロで1600M
それでも最速の3Fで突き抜けてきた。
馬が完全に変わってきた。
1400内回りで直線が短いが一瞬のキレは凄い
ペースしだいでなんとかなりそう。

▲オディール
1400以上では勝てず
完全に短距離馬になった。
3歳はクラシックで1600や2400と長い距離ばかり
やっとベストの1400で走れる。

△アルティマトゥーレ
1200で圧勝
休んで30キロ増えてパワーアップして帰ってきた。
重賞だが1400のスピード勝負なら連はある。

△サワヤカラスカル
1400では3勝、阪神では2勝
得意のコース、一応押さえる。

馬連 16-2.5.10.15 4点X200

8R アザレア賞(500万下) 

◎カルソカンヌ
フリージア賞で4コーナーから一気にまくって2番手にあがっていった
そっから直線も競り合いで交わしきれずまけてしまったが
かなりいい脚を使っている。
タイムも2.00.5なら優秀だ。

○ドリームライナー
平均ペースで逃げてそのまま4馬身突き抜けて圧勝
持続力をいかして逃げるほうがいい。
内回りの阪神ならぴったりだろ。

▲トゥリオンファーレ
今回の相手なら勝てそうだが、京成杯がしょぼかった。
坂がよくないので微妙だ
しかも内回りで後ろからいくと厳しい

△トップカミング
崩れないので強いのだが、詰めが甘い
2000は長いのかもしれない。

△ナリタクリスタル
トライアンフマーチが若葉で2着だった
それと0.0ならこの馬若葉で2着くらいの力は持っている
1枠で先行有利な内回りなら2着はあるかも。

馬連 5-1.3.7.8 4点X200

マレーシアGP 赤旗中断 









久々の大雨で赤旗
かみなりでオンボード途切れるし
どうせならこのままはしってほしかったな
フェラーリはピット作戦なにやってんだか5位走ってて雨も着てないのにレインタイヤ
雨フッタときにはタイヤのブロックが壊れて意味なし
"(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ"

回顧 産経大阪杯(GII)/ ダービー卿チャレンジ(GIII) 

産経大阪杯
12.6 - 11.5 - 11.9 - 11.9 - 12.1 - 12.8 - 12.1 - 11.9 - 11.2 - 11.7
ヴィクトリーがそれなりに飛ばしたおかげで5F60.0 後半5F59.7
平均ペースになったのでほとんどの馬が力を出し切っている。

マツリダゴッホは引っかかってしまったので終わった。
昔より掛かるようになっている。
思い切って逃げてしまったほうがいいかもしれない。

ディープスカイは神戸新聞のときも反応が鈍かったし、今回も仕掛けて反応が鈍かった
休み明けで体が付いていかなかったようだ。

ドリームジャーニーは強くなっているきがする
母父メジロマックイーンなので晩成なのかな。
ダービー馬を差し切るとは驚いた。

カワカミプリンセスは最後物凄い追い込みだった
暖かい時期でいいタイプ ヴィクトリアマイルでは期待できる。

馬単にしたおかげで逆になってしまって馬券は外れた。orz


ダービー卿チャレンジ(GIII)
12.4 - 11.3 - 11.5 - 11.6 - 11.9 - 11.5 - 11.7 - 11.8
ずーっと11秒台のペースで逃げた馬は結構厳しい
マイネルファルケはよく粘った。
期待したキャプテンベガは位置取りも中段後方で予想通りで4コーナーまで凄い勢いで回ってきた。
これは行けるだろうとおもったら前が塞がって
直線は横によれて建て直し
さらに前がつまって立ち上がっているし
まともに走っていれば勝っていた。・゚・(ノД`)・゚・。
最悪な騎乗だった。

おかげで馬券はハズレヽ(τωヽ)ノ

ダービー卿CT(G3) 

中山は結構外が差せる様になってきた。
今回は先行抜け出しタイプがそろっている
ある程度速いペースで流れてさらに4コーナーからの自分で動く馬が多いはず
先行タイプはG1クラスの馬じゃないと坂でばてるだろう。

◎キャプテンベガ
元は捲くって勝ってきた馬
外枠なので中段後方につけて4コーナーから一気にまくっていけばいい
最近は上がりの掛かる馬場でも伸びてくるので力は付けている

○タケミカヅチ
皐月賞2着馬、皐月賞の後は距離が長かったりダートだったり不良馬場でまともに走れていない
良馬場の中山1600はベスト条件

▲マイネルスケルツィ
中山では3.0.2.0
NZTで楽勝しているし、崩れないのでかなり中山が合っている
今回は叩き3戦目、大型馬だし今回は走りごろだろう。

後は手広くながす。

△サイレントプライド
不良馬場で馬がやる気をなくした東京新聞は無視だ
まともにやれば、勝てる力を持っている
あとは58キロだけ

△レッツゴーキリシマ
55キロは有利だ
控えてもいけるタイプで自在性がある

△マイネルファルケ
アクアマリンは5F58.1のハイペースで自分で逃げて勝ったのだから強い
今回は54キロで3キロ減ったので粘りは増す。

△ショウワモダン
中山得意

△ショウナンアルバ
ベストは1600、まともに折り合えば連はある。

手広くながしまくりだ。11-15なら万馬券だ。
馬連流し 11-1.2.4.12.13.14.15  立て目2-4 8点X100

10R 大阪杯(G2) 

阪神はBコースになり芝刈りの影響で上がりが早くなった。
ある程度前から動ける馬が有利

◎ディープスカイ
内回りコースだが、ある程度前から行っても末脚は鈍らないのは
天皇賞秋で確認できてたので、あとは斤量だけだ。

○マツリダゴッホ
栗東で滞在して長距離輸送がない
内回りコースは中山に少し直線を足したようなもの
武豊が先行して外回すとは思えないし、仕掛けミスもないだろう。
負けたら普通に馬の力不足だろう。

2頭で決まる可能性はかなり高い
ゴッホが沈むとしたら来る馬を考えた

△アドマイヤフジ
中山記念みたいなペースではこの馬の良さがでない。
ある程度早いペースで自分から動いて粘るタイプになっている
2番手くらいで競馬できれば結構粘れるはずだ。

△ドリームジャーニー
中山記念では内側から鋭く伸びてきたが、今回は相手が強すぎる
内も開かないだろう、外から差すのは不利だ。
しかし今回は有力馬が早めに動くのでそれをまってから仕掛ければ
有馬記念みたいにいいところに突っ込めそうだ。


馬単 1-11   1点X 1000
馬単 11-3.8 2点X 300

最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
疲れたときは
月別アーカイブ