競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年15戦2的中
-8480

第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

中山記念(GII) 大ハズレ -1000円 

あまり自信がなかったがまさかシャドウゲイト出遅れ
この時点でオワタ

立て目も期待したのだがキングストリートは坂で失速
ひどい予想になってしまった。

やはり不良馬場で予想は難しい。
トーセンクラウンが5馬身ぶっちぎりは驚いた。
オペラハウスにダンシングブレーブ
完全な欧州血統でパワー馬場に強かったのかな?


画像を張りたかったのだが、津波注意が邪魔すぎてやめた。
せめて画面の下に出してほしい。
地図で左3割表示はでかすぎる。
スポンサーサイト

中山記念(GII) 

馬場がよくないのでスピードよりパワーがある馬のほうがいい。

◎シャドウゲイト
AJCCで久々にいい走りをして2着
不良馬場が得意でパワータイプ
明日は多少乾いても完全な良にはならない。
ある程度前にいければ粘り込める

○トウショウウェイヴ
中山金杯で3着
前にいった馬に厳しいペースで最後までよく粘っていた。
今回のレース、逃げ先行馬がかなり多い
ある程度中段から差してこれるこの馬にはいい展開だ。

▲キングストリート
最近3勝がすべて1馬身以上の強い内容
節分ステークスでは上がりの競馬で3馬身も突き抜けるのだから凄い
1枠である程度前に付けたい所だ。

△サニーサンデー
吉田から佐藤哲三に変わったのはいい
たぶん今回は逃げないである程度溜めてくるはず
パワーもあるタイプなので馬場も悪くなっても問題ない

△モエレビクトリー
3連勝しているのに人気がない。
騎手がデムーロとかなら3番人気くらいになっていただろう。
また的場なので逃げるだけだ、この馬それで勝ってきたので強い。
内枠でスタートから逃げてしまえばあとはどこまで粘るかだけ
母系がオジジアンにブレイヴェストローマンでかなりパワータイプ
本来ダートでいいくらいだ。

馬連 14-1.2.6.16X200 1-16X200 1000円  

回顧 フェブラリーS 馬単 4→ 3 1,190円 的中 

12.1 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.6 - 12.0
5F59.2 ダートではハイペースだ

スタートからローレルゲレイロが飛ばしていったが
すぐ後ろにエスポワールがつけて二番手
フェブラリーS.ts_000021021
直線もゲレイロが必死に追っているのにエスポワールは持ったまま余裕
フェブラリーS.ts_000070937
仕掛けたら一気に突き放して2馬身以上離してしまった
フェブラリーS.ts_000088888
サクセスブロッケンが一旦抜け出たのだがテスタマッタにあっさり抜かれていった
フェブラリーS.ts_000095462

久々に的中できた。

サクセスブロッケンは1600はもう短いのかもしれない。
シンボリクリスエス産は案外勝負根性がない
最後の粘りがなく負けるのが多すぎる

エスポワールは強すぎて、楽勝
日本では今年は無敗かもしれない。

テスタマッタは中段で溜めて伸びてきたときの脚はかなりいい
この馬は、まだまだ強くなりそうで秋が楽しみだ。

フェブラリーステークス(GI) 

◎エスポワールシチー
軸はこれでいい

相手が難しい

○サクセスブロッケン
昨年の勝ち馬なので買う
調子も戻っている。
問題は騎手だけだ。

▲グロリアスノア
根岸は最後すごい伸びだった
今回は叩き二戦目で更に調子はいいはず
勝負になるだろう。

△テスタマッタ
ジャパンDDではシルクメビウス等に先着している
ダートでは相当強いはずだ
最近は喉の病気が原因だっただけ手術が成功して調子はよくなってきた。

初芝で買うなら人気のないほうがいい
△ローレルゲレイロ
母系はテンビー、カコイーシーズでダート血統
パワーで押し切るタイプなのでダートにかわっても問題なさそうだ。

馬単 4-3.6.12.13 X300

デイリー杯クイーンカップ(GIII) ハズレ -800 

12.4 - 11.0 - 11.6 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 11.4 - 12.1

ちょっとスローペースで上がりの早い展開だったのでみんな力を出し切っている。
二番につけたアプリコットフィズは最後に
仕掛けてから2馬身楽々と差をつけて勝ったのだから強すぎる。

テイラーバートンは最後坂をあがったあたりで伸びなかった。
やっぱりこの馬は坂とか長い直線がよくない

プリンセスメモリーは溜めて最後直線一気
おもった以上にいい脚を使って2着
距離が伸びても問題なさそうだ。

馬券は2着が抜けてしまってはずれてしまった
最近まったくアタラネーゼ

デイリー杯クイーンC(G3) 

◎アプリコットフィズ
5F56.8のきつい流れを先行して最初に仕掛けて行った
それでも最後クビ差
今度はもっとゆったり流れる東京コース
先行できて抜け出す脚があるこの馬には直線が長いコースで
ペースが平均くらいが一番いい。

○ギンザボナンザ
ひいらぎ賞でイイデサンドラに2馬身もつけた
位置が前で上がりも早い
この馬もゆったり流れる東京はいいだろう。

▲ブルーミングアレー
菜の花賞(500万下)で負けてしまったが超スローで上がりの掛かる馬場状態が合わなかった
長い距離を走っている実績があり東京1600はスタミナがいる
持続力はかなりあるので長い直線がかなりいいはずだ。

△テイラーバートン
フェアリーSが案外しょぼかったのが気になる
急坂はよくなさそうなので東京のほうが良さそうだ。

△シャルルヴォア
新馬がなかなか強い
長い直線のほうがいいタイプ
遠征してくるのだから勝負になるとみたのだろう。

馬連 9-1.5.6.15 X200

アルデバランS ハズレ -1200 

外枠だったフサイチセブンは普通にでたのだが
それ以上に内から行った馬が速く先行するまでにかなり脚を使ってしまった。
アルデバランS.ts_000009843

二番手で回って、直線に入ったとこで一旦ぬけた
アルデバランS.ts_000083950アルデバランS.ts_000089489
スタート直後に脚を使いすぎたのが影響したのか
ゴールまで失速した。
3着にマイネルがきてるし、3連単で狙ったのだが大ハズレだった。
インバルコは後ろから行き過ぎたおかげで
4コーナーから外を回るぶん最後マイネルにやられた
アルデバランS.ts_000109542
やっぱトランセンドは強い
今年の秋は4歳のダート馬がいっぱい勝ちそうだ

アルデバランステークス 

OPだがメンバーがかなり揃っているのでハイレベルな競馬がみれそうだ。

◎フサイチセブン
休み明けで6馬身ぶっちぎり
今度は叩き二戦目でさらに上昇
調教が動かないのは毎回なので気にしないほうがいい。
ほかに逃げ馬もいないので自分のペースでいける。

○インバルコ
フェアウェルステークスで最後差しきった脚は素晴らしい
54キロは有利パワーがあって加速したら伸び続ける感じすらある
距離が伸びてハイペースの今回は展開もあいそうだ。

△トランセンド
レパードSではスーニに圧勝だった。
あのとき走りすぎた反動かエルムSは失速
武蔵野はよくわからない。


△ピイラニハイウェイ
この馬は先行して抜け出してからがしぶとい
サンタSでは1馬身つけて勝ってきたのだからかなり強くなった。

3連単フォーメーション
1 14.16
2 4.8.14.16
3 4.8.14.16

共同通信杯 ハズレ -2000 

アリゼオ、前半から折り合いがつかず、直線に入って一瞬だけ伸びたがそこで終了
共同通信杯_000053323共同通信杯_000044614
最後はダノンシャンティに交わされて3着
おかげで馬券は大ハズレだ。立て目も買うべきだった。
共同通信杯_000059996

アリゼオはパワータイプの走り方すぎる。
重とか時計の掛かる馬場はいいが、成長しても芝じゃなくダートの方がいいかもしれない。

共同通信杯(G3) 

◎アリゼオ
ヒルノダムールを新馬で差しきり
重馬場で後方からいって勝つのだから凄い
ホープフルも楽勝

○ハンソデバンド
ジュニアCで57.8のハイペースを先行
坂をあがって伸びるあたり着差以上に強かった。
1800も問題ないだろう。

▲ダノンシャンティ
ラジオNIKKEI杯で3着なのだから強い

△ダイワアセット
東京スポーツ杯2歳Sで5着だが
レッドスパークルとは0.0
中山はこの馬の脚に合わない
東京の長い直線のほうがいい

馬連 3-5 1000 5-4.6 X500 合計2000

エルフィンS 大ハズレ -800 

軸にしたサウンドバリアーまったく伸びず
和田がのっているから2枠だし先行するだろうと思ったのに
後ろからいって外出して終わり
ひどい競馬だった。

エルフィンS(オープン) 

◎サウンドバリアー
1400で1.21.6で走りながら勝てないのは運が悪かった。
ダートにいって戻った芝1600で1.35.3
後方から最速の上がりで直線一気はすごかった。

相手は絞れないので手広く流すしかない。
グリューネワルト
プリムール
ストレンジラブ
アイアムルビー


馬連 2-3.4.10.14 4X200
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ