競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年22戦3的中
-10820

第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

高松宮記念(GI) ハズレ (´・ω・`)ショボーン 

12.0 - 10.4 - 11.1 - 11.4 - 11.4 - 12.3
3F33.5 1:08.6

ラップタイムはそれほど早いわけでもないが、勝ちタイムが遅い
スタートからいきなりアルティマトゥーレが躓いて、1馬身は出遅れた。
高松宮記念.ts_000002569高松宮記念.ts_000005005

キンシャサは内側の壁の直後で絶好の位置、直線で外にだしながら進路が開いた。
ビービーガルダンは外側から強引にまくっていった。
高松宮記念.ts_000049015高松宮記念.ts_000053253
アルティマトゥーレが二着まであがってきたが、さらに外にいたガルダンとフォワードが伸びて
上位は接近したままゴール。上位のほとんどが社台の服だらけ。
高松宮記念.ts_000067600高松宮記念.ts_000071104

切ったキンシャサに勝たれたのだから仕方ない。
ガルダンと26倍もあったとは思わなかった。
穴で期待したショウナンカザンはまったくいいところがなかった。
やっぱりG1では厳しすぎた。
スポンサーサイト

高松宮記念(G1) 

今年の高松もまた難しい
中京1200でG1となると前半から凄い厳しい戦いになる。

スピードがあり最後の粘りが必要
直線がそれほど長いわけでもない
坂もないのでデュランダルのような直線一気は滅多にできない
基本は先行か中段から差す馬だ。


キンシャサノキセキの3連勝は運がよすぎるしスプリンターらしくない。
スワンSは緩いペースでアーリーロブストが粘れる程度のレースだった。
阪神Cはハイペースで先行した馬が坂が失速、出遅れて展開がはまった。
オーシャンSは重でスピードよりスタミナ勝負になっていた。
内枠からうまく抜けれただけ。
ここで高松の軽い1200でどうだろうか?
どうせ人気だし切った。

◎ビービーガルダン
スプリンターズSで2着
3F32.9の早いペースで最後坂を乗り越えてハナ差だった。
逃げねばったゲレイロが強すぎただけで今年のメンバーでは実績では抜けている。

○アルティマトゥーレ
中京は二戦してどっちもちぎって勝っている。
この馬は前半3Fで33秒前半だとほとんど沈む
我慢ができないタイプ
今年はゲレイロほど早い馬がいないので33.9くらいなら粘りこみもありそうだ。

▲エーシンフォワード
最近ずっと安定している
阪急杯では1馬身ぬけて完勝
今の状態ならG1でも勝負になるだろ。

☆ショウナンカザン
オーシャンSはグランプリエンゼルから10馬身も負けてダントツのびり
完全に馬場にやられた
阪神Cで56.3のきついペースで先行して坂をあがっても完全には止まっていなかった。
同じ位置にいた馬はドラゴンファング以外は失速していった。
1200で坂のない中京で先行馬、走る条件は揃っている。

△エイシンタイガー
阪神Cで56.3で2番手でいってそこそこ粘っていた
この馬にはやはり1F長い。
淀短距離Sで1.07.6で勝ったのがシルクロードでは大敗は、よくわからない。
力はあるので連にきてもおかしくはない。

混戦なので手広く馬連BOX 4.11.16.17x200  1200
            3-4.11.16.17x100 400

毎日杯 回顧   馬連 4-7 2,270円 的中! 

毎日杯 的中
13.1 - 11.4 - 12.1 - 13.0 - 12.7 - 12.9 - 11.5 - 11.1 - 11.5
前半スローで5F62.3 完全な上がり勝負

スローで前に壁もなかったがダノンはうまい事折り合っていた
毎日杯.ts_000026297
直線に入っても余裕の状態で追い出しを待っている。
ルーラーシップは内側に入った
毎日杯.ts_000093164毎日杯.ts_000097401
残り1Fちょっとのとこで追い出し、加速していくところで
ザタイキが故障して武が落馬、受身なしにほとんど直に地面に落ちた。
毎日杯.ts_000103374毎日杯.ts_000103607
転がって、画面から消えていった武、なんか起こって、岩田は思いっきり振り返っている。
毎日杯.ts_000104275毎日杯.ts_000104842
ダノンシャンティは坂上から鞭いれて楽勝、二着はミッキードリームがしぶとく粘った。
毎日杯.ts_000108646毎日杯.ts_000114218
リルダヴァルは人気だったが故障の休み明けではやはり無理だった。
次はもっとよくなると思いたい。

ルーラーシップはスピード競馬は合わない
時計の掛かる馬場かスタミナ勝負の長距離のほうが合っている。

安勝はダノンでクラシックでるのかな?

久々に馬券は当たったが武が骨折。
ヴィクトワールピサに乗れなくなった。
(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!
最近の武豊は運がない。

日経賞 外れ -900 

日経賞 回顧

7.0 - 11.0 - 11.8 - 11.9 - 12.4 - 12.5 - 13.0 - 12.7 - 12.6 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 12.3
13秒が一回しかない、ヤヤ重にしては厳しいレースだった。

最初から飛ばしていったキングストレイルが離れて先頭
7.0 - 11.0 - 11.8 - 11.9ここまでは12秒以内で早かった。
日経賞.ts_000045535
普通なら13秒を3回くらいに落とすのだが案外緩まずそのまま
12.4 - 12.5 - 13.0 - 12.7 - 12.6 - 12.7
本命だったエアシェイディは3コーナーでまだ後ろだった。
日経賞.ts_000098321

これはやばいかもと見てたら4コーナーですでに先頭集団にあがっていた。
日経賞.ts_000133990

内側にロジで外にエアシェイディ、このままいけばあたりだーと思った。
日経賞.ts_000147470日経賞.ts_000151274
そしたら内からマイネルだと。ロジは失速し(´・ω・`)ショボーン
日経賞.ts_000154043
3着と1着買ってないからショウガナイ。
ロジはここを使ってよくなってくるはずだ。
エアシェイディはよくがんばっている。

馬券は外れマイネルニハマイルネ

毎日杯(GIII) 

◎ダノンシャンティ
共同通信ではアリゼオを差しきって二着
上がり33.5
阪神の外回りの直線が長いコースはぴったりだろう。

○ルーラーシップ
毎回最後の末脚は凄いのだが伸びだすまでの反応が遅い
ステイヤータイプなのがちょっと気になる
スピード競馬に対応できるかどうかだけだ。

▲ミッキードリーム
つばき賞が強かった。
スローで後ろから外を回してゲシュタルトを差しきっている
ゲシュタルトがスプリングで2着なら十分勝負になるだろう。

△ザタイキ
アーリントンは仕掛けが遅すぎた
凄く切れるタイプではないので1600より伸びたほうがよさそう
先行して粘る競馬をすれば連はあるかも。

△リルダヴァル
休み明けなのが不安なだけだ
能力は世代トップクラスいきなり勝ってもおかしくはない。

馬連 4-2 x400
   4-1.7.9 x200

日経賞(GII) 

◎エアシェイディ
二年連続有馬記念3着
中山2500の適正はかなり高い。
今回の相手では連は外せない

○ロジユニヴァース
ダービー馬が仕上げて出てきたのだから期待したいが、
休みが長すぎるのと前脚が曲がっているので調教であまり負担が掛けれないのが不安

▲ネヴァブション
この馬も中山が得意
AJCCより仕上がりがいいのだから連勝もありそう。

△ナムラクレセント
菊花賞で3着の馬
1800とか使っているがスピードが微妙に足りない
本来は2400くらいがいいタイプだと思われる

馬連 8-4.10.15 x200
   4-15   x300

阪神大賞典(GII) ハズレ -1800  スプリングS ハズレ -2500  


ひどい予想になってしまった。
どっちも外れて大損物故板

スプリングS 
12.4 - 11.5 - 11.9 - 12.2 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 11.5 - 12.0
5F60.2
ちょっと湿った馬場なのでミドルペースくらいだ

4コーナーで内側にいたローズキングダムがどっからでてくるかが注目だったのだが
スプリングS.ts_000085978
前が開いて鞭入れて交わしに掛かったのだが
スプリングS.ts_000096622
結局、ゲシュタルトを交わせずに負けてしまった。馬券は大ハズレ
(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!
スプリングS.ts_000106832

ローズキングダムが3着にはがっかりした。
60.2で上がりの競馬だったのもあるが、あまりにも伸びがよくなかった。
湿った馬場でめちゃめちゃ伸びる芝じゃなかったのもあるが、ゲシュタルトに負けてるようでは
皐月賞ではあまり期待できない。

パワーのいる馬場ではアリゼオは強かった。


阪神大賞典

4コーナーまでホクトスルタンが逃げていたが直線でアサクサキングスが交わして
ジャミールがきていたので当たるかと期待したのだが
阪神大章典.ts_000164797阪神大章典.ts_000182715
ここまではよかった
阪神大章典.ts_000186853
なんかピンクの帽子が突っ込んできて抜け出たのでなにかとおもったら
トウカイトリックだった。(´Д⊂ モウダメポ
阪神大章典.ts_000188888阪神大章典.ts_000190356

8歳がこんなとこで勝つとはすごい低レベルだ。
イコピコはまったく伸びなかった
内回りもあるが3000は距離が長いきがする。

アサクサは+28キロでよく頑張っているが牝馬に負けるようでは情けない。
ジャミールがなんとか2着はこれから期待できる。
メイショウベルーガが3着はびっくりだ。

馬券は大ハズレ 最近牝馬が強い。
ベルーガがまったく相手にならないブエナビスタは今年天皇賞秋とか勝つんじゃないか?

阪神大賞典(GII) 

出走馬がかなりレベルが低い
G1馬の強いのがでて上位を独占していた時代とかなり変わってしまった。

牝馬の56キロで3000を買う気にはならないし
ホクトスルタンは京都記念4着だが62秒のスローであっさり3頭に交わされてまだまだ
本来の状態にはもどっていない。

出走馬のほとんどが条件馬
この相手ならG1できついレースを戦ってきた馬のほうがいいだろう。
◎イコピコ
神戸新聞杯でレコード2.24.2
菊花賞は後ろから行き過ぎたまだ脚はあった。
鳴尾記念は距離が短すぎた。
有馬は体調が下降していた。
有馬記念でぼろ負けだが2.32.6は今回の相手なら十分。

○ジャミール
長距離では崩れない
タイム的にはそれほどでもないのだが相手なりに頑張れるので重賞でもなんとか
なるかもしれない。

▲アサクサキングス
輸送がなくて2400以上で大きく崩れたのは天皇賞春くらい
立て直して、今回は調教もなかなかいい
普通ならここで1番人気の馬だが最近情けなさ過ぎる。
実績的には勝ってもおかしくはない。

△ベルウッドローツェ
斤量が軽かったがフォゲッタから0.2
3キロくらい増えても問題ないだろう。
スタミナは相当ある。



馬連BOX 1.6.7.14 X300 1800円

スプリングS(G2) 

◎ローズキングダム
軸はこれでいい。

相手が難しい

○サンライズプリンス
ビオラ賞の勝ちタイム2:02.0を余裕でだして楽勝
これは次の日の500万の勝ちタイムより早く
1000万では2着相当
ここで権利を取らないと皐月賞は出れない
二着以内はきそうだ。

△サンディエゴシチー
東京スポーツ杯は途中から先頭にでる変な乗り方で最後止まったがギリギリの4着
まともに折り合っていれば3着はあった。
今回は得意の右回りの小回り。

△アリゼオ
ある程度前で競馬できればいいのだが
問題は折り合いだけだ


馬連 3→5.11 1000
   3-12   500  2500円

報知杯弥生賞(GII) 馬連 1- 3 400円 的中  

12.8 - 11.6 - 12.7 - 13.5 - 13.0 - 13.0 - 12.7 - 12.5 - 12.1 - 12.2
5F63.6重馬場にしては結構きついペースだった
後半は12.1 - 12.2で最後に抜け出す脚も必要

ヴィクトワールピサは中段内側ぴったりにつけてアポロンをマーク
4コーナーで外の馬があがっていってもアポロンがいかないので後ろ方になってしまった。
弥生賞.ts_000057791弥生賞.ts_000109642
こんな状態で内側開くのか?ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!●~*ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ
前も横も完全に塞がっている。
弥生賞.ts_000112979弥生賞.ts_000119352

ベストブルームが下がっていって開いたところに入ってから鞭入れたらあっという間に
抜き去っていった。
最後のひと伸びが凄い。
弥生賞.ts_000129729弥生賞.ts_000134601

重馬場でタイムは参考にならないが、馬のパワーとスタミナと根性はよくわかった。
ヴィクトワールピサは今回のメンバーでは1ランク上だった。
アポロンはやっぱ1F長い気がする。

心配なのはヴィクトワールピサが-8キロだった事
弥生賞をマイナスで勝つとみんな皐月で負けてしまう。
勝ったのはディープインパクトとタキオンだけ
どっちもタイムが遅く負担が少なかった。
ヴィクトワールピサは追えたのが最後の1Fだけなので問題ないかな?

弥生賞(G2) 

馬場がどうなるかわからないのが不安だ

◎ヴィクトワールピサ
ネオユニヴァース産は重馬場でやたらつよい
ネオユニ自身も重馬場でダービーを勝っている。
ロジユニは不良のダービーでぶっちぎりだった。
他の産駒もパワー馬場で強いがスピード競馬で弱い傾向がある。
母父マキャベリアンもパワータイプ血統、重なら大丈夫だ。

○エイシンアポロン
フューチュリティで先行して35.2でまとめて2着は強い
持続力はかなりある。
パワーのいる馬場のほうがよさそうだ
本来はダート馬かもしれない。

▲ダイワバーバリアン
きさらぎ賞は早い上がりで休み明けでいまいちだったが
フューチュリティの走りからすると持続力のあるパワータイプ
馬場が悪くなっていい
母系はキングマンボにオジジアン、血統的に重はいい。

△ミッションモード
ガリレオに母父モンズン重馬場は超強そうだ
新馬で負かしたハンソデバンドが重賞勝ち
2戦目の結果を考えると時計が早く、上がりも早い競馬は駄目そう
今回の馬場は絶好のチャンスだろう。

馬連 1-3 1000
   1-4.11 X400

最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
疲れたときは
月別アーカイブ