競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

Author:sairesu


2017年12戦2的中
-5980
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

ジャパンC(G1) ◎ブエナビスタ 

2400以上のG1は3歳で勝つには古馬との対戦がないと厳しい
初対戦では有馬でディープも負けたし、ルドルフもJCで初負け
上の世代との対戦経験があるか無いかが、結構大事になってくる。

ローズキングダムとエイシンフラッシュは同世代のみ。
ペルーサは毎日王冠、天皇賞秋で対戦済み。
ヴィクトワールピサ、凱旋門で対戦済み
3歳ではペルーサが一番上位でいい。

◎ブエナビスタ
天皇賞を勝って、今回は叩き2戦目で体調は逆によくなっているはずだ。
スローの上がり勝負になりそうだが、牝馬のほうがキレがあるし
持続力もある、崩れない精神がある
今回も普通に走れば連は確実だ。

○ペルーサ
この馬は、負けたレースは全部出負け
ダービーは出負け、超スローで展開が最悪
毎日王冠は出負け、距離不足、馬場が伸びない外に出しすぎ。
天皇賞は出負け、ビスタが強すぎた。
天皇賞では最後の400だけで一番後ろからまとめて交わして2着に上がってきた。
末脚だけなら、ブエナビスタ以上だろう。
この馬はベストが2400だと思っているので距離が伸びる今回はもっと良い。
スタートさえ、まともに出れば勝ってしまうかもしれない。

▲オウケンブルースリ
今年は叩き2戦目でまったく使ってないので疲労が無い。
ジャパンカップを勝つために、8割程度で京都大章典を叩きに使って
じっくり調整してきた。
去年と同じだけ走れば勝てる。

△ナカヤマフェスタ
春はまだOP勝った程度だったのだが宝塚を勝って凱旋門で2着
しかし、戦績を見ると早い上がりがまったくない。
力の勝負に強いタイプで上がりの早いスピードとキレのいる競馬は得意では無さそうだ。
ステイゴールド産は長い直線ではあまりよくない。
その点が不安がある。

△マリヌス
外国馬ではこれしかないだろう。
凱旋門では最後の直線で後ろから外回して追い上げてきたところで
ぶつかって一旦ブレーキが掛かったが、しぶとく伸びて6着だった。
結構いい末脚を持っている。
血統もミスプロ系に母系がレインボウクエストにカロ系
スピード競馬ほうが合っているよう。
府中の軽い馬場で一変するかも?


馬連 16-7.11.14 X600
  16-17 X100
   7-11.14 X300
スポンサーサイト

回顧 マイルCS ハズレ 

12.1 - 10.7 - 10.9 - 11.6 - 11.4 - 11.1 - 11.9 - 12.1
5F56.9 1:31.8

スタートから早く10.7-10.9とスプリントみたいな感じ
ダノンヨーヨーはほぼ最後方、中段にゴールスキーとエーシンフォワードがいた。
マイルCS.ts_000031231
ずっと後方でスミヨンはどうするのかとおもったら外にも出せないので
開いたところに突っ込む作戦に出た。
その間にエーシンフォワードが内から抜け出ていた。
このときは残らないだろうと思って、ダノンヨーヨーとゴールスキーばっかみてた。
マイルCS.ts_000071538マイルCS.ts_000082348
外から三頭が凄い勢いで伸びてきたのでいけるかと思ったのだが、
内側になんか赤い服がまだ粘ってやがる!
マイルCS.ts_000088855
結局交わせず1着で3連複で2.3.4着って最悪すぎる。(´・ω・`)ショボーン
マイルCS.ts_000095195

1.31.8なんて凄いレコード決着
エーシンフォワードが勝つとは驚いた。
どうしてこんな走ったのかさっぱりわからん。
スワンでぼろ負けだし、体調がそんなよくなった調教にはあまり見えなかった。
この馬が相手にならなかった、レッドスパーダが順調にでてきたら勝っていたんだろう。

ダノンヨーヨーは後ろから行き過ぎて前が邪魔で追い込みきれなかった
中段くらいから行ければ差しきれただろう。

ゴールスキーはやっぱ強かった。
3歳でダノンヨーヨーとあまり差がないのだから、来年はもっと強くなるだろう楽しみだ。

サプレザは力を出し切っている。スピードにも対応できていたが、相手と展開が悪かった。
去年のレベルで今年の状態なら勝てていただろう。

馬券は久々に3連複狙ったのにひどいめにあった。
まあ馬連でも外れていた。(-ι-З)ナームー

最近ヘッドホンを買った 

A2000Xってテクニカのやつなのだが、これは密閉型なのに、音の広がりが開放型に近い
しかも音の細かいところまでやたら聞こえる。
ただ、サ行が刺さりまくるので ストライクウィッチーズのED OverSky聞いたりすると痛い
DT770PROの低音削って音をハッキリさせた感じで音に温かみがまったくない。
A2000X使った後にK701使うと篭って聞こえてしまう。
刺さるのさえなければとてもいいのだけど、ヴォーカルはサ行がないの選ぶか、サントラ専用になりそうだ。

マイルチャンピオンシップ(GI) ◎ダノンヨーヨー 

去年のマイルCSは低レベルだったが、今年は出走馬を見る限り、勢いのある馬が多いので勝ちに行く競馬で
低レベルなレースにはならないだろう。

◎ダノンヨーヨー
4連勝、ポートアイランドステークスはちょっと仕掛けて抜け出し。
富士ステークスは後方から外にいって仕掛けてから簡単に先頭まで行ってしまった
まだ余裕がある感じだった。
今回も調教は抜群に良い。
ある程度早い流れになれば差しきり可能だ。

○サプレザ
今年は、かなり状態がいいらしい。4戦目でぜんぜん使ってないのもいい。
パン賞で1.19.6の高速タイムで走っているし、去年は8割で3着なら勝てるレベルにある。
ただ、主戦のスミヨンがダノンを選んでいるので、もしかしたら勝負にならない?
去年のマイルCSは糞レースで3着なので微妙なのも確かだ。

▲ワイルドラズベリー
秋華賞、ローズで負かしたオウケンサクラが天皇賞秋で4着
ローズで負かしたエーシンリターンズがユートピアSで1.33.0で楽勝している
それなら、もっと強いこの馬なら勝負になるだろう。
内回りで追い込みきれなかったが、外回りなら存分に末脚を使える。
1キロ軽くなって54キロなのも有利だ。

△ジョーカプチーノ
58キロ、+38キロでいきなりスワンSで3着
かなり余裕のある状態だったが、一回使って動きは更に良くなる。
調教はかなり良くなっている。

△ゴールスキー
新潟でワールドコンパスに4馬身もつけたのだから凄い
ワールドコンパスは月岡温泉特でダノンヨーヨーと0.0で単純な比較だけならゴールスキーは十分勝負になる。
1600になって別馬のような良い走りになった。

△キンシャサノキセキ
1600ではキャピタルSで1.32.8もある
最近まったく走ってないが気性が落ち着いてきた今の状態なら1200より良いかもしれない。

どれも3着以内がありそうだが、ダノン意外はあまり信頼できないので3連複の一頭軸で流す。
8軸 6.11.15.16.17 X200

回顧 第35回 エリザベス女王杯(GI) 馬連 的中 

12.7 - 11.2 - 12.3 - 12.3 - 11.6 - 12.1 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 12.7 - 11.8
5F60.1 2.12.5

プリキュアが飛ばしていったが、去年と同じくそれほど早くはなかった。
先行集団にアパパネとスノーフェアリー 中段にメイショウベルーガ
エリザベス女王杯.ts_000046946エリザベス女王杯.ts_000060560

3コーナーから緩まず12.1 - 12.1 - 11.9 - 11.8できたので
最後はスタミナのいる瞬発力勝負になった。

スノーフェアリーは内側にいってパワーと瞬発力で一気に突き抜けた
エリザベス女王杯.ts_000115815エリザベス女王杯.ts_000120186
スノーフェアリーは一瞬にして5馬身は離してしまった。
アパパネは外に持っていってがあまり伸びなかった。
メイショウベルーガは4コーナーで手が動いていたが最後大外から伸びてきた。
エリザベス女王杯.ts_000128828エリザベス女王杯.ts_000134934

アパパネは最後スタミナのいる展開になってしまったので伸びなくなった。
母系は短距離のダートだし、この馬の体形がマイルの馬のような胴が詰まった感じで
ベストは1600じゃないのかな。

メイショウベルーガは前がきつくなる流れになって良かったのだが
馬場がちょっと緩いので末脚が活かしきれなかったのと相手が圧倒的に強すぎた。

アーヴェイはアパパネと同じところにいたのだが失速
完全に力負け。

スノーフェアリーは強すぎた。
馬場がちょっと悪くても欧州に比べればかなり良いので相当走りやすかったのか
最後凄い加速だった。
ちょっと今回のメンバーではレベルが違ったようだ。

第35回 エリザベス女王杯(GI) 


◎メイショウベルーガ
牡馬相手に重賞2勝 どちらも京都の2400
今年は去年より強くなっているし早めに動いて差しきる競馬もできてきた。
超スローになっても大丈夫だ。

○アパパネ
強い3歳馬の牝馬のトップ
ある程度の仕上がりなら十分勝負になる。
55キロから54キロになって1F長くなるくらいなら問題ないはずだ。

▲スノーフェアリー
ヨーロッパの3歳牝馬の最強クラスが出走してきたのだから買うしかない。
BCフィリー&メアターフの勝ち馬ミッドデイの2着がある。
主戦のムーアが乗り気にているし、勝てば+で賞金9000
ブエナビスタ、レッドディザイアがいないので勝たれてもおかしくは無い。

△アーヴェイ
レッドディザイが出ていたフラワーボウル招待を勝っている
スローで上がり勝負だったのだが、レッドディザイアを交わしていったのだから弱くはない。


馬連 5-9 1000  
   6-9 500
5-6 500
9-16 200 合計2200

回顧 天皇賞秋 ハズレ 

12.4 - 11.3 - 11.6 - 11.6 - 12.2 - 12.0 - 12.2 - 11.7 - 11.3 - 11.9
5F 59.1の平均ペース 1.58.2は優秀。レースレベルも高い。

スタートしてペルーサが出遅れた。
中段にブエナビスタ  後方二番手にペルーサ
天皇賞.ts_000049119天皇賞.ts_000068739

直線でブエナビスタが抜け出したとき、ペルーサはまだ壁の後ろだった。
天皇賞.ts_000101939
ブエナビスタが抜け出してこれは勝ったと思ったし馬券もあたったはずだった。
天皇賞.ts_000110047
残り200Mくらいからペルーサの末脚が爆発、一気に抜け出て二番手に上がってしまった。
100Mくらいから凄い加速だったし、ゴール前まだ伸びていた。
天皇賞.ts_000116386天皇賞.ts_000118655

おかげで馬券は外れてしまった。
ペルーサは出遅れて後ろからになって伸びてきても5着位じゃないかと思って消したんだが
予定通りの展開でそのままアーネストリーまで交わしていくとは驚いたわ。

ブエナビスタも強かったが、ペルーサは来年相当強くなる。
もしかするとジャパンカップで逆転するかもしれない。

今年の3歳馬強すぎる。
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ