競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年22戦3的中
-10820

第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

回顧 中山記念 ハズレ 馬連からはなにも産まれん 

12.8 - 11.5 - 12.0 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 11.7 - 11.1 - 11.7

スタートでキャプテントゥーレが出てそのまま集団で4コーナーまでいった
中山記念(GII).ts_000008041
ヴィクトワールピサは後方、その後ろにリーチザクラウンがいた。
中山記念(GII).ts_000050417
5F60.7で実質スローの流れをデムーロが早めに動いてまくっていった。
4コーナーではすでに大外で先頭にでるくらいにいた。
中山記念(GII).ts_000085118
直線では突き放すだけ、とくに坂をあがる当たりの加速から抜けるまでが凄かった。
中山記念(GII).ts_000098465中山記念(GII).ts_000104304
ゴール前は流すだけで2馬身もつけてしまった。
中山記念(GII).ts_000107373

逃げたキャプテントゥーレが残ったように実質はスローの上がり勝負で前有利だったのを
3コーナーすぎからまくっていって楽々突き放して勝ってしまうのだから馬のレベルが違った。

リーチザクラウンは溜めて良い馬じゃない。
こんなペースなら自分のスピードを活かして逃げてしまえば余裕で二着だっただろう。
武の馬鹿がまた溜めやがってなにやってんだこいつは。

リルダヴァルは疲れもあったのだろう馬体が減っていた。
アロマカフェは仕上げ不足だった。

馬券は1.3着で見事に外れた。
馬連からはなにも産まれん
スポンサーサイト

Le Mans Circuit de la Sarthe 

SUPER痛車GT

第三戦 Le Mans Circuit de la Sarthe 15LAP

前半は最初だけ接戦していた
3分45秒前半のスーパーラップでなんとか粘っていたのだが、その後3.46ちょっとしかでない。
前にいるSC430は3分45秒台なのでおいつけねー
500Mも離れていてどうにもならないし、NSXにも抜かれて3位におちて(´・ω・`)ショボーン


なぜか最後の3週くらいでまた2位に追いついたとこで、萌えてきた。
しかし気合が入ったが砂に突っ込む、コースアウトとめちゃくちゃだった。

直線にならんで抜いてもまた抜かれるし

コーナーで突っ込みすぎて立ち上がり失速

また抜かれて(´Д⊂ モウダメポ

結局 5%ハンデがついておいしくない3位が二回目とか悲惨すぎる。

中山記念(GII) 

◎ヴィクトワールピサ
この馬国内で3着以下は東京2400だけだ。
中山では3.0.0.0 勝率100%
一瞬の抜け出す脚はあるが持続しないので長い直線より小回りのほうが良い。
相手が有馬に比べればかなり弱いので、58キロなら問題ない。

○アロマカフェ
小回りコースで強い
セントライトでは3着 58.7のきつい流れを早めに動いて捕まえにいったぶん最後とまった。
それでも崩れなかった。
今回もあまり早くならない、前に付けれるぶん有利。
菊花賞は距離が長すぎたのと、セントライトの疲労が残った。

△リーチザクラウン
逃げてしまえば開幕週だし簡単には止まらない。
問題は逃げてくれるかどうかだ。
先頭にでて自分の競馬をしないと駄目だ。
抑えて相手に合わせるタイプの馬ではない。

△リルダヴァル
重賞で後少しなのだが毎回足りない
池江泰郎調教師が引退で一杯に仕上げているので二着はありそうだが勝つのは厳しいだろう。


馬単 9→2 300
   9→4 300
   9→5 400

回顧 フェブラリーステークス(GI) 的中 

スタートの芝部分でフリオーソが加速できず後ろになっていた。
フェブラリーS(GI).ts_000007807
先頭トランセンドでマチカネが二番手がいてそのまま決まりそうな感じ
フェブラリーS(GI).ts_000076876
バーディーバーディが上がってきたけどこっちも馬券買ってない
(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!
フリオーソが外から加速
フェブラリーS(GI).ts_000089856
凄い勢いでどんどん上がってくる坂を上がってから凄い伸びだった。
フェブラリーS(GI).ts_000094327
何とか2着に上がって的中した。フリオーソよくやった。
フェブラリーS(GI).ts_000096629

バーディーバーディはかなり仕上げていたので反動が心配だが、凄い強くなっている。
ダノンカモンは今回の相手でも崩れないのだから東京コースでは強い

セイクリムズンは折り合いが付かないで前半行ってしまったので駄目だ
やっぱ1400までなのかな。

フリオーソはハイペースでもないのに後ろにいってしかも大外直線一気で2着まで来るのだから凄い

トランセンドは普通に走っただけだ。
このペースだから逃げれたがこれがドバイでは通用するかどうか?

馬券はなんとか当たった。
フリオーソで助かった。
安いけど外れるよりはよかった。

第28回 フェブラリーステークス(GI) 

東京ダート1600はそれより長い距離の実績がないと直線で坂を上がったとこで、できつくなる。

◎トランセンド
1800の坂のある阪神のダートG1を勝ったのだから、坂も緩いし広い東京なら有利になるだろう。
今回は逃げ専門もいないしまず逃げる展開になるだろう。
3回ほど着外があるのだが、全部逃げれなかったときだけ。
先頭に出てしまえば、4.2.0.0 連対100%

○セイクリムズン
根岸がかなり強かった。
あと1F伸びてどうかだけだ。

▲ダノンカモン
東京で[2.2.2.0]で崩れない。
騎手が大幅強化される、詰めの甘いところをリスポリで補強って事だろう。
武蔵野Sで勝ったグロリアスノアがトランセンドとクビ差
こちらも勝負になるはずだ。

△シルクメビウス
末脚は毎回凄いのだが、展開が向かなかったり糞騎乗だったりで
最近はまともに走れていない。
広い東京コースなら存分に末脚を発揮できる。

△フリオーソ
日本テレビ盃でトランセンドに先着している。
結構スピードタイプでかしわ記念でエスポワールの2着がある。
本来はマイラー型の中距離馬だと思える
東京のダート1600は合っていると思う。

馬連
  7-12  400
  12-14 500
   12-13 200
12-15 300
7-14  200

回顧 共同通信杯(GIII) ハズレ 

13.1 - 11.5 - 12.2 - 12.4 - 12.4 - 12.5 - 11.3 - 11.1 - 12.0
5F61.6
スタートでベルシャザールは出遅れ
共同通信杯(GIII).ts_000006773
途中からディープサウンドが先頭にでたがスローのまま
共同通信杯(GIII).ts_000021788
残り3Fのレースで前にいる馬が断然有利
共同通信杯(GIII).ts_000091491
ディープサウンドとユニバーサルバンクが抜け出し
内側の狭いところを抜けてきたナカヤマナイトが迫ってきた
外側ではベルシャザールが早めに抜けてきた
ダノンバラードは後方のまま。
共同通信杯(GIII).ts_000103470
ディープサウンドの更に内側を付いたナカヤマナイトが加速して抜け出たとこでゴール
共同通信杯(GIII).ts_000108842

結局1800で5F61.6の超スロー内側ピッタリと前にいないとどうにもならない糞レースだった。
ナカヤマナイトは器用なので囲まれたりしても平気だったのがよかった
これは皐月賞でも有利
ベルシャザールは発汗しているし、スタート出遅れで4着ならかなり頑張っている。
この馬はもっと長い距離のほうがいいかもしれない。
ダノンバラードは強いときと弱い時の差がありすぎる。
サトノオーはなんで人気だった不思議。
強いレースをしていないのに4番人気って血統だけだったんだろう。

馬券は外れてしまった
スローのあがりばっかの糞レースが多いので東京コースは面白くないな。

回顧 京都記念(GII) 3連複的中 

12.6 - 11.3 - 13.2 - 12.5 - 12.2 - 12.9 - 12.4 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.6
5F61.8
6Fまでがゆったりペースで後半から12.0からペースがあがって瞬発力とスタミナがいる展開になった。

ダノンシャンティはペースが上がる中盤までずっと掛かり気味でぜんぜん折り合っていない。
京都記念(GII).ts_000052919

ヒルノダムールが今回は早めにいって内側の馬をうまく封じこめた。
前が壁になってトゥザグローリーは外にいった。
京都記念(GII).ts_000106773

ヒルノダムールが抜けてこれで勝てるかと思ったのだが
封じ込めたトゥザグローリーが外にまわして加速してきた。
さらに後ろからメイショウベルーガが迫ってきた
京都記念(GII).ts_000118351京都記念(GII).ts_000122188
最後は二頭に抜かれて(´・ω・`)ショボーン
ヒルノダムール完璧な競馬をして負けてしまった。
京都記念(GII).ts_000131297

今回の結果をみると馬の能力はトゥザグローリーが完全に上
封じ込めて仕掛けを遅らせてさらに外を回させたのに交わされたのだからヒルノダムールは完敗
メイショウベルーガは京都は強い
ダノンシャンティはパドックから暴れているし6Fまで折り合いが付かないでぼろ負けしないのだから凄い。
気性が短距離馬になっているので2000走るならハイペースじゃないと厳しい

オウケンブルースリは(・ー・)オワッタナ・・・

京都記念(GII) 

◎ヒルノダムール
重賞が勝てないので56キロのまま
菊花賞のあと無理にG1を使わないで重賞を勝ちにいった分まだ疲労は少ない。
使って成長するタイプなのか調教は更によくなっている
今回は強敵が多いが勝たなくては天皇賞は遠い。

○トゥザグローリー
有馬記念で3着の実績だし能力は高いのだが、デビューからほとんど休みなしで使っている。
有馬記念の疲労が無ければ勝てるだろう。

▲ダノンシャンティ
能力だけならトゥザグローリーより上。
末脚だけなら4歳世代で1番じゃないだろうか。
問題は折り合って走れるかだけ。
叩き2戦目で上積みも期待できる。

△メイショウベルーガ
ジャパンカップで0.2
それほど負けていない
有馬記念は差し馬には絶望的展開で無視していい。

△オウケンブルースリ
得意の京都で末脚勝負になれば有馬のようなぼろ負けはない。
末脚の持続力が落ちたのか去年秋から、イマイチ最後の迫力がなくなった。


3連複  ヒルノダムール 13軸 1.2.4.5 X300 6点

共同通信杯(G3) 

ホープフルステークスが2.00.4で古馬の1000万レベル
2歳でこれなら3歳では重賞を勝てるレベルだ。

◎ナカヤマナイト
こちらはホープフルで1キロ重かった
それでもベルシャザールと差がなかった。
この馬は崩れないし強い。
百日草特別でディープサウンドに負けたが、スローで位置の差がそのまま出た感じだ
上がりでは同じで能力的には互角

○ベルシャザール
ホープフルは早めに動いてなんとか勝負根性でナカヤマナイトを負かした。
大型で小回りコースより広いほうが断然いい
たぶんスローの上がり勝負で加速が鈍いので不安があるのだがデムーロなら何とかしてくれる。

▲ダノンバラード
57キロだけが不安だ
最後の末脚だけは素晴らしいものがある。
東京コースはある程度前にいないと今は届かない
武が先行して5番くらいに行ってくれれば勝てるかもしれない。
ラジオNIKKEIのタイムが遅いとか言われているが、あの日の阪神は時計が出ない
1600万条件でも2.01.1だった。
2.02.2なら優秀。

△ディープサウンド
ホープフルでなんで大敗したのかがまったくわからない。
能力はナカヤマナイトとほぼ互角か少し上だ。

馬連 11-12 500
   2-12 500
   2-11 500
2-13 100
  

回顧 きさらぎ賞(GIII) ハズレ 

12.4 - 11.3 - 11.6 - 12.4 - 12.5 - 12.0 - 11.3 - 11.8 - 12.3

録画しっぱいして画像がとれなかったので無し。

物凄い大逃げにみえるが実は超スローだった。
5F60.2ここで一番前と10馬身以上
これで後ろにいてはどうにもならない。
4コーナーまわったところでまだ10馬身後ろが離れていた。

トーセンラーが早めに動いて、それをみてウインバリアシオン、オルフェーヴルがあがっていったが
3コーナーすぎからでもすでに手遅れ状態だった。
直線は3頭が33秒台の物凄い脚を使って伸びてきた。
よくトーセンラーは交わせた。
デムーロの位置取りが絶妙だったし早めに動いたのも良かった。
ペースの判断が毎回勝負レースでは凄い。

オルフェーヴルは溜めて伸びるタイプではあるが、さすがに後ろ過ぎて2着にもなれなかった。
ウインバリアシオンは先行したほうがいいタイプなのになぜか溜めていた
はっきりいってこのきさらぎ賞は糞レースすぎて参考にならん。

おかげで馬券も外れた。
これで9戦全敗 ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン! (〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!
完全に嵌っている
ワイドすらアタラネーゼ

回顧 東京新聞杯(GIII) ハズレ 

12.3 - 10.5 - 11.3 - 11.5 - 11.9 - 11.4 - 11.7 - 11.9
5F57.5は芝が早いので平均ペースだ。

スタートはまともだったダノンヨーヨーだったのだが
東京新聞杯(GIII).ts_000003203
すぐに下げてしまい一番後ろからになってしまった。
東京新聞杯(GIII).ts_000008675
直線は大外ぶんまわしの糞騎乗
東京新聞杯(GIII).ts_000080814
結局途中から伸びなくなって終った。
東京新聞杯(GIII).ts_000088154
中段で脚を溜めた馬と内側をまわったキャプテンベガなどがゴール前に迫っていた
ゴールスキーはなんとかギリギリ粘って3着だった。
東京新聞杯(GIII).ts_000095261

前に行った馬が34.0とかで上がるレースで一番後ろからいってしかも大外まわすとかアホ過ぎる
考えがない騎手の証拠こいつは駄目だろ。
劣化北村は前もこんな糞騎乗やったような気がする。
1番人気だから内側に突っ込んで詰まるリスクが嫌だったのかもしれないが、あまりにもひどい騎乗だ
スタートしてすぐ下げてる時点で駄目だろ。
中段くらいをうまく取りにいけば勝てていたのだが、下手糞じゃスタートすぐにいいとこ取りにいけない。
騎手の性能の差を予想にもっと入れるべきだった。

勝ったスマイルジャックは4番手で綺麗におりあって直線も前が空いてまっすぐ伸びてきた
完璧な騎乗だった。安田記念3着などある馬が57キロだしつよかった。

ゴールスキーは案外瞬発力がないのかな。
ジャックの内側にいて外にだしてから仕掛けても伸びていかなかった
マイルCSのあと阪神Cつかって疲労が残っているのかも?
春は1.31.8で走ったダメージが残ってこのまま微妙な結果を繰り返すかもしれない。

キングストリートは内田の腕だな
ジャックを見る形で仕掛け1テンポ遅らせて溜めまくって、ほぼ完璧だった。

馬券はまたも外れてしまったアタラネーゼ

きさらぎ賞(GIII) 

◎オルフェーヴル
シンザン記念はスローで後ろからになってかなり不利だった
それでも最後33.5で伸びてきて2着
今回の相手ではこの末脚は1ランク抜けている。
外が伸びる馬場になっているので外枠のほうがいいだろう

○ウインバリアシオン
早めに動いたラジオNIKKEI杯は最後コティリオンに差されたのをみると
案外距離が伸びてよくないタイプかもしれない。
1800の距離のほうがいいだろう。
野路菊でメイショウナルトがまったく相手にならなかったので今回の相手なら上位

馬連 9-10 X300 ワイド9-10 X 1200
あてに行く

東京新聞杯(GIII)  

◎ダノンヨーヨー
マイルCSで2着の馬が57キロ
これは買うしかないだろう。
マイルCSは出遅れて位置が最悪だった。
今回は相手がかなり弱くなる
勝てるだろう。

○ゴールスキー
マイルCSで3着
そのあと阪神Cで人気で負けたが、位置取りが悪いのと
反動がでたのだろう。
1枠なので前につければ最短コースで良い所が取れる分有利。

△スマイルジャック
東京コースは強いタニノギムレット産
マイルCSでも0.3差しかない。
外枠に入った分が不利だが力はあるのでG3なら連はある。

馬連 4-1.15 X500
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ