競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年22戦3的中
-10820

第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

回顧 第78回 東京優駿(GI) 大ハズレ 

不良馬場で雨が降り続くので予想はほとんど自信がなかった。
スタートでいきなりロッカヴェラーノが出遅れてしまった。いきなり対抗馬が消えた。
さすが武豊糞騎乗過ぎる。
第78回 東京優駿(GI).ts_000007941
不良馬場で5F62.4は早い。
ここで後ろに控えた、オルフェーヴル、ウインバリアシオンはうまく溜めた。
第78回 東京優駿(GI).ts_000097363
直線でナカヤマナイトとサダムパテックに挟まってしまったオルフェーヴル
第78回 東京優駿(GI).ts_000134934第78回 東京優駿(GI).ts_000133633
ナカヤマナイトが抜けたあとに右にでるように進路をとった後、鞭いれてから凄かった。
第78回 東京優駿(GI).ts_000140240第78回 東京優駿(GI).ts_000143977
どんどん突き放して最後は3着は8馬身も離れてしまった。
ウインバリアシオンは外からまっすぐ伸びているので不利はない
普通なら勝てていただろう。
第78回 東京優駿(GI).ts_000152852第78回 東京優駿(GI).ts_000154821

オルフェーヴルの強さだけが強調されてしまうレースだった。
不良馬場で前が詰まって行き場がなく馬場の悪い内側から抜け出て34.8は強すぎる。
最後も12.2-12.0と加速して終っているのだから全然止まらない。
菊花賞もかってしまう可能性がかなり高い。

ウインバリアシオンも溜めまくって34.7で2着は素晴らしい伸びだった。
きさらぎ賞のときオルフェーヴルと1馬ちょっとだった馬
今回も同じくらいなので、きさらぎ賞で33秒で上がっている馬は強いようだ。
トーセンラーは馬場が合わない。
コティリオンも馬場が合わない。

デボネアは馬場が緩いのは苦手のようだった。
サダムパテックはやはりマイラーだった。
ナカヤマナイトは完成度が高いタイプで秋の成長力はちょっと微妙な気もする。

ベルシャザールはキレ負けするタイプなので上がりの掛かる馬場が味方した。
良馬場だとまた苦戦するだろう。
ダートに行った方が良いと思う。

馬券は1着以外大はずれだった。
悲惨なダービーだった。
なんかダービーのあとは寂しい気分だ。
スポンサーサイト

東京優駿(GI) 

◎オルフェーブル
皐月賞は逃げたオスマン以外はスローの上がり勝負だった。
前が残るレースで34.2で3馬身抜けたのは凄い。
今回の相手もほとんど同じ、コースも400伸びるだけ。
まず負ける事はほとんど無いと思う。
ステイゴールド産は重馬場でも強い。
雨が降っても問題ない。

○ロッカヴェラーノ
皐月賞で前が詰まって内側から伸びてきたのだが
なかなかいい脚で6着まで伸びてきた。
瞬発力より、持続力で伸びるタイプなので雨が降ったのは良い。

▲デボネア
皐月賞では4着だったが外枠で距離ロスも大きい
それでも34.4で伸びてきた
距離が伸びたほうが良いタイプ
騎手も大幅に強化されている。

△サダムパテック
折り合いが不安
2枠なのである程度前に楽に付けれるのは有利だ
血統的にはあまり長いのはよくない
ただ能力が高いのでなんとかなりそう。

△コティリオン
最後の末脚だけは毎回凄いのだが勝ちきれない
しかし今回は距離が伸びて追走が楽になる。
ある程度中段あたりにつけて折り合えばもしかすると勝負になるかもしれない。
問題は折り合うかどうかだけだ。

馬連
2-5  X600
5-11 X400
5-13 X200
5-9  x200

回顧 第72回 優駿牝馬(GI) はずれ 

12.9 - 11.2 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.2 - 12.8 - 12.2 - 12.5 - 11.8 - 11.5 - 12.0
5F60.5 

スタートでホエールキャプチャが出負けして後方だった
位置が悪くなったがすぐ内側に入った。
第72回 優駿牝馬(GI).ts_000003436
ピュアブリーゼが先頭にでるまで結構早いながれで5F60.5
先頭になってから12.8-12.5と少しペースダウン
第72回 優駿牝馬(GI).ts_000063696
エリンコートは中段から馬場の中央に出した。
その後ろに出るとこを探していたホエールキャプチャが入った
マルセリーナは一番外の方にいってマイネイサベルの後ろから抜けてきた。
第72回 優駿牝馬(GI).ts_000114781第72回 優駿牝馬(GI).ts_000117550
粘るピュアブリーゼをエリンコートが交わしたあたりで後藤が必死に修正していてまったく追えてなかった。
ホエールキャプチャは頑張って伸びてきたが3着だった。
第72回 優駿牝馬(GI).ts_000142909第72回 優駿牝馬(GI).ts_000147881

ピュアブリーゼが逃げたのでペースがそれほど緩まなかったのでスタミナがいる展開だった。
12.5以上が2回しかなく最後も11.8 - 11.5 - 12.0これでよく粘った。
しかも失速したわけでもなくずっと同じペースで伸びていた。
スタミナは凄い馬だ。

マルセリーナは位置が後ろ過ぎたのと大外回しもあるが、スタミナがあるタイプではないので
厳しい流れの上がり勝負では厳しかった。

エリンコートは最後まともに追えてない。
まだまだ伸びそうだった。
500万ですでにフラワーCと互角のタイムだったのはやはり強かった。

ホエールキャプチャは最初の出遅れがなければある程度前にいけて
2着はあったかもしれない。

アカンサスは前半掛かっていたのだが、それでもマルセリーナと0.1
秋は面白いかもしれない。

第72回 優駿牝馬(GI) 

今年の桜花賞は3頭が抜けて強かった。
阪神が改修されてから桜花賞とオークスは相性がかなりよくなった。
今回二頭は強すぎる
先週と同じように1.2着できちゃう可能性が高い。

◎マルセリーナ
1.33.9でタイムは優秀。
馬場の中央あたりを抜けて伸びてきたのだが
最後余裕をもってゴールした。
たったの4戦でG1を勝つのだから凄い
牝馬相手では無敗だ。
折り合いに不安がないタイプなので2400でもまったく問題ない。
調教の動きは抜群にいい。
併せた馬を抜き差って前にいた馬に追いついてしまった。

○ホエールキャプチャ
今年の相手ならこれが相手で仕方ない。
ただ距離が伸びていいタイプではない。
調教の動きは桜花賞のときよりいいかも知れない。
長距離輸送を考えなくていいのでしっかり追っている。

△エリンコート
500万を勝ったときのタイムはフラワーカップのハブルバブルのタイムを超えている。
これだけで十分戦えるレベルにある。
忘れ名草は抑えて伸びる競馬だったが最後までしぶとく伸びて競り勝った。
2400で先行して早めに抜ければかなりやれると思う。

△マイネイサベル
左回りの良なら2.1.0.0
この馬上がりの掛かる競馬は良くない。
今の33秒台の東京コースでぴったりだろう。
この馬の調教が一番良く見えた。
前に行こうとする推進力、動きや首の使い方もよくなっているし
全体の動きがいい相当仕上げている。

△アカンサス
この馬毎回出負けしている。
中山で負けた二戦ともに出遅れて位置が後ろになった。
それが広い東京になって物凄い末脚で差しきった
33.6は素晴らしい。
まともに出ればいきなりG1でも結構やれると思う。

3連複
4-9-12   300
9-11-12  300
9-12-17  300
4-9-11  100
4-9-17  100
9-11-17 100

回顧 ヴィクトリアマイル(GI) 的中! 

12.0 - 10.6 - 10.9 - 11.1 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 12.4
5F55.9 1.31.9 物凄いハイペースだった。

2Fからオウケンサクラがハイペースで逃げ出した。
ブエナビスタは出足が早くないので置かれて後方の位置になったのは仕方ない。
ヴィクトリアマイル(GI).ts_000013613ヴィクトリアマイル(GI).ts_000036169

ずっと11秒台で逃げてかなり差をつけて直線に入ってきた。
ヴィクトリアマイル(GI).ts_000061694ヴィクトリアマイル(GI).ts_000045745


残り400でオウケンサクラは失速
内側ぴったりで溜めていた、レディアルバローザが抜け出してきた
外にアパパネとブエナビスタがいた。
ヴィクトリアマイル(GI).ts_000087187ヴィクトリアマイル(GI).ts_000081414

完璧に乗ったレディアルバローザが粘っていたのだが、それを外から直線一気で
アパパネとブエナビスタが交わしていった。
この二頭やっぱ強すぎる。
ヴィクトリアマイル(GI).ts_000088922ヴィクトリアマイル(GI).ts_000090890

物凄いハイペースでアパパネとブエナビスタは後ろにいたぶん逆によかったかもしれない。
レディアルバローザは前いって最後0.1まで粘っているのだから物凄い頑張った。
外差が決まらない馬場でアパパネとブエナビスタは1.2着は3着以下とは能力の差がありすぎた。

ブエナビスタは負けはしたが、去年より早いタイムで走っているし、
この馬は2000~2400がベストの距離で1600でこんな早いタイムのレースはあまりよくない。
アパパネの距離適正が上だったので負けてしまった。
問題は1.31.9で走った反動が無ければよいのだが、宝塚で疲労がでないか心配だ。

アパパネはたぶん安田記念だろう。
これもハイペースを自分で動いて1.31.9なのだから物凄い消耗がある
あまりにタイムが早すぎて次が危ない気がする。

レディアルバローザはハイペースで前にいって更にそっから伸びて0.1差
相当厳しいペースでも最後まで良く粘っていた。
かなり強くなっている。

馬券は アパパネがこなければ馬単も当たっていたのだがワイドで1点で取れたのでなんとか儲かった。

ヴィクトリアマイル(GI) 

ブエナビスタの不安を上げて負けるなココとか言ってるのが多いが
去年より調子がいいんだから、今年は圧勝だろう。

◎ブエナビスタ
東京は4戦3勝
一回負けたのも降着だったジャパンカップ
海外ではじめて掲示板を外れてしまったが、スローで全然競馬になってない
オールウェザーの馬場だったしダート馬が強い馬場で、軽い芝で強いこの馬では合わなかった。
牝馬限定で昨年より調子が良いなら、余裕で勝つだろう。
ここで負けるようでは秋はぼろ負けがまっていそうだ。

○レディアルバローザ
中山牝馬Sが物凄いきついレースだった。
5F57.9でこっから11.8-11.2-12.1-12.4
1400で1.20.9 1600で1.33.0
通過タイムでOPクラスの勝ちタイムだったのだからレベルが高い。
しかも、2馬身も突き抜けて圧勝だった。
+12キロで馬体が充実
調教の動きはめちゃめちゃいい

馬連で流すと元割れだし、アパパネなんていれた馬券買うなら買わないほうが良い

馬単 13-4 X500
ワイド 4-13 X1000

回顧 第16回 NHKマイルカップ(GI) 的中 

11.9 - 10.7 - 11.3 - 11.8 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.9
5F57.6 1.32.2

コティリオンはスタートで失敗して加速できず、一気に3馬身は置いてかれた
NHKマイルC(G1).ts_000005939
先行争いも激しく、10.7と早いペースだったが、エイシンオスマンは掛かっているし
アイヴィーリーグも、へニーハウンドも折り合いが良くなかった。
NHKマイルC(G1).ts_000018018NHKマイルC(G1).ts_000028528
コティリオンは一番大外、中央にグランプリボス、エイシンオスマンは必死に追うがなかなか
前のフォーエバーマークが交わせない。
NHKマイルC(G1).ts_000080246
坂を上がったとこで、ボスとコティリオンが完全に抜けた。
内側ぴったりを上がってきたリアルインパクトが3着
NHKマイルC(G1).ts_000089889NHKマイルC(G1).ts_000093326

緩みの無いきついペースで前に行った馬はかなり厳しいが
馬場が良いのか止まらない。
内側ピッタリを走ったら3馬身は得する感じだ。
この馬場で一番大外から33.4で伸びてきたコティリオンは凄い
出遅れなければ、勝てていたかもしれない。

グランプリボスは外人が乗ると強い。3戦3勝
中段で溜めて、中央から抜け出す綺麗な競馬だった。

へニーハウンドはこんな厳しい流れで1600では厳しかった
アイヴィーリーグも同様

リアルインパクトはガレ気味の馬体でよく走ったわ
この馬本来は520キロくらいが一番いいんじゃないかと思う。

NHKマイルC(G1) 

東京1600はスピードを持続させて最後の坂を上がりながら加速するので、2000のスタミナが必要になる。
ある程度距離をこなしている馬が強いのは昔からだ。
今年もこの理論で良いと思う。

◎グランプリボス
1800までこなしているし、朝日杯は1.33.9で外をまわして指しきっている。
スプリングSで休み明けでオルフェーブルと0.2
NZTは油断があったのだろう、馬の後ろにいれて折り合いをつけようと無理に抑えてずっと力んで走ってしまった。
今度は外人だ
折り合いもうまいウィリアムズならまず問題ないだろう。

○コティリオン
毎日杯では珍しくうまく溜めていた
スローの上がり勝負で33.6で物凄い伸びだった。
折り合いさえ付けばかなり強いのだが、そこが一番問題だ。
今年の相手なら普通に走れば勝てる。

▲アイヴィーリーグ
2戦2勝だが内容がいい
どっちも突き抜けて勝っているし2戦目はヤヤ重馬場でNZTと0.2
重賞の2着レベルだった。
しかも馬場が悪いのを考えるとNZTでれば勝てたかもしれない。

△エイシンオスマン
NZTは0.2突き放した強い内容だった。
皐月賞は、この馬についてきた馬はダノンバラード以外は全部沈んでいった。
最後の残り200までは先頭で坂を上がってもまだ粘っていた。
1F長い印象があるので2F短縮した1600のほうが断然いいだろう。

△へニーハウンド
今年は抜けた馬がいない
2戦目で重賞を勝つのだからなかなか強い

馬連 BOX 3.9.13.14.17 X200

回顧 天皇賞春 大ハズレ まったくアタラネーゼ 

13.2 - 11.7 - 12.9 - 13.0 - 13.4 - 12.5 - 12.9 - 12.6 - 13.9 - 12.6 - 12.0 - 12.2 - 11.7 - 11.4 - 12.1 - 12.5

めちゃくちゃスローだった。
トゥザグローリーはスタートは良かったのだがその後前が壁にならず、ずっと掛かりまくり
四位が必死に手綱を引っ張って抑えている。
第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000011011第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000054020

直線で前に壁ができそうだったが、逆にもっと折り合いが付かない。
ずっと四位のバランスが悪い状態で手綱が引っ張られていたので、我慢できずに行ってしまった。
第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000064631第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000079279

やっと折り合いがついたと思ったら今度は和田が一気に先頭に行った。
これに吊られてローズキングダムも少し上がってしまった。
第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000109609第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000122021

ヒルノダムールは内側ぴったりをずっとゆったりと走っていた。
エイシンフラッシュは折り合いがギリギリだったがなんとか抑えて直線までもってきた。
第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000173573第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000175942
トゥザグローリーはここで一旦伸びかけたが、後ろのヒルノダムールに交わされたとこで失速
そとからエイシンフラッシュが物凄い脚を使って伸びてきた。
第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000177210第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000185552

エイシンフラッシュが伸びてきたのだが、ヒルノダムールと差は縮まらず結局そのままゴールだった。
第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000191724第143回 天皇賞(春)(GI).ts_000201201

終ってみれば、超きついペースの大阪杯組の1着2着がそのままきただけだった。
トゥザグローリーは折り合いがまったく駄目駄目。
やっぱ直前の乗り代わりでしかも調教すら乗れなかったのは痛かった。
乗り変わるなら調教で四位乗せるべきだった。
2000Mくらい掛かっていたのではどうしょもない。

ローズキングダムは上がりの掛かるパワー馬場で小さい馬体で58キロで3200は厳しかった。
この馬は軽い馬場で瞬発力を発揮する馬場でしか駄目なようだ。

ペルーサも上がりの掛かるような馬場ではスタミナが持たなかった。
仕上げもなんか勝負が掛かっているような馬体の作りではなかった。

ヒルノダムールは内側ぴったりで下りに入るまではずっと動かない
4コーナーの下りから差を詰めてトゥザのすぐ後ろにつけて
直線は内側から綺麗に抜けてきた。
完璧な騎乗だった。

エイシンフラッシュは外側でなんとかもってかれそうなのを我慢していた
内田は内に入りたかったようだが入れないままずっと外はしって2着
やっぱりダービー馬は強かった。

馬券は大ハズレだった。
データは完璧なはずだったが、G1馬でない項目だけトゥザグローリは該当していた。
有馬3着でそのあと連勝してもG1じゃないと駄目だな。
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ