競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年24戦3的中
-12320

第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

回顧 第59回 神戸新聞杯(GII) 的中 

12.9 - 11.9 - 12.4 - 12.9 - 13.4 - 13.7 - 12.9 - 12.7 - 11.9 - 11.2 - 10.6 - 11.8
5F63.5 かなりのスローペースだった。

4コーナーくらいで ウインバリアシオンとオルフェーヴルが並んであがっていった。
第59回 神戸新聞杯(GII).ts_000109795第59回 神戸新聞杯(GII).ts_000119705
直線での瞬発力でオルフェーヴルが一気に突き放してしまった。
第59回 神戸新聞杯(GII).ts_000124944第59回 神戸新聞杯(GII).ts_000141827
ゴールではだいぶ差がついて、余裕で1着だった。
第59回 神戸新聞杯(GII).ts_000148834

ウインバリアシオンはオルフェーヴルに勝つには前に行かないとだめだろう。
きさらぎ賞でも、今回でも上がりで負けているので後ろからではまず勝てない。

オルフェーヴルはスローな展開すぎてスタミナがいらない上がり勝負
得意の形になったので楽勝だった。

フレールジャックは直線では二頭のすぐ後ろにいたのだが仕掛けてから伸びが悪かった。
この馬もかなりがんばっているが二頭が強すぎた。
本番距離伸びていいように見えない。

今回先行して駄目だったのは菊花賞にでれても相手にならないだろう。
スポンサーサイト

第57回 産経賞オールカマー(GII) 

◎アーネストリー
どこまで仕上げているかだが、一回出走体制になって
調整をしただけだとしたら、ほぼ仕上がっていそうだ
普通に走ったら今回の相手では負けないだろう。
初59キロで休み明けなので絶対ではないと思う。

○マイネルラクリマ
他の馬が斤量が増えているのにこの馬は3歳で斤量減だ
NHKマイルで1.32.7で走った馬なので
高速決着の中山でも問題ない。
アーネストリーを見て仕掛けていけるのもいい。

▲マコトギャラクシー
中山だけは強い
それだけしか強調材料がない。

馬連
4-7 500
3-7 500

神戸新聞杯 

◎オルフェーヴル
調教も順調、普通に走ったらまず勝てるだろう。

○ウインバリアシオン
この馬、連をはずす時は直線が短いコースがほとんど。
きさらぎ賞は超スロー、オルフェーヴルでさえ届かなかった
それ以外は全部連対

▲フレールジャック
他に可能性があるとしたら、この馬しかないだろう。

馬連
05-07 X1500
07-11 X500

回顧 ローズS セントライト 両方はずれ 

セントライトは57.5のハイペースにみえるが逃げたのが自滅して後ろは平均の上がりの競馬
これで前にいたベルシャザールが絶好の位置にいたのに失速
この馬やっぱダート馬かな?

サダムパテックは外まわったのとやっぱこの馬基本はマイラーかな?
菊花賞はいらんでしょう。

フェイトフルウォーは勝ったけど嵌った感じ
トーセンラーは休み明けで-4では本番厳しいな



ローズS
1000Mで61.7の超スロー
この流れで前にいたマルセリーナが失速したのは情けない。
+16キロで仕上げてなかったのだろう。

ホエールキャプチャはギリギリだった。
春ほどの迫力がないのは、まだ完全に仕上げてないからと思いたい。

本番波乱が起こりそうな嫌な感じがする。

関西テレビ放送賞ローズステークス(GII) 

◎ホエールキャプチャ
年明け3戦しかしてない
いつもの年のG1組より疲労はない。
桜花賞もオークスもあとちょっとだった
葦毛で更に白くなっただけで、成長があまり見えない。

○マルセリーナ
今回仕上がりは良さそうだ。
春はまだ幼い感じで細かったが、全体に良くなった。
一番成長したかもしれない。

▲ビッグスマイル
牝馬限定の500だったが1.45.7
直線で叩き合いになって外から抜け出して独走
しかもかなり余裕をもって走っていた。
500万ではレベルが違う馬だった。
3歳限定なら重賞級だろう。

△メデタシ
1000万で4着だが1.45.9は優秀
12.3 - 11.3 - 11.6 - 11.7 - 11.9 - 11.9 - 11.3 - 11.6 - 12.1
11秒台が連発する流れで前半13番手なのに3コーナーから早めに3番手にあがったのは失敗だった。
それでも0.1差に粘ったのだから強い。

馬連
08-09 X600
08-12 X200
08-13 X100
09-12 X200
09-13 X100
1200円

第65回 ラジオ日本賞セントライト記念(GII) 

◎サダムパテック
2200までなら何とかなるだろう。
ダービーは馬場が悪くて合わなかった。

○ベルシャザール
スプリングSのような展開になれば勝てる

▲ハーキュリーズ
五頭連峰特別で32.7の凄い上がりだった
今の中山は上がりの早い競馬なので合っていそうだ
前にいけるのもいい。

△トウシンイーグル
ある程度前につけて一定ペースで粘り込むタイプ
この馬は中山コースにいいだろう。

馬連 4頭BOX 1000円
01-10 X100
01-14 X500
01-16 X100
10-14 X100
10-16 X100
14-16 X100

神メモサイン会当選してた。 



電撃秋の祭典2011
締切日の1時間前にツイッターで知って、急いで応募した。
他にもなんこか送ったがメールが来てたので、全部ハズレと思っていたら、ポストの奥にハガキが入ってた。
たまには良いことがあるもんだなぁ。

回顧 第25回 セントウルステークス(GII) ハズレ 

スタートで絶好の位置につけたテイエムオオタカ
セントウルステークス(GII).ts_000008775
4コーナーまでスローできて、上がり勝負だから残るときたいした。
そのすぐ後ろにいつのまにか上がってきたラッキーナイン
セントウルステークス(GII).ts_000044077
直線で前が壁になってだせないラッキーナイン
テイエムオオタカはここで伸びがなくなった。
セントウルステークス(GII).ts_000057157
ダッシャーゴーゴーがここで抜けるように見たのだが案外伸びず
内からラッキーナインが凄い加速で一旦先頭にでた。
セントウルステークス(GII).ts_000061728
エーシンヴァーゴウが差し返したところがゴールだった。
セントウルステークス(GII).ts_000069769

ラッキーナインは前が詰まったりしなければ勝っていたかも
59キロでこの強さなのだから凄い
スプリンターズは勝てるだろう。

エーシンヴァーゴウは強くなっていたなぁ

ダッシャーゴーゴーは休み明けでよくなかったのかな
最後の伸びがなかった。

サンカルロは行き場がなく内側突っ込んで伸びてきた
これも展開しだいでまだ望みはある。

テイエムオオタカはまだ力不足だが来年ならもっとやれそうだ。


セントウルステークス(GII) 

◎ダッシャーゴーゴーポカが多いが能力は高い
58キロなら今回の相手では抜けた存在だ。
普通なら勝てるのだが、わけのわからない大敗があるのであまり信用できない。

○テイエムオオタカ
時計に限界のあるタイプ
平坦の高速馬場よりは、最後に坂があったり力のいるコースのほうがいい。

▲サンカルロ
この馬は直線が長いと駄目
ぼろ負けするのはほとんど東京コースばかりだ。
阪神は[1.2.2.1]得意コース

△ラッキーナイン
香港のG1で安定しているのはすごい。
低レベルの国内のスプリントなら勝ってしまうかもしれない。

馬連 5.7.13.14 BOX X200

最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
疲れたときは
月別アーカイブ