競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

sairesu

Author:sairesu


2017年12戦2的中
-5980
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第31回 ジャパンカップ(GI) 

◎トーセンジョーダン
1.56.1は冗談じゃないかと思うタイムだった。
ジャングルポケット産は2400以上では更に能力を発揮する
得意の東京コースで、上がりがソコソコ掛かる馬場で持続勝負はぴったりだ。
初2400だが2500でも強い競馬をやっているし問題ない。

○エイシンフラッシュ
天皇賞は前にいきすぎた。
7番手以内にいて粘ったのはこの馬だけ
叩き二戦目で調教はかなりいい。
前年JC出走で今年G1連対馬[2.2.3.0]でこの馬は当てはまる。
東京の馬場も高速ではなくソコソコ上がりの掛かる馬場になっている
この馬にぴったりな馬場になってきた。


▲デインドリーム
凱旋門を勝った馬が53キロ
G13連勝が全部5馬身以上
調教もしっかりやっていて調子がかなりよさそうだ。

△ブエナビスタ
今年は0勝なのが気がかりだ
G1では連対できているし能力は落ちてないと思うのだが
調教もちょっと昔の迫力がなくなってきた。
天皇賞は内側はいって前が壁で最悪だった。
糞騎乗だったとしか思えない。

△ウインバリアシオン
ハーツクライ産でトニービンが入っている
長距離の直線が長いコースは合っている。
菊花賞の時計は物凄くレベルが高い。
前にいすぎても駄目だが、後ろ過ぎても厳しいペース
14番手から直線一気で2着まで上がってきたスタミナと持続力は東京の直線でこそ活かされるだろう。

ペルーサは天皇賞で凄い脚を使って追い込んできた
これが+14キロで520の馬体なのが危ない。
天皇賞を+10キロ以上で3着以内に来た馬は距離が伸びたら0.0.1.2
520キロ以上の馬もジャパンカップではシンボリクリスエスの3着があるだけだ。
この馬は距離が伸びるとどうも微妙なとこが気になる
母系はマイルだし2000がベストだし人気なら切る。

ヴィクトワールピサは8ヶ月ぶりは常識的に考えて厳しいだろう。
調教でデムーロ乗せてタイムだけは良いけど怪しい
ヴィクトワールピサは中山専用っぽい
ネオユニヴァース産は一瞬の加速で勝つような小回りのレースで強い
今回のメンバー相手で休み明けは去年の凱旋門帰りより更に厳しい。



馬連
02-16 300 
12-16 300 
13-16 500 
15-16 500 
12-13   300
13-15   300 

3連複
02-15-16  100
13-15-16  100
12-15-16  100

2500円
スポンサーサイト

ジャパンカップデータ 

連対した馬が次の年でた場合[0.2.2.9]
連対した二頭はオペラオーとエアグルーヴだけ

今年の該当馬
ローズキングダム1着(2着) ブエナビスタ2着(1着)
ローズキングダムは今年G1で連にもこないのだから厳しい
ブエナビスタは連にはくるのだが勝てないのは衰えか?

3歳出走で馬で次の年のG1連対した馬[2.2.3.0]
シンボリルドルフ3歳3着     4歳1着 天皇賞1着 天皇賞秋2着
オグリキャップ 3歳3着     4歳2着 天皇賞秋2着 マイルCS
スペシャルウィーク3歳3着   4歳1着 天皇賞春秋 宝塚記念2着
バブルガムフェロー3歳13着  4歳3着 宝塚記念2着 天皇賞秋2着
ハーツクライ3歳10着       4歳2着 宝塚記念2着
メイショウサムソン3歳6着    4歳3着 天皇賞春1着 宝塚記念2着 天皇賞秋1着
ウオッカ3歳 4着          4歳3着 安田記念1着 天皇賞(秋)1着

該当
ヴィクトワールピサ 3歳 3着  4歳?? ドバイワールドカップ1着
馬券的には3着以下は無いパターンだが休み明けぶっつけで来るのか?
穴はこれしかないきがする。
外国のG1でダートなんで微妙ではある。

エイシンフラッシュ 3歳8着  4歳?? 天皇賞春 2着
データ的にはこれがぴったりくる。

惜しいペルーサ 天皇賞で2着ならこれに該当するのだが3着
オウケンブルースリがこのパターンで2着にきているのでペルーサはきれない。

ローズキングダムはG1ではぼろ負けを繰り返すばかりで厳しい。

前年4歳で出走次の年着順が上がった馬はいなかったのだが
ウオッカで上がった。

オグリキャップ4歳2着 5歳11着
エアグルーヴ4歳2着 5歳2着
オペラオー 4歳1着 5歳2着
メイショウドトウ4歳2着 5歳5着
ゼンノロブロイ4歳1着 5歳3着
ハーツクライ 4歳2着 5歳10着
メイショウサムソン4歳3着 5歳6着
スクリーンヒーロー4歳1着 5歳13着
ウオッカ4歳3着  5歳1着 初めて4歳から5歳で着順が上がった。
オウケンブルースリ4歳2着 5歳7着

該当 ブエナビスタ2着(1着) 
ウオッカのパターンになるのか?ウオッカはG1で2勝するくらいの力はあった。
ブエナビスタは今年0勝だ。

回顧 第28回 マイルチャンピオンシップ(GI) ハズレ 

5F58.6 1.33.9
晴れていたが、相当重い馬場だったようだ。
予想は晴れ前提の軽い芝を想定していたのだが予想以上に雨が残っていた。
そこから間違っていたのだからアタラネーゼ

スタートでイモータルヴァースが出遅れで終わった。
20111120-150000-[デ][SS]BSフジ競馬中継 マイルチャンピオンシップ.ts_002514111
外でかかったリディルが先行3番手まで上がっていって終わった。
20111120-150000-[デ][SS]BSフジ競馬中継 マイルチャンピオンシップ.ts_002529326
1着2着が内側のいいところにいる。
20111120-150000-[デ][SS]BSフジ競馬中継 マイルチャンピオンシップ.ts_002573370
最終コーナーから横一線になって、上がり勝負
リディルはここで失速した。
20111120-150000-[デ][SS]BSフジ競馬中継 マイルチャンピオンシップ.ts_00258184520111120-150000-[デ][SS]BSフジ競馬中継 マイルチャンピオンシップ.ts_002585015
外がなにも伸びない。
20111120-150000-[デ][SS]BSフジ競馬中継 マイルチャンピオンシップ.ts_002590421
前にいって内側まわった二頭が伸びてきて外はまったくこない。
ゴール寸前にサプレザが伸びてきてギリギリ3着だった。
20111120-150000-[デ][SS]BSフジ競馬中継 マイルチャンピオンシップ.ts_00259966320111120-150000-[デ][SS]BSフジ競馬中継 マイルチャンピオンシップ.ts_002606070

はっきりいって、糞レース
1.33.9も遅すぎる。
馬場も内側しか伸びない
仮柵が移動して内側ぴったりが有利すぎて外まわったら終わりとかひどい馬場だ。
仮柵の件まったく知らなかったのは、大失敗だった。
結局終わってみれば先行した馬が来ただけ
リアルインパクトも同じような上がりを使っているし
レース中の位置の差だけだ。
サプレザは一頭だけ外から伸びてくるのだから凄い
今回のレースで一番強かった。
イモータルヴァースも出遅れたわりにはよく頑張っている。
グランプリボスはパドックで汗が落ちる状態、この時期でこれは相当落ち着きが無い
これではマイルは無理だ。1200Mに出てきたら買おう。


第28回 マイルチャンピオンシップ(GI) 

このレースは3歳が56キロを背負うようになって牡馬は3着が限界
古馬が57キロで1キロ差しかない。
3歳は不利だ。

リアルインパクトは安田記念を勝っているので例外かもしれんが、
毎日王冠が61.1のスローで先行して差しきられたのがどうも怪しい
エイシンアポロンも富士Sを勝っているが不良で1.35.0ではレベルが怪しい。
しかも高速タイムでは時計に限界があるタイプで晴れたらいらないだろう。

◎リディル
2歳のときはエイシンアポロンは相手にしなかった。
復帰してから馬対が減って重賞では通用しなかったが
スワンSでは2番手で楽々差しきった
1.19.4で1F伸びても12秒だとしても1.31.4くらいは出る
スピードは問題なし。
スタミナも2000Mまでは問題ない。

○ミッキードリーム
天皇賞で先行して8着
物凄いハイペースでもそれほど崩れなかった
きついレースをした後に1600ならすぐ対応しそうだ。

▲フィフスペトル
あまり早い上がりはこの馬はよくない。
パワータイプなので多少湿った馬場のほうがいいだろう。
1枠でハイペースの持続勝負なら、一発あるかも?

△サプレザ
今年は調子がよさそうだ。
59キロ58.5キロと今年は重いのに崩れなかったしゴルディコヴァに負けはしたが少しだけだ。
イモータルに一回負けてるが斤量で3キロも差があった。

馬連
13-17 500
12-17 500
01-17 200
12-13 100
01-13 100
01-12 100

回顧 第36回 エリザベス女王杯(GI) 的中 

12.4 - 10.5 - 11.4 - 11.5 - 11.7 - 12.4 - 12.8 - 11.8 - 11.8 - 12.9 - 12.4
5F57.5 ハイペース 2.11.6

ダンシングレインは加速が付かずスタートで終わった。
シンメイフジが予想外の大逃げ5Fまでずっと12秒以内で57.5は凄いハイペースだった。
第36回 エリザベス女王杯(GI).ts_000066066
後方集団は4コーナーで差をつめてきた。
第36回 エリザベス女王杯(GI).ts_000080680
スノーフェアリーは内側、ダンシングレインは大外、アヴェンチュラも外側
鞭いれてるけど、スノーフェアリーの加速が鈍くてあれって思ったんだけど
第36回 エリザベス女王杯(GI).ts_000083883第36回 エリザベス女王杯(GI).ts_000088221
こっから凄い加速で、隙間を抜けて一気に先頭
第36回 エリザベス女王杯(GI).ts_000097597第36回 エリザベス女王杯(GI).ts_000101034
最後ゴール前さすがに鈍ったが、クビ差勝った。
アヴェンチュラは最後また詰めてきているのだからかなり強い。
第36回 エリザベス女王杯(GI).ts_000107107

スノーフェアリーは今年は体調が完全じゃない感じだったが
さすがに戦ってきた相手が違うし、荒れた馬場でも伸びるパワーがある。
日本の馬が直線外にいったのだが、この馬は内側から伸びてきた。
距離ロスがないのが最後のクビ差に繋がった。

アヴェンチュラは完璧にのったが、相手が悪かった。
来年はもっと強くなっているはず、3歳牝馬では一番強い

アパパネが3着にきていて驚いた。
ヴィクトリアマイルで凄いタイムではしった反動で終わったと思ったのにな。
国枝の馬は大敗しても叩きなので軽視はあぶないな。

レーヴディソールは人気になりすぎ。
やっぱり大敗したか。
よくなるのは後二回くらい使ってからだろう。

サンテミリオンは終わっているさっさと引退
エリンコートもこの先厳しいだろう。

2週連続的中、この調子で有馬までにマイナスを減らしたい

第36回 エリザベス女王杯(GI) 

このレースは、前年勝っている馬が次もでてきたらだいたい連にくる。
ダンスパートナー1着.2着
メジロドーベル1着.1着
アドマイヤグルーヴ1着.1着
スイープトウショウ1着.2着

今年は去年の勝ち馬スノーフェアリーが出てくる。
去年は4馬身で楽勝だった。
今年は勝てていないが、60キロ、59キロと重い
これで牡馬相手でも崩れないのだから相当凄い
愛チャンピオンステークスは半馬身ソーユーシンクに負けただけだ。
凱旋門賞は3歳が1.2着、古馬では最先着、ソーユーシンクには勝っていた。
G1英チャンピオンステークスも3着だが抜けるまでに時間がかかってしまった。
壁にならなければ勝っていただろう。

◎スノーフェアリー
凱旋門のあと使って出てくるのでローテーションは厳しい。
あとは力がだせるかどうかだけだ。

○アヴェンチュラ
日本馬はアヴェンチュラに負けてるようなのはいらない。
一回使って相当調子はいいようだ。
ある程度前にいってレースができるので、そんなに崩れるタイプではない。
ダンシングレインが逃げるなら持続のいる末脚勝負になる。
この馬には合いそうだ

▲イタリアンレッド
この馬も、上がり勝負よりは持続力がいいタイプだ
小倉で1.57.2で勝ったときは凄かった
夏から物凄く成長している。

△ダンシングレイン
逃げて勝っているが、早め先頭にいってスピードの持続力でそのまま勝つタイプ
今回も4コーナー下りから仕掛けていって早めに先頭にだしたら相当粘るだろう。
パワーとスタミナはトップクラスの牝馬だ。
スピードだけが心配だ。


馬連
01-18 1000
14-18 500
02-18 500
01-02  500

アルゼンチン共和国杯(GII) 


◎オウケンブルースリ
さすがにこの相手で負けてしまってはG1ではもう無理だろう。
叩き二戦目で調子は上がっている

○カワキタコマンド
この馬は結構展開自在だ
いままで2000以上は走ってないが
血統的には2400でも問題ない。
前にいってもしぶとく粘るタイプなので距離が伸びてもがんばれるはずだ

▲カリバーン
得意の東京コースで56キロ
スタミナがあるタイプなのである程度前にいって粘りがある
長い距離のほうがいいかもしれない。

△トレイルブレイザー
目黒記念でもまあまあ来ていた
叩き二戦目で春より成長した今ならキングトップガンには負けないだろう。

△ビートブラック
強敵相手にぼろ負けだったが京都大章典ではG1馬に先着した
成長している。
今回の相手なら勝負になる。

馬連 1600円
06-07 100
06-11 200
06-12 200
06-18 200
07-11 100
07-12 100
07-18 100
11-12 200
11-18 200
12-18 200
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
疲れたときは
月別アーカイブ