競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年22戦3的中
-10820

第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

回顧 第56回 有馬記念(GI) ハズレ  

6.8 - 12.0 - 12.4 - 12.1 - 13.1 - 14.4 - 14.3 - 13.0 - 12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 11.3
5F64.0 超スロー
スタートは綺麗だった。
アーネストリーが前にいったが、ルーラーシップは抑えて下げてしまった。
第56回 有馬記念(GI).ts_000009876第56回 有馬記念(GI).ts_000019219
一周目のスタンド前でアーネストリーが先頭にでてペースが遅くなった。
13.3あたりで一番後ろにルーラーシップで横にオルフェーヴル
第56回 有馬記念(GI).ts_000052485第56回 有馬記念(GI).ts_000059459第56回 有馬記念(GI).ts_000067467
14.4 - 14.3 - 13.0とペースが落ちた。
ブエナビスタは抑えて3番手
第56回 有馬記念(GI).ts_000082248第56回 有馬記念(GI).ts_000091324
エイシンフラッシュは少し騎手が押さえ込んでいた。
トゥザグローリーは自分の競馬をやってた。
オルフェーヴルは後ろ過ぎてやばい感じがした。
第56回 有馬記念(GI).ts_000097263第56回 有馬記念(GI).ts_000110477
12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 11.3
ペースが上がってずっと11秒台の末脚の持続力勝負
ここで外からオルフェーヴルがまくっていった。
第56回 有馬記念(GI).ts_000133967第56回 有馬記念(GI).ts_000139472第56回 有馬記念(GI).ts_000141641
オルフェーヴルは4コーナー出口で先頭に並びかけた。
あがっていくときの速さは凄い。
第56回 有馬記念(GI).ts_000142742第56回 有馬記念(GI).ts_000150283
直線で横に並んでから少し追い出しをまって坂をあがってから鞭いれたら、更に加速し
一気に先頭にでてしまった。
第56回 有馬記念(GI).ts_000148214第56回 有馬記念(GI).ts_000154354第56回 有馬記念(GI).ts_000158191
内側で溜めてたエイシンフラッシュも絶妙な仕掛けだったと思うが、能力が違った。
オルフェーヴルが圧倒的に強すぎた。
ブエナビスタは前が邪魔になってしまったが、疲れもあったのか追ってから伸びなかった。
トゥザグローリーはオルフェーヴルがあがっていくところで前が邪魔になって位置が上げれなかった。
ルーラーシップは休み明けで一番後ろから直線一気だけで4着ならよくやった。
第56回 有馬記念(GI).ts_000159759第56回 有馬記念(GI).ts_000162428

5歳以上はJCで3着以内だと[0.0.0.6]
このデータは最強すぎる。
ブエナビスタ7着
トーセンジョーダン5着
ジャガーメイル11着

トーセンとブエナ切った予想まではあたりだったのだけどなぁ
◎もあたっていた
相手が完全に間違えてしまった。
4歳馬は天皇賞、JCの王道ローテーションできたら抑えるべきだった。

超スローの上がり勝負でレースの上がりが34.0とか早すぎる。
33秒台がほとんど。
キングマンボの系統は超スローの上がりに強い
その特性が思いっきり出た
2.3.4着がキングマンボ系だった。

オルフェーヴルは3歳で勝ってしまった
来年壊れなければ、連覇できるかもしれないが3歳で勝って無事に行く馬は滅多にいない。

ルーラーシップはやっぱ4歳で一番だと思う
一回使っていればもっとやれただろう。
騎手も合ってない、横典にもどしてほしい。

ヒルノダムールは腰回りの筋肉が落ちてしまって背骨が浮いてみえた
腹が巻き上がってしまっていたし、あれで6着はよくがんばったほうだ。
466キロはかなり調子が悪かったようだ。

アーネストリーはやっぱ燃え尽きた
天皇賞から直行パターンは1.0秒以内
5歳までだ。
6歳じゃ一変は無理だった。

ローズキングダムは完全に駄目だ去年の有馬取り消しから馬がおかしくなったのをずっと1年引きずったようだ。

今年は 55戦12的中 合計 -38060
ひどいぼろ負けだ。
12回しか当たってないとかほんとアタラネーゼ
スポンサーサイト

第56回有馬記念(GI) ブエナもジョーダンも切った。 

5歳以上はJCで3着以内だと[0.0.0.6]
これに当てはまる、ブエナビスタ、トーセンジョーダンは軸にはできない。
テイエムオペラオーでさえ5歳の有馬は連を外れた。

有馬記念はどれだけ余力が残っているかが、重要になってくる。
天皇賞で先行した馬とか連対馬は相当ダメージがあるはず
JCも使って更に疲労があるのだから、有馬では厳しいだろう。

◎オルフェーヴル
菊花賞で楽勝だった。
それも、早めに動いて、自分でスパートして突き放すのだから相当強い。
負かした、ウインバリアシオンがJCで0.5
この馬が全力で走っていたら菊花賞は0.5以上差はついていた。
まず連は故障でもない限りは100%だろう。

○ヒルノダムール
天皇賞JC使って疲労している4歳馬よりは断然いいだろう。
天皇賞を勝っている。
有馬記念は海外帰りが不思議と走るレースでもある。

▲ルーラーシップ
金鯱賞では鐙がはずれて、出遅れ、巻くって勝った。
日経新春杯はヒルノダムールを2馬身楽に離している。
宝塚はハイペースで一番きついところで外から捲くったのが効いた
順調に使えていれば4歳では最強になっていた馬と思っている。
休み明けで疲労無し。
能力さえ出しきったら十分勝負になる。


△レッドデイヴィス
休み明け+20キロで勝ってしまうのだから強い
調教も楽々と50.7を出しているし凄い馬だ
後ろから溜めていくよりは前にいって粘るほうがいい。

△ヴィクトワールピサ
中山では負けなし
叩き二戦目
今回はかなり仕上げていると思う。
JCは追いまくりだったが抜け出せなかった。
今回は調教で伸びがよくなって最後まで追いまくりでタイムも早い

△アーネストリー
宝塚記念でブエナビスタを力で負かしている。
天皇賞は大敗したが、左回りでは大敗したことがあるが、右回りでは無い。
東京は合わないタイプ。
小回りの中山のほうが断然いいだろう。
天皇賞の超ハイペースのダメージで燃え尽きてなければいいのだが。


最後は万馬券狙いの3連単勝負じゃないと負けが取り戻せない。
20点 3400円 これで10万馬券がくれば一気に年間プラスだ。
09→02→12 167.3 300
09→12→02 178.8 300
09→02→13 276.7 200
09→12→13 282.4 200
09→02→03 323.7 200
09→13→02 396.4 100
09→13→12 443.4 100
09→03→02 474.8 100
09→12→03 495.4 100
09→03→12 586.1 100

09→02→14 821.7 100
09→03→13 910.3 100
09→13→03 932.1 100
09→12→14 936.7 100
09→14→02 1442.9 100
09→13→14 1565.2 100
09→14→12 1696.8 100
09→03→14 1701.5 100
09→14→13 2082.2 100
09→14→03 2109.4 100

14→09→02 2437.5
14→09→12 2985.0
14→09→13 3945.5
14→09→03 4445.6
09→03→14 1698.0
09→14→03 2105.8
03→09→14 3068.8

回顧 第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII) ハズレ 

12.8 - 11.2 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.3 - 11.8 - 11.4 - 12.2
5F62.1 スローペース

スタートで前につけたグランデッツァ アダムスピークが内側
ゴールドシップは後ろから3番目
第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII).ts_000044878第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII).ts_000065465
あんかつはどうするのかと思ってたら、早めにまくって行った。
4コーナー出口でトリップと並んでいる。
第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII).ts_000087787第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII).ts_000093293
直線でグランデッツァが抜けるかと思う感じで伸びていた
第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII).ts_000108108第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII).ts_000121988
内からアダムスピークが抜け出してあっさり勝ってしまった。
グランデッツァは最後伸びがなく、後ろからきたゴールドシップにも交わされていた。
トリップは完全に力負け。
第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII).ts_000123490第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII).ts_000127894

スローの上がり勝負だが上がりの掛かる馬場
パワーとスタミナが必要でスピードタイプは厳しい
勝ったアダムスピークはPOG馬なのだが、まさか勝つとは思わず予想でも切っていた。
この馬場で突き抜けたのだから相当強い。
しかも2戦目で重賞を勝ったので、これから楽にローテーションが組める。

ゴールドシップは東京とか阪神外回りになればもっといいレースができる。

グランデッツァは調子がいまいちだったのかもしれない。
坂をあがって伸びがなかった。

期待したサンライズマヌーはスローで良い展開だったが距離がながいのかも?

トリップは期待されてたが、絶好の展開だったのに最後グランデッツァに並ぶこともできないとは
これでは来年は厳しいだろう。

ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII) 

◎サンライズマヌー
重で1.51.2は優秀
前にいって馬場の悪い内側から伸びて勝ってしまったのだから
パワーは相当な物がある。
栗東坂路で1番時計は凄い
この時期これだけやるのは、勝ちに来たと見ていいだろう。

○トリップ
新馬で大外から直線一気
2戦目は中段から抜け出して勝った
レースセンスもいいし、末脚が持続するタイプのようだ
阪神2000は内回りある程度前でレースができる馬が有利
展開的にもぴったりだろう。

▲ゴールドシップ
札幌2歳はスローの上がり勝負だった
後ろから2番目あたりからよく2着に届いた
能力はグランデッツァと互角だろう。
直線が阪神のほうが長くなってペースがあがれば差しきれる。

△グランデッツァ
新馬でまけてしまったのは仕上がってなかったのだろう。
2戦目で0.9ぶっちぎり
3戦目札幌2歳を先行、後ろからマイネルロブストが並んできたが
そっから突き放して楽勝
阪神内回りで先行できるのでこの馬も有利だ。

△エーシングングン
京都2歳で最後の伸びはよかった。
内側から外に出すまで時間が掛かってしまったが
あれが無ければトリップとはもう少し差がなかったはずだ。

普通に買ってたら儲けがないので
3連複 7流し 6点X100
07-12-13 25.9
03-07-12 32.4
03-07-13 55.6
06-07-12 118.7
03-06-07 324.3
06-07-13 370.6



3歳で有馬記念を勝った馬が次の年出走[3.0.0.5] 

3歳で有馬記念を勝った馬が次の年出走[3.0.0.5]
シンボリルドルフ1着   JCを勝って連覇
ダイナガリバー14着    まぐれの一発だった。
グリキャップ5着     マイルCSからJC連闘で疲労
ナリタブライアン4着   故障で調子がでず。
マヤノトップガン7着   宝塚記念勝ち、秋勝てず。
シルクジャスティス7着  一勝もできず。
グラスワンダー1着    宝塚記念勝ち
シンボリクリスエス1着  天皇賞秋連覇
ヴィクトワールピサ?? ドバイワールドカップ勝ち、しかしJCぼろ負け。

高齢馬の天皇賞秋、ジャパンカップ出走
ナイスネイチャ 
天皇賞 2.6 15着
JC   0.7 7着
有馬記念0.7 3着

ダイワテキサス 
天皇賞 0.9 9着
JC   0.5 5着
有馬記念0.1 3着 

エアシェイディ 
天皇賞 1.0 8着
JC   0.6 5着
有馬記念0.8 3着

アドマイヤモナーク 
天皇賞 1.0 12着
JC   0.8 12着
有馬記念0.3 2着

着差を詰めている馬は穴で来るようだ。

7歳ジャガーメイル
天皇賞 1.3 9着
JC   0.3 3着
有馬記念?? ?着

高齢じゃなくてもこれは使えそうだ

天皇賞勝ち馬の有馬記念[4.4.4.9] 3.4歳馬[4.4.2.4] 5歳以上[0.0.2.5] 

天皇賞勝ち馬の有馬記念[4.4.4.9]
3.4歳馬[4.4.2.4] 5歳以上[0.0.2.5]
ミスターシービー 3着4歳
ギャロップダイナ 5着5歳
サクラユタカオー 6着4歳
タマモクロス   2着4歳
スーパークリーク 2着4歳
ヤエノムテキ   7着5歳
プレクラスニー  4着4歳
レッツゴーターキン4着5歳
ネーハイシーザー 9着4歳
サクラチトセオー 3着5歳
エアグルーヴ   3着4歳牝馬
オフサイドトラップ10着9歳
スペシャルウィーク2着4歳
テイエムオペラオー1着4歳
シンボリクリスエス1着3歳
シンボリクリスエス1着4歳
ゼンノロブロイ  1着4歳
ヘヴンリーロマンス6着牝馬5歳
ダイワメジャー  3着5歳
メイショウサムソン8着4歳
ブエナビスタ  2着4歳
トーセンジョーダン??
連対すらないデータだ。
5歳でJCも連対した馬はいない。

3歳、5歳以上JC3着以内馬[4.0.0.8] 5歳以上はJCで3着以内だと[0.0.0.6] 

3歳、5歳以上JC3着以内馬[4.0.0.8]
JC3着シンボリルドルフ 有馬記念1着3歳
JC3着オグリキャップ  有馬記念1着3歳
JC3着ウイニングチケット有馬記念11着3歳
JC2着テイエムオペラオー有馬記念5着5歳
JC3着ナリタトップロード有馬記念10着5歳
JC3着シンボリクリスエス有馬記念1着3歳(JC中山)
JC1着タップダンスシチー有馬記念8着6歳
JC2着ザッツザプレンティ有馬記念11着3歳
JC2着コスモバルク   有馬記念11着3歳
JC3着デルタブルース  有馬記念5着3歳
JC3着ゼンノロブロイ  有馬記念8着5歳
JC2着ドリームパスポート有馬記念4着3歳
JC2着ポップロック   有馬記念5着6歳
JC3着ヴィクトワールピサ有馬記念1着3歳
JC2着トーセンジョーダン有馬記念?5歳
JC3着ジャガーメイル  有馬記念?7歳

牝馬 [0.0.1.4]
JC3着ダイナアクトレス 有馬記念7着4歳牝馬
JC2着ヒシアマゾン   有馬記念5着4歳牝馬
JC2着ファビラスラフイン有馬記念10着3歳牝馬
JC2着エアグルーヴ   有馬記念3着4歳牝馬
JC2着エアグルーヴ   有馬記念5着5歳牝馬
JC1着ブエナビスタ   有馬記念?5歳

東京2400で限界で走って3着以内に入った疲労は
成長途上の3歳や疲れが出やすい牝馬
能力が落ちかけてくる5歳以上には厳しい
ぼろ負けして疲労が無いほうがまだマシ。

勝った4頭は3歳馬JC3着で連対はしていない。
オグリとクリスエスは菊花賞を走ってなく天皇賞秋連対
ルドルフは無敗3冠馬
ヴィクトワールピサは皐月賞馬、秋は海外

今年該当馬 
JC1着ブエナビスタ   5歳
JC2着トーセンジョーダン5歳
JC3着ジャガーメイル  7歳
JC目標に相当仕上げていた
5歳以上はJCで3着以内だと[0.0.0.6]

有馬記念のデータ① 

4歳牡馬JC3着以内馬 有馬記念で[6.4.1.3]
4歳牝馬JC3着以内馬 有馬記念で[0.1.1.2]
完成した状態の一番充実しているときなので崩れない
JC1着カツラギエース有馬記念2着
JC3着ミホシンザン有馬記念3着(秋連対無し)
JC1着シンボリルドルフ有馬記念1着
JC2着タマモクロス有馬記念2着
JC1着トウカイテイオー 有馬記念11着 レース中骨折
JC1着スペシャルウィーク 有馬記念2着
JC1着テイエムオペラオー 有馬記念1着
JC2着メイショウドトウ  有馬記念2着
JC3着シンボリクリスエス有馬記念1着
JC1着ゼンノロブロイ 有馬記念1着
JC2着ハーツクライ 有馬記念1着
JC1着ディープインパクト 有馬記念1着
JC3着メイショウサムソン有馬記念8着
JC1着スクリーンヒーロー有馬記念5着  アルゼンチン共和国杯(G2)
JC2着ブエナビスタ   有馬記念2着

サムソンが8着にぶっ飛びしてしまったが
連対した4歳牡馬に限れば[5.4.0.2]
レース中骨折のトウカイテイオー
スクリーンヒーローJC前がG2だった。

今年は該当なし。

回顧 第63回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 大ハズレ  

12.2 - 11.0 - 11.3 - 11.4 - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 11.9
5F57.8 1.33.4
アルフレード内ぴったりで、前がすっぽりとあいているのだから楽々抜け出した。
第63回 朝日杯フューチュリティステークス(GI)_000011071第63回 朝日杯フューチュリティステークス(GI)_000011072第63回 朝日杯フューチュリティステークス(GI)_000017478

12.0以内のペースでずっと流れたペースで2馬身も抜けてしまったアルフレードは強かった。
1番人気の評価は正しかった。
速攻で切ってしまった馬が、勝ってはどうしょもないわ。
早いペースで3番手の内側から抜けてきては、後ろの馬は届かない。
皐月賞はこの馬が勝つかもしれない。

期待したダローネガは後ろからになってしまった
この馬も実は高速タイムの実績がなかった。

トウケイヘイローは期待どおりの力は見せた。

クラレンは伸びてきているが距離が合ってない。

マイネルロブスト4番人気とかおかしいとおもっていたが、これも正しかった
これも切ってしまったわ。

今回は予想は完敗だ。
1.2.3着全部切ってしまった。

朝日杯フューチュリティステークス(GI) 


アルフレードが1番人気は異常事態だ。
2戦でOPも勝ってないのに人気過剰すぎる。
タイムもよくない

◎ダローネガ
1600より1F長い距離でも勝っているのでスタミナは問題ない。
パワーも問題ない。デイリー杯2着は後ろから行き過ぎた。
外を回って早めに仕掛けて2着なら勝ちに等しい
クラレントは中段で内ぴったりの最短コースだった。
先行して持続力でそのまま押し切るタイプで騎手が哲三に戻るのは良い。

○トウケイヘイロー
この馬スピードとキレはいい物がある。
カンナSは中山コースで一番後ろから直線大外一気で3着まで追い込んできた。
くるみ賞(500万下)は先行して33.8で楽に勝ってしまった。
負かした相手がレオアクティブなのだから強い。

▲ローレルブレット
阪神1600で1.34.7は優秀。
京王杯3着のオリービンを楽々2馬身つけて勝ったのだから強い。

△クラレント
東京スポーツ杯がぼろ負けすぎる。
しかし、デイリー杯と新馬の末脚は凄い
馬場が合わなかっただけだと思いたい。

3連複 BOX 400円
02-07-12
02-07-16
02-12-16
07-12-16

馬連 1000円
07-16 X300
02-07 X100
02-16 X300
07-12 X100
12-16 X200

これであたるはずだ。

回顧 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) ハズレ 

スタートして、途中で、サウンドオブハートは我慢できずに前にいってしまった。
武豊が何とかしようと思っても外枠で馬がいないのだから仕方ない。
第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI).ts_000033800
サウンドオブハートは途中で折り合っていい感じで4コーナーをまわっていた。
ジョワドヴィーヴルはずっと外をまわっていたが綺麗に折り合っていた。
第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI).ts_000069035第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI).ts_000072839
直線ジョワドヴィーヴルが外から鞭入れてから加速が凄い
サウンドオブハートはなんとか末脚が持続していた。
第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI).ts_000081981第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI).ts_000092358
坂をあがってからはサウンドオブハート以下伸びがなく、
ジョワドヴィーヴルが圧倒的末脚で楽勝だった。
第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI).ts_000096362第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI).ts_000100066

ジョワドヴィーヴルは折り合い、末脚の良さ、競馬センスが他とは違った。
これが良血ってものなのかと、思い知ったわ。

サウンドオブハートは折り合いが前半付かなかったのが痛かった
坂をあがったとこで止まってしまった。

アイムユアーズの2着はサウンドオブハートとのスタートと掛かった事で最後止まりかけた事で交わせたが
普通にやったら、サウンドオブハートのほうが強い。

ラシンティランテ、アナスタシアブルーは駄目すぎ。
まったく良いところなしで終わり、これは来年のG1は厳しい。

馬券は控えめにしといてヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・
自信がないときは回避もありかな。

阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 

距離適正があってスタミナとスピードが持続するタイプ

データ的には1800経験、1600で楽勝+1.35.0より早い馬。
ウオッカは新馬1600で0.6の楽勝 1.35.0
トールポピーは1800で1.47.5と2歳では相当早いタイムがあった。
ブエナビスタ 1600で0.5の楽勝 1.34.9
アパパネ 1600 赤松賞 0.4の楽勝 1.34.5
レーヴディソール 1600 デイリー杯2歳S(G2) 1.33.6 1800経験は無いが重賞で牡馬を相手に勝った。

今年の該当馬
アナスタシアブルー 1600 0.7楽勝 1.34.4
ラシンティランテ   1600 0.6楽勝 1.34.4
トーセンベニザクラ 1600 1.34.5 楽勝が無い 6戦使っている来年のオークスって感じはしない。

ファンタジーSから阪神JFで3着以内
エイムアットビップ 1200 1.08.6 1.0楽勝
アストンマーチャン 1400 1.20.3 0.8楽勝
ベストクルーズ  1600 1.34.7
ホエールキャプチャ 芙蓉S(OP)で1.35.3 オルフェーヴルを負かしていた。

アンチュラス ファインチョイス アイムユアーズ
レディーメグネイト エイシンキンチェム
全部 1400までで特に早いタイムも無い全部いらない。

◎サウンドオブハート
1800経験は無いが負けてない。
牡馬相手に勝ってきたのが評価できる。
中山で坂も経験している。
長い直線も新潟で走っている。
ほとんど欠点が無い。

○ラシンティランテ
白菊賞は緩みの無い流れ
12.5 - 11.1 - 11.6 - 11.7 - 11.8 - 12.3 - 11.7 - 11.7
ほとんど11秒台でスタミナが必要なレースだったそれで3馬身は強かった。

▲アナスタシアブルー
萩Sは負けたが相手が牡馬では仕方ない。
調教だけなら一番よく見えた。

△トーセンベニザクラ
赤松賞で1.34.5は優秀
2着なら十分ある馬だ。

今年は絞れない手広く馬連4頭BOX
10.12.15.18 X200
合計1200円 

ジャパンカップダート(GI) 

◎トランセンド
二番手でも競馬ができるようになっている
今年は連対100%
ここにはスマートファルコンがいないのなら勝つだろう。

○エスポワールシチー
みやこSで楽勝は完全に調子がもどったようだ。

▲ダノンカモン
南部杯でトランセンドと0.0は凄い
武蔵野Sで負けたのがよくわからん。
勝ってでてきてたらもっと人気だったはずだ。

△ヤマニンキングリー
いきなりダートで重賞を勝ってしまうのだから相当強い。
アグネスデジタル産なのでダートのほうがよかったのかも。
今まで芝で使っていてのが勿体無い。

△ニホンピロアワーズ
1800では崩れない
みやこSで0.7も負けてるが、上がりの早い展開で
前が止まらなかった。
エスポーワルとは位置取りの差が出ただけだ。


3連複 1500円
06-13-16 x600
06-14-16 x400
06-12-16 x300
12-13-16 x100
13-14-16 x100

回顧 第31回 ジャパンカップ(GI) 的中 

13.0 - 11.7 - 12.4 - 12.5 - 12.2 - 12.3 - 12.5 - 11.9 - 11.2 - 11.0 - 11.5 - 12.0
5f61.8 

スタートからトーセンジョーダンが先頭にでる勢いで前につけていった。
ぴったり二番手で折り合っていた。
20111127-143000-[デ]BSフジ競馬中継 ジャパンカップ.ts_00313059420111127-143000-[デ]BSフジ競馬中継 ジャパンカップ.ts_003182412
スローとみて、アンカツがまくって上がっていった。
ブエナとジャガーは内側ぴったり。
4コーナーではウインヴァリアシオンが先頭になっていた。
20111127-143000-[デ]BSフジ競馬中継 ジャパンカップ.ts_00320073020111127-143000-[デ]BSフジ競馬中継 ジャパンカップ.ts_003224087
直線で一旦ウインヴァリアシオンが先頭にでたが、それを見てトーセンジョーダンが抜け出した。
その後ろで進路がなかったブエナビスタは外に出してから追い出した。
20111127-143000-[デ]BSフジ競馬中継 ジャパンカップ.ts_00323529820111127-143000-[デ]BSフジ競馬中継 ジャパンカップ.ts_003253583
あっという間に並びかけ、少し前にだたところでトーセンジョーダンがまた差し替えそうと延びた所でゴールだった。
20111127-143000-[デ]BSフジ競馬中継 ジャパンカップ.ts_003262325

スローで早めにまくっていったアンカツは流石だ。
この糞遅いペースでじっくり溜めた馬は全滅だった。
超スローな展開なのに33.9しかでないパワー馬場だったせいだろう。
伸びてきたのは、ジャガーメイルとブエナビスタの内ぴったりコースで来た馬だけ
外にいったら駄目だった。

デインドリームはよく6着まできたもんだ。
外をずっと走っていたしスローで後ろから3番目では仕方ない。

4歳の人気馬は全滅はひどいもんだ。
ペルーサは馬体が増えて天皇賞で物凄いタイムで限界まで走った反動だろう。
筋肉疲労で最後までまともに走れなかったと見ていい。

ヴィクトワールピサは休み明け
パドックはよく見えてもやっぱ中身が無かった。

トゥザグローリーは馬体のわりに長距離はよくない
ベストは2000Mくらいじゃないかとおも。
小回りならいいが長い府中の直線では持たなかった。

ローズキングダムは調教から酷かった。
51秒の馬が53秒とか調子悪すぎだ。

エイシンフラッシュはやっぱ脚が一瞬しか使えないタイプなので
小回りとかスローの上がり勝負とか展開がよくないと駄目だ。
スローだったのに上がりの掛かる馬場で一瞬だけ延びかかってそのままおわった。

馬券は押さえの馬連があたってのであまり取れなかったがまあ的中できたのでOK
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
疲れたときは
月別アーカイブ