競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年31戦5的中
-13840
第42回 エリザベス女王杯(GI)
-600
第156回 天皇賞(秋)(GI)
200X9.0=1800-700=+1100
第78回 菊花賞(GI)
-700
第22回 秋華賞(GI)
-700
第68回 毎日王冠(GII)
-900
第51回 スプリンターズステークス(GI)
-500
第65回 神戸新聞杯(GII)
4.6X300=1380-600
+780
第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X14.3=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X4.5=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
8.6X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

回顧 第145回 天皇賞(春)(GI) ハズレ 

13.0 - 11.6 - 11.3 - 11.7 - 12.4 - 11.9 - 11.9 - 12.7 - 12.7 - 12.7 - 12.1 - 11.9 - 11.4 - 11.7 - 12.3 - 12.5
5F60.0 10F2.01.9

前半からビートブラック、ゴールデンハインドが逃げていった
オルフェーヴルは一番後ろで上手く下げたと思った。
第145回 天皇賞(春)(GI).ts_000050750第145回 天皇賞(春)(GI).ts_000075842
ここから前2頭が更に引き離して逃げていった11.9 - 11.9で一気に離れた
この時点でナムラクレセントとは10馬身以上だ。
第145回 天皇賞(春)(GI).ts_000149883
4コーナーの下りから後ろの集団も差を詰めてきたが、ナムラクレセントを捕まえただけ
ビートブラックにはまだ10馬身以上はあった。
オルフェーヴルは一番外にもっていった。
第145回 天皇賞(春)(GI).ts_000167167第145回 天皇賞(春)(GI).ts_000173573
直線に入ってまたビートブラックが加速して差が詰まらないのでこれはやられたと思った。
第145回 天皇賞(春)(GI).ts_000179212第145回 天皇賞(春)(GI).ts_000192492
残り100でトーセンジョーダンが二着にあがって外からウインバリアシオンがきて3着
ジャガーメイルはギリギリの4着なのだから良くやっている。
オルフェーヴルは溜めたのに34.0しか使えず11着のぼろ負けだった。
第145回 天皇賞(春)(GI).ts_000195395第145回 天皇賞(春)(GI).ts_000198031

京都の芝は早すぎてこれだけ大逃げしたら中々捕まえるのはきつい。
石橋脩の素晴らしい騎乗だった。
ヒルノダムールは何を考えているのか後ろからいってしまった。
藤田は長距離下手糞だった事をすっかり忘れていた。

このデータはやはり完璧なようだ。
3冠馬ですら当てはまってしまう。
有馬記念を勝った馬は疲労残る。次のレースが3000Mで連対したら駄目。[0.0.0.4]
シンボリルドルフ 日経賞(G2)1着   天皇賞1着
シルクジャスティス阪神大賞典(G2)2着 天皇賞4着
ナリタブライアン 阪神大賞典(G2)1着 壊れて出れず。
マヤノトップガン 阪神大賞典(G2)2着 天皇賞5着
オルフェーヴル  阪神大賞典(G2)2着 天皇賞11着

オルフェーヴルは休養が必要だろう。
まったく伸びなかった。

馬券は2.3着でアタラネーゼ
まさかビートブラックなんて勝つとは思わないだろ。
スポンサーサイト

第145回 天皇賞(春)(GI)◎ヒルノダムール 

京都の芝は物凄い高速馬場
3歳500万1200Mで1.06.9
4歳500万1600Mが1.33.5
1600万2000が1.57.6とありえない時計になっている。
ディープインパクトの3:13.4を超える時計がでるかもしれない。
軽い馬場で長距離なら前にいるほど有利だ。

◎ヒルノダムール
京都で3.1.2.1の得意コース
1800で1.45.0 2000で1.57.8 ステイヤーのイメージだが高速馬場で対応できている。
58キロで重い馬場で不利があった阪神大賞典は仕方ない。
他の馬が斤量アップだがこの馬はそのままだ。
前年の天皇賞春を4歳で勝った馬が次の年でてきた[2.2.0.1]
ほとんどの馬が次の年も連にきている。


○トーセンジョーダン
天皇賞秋で1.56.1
結果的に後ろで溜めて勝ったがこのタイムに対応したことが凄い
そのあとJCで先行して2着
有馬はあまりにスローすぎて瞬発力負けしてしまった。
末脚の持続勝負ならオルフェーヴルにも劣らないと思う。


▲ウインバリアシオン
今回は調教がすごくいい
瞬発力はオルフェーヴルに劣るがこっちは長く持続するタイプ
軽い馬場なので早めにまくっていかないと届かないが
武豊なら内に突っ込んで抜けてくるだろう。

△ローズキングダム
上がり34秒を切ったときは[3.1.0.0]
1600万が1.57.6で走れるような馬場なら3F33秒台は確実だろう
ダービーのときは32.9だった。
軽いほどこの馬にはいい。

△クレスコグランド
タニノギムレット産は平坦コースや直線が長いところでやたら強い
ブライアンズタイムの系統なのでスタミナ豊富
母系はマンハッタンカフェの妹3200Mでも問題ない。
叩き二戦目でかなり動きはいい。
血統的に買って見たい

馬連 1300円
11-16 200
11-15 200
15-16 200
11-12 100
11-14 100
14-16 100
12-16 100
14-15 100
12-15 100
12-14 100

オルフェーヴル 有馬を勝って3000Mで連対したら0.0.0.3に該当 

有馬記念で3着以内
前走を59キロで勝っている5歳 (4.0.0.0)

  有馬記念(G1)着順   前レース
5歳ミホシンザン3着    59キロ日経賞1着   天皇賞1着
5歳スーパークリーク2着  59キロ大阪杯1着   天皇賞1着 
5歳メジロマックイーン2着 59キロ阪神大賞典1着 天皇賞1着 
4歳ビワハヤヒデ2着    59キロ京都記念1着  天皇賞1着 

有馬記念で3着以内
4歳馬は前レース、勝っている(G1馬)
(3.0.0.0)該当馬 
4歳シンボリルドルフ 1着 58キロ日経賞(G2)1着 天皇賞1着
4歳テイエムオペラオー3着 58キロ阪神大賞典1着 天皇賞1着 
4歳ディープインパクト2着 58キロ阪神大賞典1着 天皇賞1着

有馬記念で3着以内
5歳以上で前走58以上キロで勝っている。
59キロで連対
(0.3.2.0)

6歳メジロパーマー1着   59阪神大賞典1着   天皇賞3着 
5歳マーベラスサンデー2着 58キロ産経大阪杯1着 天皇賞3着 
5歳メジロブライト2着    59キロ阪神大賞典2着 天皇賞2着 
5歳メイショウドトウ2着   58キロ日経賞1着   天皇賞2着
6歳リンカーン3着     58キロ日経賞1着   天皇賞2着

有馬記念を勝った馬は疲労残る。
次のレースが3000Mで連対したら駄目。
シンボリルドルフ 日経賞(G2)1着   天皇賞1着
シルクジャスティス阪神大賞典(G2)2着 天皇賞4着
ナリタブライアン 阪神大賞典(G2)1着 壊れて出れず。
マヤノトップガン 阪神大賞典(G2)2着 天皇賞5着
オルフェーヴル  阪神大賞典(G2)2着 ???


有馬を勝って連対した馬は次のレースで4着以下に負けているか、休養。
[2.2.0.0]
マンハッタンカフェ 日経賞(G2)6着   天皇賞秋1着
テイエムオペラオー 大阪杯4着     天皇賞秋1着
サクラローレル   休養        天皇賞秋2着
イナリワン     阪神大賞典(G2)5着 天皇賞秋2着


オルフェーヴルは有馬記念を勝った馬は疲労残る。
次のレースが3000Mで連対したら0.0.0.3に該当
レースを途中で止めかけてまた走ったのがどれくらい影響するかがわからない。
あのまま止めていれば
有馬を勝って次のレースで4着以下に負けているか、休養。
になっていてたのだ。
オルフェーヴルは重い馬場で一杯まで走って2着に負けた
疲労がでて最後の伸びが無い可能性がある。
1.2倍ほど信頼できない

回顧 第43回 読売マイラーズカップ(GII) ハズレ 

12.1 - 10.8 - 11.4 - 11.9 - 11.3 - 11.2 - 11.8 - 12.7
シルポートが楽に逃げて5F57.5
第43回 読売マイラーズカップ(GII).ts_000052385
4コーナーから直線でもう一回伸びて、後ろにコスモセンサーが上がってきた。
第43回 読売マイラーズカップ(GII).ts_000073039
その更に内側からダノンシャークが抜けてきて2着にあがってゴールだった。
第43回 読売マイラーズカップ(GII).ts_000087454第43回 読売マイラーズカップ(GII).ts_000094394

コスモセンサーには絶好の展開だったのだが
直線でシルポートに突き放されてしまったのは完全に力負けだ。

ダノンシャークは最内から凄い伸びだった
この馬時計に限界があるのか1.33秒ちょっとだと良く走る
馬場が渋ったのがよかったようだ。

この馬の前にいたトーセンレーヴは8着はショボイ
現状ではマイルのペースよりは2000Mでゆったりいく馬だろう。

リアルインパクトは4コーナーをまわってから手ごたえなく失速18着は負けすぎ。
故障か気分の問題なのか?これでは安田記念は無理だ

エイシンアポロンも追って伸びず。
調子がよくなかったようだ。

レッドデイヴィスは後ろからいって前に道がなく
仕方なく内側につっこんで5着
まともに走れていればもっと前でゴールできたはずだ。

京都に変わって58キロが厳しいのかG1馬がぼろ負け
OPかG3のようなレースになってしまった。

馬券もまったく当たらねーぜ。

第43回 読売マイラーズカップ(GII) 

京都の開幕週に変わったので前に付けれる馬が圧倒的に有利
しかも坂がないので少し早いペースでいっても止まらない。
問題は雨だ。
どこまで馬場が悪くなるかでだいぶ結果が変わってくる。

◎コスモセンサー
1.32.4で中山でぶっちぎり1位
1.32.8で東京新聞杯2着
ハイペースで前にいって最後まで粘っていた。
今回は坂が無い
東京より直線が短い
逃げてもいいし2番手でもいい
前にいって早め先頭から粘るタイプなので今回はぴったりだろう。
問題は雨だけ
パワータイプだし滑らなければ問題ないと思う。

○エイシンアポロン
雨で時計勝負ではなくなるとこの馬は強い
パワーは凄い物がある。
重馬場が得意なので雨が降るとこの馬には有利だ。

▲リアルインパクト
叩き2戦目で調子はいい
この馬は使って調子を上げるタイプ
調教の動きが良くなっているので勝負になるレベルにあるだろう。
ディープ産とは思えないパワータイプ
重馬場までなら大丈夫だ。

△レッドデイヴィス
鳴尾記念の走りができればここも勝てる
馬場が悪いと走る気がでないので
雨が不安だ。

馬連 1000
06-14 400
06-16 500
06-07 100



回顧 第72回 皐月賞(GI) 大ハズレ 

12.4 - 11.1 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 13.6 - 12.1
5F59.1 馬場が悪いなかでは早くなった。
スタートでいきなり福永が落ちそうなくらい
体勢を崩していた。
第72回 皐月賞(GI).ts_000020957
逃げた二頭が競り合ってペースが速くなった。
ワールドエースとゴールドシップが一番後ろからだった。
第72回 皐月賞(GI).ts_000096666
4コーナーで内側を抜けて一気に順位をあげたゴールドシップ
ワールドエースは一番後ろからそのまま外にもっていった。
第72回 皐月賞(GI).ts_000111447第72回 皐月賞(GI).ts_000113349
4コーナーのまわった位置だけで物凄い差になった。
第72回 皐月賞(GI).ts_000118688第72回 皐月賞(GI).ts_000126596
後はそのまま伸びてゴールドシップが楽勝してしまった。
第72回 皐月賞(GI).ts_000133703

ワールドエースは4コーナーで一番外までいったので5馬身以上損している
それでも最後は2着に追い込んできたのだから強い
ダービーで末脚勝負だったらワールドエースが勝ちそうだ

ゴールドシップは持続する末脚でパワーもある
まさか内側突いて伸びてくるとは思ってなかった。
皐月の前に使ってないのでダービーでも疲労が残らない。

グランデッツァは先行タイプなのに後ろからいっては駄目だ
末脚ではワールドエースには勝てない
長く末脚を使えるタイプではないのでダービーで微妙だ

ディープブリランテは最初から折り合いがあまりついてない
能力が高くてもこれではダービーは無理だ

コスモオオゾラは力は出し切った
弥生賞勝っただけあって結構強かったが1.2着の馬とは差がある。

結局、力が同じくらいなら最短コースを走った方が有利で
コーナーで内と外でえらい差がでた。
良いとこばかり走ろうとして外回しすぎだろ
内田以外は糞騎乗だった。

第72回 皐月賞(GI) 

まさか土曜に雨で不良になってしまうとは思わなかった。

こうなるとパワータイプで持続力があってある程度前で競馬できる馬が圧倒的に有利だ
◎グランデッツァ
スプリングSで中山コースと荒れた馬場も経験できた
輸送も問題ない。
18番で前に邪魔が入らないので気分よく走れる。
この馬は前に壁がなくても折り合いに問題がない。
パワータイプで瞬発力より持続する末脚
ダイワメジャーに近いタイプだ。

○ディープブリランテ
馬場が悪いならこの馬でもなんとかなりそうだ
重馬場は相当強い
ディープ産とは思えないようなパワータイプの走り方
たぶんダービーは出てもぼろ負けなのでここで勝負だろう。

▲コスモオオゾラ
共同通信で5着だったが、上がりが早すぎてこの血統では対応できなかった
ロージズインメイにコマンダーインチーフ
パワーとスタミナがあってステイヤーかダートな血統だ。
これでは上がり33.0のレースでは相当前にいって離して逃げていないと駄目だった。
弥生賞は先行して坂下から抜け出して勝ったのは、かなり強い勝ち方だった。
今回も同じような馬場になるとチャンスはありそうだ。

△マイネルロブスト
まともに走ればグランデッツァと差のない馬
京成杯で57キロで中山2000で2.01.0を切ったのだから絶対に強いはずなんだ。
なんとか馬場の良い外に出して追い込んできてほしい。

△シルバーウエイブ
不良の中山で直線一気で差しきった
スタミナのいるきついペースになったら
この馬の後方一気は嵌るかもしれない。


ワールドエースはきさらぎ賞の後マイナス体重でレースを勝った疲労がある
調教は普通、やはり体重が減ってしまって攻めれないのだろう
馬場が悪い中山で大外を直線一気で行くしかないのは厳しい
人気だし切る!!

ゴールドシップ
共同通信から直行のローテーションが良くない
しかし、能力はグランデッツァと互角
直線が長ければこっちのほうが上だろう
トライアルを使わなかったのはダービー狙いだろう。
共同通信からの直行パターンは3着までだ
直線一気のタイプで重馬場を経験していない
キレで勝負なので荒れた馬場は絶対にマイナスだ。
人気だし切る!!

馬連 
06-18 1100
15-18 600
11-18 200
13-18 100

きさらぎ賞連対 皐月賞データ 該当馬ワールドエース 

きさらぎ賞連対して皐月で2着以下
年明け3戦目1着 マイネルフリッセ  +0 毎日杯6着   競争中止
年明け3戦目1着 シンホリスキー   +0 スプリング1着 皐月15着
年明け3戦目1着 ツジユートピアン  -2 弥生賞4着   皐月10着
年明け2戦目1着 サムソンビッグ   +0 スプリング9着 皐月17着
年明け2戦目2着 イイデライナー   +8 弥生賞4着   皐月12着
年明け1戦目2着 テイエムロケット  -8 毎日杯4着   皐月14着
年明け1戦目2着 ダンスインザダーク -2 弥生1着    熱発回避
年明け1戦目2着 テイエムトップダン -6 毎日杯1着   皐月12着
年明け2戦目1着 スペシャルウィーク -6 弥生1着    皐月3着
年明け1戦目2着 ボールドエンペラー +0 毎日杯3着   皐月6着
年明け2戦目1着 ナリタトップロード +0 弥生1着     皐月3着
年明け2戦目2着 エリモブライアン  -2 スプリング10着 皐月6着
年明け2戦目1着 アグネスゴールド  +0 スプリング1着 骨折回避
年明け2戦目1着 メジロマイヤー   皐月直行      皐月18着
年明け2戦目2着 サイレントディール 皐月直行      皐月6着
年明け2戦目1着 マイネルブルック  皐月直行      皐月8着
年明け2戦目2着 ブラックタイド   -2スプリング1着 皐月16着
年明け3戦目1着 コンゴウリキシオー +6 毎日杯3着   皐月16着
年明け1戦目1着 アサクサキングス   皐月直行    皐月7着
年明け1戦目2着 ナムラマース   +4 毎日杯1着    皐月11着
年明け1戦目1着 レインボーペガサス -4 スプリング7着  皐月5着
年明け2戦目2着 スマイルジャック  -10 スプリング1着 皐月9着
年明け1戦目1着リーチザクラウン  皐月直行    皐月13着
年明け2戦目2着リクエストソング -2 スプリング7着  皐月6着
年明け2戦目2着ネオヴァンドーム  皐月直行   皐月17着
年明け1戦目2着レーヴドリアン   皐月直行   皐月9着
年明け1戦目1着トーセンラー    皐月直行    皐月7着
年明け2戦目1着ワールドエース  -8 若葉S(OP)  皐月賞??


年明け3戦目できさらぎ賞を連対、使いすぎ 
マイネルフリッセ ツジユートピアン シンホリスキー コンゴウリキシオー

年明け2戦目できさらぎ賞を連対して1800M以上のレース1着で馬体重にプラスが無い
(0.0.2.3)
年明け3戦目1着 シンホリスキー   +0 スプリング1着 皐月15着
年明け2戦目1着 ナリタトップロード 弥生賞0で皐月賞3着
年明け2戦目1着 スペシャルウィーク 弥生賞-6で皐月賞3着
年明け2戦目2着 ブラックタイド   -2スプリング1着 皐月16着
年明け2戦目2着 スマイルジャック  -10 スプリング1着 皐月9着

皐月直行。[0.0.0.8]
メジロマイヤー サイレントディール マイネルブルック アサクサキングス リーチザ

クラウン ネオヴァンドーム レーヴドリアン トーセンラー

次のレースで3着以下は問題外
(0.0.0.8) ツジユートピアン エリモブライアン マイネルフリッセ サムソンビッグ
イイデライナー テイエムロケット レインボーペガサス リクエストソング

きさらぎ賞の次に毎日杯出走馬は1着でも(0.0.0.4)テイエムトップダン ボールドエン

ペラー コンゴウリキシオー ナムラマース

今年のワールドエースは
年明け2戦目できさらぎ賞を連対して1800M以上のレース1着で馬体重にプラスが無い
に該当する。
スペシャルウィークでも3着だった。
ダービーは勝つかも知れないが皐月賞ではやばそうだ。

回顧 第72回 桜花賞(GI) ハズレ 

12.7 - 10.9 - 11.3 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.0 - 12.2
5F59.3 1.34.6 平均ペース

ジョワドヴィーヴルは後ろから三番目は良かったと思う。
第72回 桜花賞(GI).ts_000030663
直線でアイムユアーズとヴィルシーナが先に抜け出していた。
ジョワドヴィーヴルは最初から大外直線一気
第72回 桜花賞(GI).ts_000073306第72回 桜花賞(GI).ts_000077911
ジェンティルドンナは少し遅れて仕掛けてから早かった。
坂下から一気に先頭にでてしまった。
第72回 桜花賞(GI).ts_000089823第72回 桜花賞(GI).ts_000086186
勢いそのまま1着でゴールだった。
第72回 桜花賞(GI).ts_000094160第72回 桜花賞(GI).ts_000095495

平均ペースで前にいた馬はほぼ全滅
パワーのいる馬場で前にいれば有利というわけでもなかった。
ヴィルシーナだけ前にいた馬のなかで残って2着は強い
これはオークスでかなり有力だ。

ジョワドヴィーヴルは馬体の成長がなかったようだ
パワー不足なのか、キレがなかった。

ジェンティルドンナは最速の上がりで勝ってまだ余裕がありそう
オークスも勝ってしまうかもしれない。

アイムユアーズは距離が伸びたら微妙な血統だ
オークスではいらないかも。

パララサルーは一番後ろから行きすぎ
直線で前に壁ができて更に外にだしている
糞騎乗すぎた。
3Fで34.4の脚は使っているがこれでは勝負にならない。
これはオークスでもういちど買おう

阪神JF組以外で1.2着が着てしまった
予想の読みの方向性はあっていたのだがパララサルー買うならヴィルシーナも買わないと駄目だった
なんで切ってしまったのだろうか、アホだ

第72回 桜花賞(GI) 

阪神が改修されてから阪神JFの勝ち馬が負かした馬に負けることはあまりない。

ウオッカが2着に負けたが阪神JF以外から来たダイワスカーレット
トールポピーが8着に負けレジネッタに逆転負け。
ブエナビスタ1着 2着は阪神JF以外
アパパネ1着 2着は阪神JF以外
レーヴディソールは不出走2着だったホエールキャプチャが2着 1着は阪神JF以外

今回のジョワドヴィーヴルは2戦目でG1を勝ち
2着には2馬身以上つける圧勝だった。
阪神JF組に桜花賞で負けるとは思えない。

◎ジェンティルドンナ
牡馬相手のシンザン記念で1馬身つけて楽勝
1.34.3のタイムはかなり優秀
チューリップ賞は案外動かなかったが、本番前の仕上げ
今回は栗東坂路で53.6
熱発明けの前回より、かなり動きも良くなっている。
今回はシンザン記念のように前につけて抜け出す競馬をやるはずだ。
ジョワドヴィーヴル逆転は十分ありえる。

○ジョワドヴィーヴル
まともに走れば、相当強い
調教も今回は弾むように動いているし調子はかなり上がっている。
阪神JF組に逆転はないと見ている

▲パララサルー
中山で外から差してくる直線一気タイプ
パワーだけなら3歳牝馬で一番だろう。
不良馬場の中山で止まらないのだから阪神外回りは絶対にいいはずだ。
馬場が悪いレースばかりで高速タイムを経験できてないのが不安だが
今年のメンバーではスローペースで高速決着になりそうもない。
ほんとに強ければペース関係ない

馬連
10-17 1500
05-17 300
05-10 200

回顧 第56回 産経大阪杯(GII) ハズレ 

13.2 - 12.2 - 13.7 - 13.2 - 12.9 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 12.2
5F65.2 超スローペース
ちょっと時計が掛かる馬場だがさすがに遅すぎる。
最後の3F11.9 - 11.2 - 12.2
4コーナーまで集団できて上がりだけのレースだった。

フェデラリストは絶好の位置だった。
直線で抜け出してきたときはもう勝ったと思った。
第56回 産経大阪杯(GII).ts_000099732第56回 産経大阪杯(GII).ts_000108174
この辺りまでは馬券は的中だった。
第56回 産経大阪杯(GII).ts_000119953
外からショウナンマイティが物凄い末脚で差しきったので驚いた。
おかげで馬券はハズレになってしまった(´・ω・`)ショボーン
第56回 産経大阪杯(GII).ts_000123990第56回 産経大阪杯(GII).ts_000126426

あまりにペースが遅すぎてみんな余力があって35秒を使っているのだが
ショウナンマイティだけ34.3は凄いキレだった。

フェデラリストは自分の競馬をやってまけたのだから仕方ない。
トーセンジョーダンはスローペースで逃げて3着はショボイ
仕上げ不足だったのか、伸びなかった。
アーネストリーはもう終わってしまった感じだ
ローズキングダムは復活気配だが毎回この程度で次から酷くなる
ナカヤマナイトまだG3クラスだったな
あと1F長い気がする。

第56回 産経大阪杯(GII) 

◎フェデラリスト
中山記念は重馬場で1.47.3
12.8 - 11.8 - 11.4 - 11.4 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 13.2
緩みがない一貫した11秒ペースでスタミナ、パワー、末脚のキレすべてが試されるレース
最後1F13.2で失速したシルポートを一頭だけ物凄い末脚で差しきった。
G1で勝負になる。
初コースだが先行して抜けるタイプなので問題ない

○ナカヤマナイト
1800くらいが良い馬
不良の2200は長かった
良馬場なら2000も問題ない
ディセンバーSで後ろから物凄い追い込みをしたあたりから
馬が変わった。

▲トーセンジョーダン
小回りは札幌で勝っている
休み明けも結構問題なく走る
普通に能力を出し切れば勝つ馬だ

馬連 2点
02-06 500
01-06 500
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ