競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年19戦3的中
-8220

第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

回顧 第79回 東京優駿(GI) はずれ 

12.8 - 10.8 - 12.0 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 11.7 - 12.0 - 12.4
5F59.1 2.23.8

スタートしてすぐディープブリランテはちょっと行きたがっていた。
2コーナーを回ったところで折り合った。
第79回 東京優駿(GI).ts_000013913第79回 東京優駿(GI).ts_000083650
ワールドエース、ゴールドシップは中段
第79回 東京優駿(GI).ts_000069402
直線では逃げ粘るトーセンホマレボシをディープブリランテが交わして
早めに先頭だった。
ゴール前はギリギリだったが岩田がよく粘らせた。
フェノーメノは位置も完璧末脚も抜群のタイミングだったが少しだけ届かなかった。
ワールドエースもゴールドシップも差を詰めてきているが
今回の馬場は前に行った馬が止まらないので位置が後ろ過ぎた。
第79回 東京優駿(GI).ts_000123957第79回 東京優駿(GI).ts_000145211第79回 東京優駿(GI).ts_000147881

タイムはオークスより遅いがそれはタイムが掛かるパワー馬場になっていた。
上がりは早くても全体時計だと遅いレースがほとんどだった。
瞬発力だけでは駄目でパワータイプの馬がよく連に絡んでいた。

ディープブリランテは折り合わないと思ったのに上手いこと折り合っていた。
岩田がずっとついてコントロールできるようになっていたんだなぁ
1ヶ月で馬は凄い成長するものだ
スピードとパワーで押し切るタイプで2400はギリギリ
菊花賞3000よりは天皇賞秋のほうがいいだろう。

トーセンホマレボシは逃げに近い位置でいってよく3着に粘った
凄いスタミナだったが、ウィリアムズの腕もある。

ワールドエースは普通に走るだけではダービーは勝てない。
位置取りも後ろ過ぎたし、馬場も合わない
この馬は軽い馬場の瞬発力勝負で強いタイプ
京都の芝のほうが断然いい。
福永は牡馬のG1だと駄目だ
今年は1番人気で飛びすぎ
福永+ノーザン系の1番人気では信頼できん。

ゴールドシップも前半から前にいけなかった。
これで位置が後ろになってしまったのが駄目だった。

フェノーメノは相当強くなっていた
東京では連対100%広いコースではめちゃめちゃ強い
菊花賞の最有力になった。

コスモオオゾラはもっと早めに動かないと駄目だ。
上がりでワールドエースに勝てるわけがないのに無駄に溜めてしまった
この馬にウィリアムズが乗っていたら3着はあっただろう
柴田大知は勝ちにいかないと駄目だろ。

馬券は大はずれで終わった。
まったくアタラネーゼ。
スポンサーサイト

第79回 東京優駿(GI) 

◎ワールドエース
皐月賞の大外と最内では5馬身くらい差があった
ゴールで2馬身差ならよく伸びている。
東京の長い直線になれば小回りで大外まで振られるような競馬にはならない。

○ゴールドシップ
皐月賞で内側をまわって楽勝だった。
共同通信では33.3で早い上がりにも対応できる。
末脚の持続力で追い込んでくるタイプなので
あまりにスローだと追い込みきれないかもしれないが
内田なら早めに動いて末脚を使い切るだろう。

▲コスモオオゾラ
共同通信でぼろ負けしたあと弥生賞を勝ったとき馬場に恵まれたと思ったが
皐月賞でも4着だった。
パワータイプで末脚の持続力は相当な物がある。
ほかより早めに先頭にでれば持続力を発揮して勝負になるはず
柴田大知が自分で動いていく度胸があるか試される。

△ヒストリカル
きさらぎ賞で32.8
瞬発力だけならワールドエースを超える

グランデッツァは2000Mになると末脚が甘くなる
末脚の持続力がないので小回りコースでは強い
東京の直線は良くない。

ディープブリランテは能力は凄いのだが折り合いが付かない。
スピードがありサイレンススズカのような馬だが古馬になって気性が落ち着くまでは
2000以上では厳しい。

馬連
06-08 1200
02-08 400
07-08 200

回顧 第73回 優駿牝馬(GI) はずれ 

12.6 - 10.9 - 11.6 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 12.4 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 11.8 - 11.8
5F59.1 2.23.6 タイムは凄い優秀だった。
3歳牝馬の2400で5F59.1は早い。
有る程度ペースが流れたので折り合いに苦労する馬はほとんどいなかった。

ヴィルシーナは前の集団、5馬身くらい後ろの外にジェンティルドンナがいた。
第73回 優駿牝馬(GI).ts_000065632第73回 優駿牝馬(GI).ts_000073706
直線に入ってからヴィルシーナが先に仕掛けて
追いまくっているのになかなか出てこない
第73回 優駿牝馬(GI).ts_000116316第73回 優駿牝馬(GI).ts_000122655
ミッドサマーの横から上がってきたジェンティルドンナが仕掛けてから
凄い加速であっという間に先頭そしてぶっちぎりの5馬身だった。
ミッドサマーフェアは坂下あたりでおしまい、画面の外に消えていった。
第73回 優駿牝馬(GI).ts_000127527第73回 優駿牝馬(GI).ts_000131831第73回 優駿牝馬(GI).ts_000134334

終わってみたら桜花賞馬が圧倒的に強かった。
3F34.2は2番目に早い馬が35.2で、1秒早いのだから瞬発力は3歳牝馬で抜けている。
2400Mで大外に回して坂下から5馬身は強すぎた。
パドックで暴れていても、凄いスタミナがある。
これは3冠馬になれるかもしれない。

ヴィルシーナは力を出し切ったが相手が強すぎただけだ。
ペースも速いしスローの上がり勝負よりはよかったはずだ。

ミッドサマーフェアはなんであんなに伸びがなかったのかわからない。
フローラSで+10キロで33.4なんて上がりを使って筋肉疲労が来ていたのか?
調教も48秒台なんて美穂の坂路では最速は強くやりすぎたのかもしれない。
アイスフォーリスが3位なのだから負けすぎだ。

馬券はタテ目押さえてないから外れだし悲惨だ。

第73回 優駿牝馬(GI) 

◎ミッドサマーフェア
君子蘭賞は重馬場でも突き抜けるようなパワーとスタミナを証明
フローラSは上がり33.4で楽勝の瞬発力
前の位置につけても同じような脚が使える
このタイプは2400になってもまず崩れない。
クイーンCのように後ろから行ったら駄目だが、蛯名ならまず中段あたりにつけるだろう。

○ジェンティルドンナ
桜花賞のタイムが遅いといわれているが
あのときの阪神はパワーがいる馬場だった。
34.3の最速の上がりで勝ったのだから強い。
軽い馬場なら2400も問題ないと思う。

▲ヴィルシーナ
桜花賞で5F59.3で早めに仕掛けて
持続力で2着まで粘ったのは強い。
こっちは東京コースで距離が伸びたほうがいい。

△メイショウスザンナ
桜花賞で5着
アイムユアーズの後ろからいけばよかったのに
外に出そうとして前に入られていた。
瞬発力がないので抜け出すまでに時間が掛かった
持続するタイプなので距離が伸びたほうがいい。
広いコースで早めに動いていけば2着はあるかも。

△トーセンベニザクラ
調教だけはすごくいい。
母系はホワイトマズルにリアルシャダイ
スタミナは一番の血統

アイムユアーズはファルブラヴ産なので厳しい
桜花賞もタイムが遅いから上位にこれたが2400では血統と体系的短距離馬では誤魔化しはできない。
ウィリアムズでもさすがに馬の体系的限界は無理だろう。

馬連 1800円
08-09 1000
08-14 500
05-08 200
08-17 100

回顧 第7回 ヴィクトリアマイル(GI) ハズレ 

回顧を書くのをすっかりわすれていた。

12.2 - 10.9 - 11.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.2 - 11.5
5F58.2はマイルとしては平均ペース。
しかし馬場が軽いのか3F34.2の高速の上がり勝負

3番手にいたホエールキャプチャが33.8
2番手にいたドナウブルーが34.1
こんな上がりでゴール前で加速しているのだから後ろの馬は厳しい。
マルセリーナが33.5で伸びてきて3着だが
これは最短コースの内側を回ってきたのでできたこと。
外をまわった馬は全滅した。

アパパネはいい感じで走っていたが最後の3Fで抜け出せなかった。
昔のように抜け出せる脚がもう使えないのだろう。
去年の1.31.9でそのあと安田記念でも1.32.2で走ったダメージはかなり大きかった
あの時点で終わりかけていたのだろう。

どこのコースでも1.32秒前半で走れば馬も疲労する。
JRAはタイムがでればいいとでも思っているのだろうか?
天皇賞出走馬が次々に故障しているし、高速馬場にしすぎは良くない。

第7回 ヴィクトリアマイル(GI) 

◎アパパネ
去年は1勝だけだが
エリザベスで3着ならぜんぜん終わってない。
負けたレースは牡馬相手に56キロか57キロ
阪神牝馬Sは56キロで1400の距離が短かった。
55キロで牝馬同士ならまだ大丈夫だ。

○アプリコットフィズ
キャピタルSでガルボを負かしている
1.32.9でタイムも優秀
このときの走りができるなら十分勝負になる。

▲ホエールキャプチャ
3冠で勝てなかったが安定はしていた。
中山牝馬は18番から前につけるために無理をしたので
最後の伸びがなかった。
今回は調教もよくなっている。
前につけて伸びるタイプで今回逃げ馬がいない
スローになるほど有利になる。

△マルセリーナ
56キロで阪神牝馬2着は価値がある
今回は55キロで直線が長い東京コース
久々に勝負になる条件だ。

△オールザットジャズ
東京と新潟でやたら強いタニノギムレット産駒
中山牝馬は坂下からスパートしてから一頭だけ伸びが違った
福島牝馬は早めに先頭で最後は流して勝った。
エリザベスで15着にぼろ負けしたときとは別馬になった。

△アスカトップレディ
京都金杯3着、京都牝馬3着、福島牝馬4着
勝ちきれないので今回も3着かもしれないが、最後の末脚は結構いい
18番で後ろから行くしかない
展開が嵌ってくれれば2着まであるかもしれない。

馬連 1400円
07-12   400
01-07   300
07-14   300
07-11   300
07-18   100


回顧 第17回 NHKマイルカップ(GI) ハズレ 

12.1 - 11.0 - 12.0 - 12.2 - 12.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7
3F35.1 5F59.9 1.34.5

超スローだったので、スタートで出遅れた馬はいきなり終わった。
本命ブライトラインも後ろから二番目で直線一気の形になってしまった。
5Fで59.9って2000Mのミドルペースくらいだから1600としては遅すぎる。
これで逃げたカレンブラックヒルは楽だった。
第17回 NHKマイルカップ(GI).ts_000012425第17回 NHKマイルカップ(GI).ts_000020766
最短コースから早めに抜け出してそのまま
第17回 NHKマイルカップ(GI).ts_000067647第17回 NHKマイルカップ(GI).ts_000086699
ゴールでは3馬身つけて楽勝だった。
第17回 NHKマイルカップ(GI).ts_000098744

終わってみればタイムが糞
1.34.5ってOPレベル。
これはG1とは思えない。

中山になったNZTの勝ち馬が初めてNHKマイルも勝ったが
カレンブラックヒルは3戦しかしてなくて疲労がなかったのと
エイシンツルギザンのときと同じで1.34秒台の遅い決着でレベルが糞だったから勝てたとしか思えない。
しかも雨が降った影響なのかNHKマイルは内しか伸びない変な馬場だった。

アルフレードはウィリアムズが乗って2着は限界なのだろう。
成長が無い。

マウントシャスタも時計的裏づけがない人気馬
それほど強くなかった。

マイネルロブストは雨の影響なのか?
よくわからんぼろ負け続きだ。
休養さてたほうがいい。

予想の段階で自信がなかったので小額にしといてよかった。
最近G1が糞レースばっかだ。
皐月は内田以外が大外ぶんまわし
天皇賞は大逃げ
NHKは糞スローの逃げきり
まともなレースがないじゃないか。

第17回 NHKマイルカップ(GI) 

NZTが中山に変わってから勝ち馬はNHKマイルで0.1.0.9
カレンブラックヒルは今回調教が軽いのは疲労があったのだろう。

マウントシャスタも微妙
毎日杯で坂下から一気に先頭にでてそのまま勝てそうだったが
ヒストリカルの末脚にやられた。
スピルバーグを負かしているので今回の相手なら何とかなるかな?
ただし時計的な裏づけが何もない。
ダノンシャンティのような瞬発力も無い。
ディープスカイのような圧倒的な勝ち方でもない。

◎ブライトライン
ファルコンSが強すぎる
5F59.6なのでスローペース
それを後ろから3番目くらいから直線一番外にもっていって
楽々差しきってしまった。
左回りは別馬のように走る。
NZTは、前が邪魔になって追い出しが遅れ、差しきれなかったが
最後の末脚は素晴らしかった。
最近2戦で末脚の持続力に瞬発力まで強化されてかなりパワーアップした。

○マウントシャスタ
毎日杯で負かしたスピルバーグがプリンシパルを勝った
レベルがある程度高いレースだった。

▲マイネルロブスト
札幌2歳でゴールドシップとは互角だった馬
能力さえ発揮できれば、強いはず。
一発逆転があるならこの馬だと思う。
手広く流す。
△メジャーアスリート
△レオアクティブ
△モンストール
△セイクレットレーヴ
△ジャスタウェイ
△ガンジス
△アルフレード

馬連 1000円
01-10 100
03-10 100
04-10 100
08-10 200
09-10 100
10-11 100
10-14 100
10-16 100
10-17 100
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
疲れたときは
月別アーカイブ