競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年15戦2的中
-8480

第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

スプリンターズステークス(GI) 

スプリンターズSを連覇するのは大変な事だ。
サクラバクシンオーしかいない。

カレンチャンはセントウルでそこそこに負けて4着
+26キロの馬体だったからと思えるが、負け方が坂で失速したみたいな感じ
それだけが気になる。

◎エピセアローム
前走の勝ち方は凄く強かった
短距離で古馬相手に2戦目でG1馬を負かしてしまうのだから凄い
1200では2.1.0.0
斤量が53キロに増えるが春は54ではしてったので問題ない。
調教は使ってさらに良くなっているように見える。


○ロードカナロア
調教が凄くいい勝つために相当仕上げてる
ある程度先行できて抜け出す脚がある
中山にぴったりじゃないかな。
セントウルで坂も克服した。

▲カレンチャン
斤量が軽くなるし叩き2戦目で上積みがあるはず
普通に走れば連ははずれないはずだ。

△パドトロワ
夏になって2連勝
逃げたほうが断然強い
去年2着だがあのときよりは強くなっている。

△ダッシャーゴーゴー
この馬も調子をもどしてきた。
降着になったが実質スプリンターズSで2着馬だ

11-15 200
13-15 200
14-15 300
15-16 300
スポンサーサイト

神戸新聞杯 オールカマー どっちもハズレ (´・ω・`)ショボーン 

神戸のほうは
ゴールドシップが一頭だけすごい強さだった
最後の4F 11.6 - 11.7 - 11.6 - 12.5
11秒で早くなっているところで外からまくっていってそのまま突き抜けて終わり。
最後流していた。

菊花賞では坂もなくなるし
今回の競馬ができるなら菊花賞は勝つだろう。
負けるとしたら逃げ馬が残るような超スローだけだろう。

オールカマーは馬場が悪くてもナカヤマナイトは強かった。
ルルーシュは内枠でうまく最短コース走りながら4着はしょぼい。
やはりまだG2の馬ではない。

どっちのレースも相手が抜けて外れてしまった
最悪だ。

第60回 神戸新聞杯(GII) 

マウントシャスタが人気だが
この馬そんなに強いか?
調教だけは確かによかったが、ゴールドシップ以上に強いとは思えない。

◎ゴールドシップ
長い直線でもしっかり伸びてくる
ダービーの1.2.3.4はでていない
普通に走れば勝てるはずだ。

○カポーティスター
1000万で2着1.58.5も優秀
叩き二戦目でもっとよくなる。
長距離適正は高いので菊花賞に出したいはず
権利を狙ってくるだろう。

▲ベールドインパクト
ダービー0.6差
この馬も長い距離のほうがいいタイプ

△マウントシャスタ
宝塚5着なので一応押さえ
距離適正は2000くらいだろう

△ヒストリカル
瞬発力だけなら世代1くらいの物がある
ちょっと調教がよくなかったのが気になる
この馬もベストは中距離だろう。


馬単
04-14 200 
07-14 200 
09-14 200 
11-14 500 

第58回 産経賞オールカマー(GII) 

セントライトでステイゴールド産が勝ったが
2200とか中途半端なコースでやたら強い

◎ナカヤマナイトだけがステイゴールド産駒
この馬は中山では強い[2.2.0.0]
AJCCはルーラーシップが強すぎたが、今回ルルーシュ程度が1番人気レベルが低いレースだ
調教も休み明けだがかなりいい動き
普通に走れば勝てるだろう。

○コスモラピュタ
天の川Sで逃げた馬を追いかけていって
直線突き放して楽勝だった。
ロージズインメイ産駒は時計勝負では良くない
今回のレースはたぶんスロー
2番手でいけるこの馬には展開もコースも合っている。

▲ダコール
釜山Sで34.1の末脚で楽勝
ほとんど追ってない。
本格化したと思っていい。

△ユニバーサルバンク
天皇賞で6着 ジャガーメイルあたりとは0.4差しかなかった
今回の相手なら十分連はある。

△ルルーシュは勝ってきた相手がしょぼすぎる
今回は強敵がいっぱいいる
危険な1番人気なので押さえ

馬連 1000円
02-13 300
09-13 200
08-13 200
04-13 300

第66回 セントライト記念(GII) 大外れ ヽ(`Д´)ノ 

12.4 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.8 - 12.4 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.8
5Fで60.2だがそこから秒凄い厳しいペースだった。
11秒が連発で、これでは逃げたニューダイナスティは厳しい
スタミナと持続力が相当必要なレースだった。

フェノーメノは後半11秒連続の厳しいペースなのに
徐々に場所をあげながら
最後は抜け出してゴールしたのだから強すぎた。
これだけのスタミナがあれば菊花賞で上位間違いない。

穴狙いでニューダイナスティにいったが
まさかここまできついペースだとどうにもならない。
最後は完全に止まっていた。

スカイディグニティが2着にきたが3F34.2
前がやりあってきつかったので嵌ったのだろう。
この馬瞬発力はあるがあまり持続しない
京都の長い直線では微妙だ。

馬券は大外れ最悪
買わないと当たるのに買うと外れる

第66回 セントライト記念(GII) 

ローズSはジェンティルドンナが先行して勝ってしまった
京都の内回りを想定しての先行したのだろう
これでほぼ3冠確定したようなものだ。

牡馬は混戦だ。
セントライトも波乱もありえる。
◎ニューダイナスティ
2.11.0は相当いいタイムだった。
じぶんで逃げて出したタイムで引っ張られたとかではないので力をつけた証拠だ。
しかも楽々と古馬相手に勝ってしまった。
中山で逃げたら捕まえるのは大変だ。
あとは坂を克服できるかどうかだろう。
有力どころは休み明け、この馬は勝たないと出れないかもしれない
最低でも権利は確保しにしくる強気な競馬をするはずだ。
軸で勝負だ。

○エタンダール
青葉賞で2着ダービー8着
そこそこに強かった。
中山でもこの馬は先行できるので問題ない。

▲フェノーメノ
中山で負けた二回は馬場が悪かったり
ごちゃごちゃしたところで走れなかったり
位置取りが後ろになるのでどうしても不利がある
能力は高いので先行できたら勝てるだろう

△ベストディール
京成杯で外をまわって差しきった
かなり強い馬だった
成長があればまずここでも勝負になる馬だ。

05-12 500
01-05 300
05-08 200

関西テレビ放送賞ローズステークス(GII) 

過去にオークスを勝って直行してきた馬が負けているレースだが
今年はメンバーが弱すぎる
◎ジェンティルドンナ
ダービーより早いタイムで勝ったオークス
しかも楽々と5馬身ぶっちぎってしまったのだから凄い牝馬だった。
父ディープインパクトのような勝ち方
今年の3歳で一番強かったんじゃないのかと思っている。
阪神外周りで桜花賞より1F長いだけ。
調教は抜群にいい動きだった。
欠点は見つからない。
ここで負けるとはとても思えない。


ヴィルシーナ
この馬が勝つには超スローしかないだろう

オッズが低い見るレースだ。
買うな単か3連単でジェンティルドンナ1着固定しかない。


セントウルステークス(GII) 


◎カレンチャン
1200では重馬場と香港以外は3着以内
今回もそれほど強敵はいない
斤量56キロとの戦いだ。

○マジンプロスパー
今回のメンバーでは買わないといけない。
ちょっと時計が掛かったほうがいいタイプなので7秒台になると微妙かも。

△ロードカナロア
強いのだが、函館SSが嫌な負け方だった。
しかも坂コースではほとんど走ってないので不安がある

△サンカルロ
一発はあるのだが、あとちょっとG1で足りない
末脚勝負タイプなので展開しだい。

△エーシンヴァーゴウ
まともに走れば能力が相当高いのだが
最近はぼろ負け続きだ。
坂コースの1200ではG1で3着もある。
人気が落ちてきた今回あたり狙ってみたい。

馬連
02-06 100
03-06 300
06-09 500
06-10 100

京成杯オータムハンデキャップ(GIII) 

開幕週の中山 内枠の先行馬が絶対に有利だ。

今回はコスモセンサーが行くだろう。
安田記念の56.3を4番手でいって最後3着まで粘ったのだから
相当能力が上がっている。
今回は休み明けで57.5だが、相手が弱い
上手く先行できればそのまま粘りこみで勝てるだろう。

あとは他の馬がどこまでついてこれるかだけだ。

コスモセンサーの単 500

最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ