競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

Author:sairesu


2017年7戦1的中
-2880

第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第146回 天皇賞(秋)(GI) ハズレ 



予想ははずれたが、デムーロが膝ついて天皇陛下に敬礼しているのは感動した。

12.5 - 11.2 - 11.1 - 11.2 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 12.8 - 11.8
前半からシルポートが飛ばしていって5F57.3
2番手は8馬身くらい離していたので後ろは59秒くらいだろうか
最後の3F12.0 - 12.8 - 11.8
12.8はシルポートが失速しながら直線はしっていたところだが
エイシンフラッシュは3F33.1
後ろの馬はこのあたりでたぶん11.1-11.0-11.0くらいであがっているのだから
実質超スローの上がりレースだった。
この上がりだけのレースになると
キングカメハメハと同じタイプのKing's Bestは強い。
直線だけの爆発力勝負はダービーと同じ展開だった。

フェノーメノは長く持続するタイプで一瞬の加速力勝負では良くない。
最内ぴったりを走った馬と外にだしていった差もでた。

ルーラーシップは位置が後ろ過ぎた。
もったいない競馬をしたものだ。
中段にいたら勝っていただろう。

カレンブラックヒルは距離だろう

馬券は今度は1着が抜けてしまった。
まさかデムーロで勝たれるとはやっぱ外人が乗ると馬が変わるな。
スポンサーサイト

第146回 天皇賞(秋)(GI) 

どれを軸にするか迷ったが、東京で3.1.0.0 ◎フェノーメノ
ダービー外によれなければ勝っていただろう。
東京コースではめちゃくちゃ強い
調教ではセントライトよりかなり良くなっている。
去年のような1.56秒台じゃなければ対応できるだろう。

○ルーラーシップ
調教の動きは宝塚とそれほどわからないので問題ない仕上がりだろう。
キングカメハメハ産はスローの上がりで強い馬が多い
この馬は結構持続力があるので出遅れてまくっていったり
上がりの掛かる競馬でも伸びてくる
オルフェーヴルがいないのだから2着はきてほしいところだ。

▲カレンブラックヒル
毎日王冠も勝つとはおもわなかった
56キロで休み明けの余裕がある状態で古馬のG1馬等を簡単に負かしたのだから
この馬相当強いのかもしれない。
今回調教がすごくよくなっていたのだから買うしかない。
問題は距離が伸びてどうかだけだ。

△ジャスタウェイ
毎日王冠で2着は驚いた
いままで一番後ろから直線だけの馬が
中段から最速の上がりで伸びてきた
秋になってパワーアップしている。

馬連
04-06 1000
04-16 700
04-11 300

第73回 菊花賞(GI)ハズレ 

またアタラネーゼ
スカイディグニティをセントライトは嵌っただけだと切ったら2着
先週はオッズがつかないとかいってヴィルシーナ切ったら2着
完全に馬券下手だ
ここに書いた買い目かわないほうがいい。
本気で予想してこのレベルは逆神だ。

13.0 - 11.9 - 12.2 - 12.2 - 11.6 - 11.6 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 11.9 - 11.8 - 12.4
13秒がスタートしかないのだからなかなか厳しいレースだった。

前半から11.9 - 12.2 - 12.2 - 11.6 - 11.6 -で結構早い
1週目で12.6 - 12.5 - 12.3 - 12.2と本来ここは13秒くらいのペースが並ぶところだが
ほとんど緩まない。
これで3コーナーからゴールドシップが早めにまくってきたのでは
息が持たないので潰されてしまった。
上位にきたのはゴールドシップの仕掛けにあわせて動いた馬だけ。

ゴールドシップは前半一番後ろで4コーナーにかけてどんどんあがっていった。
12.2 - 11.9 - 11.8 - 12.4ここであがっていったので最後1Fはさすがに12.4と止まりかけた。
3F36秒も掛かっているのでスタミナがないと止まる。
ゴールドシップは自分で勝ちにいって勝ったのだから強かった。

ユウキソルジャーはやっぱ平坦だと走る。
ベールドインパクトは調教が一変していたが、まさか3着争いにはいってくるとは
この馬長距離適正はすごいかも。

ロードアクレイムは溜めて36.2では力負け

コスモオオゾラは休み明けで息が持たなかった。
3000は長すぎたかもしれない。

スカイディグニティは本物だった。
セントライトは嵌ったのだと思っていた。
やっぱブライアンズタイムは菊花賞で強いわ。
秋に突然強くなるのを忘れていた。

来週はさらに混戦の天皇賞だ
そっちのほうがあたるかもしれない。

第73回 菊花賞(GI) 

ダービーの1.2.3.4までがいなくなってしまった。
こうなるとゴールドシップで仕方ない。
神戸新聞杯も余裕残しで外から伸びて楽勝
阪神の2400で坂もまったく問題なし
今回の調教は神戸のときよりだいぶいい
位置取りと仕掛けさえ間違えなければまず負けようがない。

相手はとても難しい。
○タガノビッグバン
1000万で3馬身つけて楽々勝った
これだけ走るならゴールドシップ以外なら十分やれる。
2番手でいける先行力と坂でも止まらない持続力
菊花賞にぴったりだろう。

▲コスモオオゾラはダービーで6着
瞬発力より持続するタイプで3000で先行から早め先頭にでて押し切りにいけば
相当やれるはずだ。
しかも騎手が柴田大知から岩田だ
3000は騎手の能力もかなり大事

△ロードアクレイムはゴールドシップには完敗だったが
マウントシャスタを差しきった。
こっちのほうが長距離適正はあるだろう。

△ユウキソルジャーは平坦で2000以上なら3戦3勝
坂があると0.0.1.6
平坦京都の3000は合っている。

△エタンダールは休み明けでそこそこの競馬
微妙に毎回差してくるあたりはステイヤーかもしれない。
一回使って調教はかなりいい


フェデラルホールは3連勝だが相手が弱すぎる

スカイディグニティはセントライトが嵌った感じだ。
1000万の新潟で伸びなかったのは持続力がないのかもしれない。

馬単 2000円
01→06 1000
01→07 200
01→12 200
01→15 200
01→17 400

第17回 秋華賞(GI) ハズレ やっぱアタラネーゼ 

調教軽いとかいって切ったヴィルシーナが2着にきてハズレ
オッズが低いし切ったのだから仕方ない
アロマティコもきていたのになぁ

5F62秒の超スローでチェリーメドゥーサが途中で大逃げしたのでペースが緩まず面白いレースだった。
しかし、ジェンティルドンナは反応がかなり鈍かった
岩田が4コーナーから追いまくりで伸びてこないのかとおもった。
最後は直線で伸びてきたが、春のときのほうが反応がよかった。
次はエリザベスになるのかな?
京都の2200外回りのほうが絶対にいいだろう。

ヴィルシーナはパドックみたとき凄いいい体になっていた
調教軽かったが仕上がっていたのでやばいと思った。
今まで勝てなかったのはすべてジェンティルドンナがいたからであって
普通に牝馬の重賞なら勝てるだろう。

アロマティコがんばって追い込んできたがジェンティルドンナの後ろからでは駄目だ
最後は瞬発力の差で離されてしまった。

馬券は1.3着でハズレ (´・ω・`)ショボーン

第17回 秋華賞(GI) 

◎ジェンティルドンナ
3歳牝馬の中では能力が抜けている
普通に不利なく走れば勝って当たり前

○アイムユアーズ
クイーンSで古馬牝馬のOPクラスを撃破
この馬も相当強い
オークスは距離適正が合ってなかったのだが4着
今回は内回りの2000M
クイーンSの走りができれば連は確保できるだろう。

▲アロマティコ
小倉1000万で3コーナーからずっと外をあがっていって楽勝
阪神1600万ではスローで4コーナーで一番後ろ
そっから直線だけで3着で0.0
牡馬の古馬相手にこれだけやれたら十分
3歳牝馬限定なら勝負になるだろう。

△ミッドサマーフェア
疲れた状態でクイーンSで3着
そっから休養して今回は普通に仕上げてきた。
加速だけなら3歳世代でトップクラス
ジェンティルを見る形で直線どこまで迫れるかだろう。
前にいったらたぶん終わりだ。

ヴィルシーナは調教が軽すぎる。
勝つための調教には思えない。
オッズもつかないので切る

馬単 1000円
14→02 200
14→15 200
14→17 600

第17回 秋華賞(GI) 追い切り 

ヴィルシーナの追い切りが軽すぎる
ローズSで体が結構増えていたのでG1前だからもっとしっかりやるとおもったら
えらい軽い調教だった。

ジェンティルドンナはタイムはそれほどでもないが
まっすぐきれいに走っているし
力が前にしっかりと伝わるいい走りだ

アイムユアーズの調教は凄くいい
タイムも早いし勝つために仕上げてきたようだ。



最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
疲れたときは
月別アーカイブ