競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

Author:sairesu


2017年7戦1的中
-2880

第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第32回 ジャパンカップ(GI)ハズレ 

まさかオルフェーヴルが3歳牝馬に競り負けるとは思わなかった。
12.8 - 11.0 - 12.0 - 12.3 - 12.1 - 12.1 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.7 - 11.5 - 11.5
そこそこにペースは速かったのだが馬場が軽すぎて参考にならない。
上位の3Fが32.8 32.9 32.7 32.8と4着までが33.0より早い究極の上がり勝負だった。
こうなるとある程度前にいて温存できた方が断然有利

ジェンティルドンナはスタートから3番手につけて内側に入った。
去年のトーセンジョーダンをみているようなレースだった。
上がりの早いレースで3番手にいったのは完璧だった。

オルフェーヴルはスタート後馬の後ろにいれて
3コーナーから外をあがっていって直線で早めに前に出ていた。
このロスが最後の競り合いで負ける原因だろう。

オルフェーヴルは今まで瞬発力で負けた事がなかったのだが
それは全体の時計が遅いときか、パワー馬場だった。
今回全体時計が早い、上がりも早いレースになったもの良くなかった。
ステイゴールド産は一瞬のキレはあるが持続がしないのが多い。
この馬のその傾向がでてきたのかもしれない。
有馬記念の小回りコースでは問題ないだろう。
あとはまっすぐ走れるようにしないとだめだ。
よれ過ぎだ。
池添じゃだめだ。

馬券は馬単でいったので外れてしまった。
4歳牡馬が3歳牝馬に負けたのもショックだわ。
岩田の腕にやられた。
スポンサーサイト

第32回 ジャパンカップ(GI) 

このレースは4歳の牡馬でその年G1を勝って出てきた馬が勝っている
スペシャルウィーク
ゼンノロブロイ
ディープインパクト
テイエムオペラオー
アドマイヤムーン

今年は4歳牡馬が一頭だけでそれも3冠+有馬+宝塚を勝っている◎オルフェーヴルがいる。
4歳の充実した時期の3冠馬が負けるのは想像できない。
調教もしっかり動いているし、凱旋門を使って疲労が残った感じはない。
エイシンフラッシュ、ルーラーシップは有馬と宝塚で簡単に負かしてしまった。
勝負付けが終わっている。
普通に走ってくれば勝てるだろう。

○フェノーメノ
天皇賞秋で古馬とやって2着
エイシンフラッシュに負けてしまったが
相手は最内ぴったりを不利なく抜けてきたときに
外のほうに出していった差もある。
距離が伸びてレースの上がりが34.5くらいなら
この馬にもチャンスはある。

▲ジェンティルドンナ
オークスの走りをすればここでも通用してもいい
ジャパンカップは斤量が軽いので牝馬が昔から結構2着にきている
左回りの走りはディープインパクトのようだ。

△ダークシャドウ
休み明けのだった天皇賞の調教はなんか微妙だった
今回は、全体に動きが軽くなった感じで一回使って動きが変わった。
ダンス産だし距離が伸びたほうがいいだろう。

△エイシンフラッシュ
天皇賞を勝って出てきた馬は[3.2.3.2]最近10年だとほとんど3着以内
連勝でしたのは4歳馬3頭ゼンノロブロイ、テイエムオペラオー、スペシャルウィーク
2着はトーセンジョーダン、ブエナビスタ(1着降着)
3着はシンボリクリスエス、メイショウサムソン、ウオッカ
着外は3歳のバブルガムフェローとヘヴンリーロマンス

4歳で勝てばほとんど連勝悪くて3着。
5歳で勝ったので2着以下だがスローの上がり勝負なら
なんとか2着はありそうだ。

ルーラーシップは天皇賞の最後の追い込みは凄かったが
この馬は+18キロで厳しいレースをした反動が心配だ。
去年のペルーサにそっくりな状態。
ぶっとびもありえる。

馬単
17→15 1000 
17→04 1000
17→08 500
17→10 500

ジャパンカップ データ 


連対した馬が次の年でた場合[1.2.2.10]
連対した3頭
2着テイエムオペラオー
2着エアグルーヴ
1着ブエナビスタ
勝ったのはブエナビスタしかいない。
2着に負けた二頭を負かしたのは3歳馬だった。

該当
トーセンジョーダン
5歳で2着が6歳で着順をあげるのは無理だろう。
良くて2着が限界

前年JC出走で今年G1連対馬[4.2.3.2]

1着シンボリルドルフ天皇賞春1着、天皇賞秋2着
1着スペシャルウィーク天皇賞春1着、宝塚2着
2着テイエムオペラオー宝塚2着
3着シンボリクリスエス天皇賞秋1着
2着ハーツクライ宝塚2
3着ゼンノロブロイ天皇賞秋2着
3着メイショウサムソン天皇賞春1着、宝塚2着、天皇賞秋1着
1着ウオッカ安田記念1着
1着ブエナビスタ ヴィクトリアマイル2着宝塚2着

着外
ジャングルポケット 故障で完璧でなかった。
メイショウサムソン 凱旋門で終わりかけてた。
エイシンフラッシュ 池添だった。

今年の該当馬
エイシンフラッシュ 天皇賞秋1着
4歳でぼろ負け5歳で勝てるか?
ブエナビスタほどの強さはない。

トーセンジョーダン 天皇賞春2着
5歳で2着で6歳の今年はかなり厳しい

3歳出走馬で次の年、G1連対した馬[2.2.4.3]
シンボリルドルフ3歳3着     4歳1着 天皇賞1着 天皇賞秋2着
オグリキャップ 3歳3着     4歳2着 天皇賞秋2着 マイルCS
スペシャルウィーク3歳3着   4歳1着 天皇賞春秋 宝塚記念2着
バブルガムフェロー3歳13着  4歳3着 宝塚記念2着 天皇賞秋2着
ジャングルポケット3歳1着   4歳5着 天皇賞春2着 小回り中山コース 休み明け
シンボリクリスエス3歳3着   4歳3着 天皇賞秋1着 重馬場
ハーツクライ3歳10着       4歳2着 宝塚記念2着
メイショウサムソン3歳6着    4歳3着 天皇賞春1着 宝塚記念2着 天皇賞秋1着
ウオッカ3歳 4着        4歳3着 安田記念1着 天皇賞(秋)1着
ヴィクトワールピサ3歳3着    4歳13着 ドバイ1着 休み明けぶっつけで大敗。
エイシンフラッシュ3歳8着 4歳8着 天皇賞春2着 からすでに5歳に力負け。
 
4歳で出走、次の年着順が上がった馬はいなかったのだが
ウオッカで上がった。

オグリキャップ4歳2着 5歳11着
エアグルーヴ4歳2着 5歳2着
オペラオー 4歳1着 5歳2着
メイショウドトウ4歳2着 5歳5着
ゼンノロブロイ4歳1着 5歳3着
ハーツクライ 4歳2着 5歳10着
メイショウサムソン4歳3着 5歳6着
スクリーンヒーロー4歳1着 5歳13着
ウオッカ4歳3着  5歳1着 初めて4歳から5歳で着順が上がった。
オウケンブルースリ4歳2着 5歳7着
ブエナビスタ2着(1着)  5歳1着

該当
エイシンフラッシュ4歳8着
ローズキングダム4歳9着

エイシンフラッシュはここにも該当
確率的には連にこないほうが高い。


天皇賞を+10キロ以上で3着以内に来た馬は距離が伸びたら0.0.1.3
人気になるであろうルーラーシップが該当してしまう。
+18キロで3着になってしまった。
デブな状態で限界まで走ってしまうと疲労が残る
1600くらいなら問題ないが2400ではこれが効いてくる。

第29回 マイルチャンピオンシップ(GI) ハズレ 

馬場状態 勝ちタイムまでは予想とあっていたのだが
肝心の馬のほうがさっぱり

12.5 - 11.1 - 11.4 - 11.9 - 11.3 - 11.3 - 11.5 - 11.9
緩みがないペースで最後まで11秒台
馬場が湿っていてめちゃくちゃ外が伸びるわけでもない馬場
今回は後ろにいたらだめだ。

上位に来たのはある程度前に付けれる馬ばかり
前にて失速したのは単純に力不足

勝ったサダムパテックはうまく内側らか抜けてきた
うまく乗ったがこの馬がG1を勝てるほどの低レベルということだろう。

ストロングリターンはパドックで汗が落ちるほどなのでやばいと思った。
寒い時期であれだけ汗が落ちるのは相当消耗していただろう。
一応伸びてはいるがこの馬は東京のほうがいい。

グランプリボスは1番人気になるだけあってきっちり力を出し切った。
この馬は春より安定して走れるし強くなったなぁ

終わってみれば4歳馬が独占していた



第29回 マイルチャンピオンシップ(GI) 

明日は晴れるようだが、どこまで馬場が回復するかで結果も変わってくる。

東京の長い直線と違って下りからの加速で後ろからでもなんとかなる。
内側は不良で馬場がだいぶボロボロになっているので伸びないだろう
パワーのある差し馬を狙おう

◎ストロングリターン
この馬はパワーがあってスピードが持続する
毎日王冠では超スロー58キロで後ろから差してきてグランプリボスと0.0
今回は同じ斤量になる。
普通に走ればグランプリボスには負けないだろう。
調教はそこそこに動いている
春のときのすごい動きとはちょっと劣る。

○ガルボ
今年は重賞2勝で去年よりパワーアップしている
荒れ馬場は結構得意
一回つかって調教はすごくいい
狙ったローテーションできっちり仕上げてきた。

▲アイムユアーズ
3歳馬は今年強い
古馬のいまいちなのばっかだったら3歳のこの馬でも勝負になるだろう。
ファルブラヴ産パワータイプでスピード勝負はよくない
そのわりに距離が1800超えるとあまりよくない。
馬場がちょうど良く合う感じになると思う。

△レオアクティブ
スワンSでは不発だったが
京成杯で1.30.7のすごいタイムで走った反動だろう。
今回は調教もしっかり動いている。

△マルセリーナ
調教だけなら今回の出走馬で一番だろう
めちゃめちゃいい動きだった。
これは調教だけで買う。
桜花賞馬でもあり

△グランプリボス
出走馬で勝って出てきたのがこの馬だけ
安田記念で2着もある
問題は+10キロで勝ってしまった。
毎日王冠も合わせて+26だ。
デブのまま全力で走ったら反動がでる。
そこが不安だ。

馬連で縦目ガルボからも押さえ。
1100円
06-13 100
07-13 200
09-13 100
13-15 100
13-16 100
06-09 100
07-09 100
09-15 100
09-16 100

第37回 エリザベス女王杯(GI) 的中 

久々に当たった、でも+390円ってしょぼすぎー

タイムが2.16.3は相当馬場が悪くなっていたようだ
欧州のような時計だ。

ヴィルシーナは4コーナーにかけて捲くってきたエリンコートに前に出られて
そこから動き出そうとかなり騎手が追っていたがぜんぜん伸びていかなかった
伸びてこないのかとおもったがそこから伸びてきて2着
限界まで能力は出し切った感じだ
案外この馬パワーがない。
走りが綺麗だし荒れた馬場は良くないのかも。

レインボーダリアは札幌で上がりの掛かる展開で強い馬
この雨で馬場が重くなったので嵌った感じだ。

ピクシープリンセスは凄い追い込みだった。
この馬、かなり力を付けていた

オールザットジャズはやっぱ小回りコース専用なのかな
一旦抜け出したのだが、持続しなかった。
中山、京都2000、阪神内回りとか福島にでてきたら買おう

メンバーしょぼすぎてG1と思えないレースだった。

第37回 エリザベス女王杯(GI) 

土曜はビリから1着を当ててしまった。
ひどい予想だった。

◎ヴィルシーナが1番人気だが出走馬がしょぼすぎて仕方ない。
先行タイプで一番安定している。
54キロで軽くなる

このレースは古馬の牡馬と戦ってきた馬が強いレース
○フミノイマージンは札幌記念でダークシャドウを負かしている。
今回のレースでは一番強いと思う。

▲レインボーダリア
府中牝馬で32.9で4着
16番枠で外をずっと走ってスローペースで後ろになってしまったが
中段あたりにいけたらもっと接戦になっていたはずだ。
京都外回りはくだりから加速していける
この馬に合っているコースだ。

△マイネイサベル
スローの上がり勝負では強い
今回逃げ馬がいないのでスローペースだとこの馬でもなんとかなる。

△オールザットジャズは調教がめちゃめちゃ良くなった。
調子だけなら一番だと思う。

△ホエールキャプチャ
坂路で50秒台を出すのだから調子はいいようだ。
府中牝馬は休み明けで56キロで最後競馬をやめていた。
2200でスローペースで先行できる展開なら勝負になると思っている。

馬連
07-12 500
11-12 500
10-12 200
12-15 100
01-12 100

第48回 京王杯2歳ステークス(GII) 

◎ヴァンフレーシュ
カンナSで1.08.0
すでに古馬500万と互角以上のタイムだ
直線で5馬身くらい差をつけていて
最後は流してゴールだった。
この馬スピードだけなら相当な物がある。
牝馬がファンタジーでなく、ここを選んできたのだから
勝つ自信があるから出してきたと思いたい。

混戦なので軸をきめてここは手広くながすしかない。

○マイネルエテルネル
1600のスローで位置が後ろ過ぎた
スタミナもあまりなさそうだった
1400ならこの馬のスピードで押し切れるだろう。

△ラブリーデイ
1800で1.47.7は2歳の夏では優秀
どこまで仕上がっているかが問題
スピード競馬に対応できるかも問題がある。
力を出し切れるなら2着はあるかも

△テイエムイナズマ
勝ったがスローの上がり勝負で最後ギリギリだった
スピード勝負はよくないかもしれない。

△コスモシルバード
函館2歳で2着のあと1800でぼろ負けだが
1400になればへんな競馬にならないだろう。
追って伸びるタイプ1400で直線がながいのはいいはずだ。
△アットウィル
△カオスモス
この北海道組は騎手が強化されている
どっちも札幌函館で1.10秒台を出している
このパターンは穴でよく来る。

△ノウレッジ
新潟1600で1.33秒台で走った2歳馬はそのあと
ほとんどがだめになる。
そこだけが不安だ。

エーシントップは人気だが時計がしょぼい
1400で1.23.9ではだめだろう
負かしたタガノラルフはそのご2戦ぼろ負け
レベルが低い可能性が高い。

馬連 11-1.3.7.10.14.15.16 X100 700円

最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
疲れたときは
月別アーカイブ