競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年24戦3的中
-12320

第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

回顧 第147回 天皇賞(春)(GI)大ハズレ 

13.0 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 11.5 - 11.6 - 11.7 - 12.5 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 12.8 - 12.9 - 11.9 - 11.8 - 12.6

ほとんど緩みがない流れで前半から11秒でいってしまったら先行した馬は大失速もしかたない。
ムスカテールは外からあがっていってしまったので1週目の坂の下りで終わったと思った。

フェノーメノは4コーナーからあがっていって出口でほぼ先頭
これで直線突き放しているのだから強い。
3200でもまったく問題なかった。
これを切ってしまったのだから毎回思うが予想がへたくそすぎる。

トーセンラーも武豊がうまくのった。
折り合いもついてあがっていくタイミング等ほぼ完璧だろう
負けたのは馬の能力の差だ

レッドカドーが思った以上に強かったのでびっくりだ
緩い調教しかできないのに3着はすごいわ。

ゴールドシップは3コーナーの動き出すところから鈍かった
やっぱ調教が芝でなんか動きが重い感じがしたのだが疲労かな?

有馬記念を勝った馬は疲労残る。
次のレースが3000Mで連対したら駄目。
シルクジャスティス阪神大賞典(G2)2着 天皇賞4着
ナリタブライアン 阪神大賞典(G2)1着 壊れて出れず。
マヤノトップガン 阪神大賞典(G2)2着 天皇賞5着
オルフェーヴル  阪神大賞典(G2)2着 天皇賞11着
ゴールドシップ  阪神大賞典(G2)1着 天皇賞5着

有馬を勝ったら次のレースで3000は駄目だとよくわかった。
スポンサーサイト

第147回 天皇賞(春)(GI) 


4歳馬は前レース、勝っている(G1馬)(3.0.0.0)該当馬 
4歳シンボリルドルフ 1着 58キロ日経賞(G2)1着 天皇賞1着
4歳テイエムオペラオー3着 58キロ阪神大賞典1着 天皇賞1着 
4歳ディープインパクト2着 58キロ阪神大賞典1着 天皇賞1着
4歳 ゴールドシップ  1着 58キロ阪神大賞典1着 天皇??

◎ゴールドシップ
4歳で有馬記念を3着以内。
G1馬で阪神大賞典(GII)も無事に勝ってきた。
このパターンで出走できた馬は全部勝っている。
距離も問題なし58キロも経験した。
負けようがないだろう。

相手が難しい。
今年は去年の天皇賞上位がジャガーメイルだけ
有馬の上位は全部いない。

先行している馬はゴールドシップが速めに巻くってくるので
3コーナーから厳しい展開になってくる。

○トーセンラー
京都はコースが合っているのか強い
3勝すべてが京都コースだ。
菊花賞で3着もある

▲ムスカテール
2400以上[1.2.1.1]
長距離は結構強い。
去年から急に強くなって最近では3着以下はない

△カポーティスター
実績はないが調教がすごくいい状態
血統は長距離でいいタイプ

△レッドデイヴィス
この馬は能力は高いのだが気性が荒すぎて負けるときはぼろ負け
久々に勝ったのが2400でびっくりした。
折合いが付くようになったのなら強い馬
坂がない京都なら3200でも問題ないだろう。

△デスペラード
前が厳しい展開なら
後ろから一気のほうがいい

△ジャガーメイル
この馬2400以上の広いコースで掲示板を外れたのが一回しかない。
今年は強敵がゴールドシップ以外はいない。

フェノーメノは切った。
前にいって一定ペースで伸びる馬なので一瞬の加速勝負ではよくない。
しかも今回はゴールドシップが巻くって来るので厳しい展開になる。
デインヒルの血が入っているので距離があまり長いのも微妙だ。
もし連にきたら他の馬が弱すぎたと言うことだ。

3連複 ゴールドシップ軸 相手1.3.4.15.17.18X100 1500円
01-03-08 23.8 
01-08-18 52.4
01-04-08 55.4
03-08-18 56.8
03-04-08 62.7
01-08-15 69.0
03-08-15 71.8
08-15-18 121.2
04-08-18 155.1
04-08-15 192.4
01-08-17 286.1
03-08-17 346.7
08-17-18 607.1
08-15-17 707.1
04-08-17 719.8

天皇賞春データ 

有馬記念で3着以内
前走を59キロで勝っている5歳 (4.0.0.0)

  有馬記念(G1)着順   前レース
5歳ミホシンザン3着    59キロ日経賞1着   天皇賞1着
5歳スーパークリーク2着  59キロ大阪杯1着   天皇賞1着 
5歳メジロマックイーン2着 59キロ阪神大賞典1着 天皇賞1着 
4歳ビワハヤヒデ2着    59キロ京都記念1着  天皇賞1着 


有馬記念で3着以内
4歳馬は前レース、勝っている(G1馬)
(3.0.0.0)該当馬 
4歳シンボリルドルフ 1着 58キロ日経賞(G2)1着 天皇賞1着
4歳テイエムオペラオー3着 58キロ阪神大賞典1着 天皇賞1着 
4歳ディープインパクト2着 58キロ阪神大賞典1着 天皇賞1着
4歳 ゴールドシップ  1着 58キロ阪神大賞典1着 天皇??

有馬記念を勝った馬は疲労残る。
次のレースが3000Mで連対したら駄目。
シルクジャスティス阪神大賞典(G2)2着 天皇賞4着
ナリタブライアン 阪神大賞典(G2)1着 壊れて出れず。
マヤノトップガン 阪神大賞典(G2)2着 天皇賞5着
オルフェーヴル  阪神大賞典(G2)2着 天皇賞11着
ゴールドシップ  阪神大賞典(G2)1着 天皇賞??

良いほうと悪いほうに該当してしまった。
ゴールドシップは壊れていない、楽勝なので関係ない気もする。
大賞典で負けてないので、普通に走れば勝てるだろう。
負けるとしたら壊れたときだけだろう。

有馬記念で3着以内
5歳以上で前走58以上キロで勝っている。
59キロで連対
(0.3.2.0)

6歳メジロパーマー1着   59阪神大賞典1着   天皇賞3着 
5歳マーベラスサンデー2着 58キロ産経大阪杯1着 天皇賞3着 
5歳メジロブライト2着    59キロ阪神大賞典2着 天皇賞2着 
5歳メイショウドトウ2着   58キロ日経賞1着   天皇賞2着
6歳リンカーン3着     58キロ日経賞1着   天皇賞2着

有馬を勝って連対した馬は次のレースで4着以下に負けているか、休養。
[2.2.0.0]
マンハッタンカフェ 日経賞(G2)6着   天皇賞春1着
テイエムオペラオー 大阪杯4着     天皇賞春1着
サクラローレル   休養        天皇賞春2着
イナリワン     阪神大賞典(G2)5着 天皇賞春2着

回顧 第44回 読売マイラーズカップ(GII) はずれ 

12.3 - 10.8 - 11.0 - 11.7 - 11.5 - 12.1 - 11.5 - 11.7
湿った馬場で57.5は早い
前が飛ばしていったのをみんな付いていったので
厳しいペースになってしまった。
1.32.6は優秀

先行して残ったのはカレンブラックヒルだけ
あとは二桁まで失速した。

カレンブラックヒルは抜け出したところで勝ったと思ったがゴール前で止まった
まだ去年ほどのできにはないようだ。
使って次よくなるかな。

グランプリボスは強かった。
まだ余裕がある状態だったので安田記念はさらによくなっているはずだ。

サンレイレーザーは後ろからいったのが嵌った
ダノンシャークはもう少し後ろからいくべきだったが
勝ちにいったのだから仕方ない。

ファイナルフォームは後ろからいったが案外しょぼかった
溜めていいタイプではないかもしれない。

第44回 読売マイラーズカップ(GII) 

明日は雨なので前がかなり残るだろう。
ある程度前にいってパワーで抜け出せる馬を狙おう

◎カレンブラックヒル
芝1600ではまだ無敗
先行して抜け出すタイプで
パワーとスタミナがある
今回のレースにぴったりだろう。

○シルポート
馬場が渋ったときはやたら強い
調教は抜群にいい動きだった。

▲ファイナルフォーム
この馬馬場が荒れても問題にしないタイプ
雨がふって重くなる馬場はプラスだろう
大型でパワーがある
能力はクラレントと互角だが人気が無い。
一発あるだろう。

△グランプリボス
京都の外まわりなら存分に末脚が発揮できる
あとは馬場がどうなるかだけだ。

馬連 800えん
07-09 200
09-13 200
09-17 200
07-13  100
07-17  100 

回顧 第73回 皐月賞(GI) はずれ 

今週になったら急に前が残る早い馬場に変化した。
芝狩りしすぎだろ!

12.0 - 10.6 - 11.5 - 11.6 - 12.3 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 12.0 - 12.0
2F10.6とか凄い早い5F58.0でそっから12.1 - 12.0 - 11.9 - 12.0 - 12.0
ずっと一定のペースで息が入らないのだから先行した馬は潰れる
コパノリチャードはこれは仕方ない。

エピファネイアはこの流れでも掛かりそうになっている。
これでも2着にきたのだから能力は相当高い。
切ったのは完全に間違いだった。
早いペースでも行きたがるので2400のダービーではどうなるのか?
折合いつけるために逃げるのもありだとおもうのだが。

ロゴタイプは内側から4コーナーで外にだしていって
そのまま伸びて勝ってしまったのだから凄い
どんなペースでも末脚がしっかりしている。
ダービーでも疲労がなければまず上位にくるだろう。

カミノタサハラはずっと外をはしって一番大外から伸びてきたが
最後は脚が一緒になってしまった。
能力的にはロゴタイプあたりと互角くらいだったと思うが
走った距離と小回りは合わないので仕方ない。

コディーノは追い出しを待って内側から抜けたのに
1馬身まけの3着は完全に完敗だろう。
この馬はマイルの馬か?早熟であまり成長がなかったか?
折合い気にして調教が緩いのがいけないのかもしれない。

レッドルーラーはレースを辞めてしまった
騎手の判断だから仕方ないが買っているのでがっかりしたわ。

1.59.0以内の決着なので物凄い疲労が残ったはずだ。
過去の皐月賞でも1.2着馬はダービーでみんなぶっ飛んだ
ロゴタイプ、エピファネイアは疲労との戦いだろう。

第73回 皐月賞(GI) 

今年は有力馬が多いので面白いが予想が超難しい。

◎ロゴタイプ
スプリングSを休み明けで坂をあがるところで
一気に突き抜ける感じで楽々と勝った
さすがにG1を勝っただけあって強かった。
使ってさらに良くなるはずだ。
朝日杯で1.33.4があるので1.59.0くらいまでなら問題ない。

○レッドルーラー
若葉Sは先行に有利な流れだったが
それを差しきったのだから強い
2.00.7は次の日の古馬1600万が2.00.2
若葉の方が5F通過で0.7遅かったのに0.5しか差がない
これは相当優秀なタイム。
調教は抜群にいい勝つための調教をやっている。

▲コパノリチャード
千両賞が1.33.6これはOPリゲルSより早い
アーリントンカップ1.34.8
武庫川S(1600万下)1.34.2
アーリントンのほうが5Fで1.2秒遅かったのに0.5差なら優秀

△コディーノ
朝日杯でロゴタイプと0.0
弥生賞は叩きのレースだった
さらに良くなっているはずだが、調教が毎回軽いのが困る
折り合いにきおつける調教で攻めてないので評価を下げた。

△フェイムゲーム
スプリングSでも最後凄い伸びていた。
ちょっと距離が足りない感じ
2000Mになったほうがいい。

△インパラトール
休み明けで+16キロ
なんとか間に合った感じで使った割には
最後まで伸びていた。
今回は一回使ってよくなっている
レッドルーラーと互角くらいにはやれるだろう。

エピファネイアは3連勝の内容がすべてしょぼい。
超スローか相手が弱すぎたかだけで、普通のペースの強い相手になったらあっさり負けた。
シンボリクリスエス産駒は距離が持たないのが多い
この馬もスタミナが無いタイプで持続のいるペースでスタミナ勝負になると案外沈むかも?

馬連 1200円
07-12 300
03-07 300
07-08 300
02-07 100
07-16 100
03-08 100

皐月賞のデータいろいろ 

スプリングSのデータ。
このデータは勝ち馬限定
スプリングSはサムソン、ネオユニヴァース、ナリタブライアン、ミホノブルボンと皐月を勝った馬

はダービーも勝ってしまうすごいレースだ。

4勝で着外1回までスプリングS前に重賞連対だと4.2.1.1
メイショウサムソン/ネオユニヴァース/ ダイタクリーヴァ/ナリタブライアン/ミホノブルボン/ミ

ホシンザン/ビゼンニシキ/
3着タニノギムレット年明け重賞3戦は使いすぎ。
着外はシンホリスキー年明け4戦は使いすぎ。

4勝でもスプリングS前重賞で連はずれモガミナイン

3戦無敗「1.0.0.0」ミホシンザン
3勝で3着以下が一回でもあれはほぼ飛ぶのが確実
勝てたのはアンライバルドだけ。

スプリングS1着馬皐月賞 成績    重賞実績
ビゼンニシキ 2着   5.1.0.0 共同通信杯 弥生賞2着
ミホシンザン 1着   3.0.0.0
マティリアル 3着   3.0.1.0
モガミナイン 6着   4.0.1.0
ナルシスノワール9着 3.1.1.2
アズマイースト 11着   2.1.1.2
シンホリスキー 15着 4.3.0.2 きさらぎ賞
ミホノブルボン 1着 4.0.0.0 朝日杯3歳S
マルチマックス 14着 3.0.0.3
ナリタブライアン 1着 6.1.1.1 共同通信杯 朝日杯
ビッグサンデー 16着 2.3.1.0
クリールサイクロン7着 3.0.2.1 新潟2歳S
ダイタクリーヴァ2着 4.1.0.0 シンザン記念
タニノギムレット3着 4.1.0.0 アーリントン シンザン記念
ネオユニヴァース1着 4.0.1.0 きさらぎ賞
ブラックタイド 16着 3.1.0.1 きさらぎ賞2着
ダンスインザモア8着 3.0.0.1
メイショウサムソン1着 4.3.1.1 きさらぎ賞2着 スポ杯2歳S2着
フライングアップル12着 3.2.0.1 スポ杯2歳S2着
スマイルジャック9着 2.3.2.0 きさらぎ賞2着
アンライバルド 1着 3.0.1.0
アリゼオ 5着 3.0.1.0
グランデッツァ 5着 3.1.1.0 札幌2歳S(G3)
ロゴタイプ ??? 4.0.1.2 朝日フューチュリティ(G1)

今年はロゴタイプ
着外2回あるのが欠点だが2歳の最初のときだけだ
年明け1戦のみでG1馬なので関係ないだろう。


弥生賞を2.02.0以内で勝つと早いタイムで走った疲労が残るのか、本番で勝つ事が滅多にない。
「1.1.2.6」
2.01.0 カミノタサハラ ??
2.01.0 サダムパテック 2着
2.01.8 マイネルチャールズ3着
2.00.5 アドマイヤオーラ 4着
2.01.5 アドマイヤムーン 4着
2.00.5 コスモバルク   2着
2.02.0 バランスオブゲーム8着
2.01.8 スペシャルウィーク3着
2.01.3 サクラエイコウオー8着
2.00.1 ウイニングチケット4着
2.01.5 アサカリジェント 3着
2.01.7 イブキマイカグラ 4着
2.01.7 シンボリルドルフ 1着

皐月賞、勝ったのはルドルフだけ
シンボリルドルフ 無敗で叩き1戦
2着コスモバルク   芝では無敗で叩き1戦
2着サダムパテック 東京開催でスタミナがそれほど要らない。
ウィニングチケットも叩き1戦なのだが
あの当時の芝からすると2.00.1は超早い
二走ボケで5着だったが降着で4着にあがった。

今年のカミノタサハラは早いタイムで勝ったので疲労がある。
弥生賞の前に重賞も勝っていないので3着も厳しいだろう。


きさらぎ賞連対して皐月で2着以下
年明け3戦目1着 マイネルフリッセ  +0 毎日杯6着   競争中止
年明け3戦目1着 シンホリスキー   +0 スプリング1着 皐月15着
年明け3戦目1着 ツジユートピアン  -2 弥生賞4着   皐月10着
年明け2戦目1着 サムソンビッグ   +0 スプリング9着 皐月17着
年明け2戦目2着 イイデライナー   +8 弥生賞4着   皐月12着
年明け1戦目2着 テイエムロケット  -8 毎日杯4着   皐月14着
年明け1戦目2着 ダンスインザダーク -2 弥生1着    熱発回避
年明け1戦目2着 テイエムトップダン -6 毎日杯1着   皐月12着
年明け2戦目1着 スペシャルウィーク -6 弥生1着    皐月3着
年明け1戦目2着 ボールドエンペラー +0 毎日杯3着   皐月6着
年明け2戦目1着 ナリタトップロード +0 弥生1着    皐月3着
年明け2戦目2着 エリモブライアン  -2 スプリング10着 皐月6着
年明け2戦目1着 アグネスゴールド  +0 スプリング1着 骨折回避
年明け2戦目1着 メジロマイヤー   皐月直行     皐月18着
年明け2戦目2着 サイレントディール 皐月直行     皐月6着
年明け2戦目1着 マイネルブルック  皐月直行     皐月8着
年明け2戦目2着 ブラックタイド   -2スプリング1着 皐月16着
年明け3戦目1着 コンゴウリキシオー +6 毎日杯3着   皐月16着
年明け1戦目1着 アサクサキングス   皐月直行    皐月7着
年明け1戦目2着 ナムラマース   +4 毎日杯1着    皐月11着
年明け1戦目1着 レインボーペガサス -4 スプリング7着  皐月5着
年明け2戦目2着 スマイルジャック  -10 スプリング1着 皐月9着
年明け1戦目1着リーチザクラウン  皐月直行    皐月13着
年明け2戦目2着リクエストソング -2 スプリング7着  皐月6着
年明け2戦目2着ネオヴァンドーム  皐月直行   皐月17着
年明け1戦目2着レーヴドリアン   皐月直行   皐月9着
年明け1戦目1着トーセンラー    皐月直行   皐月7着
年明け2戦目1着タマモベストプレイ -6 スプリング2着 皐月賞??

年明け2戦目できさらぎ賞を連対して1800M以上のレース1着で馬体重にプラスが無い
(0.1.2.3)
年明け3戦目1着 シンホリスキー   +0 スプリング1着 皐月15着
年明け2戦目1着 ナリタトップロード +0 弥生賞    皐月賞3着
年明け2戦目1着 スペシャルウィーク -6 弥生賞    皐月賞3着
年明け2戦目2着 ブラックタイド   -2 スプリング1着 皐月16着
年明け2戦目2着 スマイルジャック  -10 スプリング1着 皐月9着
年明け2戦目1着 ワールドエース   -8 若葉S(OP)  皐月賞2着
年明け2戦目1着 タマモベストプレイ -6 スプリング2着 皐月賞??
該当 タマモベストプレイ

年明け3戦目できさらぎ賞を連対、使いすぎ 
マイネルフリッセ ツジユートピアン シンホリスキー コンゴウリキシオー

皐月直行。[0.0.0.8]
メジロマイヤー サイレントディール マイネルブルック アサクサキングス リーチザ
クラウン ネオヴァンドーム レーヴドリアン トーセンラー


次のレースで3着以下は問題外
(0.0.0.8) ツジユートピアン エリモブライアン マイネルフリッセ サムソンビッグ
イイデライナー テイエムロケット レインボーペガサス リクエストソング
該当 マズルファイヤー

去年の

今年はマズルファイヤーはまずいらない。
タマモベストプレイは-6でG2で関東輸送があった。



きさらぎ賞を使うローテーションで皐月で連に来たのは↓
阪神2000M 1着 ハクタイセイ   皐月直行    皐月1着
年明け1戦目1着 ロイヤルタッチ +2 若葉S2着    皐月2着
年明け1戦目2着 ダンツフレーム -2 アーリントン1着 皐月2着
年明け2戦目1着 ネオユニヴァース +2 スプリング1着 皐月1着
年明け1戦目2着 メイショウサムソン +0 スプリング1着 皐月1着
年明け1戦目1着 ドリームパスポート +4 スプリング3着 皐月2着
年明け2戦目1着 ワールドエース  -8 若葉S(OP)1着 皐月2着
体重が減らない事が大事
ワールドエースは次のレースで-8だが、関西で輸送が無かった
楽な相手で勝っていたのでそれほど消耗がなかったのだと思う。

回顧 第73回 桜花賞(GI)はずれ 

期待したクロフネサプライズが負けたことがサプライズだった。
しかも勝った相手がデムーロ兄弟の1.2着
兄弟騎手がG1で1.2着なんていままで日本じゃないと思う。

12.4 - 11.0 - 11.4 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 12.7
5F58.9 1.35.0でタイムは遅い
雨で湿って息の入らない一定ペースで最後の坂は苦しい
先行した馬が総崩れで残ったのはクロフネサプライズだけだ
-8でパドックでチャカチャカして体が薄く見えたので嫌な感じがした
そこが最後の粘りの無さに繋がったかもしれない。

アユサン一旦抜かれて、坂をあがったところでまた抜き返すのだから凄い
丸山が落馬でクリスチャンデムーロに変わったからできた走りなのか?
外人が乗ると馬が変わる。
-12だったがすっきりした感じで悪くは見えなかった。
オークスの最有力

レッドオーヴァルも凄い脚で伸びている
坂路でけっこうきつい調教を馬体が+4だった
馬体が減らなくなったのはいい。
2400では長いかもしれないが展開しだいでは勝負になりそうだ
末脚だけなら3歳牝馬で1番だ。

第73回 桜花賞(GI) 

土曜に雨が降っても500万が1.34.0 1000万で1.34.0
上がりも早いがある程度前にいる馬が結構残っている
明日は乾いてもっと早くなるだろう
時計が早くなるのである程度前にいってスピードの持続力がある馬でないと厳しい

◎クロフネサプライズ
この馬阪神ジュベナイルで15番人気で2着にきてサプライズだったが
中身はかなり厳しい競馬
12.4 - 10.5 - 11.2 - 11.8 - 11.9 - 12.2 - 11.5 - 12.7
2Fで10.5のペースで5F57.8は短距離のペース
それを2番手から最後まで粘って2着なのだからめちゃくちゃ強い
このとき先行して粘ったのはクロフネサプライズだけだった。
ゆるいペースで先行したチューリップ賞楽勝は、当たり前だろう。
今回も3馬身くらいつけて勝つかもしれない。

相手は難しい。
阪神1600以上を走っている馬が強い傾向がある。

メイショウマンボ、レッドオーヴァルは1600で強いかどうか。
1400で強く見えても実はタイムが遅いので怪しい

1800経験馬
トーセンソレイユ
ローブティサージュ
この二頭は抑える必要がある。
ローブティサージュはG1でもあり早いペースで我慢強いウォーエンブレム産

あとは1600のみ経験馬を拾うしかない。
コレクターアイテム、クラウンロゼ

○クラウンロゼ
無敗なのがいい。
タイムが遅いのが気になるが勝負にいって強いタイプ
アネモネSがまだ3戦目で2戦目が重賞勝ち
負かした相手がクイーンCを勝っているのだから強い。
過去のアネモネS勝ち馬より1ランク上だろう

▲トーセンソレイユ
まだ負けてないのだけが買い材料だ。
エルフィンSは前に馬がいて外に出そうとして内側に進路を変えながら
抜け出して勝っているのだから能力は高い。

△ローブティサージュ
この馬は持続タイプで瞬発力だけのレースは良くない
G1の厳しい流れのほうがいい。

△コレクターアイテム
クイーンCは超スローの上がり勝負で後ろから外を回すひどい展開だった。
ペースが速くなれば追い込みやすくなる

馬連 1200
03-13 400
06-13 200
12-13 400
13-17 200
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ