競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

Author:sairesu


2017年7戦1的中
-2880

第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第80回 東京優駿(GI) ハズレ 

12.3 - 10.5 - 12.2 - 12.5 - 12.8 - 11.9 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.6 - 11.7 - 11.9
5F60.3

前半は緩かったのだが途中から11.9になり12.7であまり遅くならなかった。
メイケイペガスターが前にいったことでペースが緩まなかったのはいい事だ。
もっと緩いペースになっていたらキズナは届かなかったかもしれない。

エピファネイアはずっと掛かったような感じで走っていた
それでも2着にきているのだから、体の能力的には世代で一番だろう。
パドックでも細くなっていたが限界まで仕上げていたのかもしれない。
気性がもっと落ち着いてくればさらに強くなりそうだ。

キズナは馬なりで最初から折り合っていた
この馬なら3000Mでもまったく問題ない。
4コーナーから外にだしていって直線で大外にだしたが
前にいたタマモベストプレイが外によれてきて
抜け出せるかと心配になった。
抜けてからは物凄い脚で差しきってしまった。
輸送減りもしないし、精神力が強い馬だ。

コディーノは前半から掛かり気味でウィリアムズでも同じ
2000以上はもっと落ち着いてからじゃないと無理だな
最後は脚もなかった。
4強の中で一番弱かった。

ロゴタイプは絶好の位置をとって直線伸びなかった
やっぱ距離なのかなぁ
1.58.0で全力で走った疲労もあったのかもしれないが
3着も確保できないとは思わなかった。

予想は外れてしまった。
皐月賞もダービーもエピファネイアを切ってやられている。
シンボリクリスエス産がどうにも信用できないが考え直さないとだめだな。
スポンサーサイト

第80回 東京優駿(GI) 

◎キズナ
負けたレースは阪神内回りと中山
どちらも直線が短い
阪神外まわりや京都の直線が400M以上では負けなし
東京に変わるのはさらにいいだろう。
馬券外になった弥生賞は前が壁になって伸びだしたところで、
ゴール力負けではない。
毎日杯のタイムはディープスカイと互角
皐月賞のような厳しい競馬をしてない分疲労が無い。

○ロゴタイプ
東京1600も経験済み
皐月賞でも結構簡単に勝ってしまった
1.58.0で走った疲労がどれだけあるかだけ

エピファネイア
シンボリクリスエスの産駒は案外距離が持たない
2000M以上は上級クラスになるほど勝ちきれない
G1を勝っている産駒も1600しかない。
この馬には折合いの不安がある
体、パワー、スピード揃っているが気性が2400では厳しい
このロスがあってもロゴタイプを上回るのが想像できん。

コディーノ
皐月賞は完璧な競馬で負けたのが痛い
坂がきついコースになったら勝てなくなった。
東京や平坦コースでは強い
コース変わりしかこの馬の上昇余地がない。
しかも調教が東京競馬場ではほとんど負担など掛けれない
1週前に一杯にやってるわけでもない
こんなんで本当に勝てるのか?

△ヒラボクディープ
青葉賞を勝っているので一応押さえる

Cコースは先行馬が粘る事がある
人気薄の重賞勝ち馬の先行馬
△タマモベストプレイ
月賞は持続勝負の流れで差してくる競馬ではなかった
本来は前にいってある程度の位置で折り合うタイプ
2番手くらいでいったら結構粘りそうだ。

ほぼキズナとロゴタイプで決まる
皐月賞の疲労でロゴタイプが飛んだら
ヒラボクかな
そこそこ走っただけのタマモがくるだろう。

馬連 1500円
01-07 300
01-10 100
01-08 1100

1.59.0以内の皐月賞出走馬のダービー成績 [2.0.0.9] 

1.59.0以内の皐月賞出走馬のダービー成績
皐月賞 ダービー
ナリタブライアン 1.59.0 1着 1着 重賞4勝
ノーリーズン 1.58.5 1着 8着
タイガーカフェ 1.58.8 2着 10着
タニノギムレット 1.58.8 3着 1着 重賞3勝
ダイタクフラッグ 1.58.8 4着 13着
メガスターダム 1.59.0 5着 4着
ダイワメジャー 1.58.6 1着 9着
コスモバルク 1.58.8 2着 8着
アンライバルド 1.58.7 1着 12着
トライアンフマーチ 1.58.9 2着 14着
  セイウンワンダー 1.59.0 3着 13着
ロゴタイプ 1.58.0 1着 重賞3勝
エピファネイア 1.58.1 2着
コディーノ 1.58.3 3着
タマモベストプレイ 1.58.5 5着
テイエムイナズマ 1.58.7 6着
クラウンレガーロ 1.58.9 8着
メイケイペガスター   1.58.9 9着
スプリングSと皐月賞を連勝した馬 [4.0.0.1]
ナリタブライアン
ミホノブルボン
ネオユニヴァース
メイショウサムソン
アンライバルド 1.58秒台で走った疲労か?

ロゴタイプは皐月賞を勝ったし重賞を3勝している
タニノギムレット、ナリタブライアンに並ぶ実績だ
問題は1.58.0がやばい。
これは大変悩ましい問題だ。

回顧  第74回 優駿牝馬(GI) はずれ 

12.5 - 11.1 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 12.4 - 12.9 - 12.8 - 12.0 - 11.8 - 11.9
5F59.6

クロフネサプライズが逃げたペースは59.6はまあ普通
前半でついていったクラウンロゼ、トーセンソレイユ、サクラプレジールは大敗
3コーナーでペースを落として4コーナーで加速していったが直線止まった
距離適正がなかった。
先行した馬は総崩れなので仕方ない。

メイショウマンボは中段から直線突き抜けていった
あまりの強さに驚いた。
まさか距離が伸びて強くなるとは思ってなかったが、フィリーズレビュー勝ったときに川田が距離は伸びても
逆にいいくらいだと言っていたのは本当だった。

エバーブロッサムはディープ産で一番適正があると思ったのは正しかった。
レッドオーヴァルも切ったのは正しかったのだが、マンボは買ってないし軸がクロフネは大失敗だった。

第74回 優駿牝馬(GI) 

桜花賞組以外が1番人気になるときはほとんど来ない
勝ったのはエアグルーヴだけだ。

最近のオークスだと3歳になって1400を使っているような馬はこない。
直線が長いので持続するスタミナが必要になる。

◎クロフネサプライズ
阪神JFではハイペースで粘った。
チューリップ賞はスローの上がり勝負で楽勝だった。
2着に0.6もぶっちぎった相手にまさか負けるとは
桜花賞で4着になったのが信じられなかった。
能力は今回のメンバーでは一番
東京の馬場は上がりが早くなかなか止まらない
折合いさえついて直線に入ってきたら勝てるだろう。

○エバーブロッサム
ディープに母父デインヒル
他のディープとは違ってパワーとスタミナがある
ディープ産のなかではこの馬が一番距離適正がありそうだ。
フラワーCでは62秒のスローで一番外に出しすぎ
フローラSはちょっと緩めた調教だったぶん負けた
今回も併せ馬でタイムも早い
一杯に仕上げてきている。

▲サクラプレジール
たったの2戦だけだが新馬のあとフラワーカップを勝ってしまった。
ここで負かしたリラコサージュ、エバーブロッサムがトライアルでOP1着GⅡ2着
メンバーは強かった。
桜花賞に出れたのにでないでオークスに備えた。
今回調教で3歳牝馬が美浦の坂路で1番時計はすごい。
サクラプレジデントにはマルゼンスキーが入っている
スペシャルウィークと同じ傾向なので広いコースのほうがいい
母父ブライアンズタイムは粘りのある持続力がある
クロフネサプライズが平均ペースでいってくれれば嵌るだろう。

△アユサン
体系的に2400でもまったく問題はない。
桜花賞で坂をあがってもう一度伸びたのは強い
アルテミスSで東京で早い上がりにも対応済み
それほど崩れることはないだろう。

△デニムアンドルビー
エバーブロッサムを負かしたのだから強い
しかし1番人気になるとは思わなかった。

レッドオーヴァルはいらない
桜花賞で坂をあがったところで止まったのがどうも気になる。
切れ過ぎるので案外距離が持たないタイプ

馬連 1500円
04-16 200
05-16 200
06-16 200
13-16 200
04-13 100
05-13 200
06-13 100
04-06 100
05-06 200

回顧 第8回 ヴィクトリアマイル(GI)おおハズレ 

12.4 - 10.8 - 11.4 - 11.7 - 11.9 - 11.4 - 11.2 - 11.6
5F58.2 1.32.4

高速馬場で軽いので58.2くらいなら平均ペースだろう。
3Fでも11.4-11.2-11.6とほとんど失速していない。
これならある程度前にいないと駄目なレースだ。

ヴィルシーナはスタートがよく2番手にいって直線は一旦うちからマイネに交わされたのだが
そとからホエールキャプチャが並んできたらまた伸びてきた
この馬の根性は凄い
1600はちょっと短いのかとおもったが東京なら関係なかったな
完全に予想は失敗だ。

マイネイサベルはいい競馬をやってる完璧に近い乗り方だった
これで負けたのだから仕方ない。

ホエールキャプチャはNHKマイルでフレンチの系統が来ていたのでクロフネは押さえるべきだった
NHKマイルの2着もクロフネだった。
フレンチの系統は東京の1600で人気がないときに激走が多い
それでもそれまでの成績がぼろぼろすぎて買えなかったわ。

アイムユアーズは小回り専用かな
パドックでもなんか動きがいまいちだしそんなに調子はあがってなかった。

ジョワドヴィーヴルは前が詰まったり大外いったりめちゃくちゃだ
もっとスムーズに競馬やっていたら3着以内はありそうだった。

第8回 ヴィクトリアマイル(GI) ◎アイムユアーズ 

このレースは4歳馬が圧倒的に強い
5歳で勝ったのは牡馬と混合G1でやっても連対するような凄いのだけだ。

データで残った3歳G1で3着以内のある馬
ヴィルシーナ アロマティコ アイムユアーズ

その年の重賞を勝っている4歳馬
ハナズゴール サウンドオブハート

◎アイムユアーズ
マイルCSは位置が後ろ過ぎただけ
阪神牝馬はぜんぜん仕上がってなかった
今回調教の動きが凄い
調教だけなら出走メンバーで一番の動きだった。
穴ならこれじゃないか。

○アロマティコ
福島牝馬でずっと外を走って差のない4着
キンカメ産なのでスローの上がり競馬では強い。

▲ハナズゴール
京都牝馬S勝ちは強かった
リゲルSでは牡馬相手に楽勝
内回りの1400より広いコースのほうが絶対にいい。

△サウンドオブハート
長期休み明けでOPを楽勝
京都金杯で4着
洛陽ステークスを楽勝
このとき負かしたサンレイレーザーはマイラーズCで2着
牝馬限定なら強いのは当たり前。

△ヴィルシーナ
3冠すべて2着
逃げる馬が見当たらない
前にいって早い脚が使える
重馬場でも問題ない。
問題はスピードがマイルでは劣る
3歳のレースもすべてタイムが遅い

△マイネイサベル
今年は出走馬のレベルが普通のG2レベル
調教は抜群にいいし
府中牝馬で1.45.5で勝っている
十分勝負になるでしょう。


オールザットジャズはスピードがマイルでは足りない
ホエールキャプチャは調子があまりよくなっていない。
レインボーダリアもマイルではスピードが足りない
ドナウブルーは関屋記念で1.31.5なんてタイムで走ってからおかしくなった

1500円 
馬連  万馬券狙い
01-09 262.6
04-09 146.2
09-11 73.7
09-14 379.3
09-17 133.8
01-14 126.2
ワイド流し
09-11 19.6-20.7
04-09 48.1-51.4
09-17 48.1-51.2
01-09 71.3-73.8
09-14 76.9-79.6

ヴィクトリアマイル データ 

2012 1着   2着   3着  
  ホエールキャプチャ ドナウブルー   マルセリーナ  
  桜花賞(G1) 2着 京都牝馬S(G3) 1着 桜花賞(G1) 1着
  優駿牝馬(G1) 3着  
  秋華賞(G1) 3着  
2011 1着   2着   3着  
  アパパネ ブエナビスタ レディアルバローザ
  桜花賞(G1) 1着 ヴィクトリアマイル(G1) 1着 中山牝馬S(G3) 1着
  優駿牝馬(G1) 1着 宝塚記念(G1) 2着  
  秋華賞(G1) 1着 天皇賞(秋)(G1) 1着  
  ジャパンC(G1) 2着  
  有馬記念(G1) 2着  
2010 1着   2着   3着  
  ブエナビスタ ヒカルアマランサス ニシノブルームーン
  桜花賞(G1)1着 1着 京都牝馬S(G3) 1着  
  優駿牝馬(G1)1着 1着  
  秋華賞(G1) 3着  
  エリザベス女王杯(G1) 3着  
  有馬記念(G1)2着 2着  
2009 1着   2着   3着  
  ウオッカ ブラボーデイジー ショウナンラノビア
  ジャパンC(G1) 3着 福島牝馬S(G3) 1着  
  天皇賞(秋)(G1) 1着  
  安田記念(G1) 1着  
  ヴィクトリアマイル(G1) 2着  
   
2008 1着   2着   3着  
  エイジアンウインズ ウオッカ ブルーメンブラット
  阪神牝馬S 1着 秋華賞(G1) 3着  
  東京優駿(G1) 1着  
  桜花賞(G1) 2着  
   
   
2007 1着   2着   3着  
  コイウタ アサヒライジング  デアリングハート
  桜花賞(G1) 3着 秋華賞(G1) 2着  
  アメリカンオークス(G1) 2着  
  優駿牝馬(G1) 3着  
   
2006 1着   2着   3着  
  ダンスインザムード エアメサイア ディアデラノビア  
  天皇賞(秋)(G1) 3着 秋華賞(G1) 1着   優駿牝馬(G1) 3着
  優駿牝馬(G1) 2着  
             
前年の3歳G1の3着以内は負けていてもいい
その年の重賞を勝っていればいい。
重賞を勝っている該当馬
マイネイサベル 中山牝馬SG3
オールザットジャズ 福島牝馬ステークス(G3)
ハナズゴール 京都牝馬SG3
サウンドオブハート 阪神牝馬SG2
前年の3歳G1の3着以内 該当馬
ヴィルシーナ 3冠2着
アロマティコ 秋華賞(G1)3着
アイムユアーズ 桜花賞(GI)3着
5歳馬は前年G1で活躍していても直前がG1以外でボロ負けでは駄目
ドナウブルー
ホエールキャプチャ
レインボーダリア

第18回 NHKマイルカップ(GI) ハズレ 

12.3 - 10.8 - 11.3 - 11.7 - 11.7 - 11.3 - 11.6 - 12.0
5F57.8 1.32.7 ペースは普通

これで逃げたコパノリチャードは1.33.1
自分の能力分は走った

ガイヤースヴェルトはバテて止まったわけではない。
スピード負け、ダートのほうがいいのかも。

エーシントップは掛かってるし直線は前が塞がるし自滅した
前が壁にならなければ4着はあっただろう。

ゴットフリートは調教の動きが悪かったのが影響かな?
スタートから出足が悪いし着いていけてない。

マイネルホウオウは後ろから
直線だけ一番外にもっていっただけ
前がきつくて坂で止まって展開がはまった。
スプリングSで3着もあったが溜めてここまで伸びるとは思わなかった。

フラムドグロワールは予想通りはしった。
朝日杯4着は強かった。

インパルスヒーローは最後のクビ差は力負けだ
1600以上を経験してない差が最後50Mで出た感じだ。

終わってみれば1着は母父フレンチデピュティ
2着はフレンチデピュティの子クロフネ

クロフネが勝ったときもフレンチデピュティの1.2だったなぁ

第18回 NHKマイルカップ(GI) 

今年も軸馬になりそうなのが多数いて悩むレースだ。
最近のNHKマイルは朝日杯を使っている馬が強い。
2012アルフレード2着
2012クラレント3着
2011グランプリボス1着
2011リアルインパクト3着
2010ダイワバーバリアン2着

2013出走馬
3着ゴットフリート/4着フラムドグロワール/8着エーシントップ
11着アットウィル/12着ザラストロ/14着ディアセルヴィス/16着マイネルエテルネル

最上位だったゴットフリートはNZTで大敗しただけ。
買わなければならないが調教が悪い
一杯に追いまくっても動いていかない
3歳でこんな動きはよくない。

フラムドグロワールは休み明けだが動きはこっちのほうが断然いい
朝日杯組は前走ぼろ負けでも来るので狙ってみる。

コパノリチャードは白梅賞がシンザン記念より早いし楽勝だった。
エーシントップより強いと思う。
皐月賞はハイペースで逃げすぎただけ。
問題はダメージがどれくらいあるかだが、これは走ってみないとわからない。

ガイヤースヴェルト
毎日杯の1600通過が1.33.8のハイペースで先行して2着
キズナはディープスカイクラスの馬なので負けたのは仕方ない
3着には3馬身もつけているし、今回キズナレベルの馬はいない。
今回はウィリアムズが乗せたのだから勝負だろう。

NZTは勝ち時計が早すぎるとよくないレース
疲労が残らないので1.34.8はちょうどいい感じだ
1.2.3着は押さえよう。

インパルスヒーローは3連勝
全部左回りで走っているのもいい
馬群に入ってもまったく怯む事がない


◎ガイヤースヴェルト
○インパルスヒーロー
▲コパノリチャード
△エーシントップ
△レッドアリオン
△ストーミングスター
△ゴットフリート
△フラムドグロワール
馬連 1300円
03-10 100
06-10 200
07-10 200
09-10 200
10-12 100
10-15 300
10-17 200
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
疲れたときは
月別アーカイブ