競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年19戦3的中
-8220

第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

回顧 第54回 宝塚記念(GI) ハズレ 

12.7 - 11.0 - 11.0 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.4 - 12.7 - 12.7 - 12.6
シルポートが逃げる展開で5F58.5 ハイペースなのにゴールは2.13.2と遅い
直前でかなり馬場が悪くなったようだ。

6Fあたりで20馬身はつけていたシルポートのおかげで
後方の馬は3コーナーから加速して差を詰めにいったので
ゴール前までずっと早い脚を持続しなければいけない
しかも最後に坂がある。
馬場も悪くパワー勝負。
スタミナ勝負ならゴールドシップは圧倒的に強い。
最後の坂をあがるところでジェンティルドンナとフェノーメノに差をつけて
3馬身の楽勝でゴールした。

ジェンティルドンナは小回りでパワー勝負では負けても仕方ない。
休み明けで走っているときのテンションも高かった。
最後は坂で伸びがなくなったのでスタミナ切れだ。
それでも3着なのだからよく頑張った。

期待したフェノーメノはスタートが遅かったし
外をまわったのもあるが反応が悪すぎる
天皇賞で一杯まで仕上げていたので疲れがあったかな。
馬場が悪いとこの馬はあまり良くない
直前の雨で湿った馬場はだめだった。

パワー勝負で時計が関係なしになってダノンバラードが二着
ディープ産にしてはキレがなく持続するタイプだがまさか粘るとはおもわなかった。
AJCCと似たようなタイムになったので対応できたのだろう。
東京ではいらない。

馬券はハズレ、春のG1は全敗\(^o^)/オワタ


スポンサーサイト

第54回 宝塚記念(GI) 

直線が短く坂のあるコースでステイゴールドの産駒は強い
阪神内回り、中山では人気以上によく走る。

◎フェノーメノ
上がりが36秒も掛かる天皇賞春の厳しいレースを前にいって
抜け出して勝ったのだからかなり強くなっている。
2200の小回りコースはセントライトで経験済み
早いタイムにも対応できるし
持続力もある
2着以下に負けるとは思えない。

○ゴールドシップ
阪神内回りで小頭数なら簡単にまくってこれるだろう
上がりの掛かる競馬になってもスタミナがあるし強い

ジェンティルドンナ
この馬の得意なレースは高速の上がり勝負
ジャパンカップも32.8
京都内回りではヴィルシーナ程度に苦戦している。
阪神の内回りで牡馬相手では、かなり厳しいレースになる。

馬連 一点
03-10 1000

第18回 ユニコーンステークス(GIII) ハズレ 

チクショーメー
なんで本命にしたのがぶっとんでるんだよ
縦目だし最悪
4頭選んで1.2着なのに縦目とか糞過ぎる

チャーリーブレイヴは腹に余裕があったし出遅れ
軽い馬場になったのもだめだった。
この馬はダートでもパワーがいる乾いたときじゃないとダメだ。
地方のダートでは強いタイプ

ベストウォーリアは内側かれぬけてくる脚はよかった
こっちは軽いダートのほうがいいようだ

サウンドリアーナは1600はギリギリだ。

第18回 ユニコーンステークス(GIII) 

◎チャーリーブレイヴ
ヒヤシンスSがハイペースだったのもあるが1.36.6は凄い
休み明けだが、9割仕上がっていれば勝てるだろう

○サウンドリアーナ
1.23.5はその日の12R1600万より0.3も早い
3歳同士ではぶっちぎりになるのも当たり前の時計だった。
1600になってもパワーで勝負できるダートなら問題ないだろう。

▲ベストウォーリア
限界は見えた感じだが今回の相手なら2着は十分

△エーシンレンジャー
ヒヤシンス4着の実績がある。

馬連流し
07-12 600
06-07 300
01-07 100

第30回 エプソムカップ(GIII) 

◎クラレント
東京コースは重賞2勝
負けたときはダービーで距離が長いのと
不良馬場だった東スポ杯
マイラーズCは前が塞がって抜け出すのが遅すぎた

○サトノアポロ
アドマイヤタイシに勝った中日新聞だが着差以上に強い
新潟大賞典は不利を受けて下がって
また伸びてきて4着普通ならぼろ負けの状態
ここで無理したのがどうでるかが心配ではある。

▲サクラアルディート
1800中心に使われている
都大路Sは重馬場で伸びが無かった。
上がりの掛かる馬場が駄目なので
軽い芝の東京コースなら期待できる。

△タムロスカイ
メイSで1.45.2は優秀
ハイペースを3番手で抜け出してかったのだから強い。
休み明けで馬が変わったパターンだとしたら
今回も勝負になるだろう。

△リルダヴァル
調教は凄くいい
問題は勝ったときがほとんど緩い馬場のパワー馬場ばかり
そこを考えて早めに動いていけばなんとかなるか。

△サンレイレーザー
1600は強いが1800以上がぜんぜんだめ
朝日CCも最後とまってしまった。
4歳で体力がアップしているので今なら1800は問題ない。

アドマイヤタイシは疲労がかなりある
勝てそうで勝てないは能力の限界
斤量が57に増えてしまうし今回は危ない。

馬連 900円

01-03 30.6
02-03 26.4
03-05 55.0
03-10 98.4
03-14 16.1
01-14 31.8
02-14 24.2
05-14 47.8
10-14 80.8

回顧 第63回 安田記念(GI) 大ハズレ 

12.0 - 10.7 - 11.2 - 11.4 - 11.7 - 11.5 - 11.3 - 11.7
11秒連続で息の入らないハイペースが持続
これでは前にいった馬は厳しい。

ダークシャドウは出が良すぎて前に行き過ぎた。
坂の下あたりでカナロアと並んでいたとこまでは良かったのだが
坂をあがってから伸びがなくなった。
1.31.9で走っている。
予想では1.32.0くらいだと思ったのだが1.31.5ではこの馬ではスピードが足りなかった。

ロードカナロアは中段で余裕で走って
直線抜け出すところで少し寄れたが坂をあがっても持続していた
距離が伸びて長い直線になってもまったく関係がなかった。
強すぎる。
可能性を信じられず速攻切ったわ。

ショウナンマイティは騎手が下手糞すぎる
抜け出そうと外にだしたが前のダノンシャークが壁になりさらに外にいった。
浜中はG1になると毎回前が詰まっている
ロスがなかったら勝っていただろう。

ダノンシャークはまさかこれほど走るとは思わなかった。
さすがにディープインパクトの血というべきか。

終わってみれば1着2着は母父がストームキャット
ダービーもストームキャット
この血は上がりの早い軽い競馬場では脅威だ
スピードの限界で我慢できる脚がある。
時計の早い馬場のときは買ってみよう。

グランプリボスは見せ場もなかった。
伸びてはいるが、カナロアほどもなく垂れてきたのを交わしただけ。
京都ばかり最近走っていて坂を経験してないのもだめだ。

1.31.5なんて東京で走ったらダメージはかなり残る。
1.32.0を超えた時計で走った馬は次のレース買わないほうがいいだろう。

第63回 安田記念(GI) 

◎ダークシャドウ
東京コースで5.1.0.2
着外は天皇賞4着
ジャパンカップ4着
この馬右回りでは一回も勝てない左回り専用馬
2000以上だと詰めが甘くなる
1600の東京コースこそベスト条件だと思いたい。
1.56.2で走った天皇賞秋は1600通過で1.32.2だった
このスピードを中段から抜け出している
1.32.0くらいならなんとか対応可能だ。

○カレンブラックヒル
天皇賞秋で1600通過1.32.7
これを2番手でいって最後まで粘った
1600ならこの馬は相当強いはずだ。
マイラーズCは太め残りと初58キロ
体調さえよければまず掲示板は確保できる

▲グロリアスデイズ
前回はぼろ負け今回は二回目の挑戦
一度経験したことで確実に着順はあげてくるだろう。
香港のマイルでは二番目に強い馬かな?
アンヴィシャスドラゴンと0.1
香港マイルではサダムパテックもグランプリボスも相手にならなかった。
弱いはずが無い。

△グランプリボス
安田記念は4歳で連対した馬が次の年もきたのがウオッカだけ
この馬はそこまでの強さがないのが不安。
勝つのもあまりイメージできない。

△サダムパテック
8枠に入ったのが困った
武豊ならたぶん後方からになると思う
京王杯は重い斤量であがり勝負で負けたのは仕方ない。

△ショウナンマイティ
オルフェーヴルと0.1なのだから強い
1800[2.2.0.0]で阪神外周りも対応している
東京の1600なら問題ない。
あとは1.32.0くらいに対応するスピードがあるかだけだ。

△ガルボ
5歳でそこそこにはしって6歳になった
京王杯で3着
6歳でくるパターンかな

馬連で手広く 1700円
07-12 300
02-12 300
01-12 300
12-18 100
06-12 100
04-12 100
06-07 100
02-06 100
01-06 100
06-18 100 
04-06 100

安田記念 データ 

安田記念 連続出走馬 着順 年齢
2012 ストロングリターン 1 6 2013該当馬 着順
2011 ストロングリターン 2 5 2012 グランプリボス 2
2012 ガルボ 5
2010 スーパーホーネット 2 7 2012 スマイルジャック 8
2009 スーパーホーネット 7 6 2012 サダムパテック 9
2008 スーパーホーネット 8 5 2012 シルポート 12
2007 スーパーホーネット 11 4 2012 グロリアスデイズ 14
2012 スマイルジャック 8 7 6歳で連対が多い
2011 スマイルジャック 3 6 最初の挑戦はほとんどだめ
2010 スマイルジャック 3 5 使いながら着順があがる
2009 スマイルジャック 9 4
2009 ウオッカ 1 5
2008 ウオッカ 1 4
2007 ダイワメジャー 1 6
2006 ダイワメジャー 4 5
2005 ダイワメジャー 8 4
2008 ブリッシュラック 14 9
2006 ブリッシュラック 1 7
2005 ブリッシュラック 4 6
2006 アサクサデンエン 2 7
2005 アサクサデンエン 1 6
2006 テレグノシス 9 7
2005 テレグノシス 6 6
2004 テレグノシス 2 5
2003 テレグノシス 7 4
2006 バランスオブゲーム 17 7
2005 バランスオブゲーム 7 6
2004 バランスオブゲーム 3 5
2003 アグネスデジタル 1 6
2001 アグネスデジタル 11 4
2001 ブラックホーク 1 7
2000 ブラックホーク 9 6
1998 ブラックホーク 11 4
2003 ダンツフレーム 5 5
2002 ダンツフレーム 2 4
1997 タイキブリザード 1 6
1996 タイキブリザード 2 5
1995 タイキブリザード 3 4
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ