競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

Author:sairesu


2017年7戦1的中
-2880

第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第55回 宝塚記念(GI) 

◎ゴールドシップ
阪神4.1.0.0 直線400M以下では7.2.1.0
連対を外したのは有馬の3着だけだ。
オルフェはいない
ジェンティルも去年負かしている
得意の阪神内回りコースで今年の相手なら連覇も可能だ。

○ウインバリアシオン
日経賞のような早めの捲くりができるならこの距離でも問題ない

▲ホッコーブレーブ
末脚が母父ダンシングブレーヴに似てきた
日経賞も天皇賞も凄い追い込みだ
JCのあと休養してかなり強くなったようだ。
阪神2200は前が早くなるとこのタイプが突っ込んでくる。

今年は牝馬が多く4歳牡馬の一流もいない
デニムは牡馬相手では厳しい
マンボは阪神がなぜかダメ
ジェンティルは内回りと右回りが得意ではない
フェイムゲームでは力不足

全部切り

馬連 BOX
01-07 300
01-11 200
07-11 1000



スポンサーサイト

第19回 マーメイドステークス(GIII) 

◎ディアデラマドレ
パールスSの1.44.9は都大路Sの2着ディサイファと0.1
5F通過が0.8秒遅かったのを考えたらOPで2着レベル
今回は内回りになってしまうが
勝つときはすべてスローの上がり勝負で一瞬の脚で抜けてくるので問題ないだろう
53キロになる
叩き二戦目
これなら勝てる可能性は高い。

○シャトーブランシュ
牡馬がいないレースなら0.5以内に頑張っている
都大路Sはグランデッツァが強すぎただけ
2着ディサイファと0.2でこの馬は外はしって一番大外から伸びていた。
距離損がなければ2着もあっただろう。
重賞2着もあるのに人気なさすぎる。

△ウエスタンレベッカ
ゴールデンブーツTを勝ったときが強かった
同じ阪神2000
52キロなら十分勝負になるだろう。

△フーラブライド
日経新春杯で牡馬相手に3着
今回は56キロが心配だが能力は明らかに上
あっさり勝ってもおかしくは無い。

△フロアクラフト
上がりの早い競馬はよくない
阪神のほうが上がりが掛かるのでいい
51キロは軽い

3連複
01-12-13 100
02-12-13 100
09-12-13 300

第64回 安田記念(GI)ハズレ 

ジグランプリボスに驚いた
パドックで外側歩いていて、艶もいいし、落ち着いてるなぁとは思ったが、勝つ寸前まで走るとは思わなかった。

ジャスタウェイは勝ったが抜け出すまでが大変だった
抜けたと思ったら外からグランプリボスが突き抜けていったので負けたかと思ったが
馬場の悪い内側から差しきったのだから凄い。

直線は二頭しかみてなかった。

グランプリボスなければ馬券あたってたのになぁ
東京開催になってからボロボロ

第64回 安田記念(GI) 

大雨で馬場がどうなるかわからないが土曜が内側が相当ぼこぼこになった。
緩い馬場で塊が飛びまくっていた。
先行して外を回せる位置が大事なりそうだ。

明日も昼まで雨のようだし完全にパワー勝負だろう。
◎ジャスタウェイ
中山記念では重い馬場で58キロ休み明けで楽勝した
ハイペースとか上がりの掛かる展開で持続力で突き抜けるタイプ
今回もパワー勝負になるほうがいいだろう。
ヨシトミは普通に先行して外に出せばいいだろう。

○ホエールキャプチャ
クロフネ産は湿った馬場でのパワー勝負が強い
東京新聞杯(GIII)で57キロで牡馬を相手に楽勝
東京1600では4.3.0.1
ヴィクトリアマイルの早い馬場より今回のほうがよさそうだ。

▲グロリアスデイズ
香港ではかなり強いのに日本じゃボロ負け
馬場が違うからだろう
今回は雨のパワー勝負だ。
この馬本来の力を見せてくれるだろう。

△ショウナンマイティ
調教を見た感じではかなりよく見える
脚もよくてでいるし、調子がいいなら去年の2着馬、買うしかない。

△カレンブラックヒル
4歳になってから未勝利だが負けたのは全部時計が早すぎた
この馬は1.33秒を超えてはだめだ。
今回は不良で勝ちタイムが1.33.0くらいなら2着はあるかもしれない。

馬連 1000円
03-10 300 
07-10 300 
10-11 100 
06-10 200
06-07 100
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ