競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年15戦2的中
-8480

第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第153回 天皇賞(春)(GI) 

有馬を勝って天皇賞春連対した。有馬の次のレースで4着以下に負けているか、休養。
[2.2.0.0]
マンハッタンカフェ 日経賞(G2)6着   天皇賞秋1着
テイエムオペラオー 大阪杯4着     天皇賞秋1着
サクラローレル   休養        天皇賞秋2着
イナリワン     阪神大賞典(G2)5着 天皇賞秋2着

前年の秋の激走の疲労が残っているのか負けている。
そのまま連勝で勝ったのはシンボリルドルフのみ
ゴールドアクターも同じ日経賞だが4歳春の勢いがあった3冠馬と比べるとどうだろう。
しかも今回の調教は緩すぎる。

京都の芝はめちゃくちゃ軽い下鴨ステークス2000Mで1.58.8
1600万程度でこのタイムしかも飛ばしてでたタイムではない上がり34.1
ステイヤーより瞬発力がある先行馬を狙うしかない。

◎キタサンブラック
菊花賞を勝って有馬記念3着
大阪杯でアンビシャスより2キロ重くてクビ差2着
58キロも経験した。
4歳の最強クラスの二強とほとんど差がない。
調教も時計はでている
前有利の長距離レースで逃げれる
1番に入って枠も有利
買い要素がいっぱい。

○ゴールドアクター
先行タイプで普通に走れば勝てるはずだが外枠が痛い
しかも今回調教が軽すぎる
折り合い重視しすぎて緩く仕上げているのが不安だ
それがなければ本命でよかった。

▲レーヴミストラル
キンカメは上がり勝負で強い
めちゃくちゃ軽い馬場での加速勝負なら通用するはず
日経新春ではシュヴァルグランなど相手にならなかった
上がりでも0.9上回っている
京都記念のぼろ負けは馬場だろう気にしないほうがいい。

△サトノノブレス
去年秋から急によくなってきた
58キロで崩れない
日経新春はシュヴァルグランと4キロあってクビ差

△サウンズオブアース
騎手は大幅ダウンだが調教の動きは抜群
一瞬の加速は凄いが持続しない
前でどこまで我慢できるか。
捲ったらだめだ

△シュヴァルグラン
斤量経験がないのだけが心配だが勝っている勢いがある
阪神大賞典で負かした相手には負けないだろう。
早めに動いて抜け出してどこまで頑張れるかだ


3連複10点X100 1000円 危な過ぎて勝負は無理気楽高配当狙い。
01-08-18 158.9
01-14-18 1066.6
01-15-18 248.2
01-17-18 79.9
01-08-17 14.0
01-14-17 119.4
01-15-17 15.8
08-17-18 147.9
14-17-18 834.7
15-17-18 146.7
スポンサーサイト

第2回追加募集 

第2回追加募集

マイネナデシコの14
バランスが良くて筋肉の質がよさそうに見えたのだけど動画みたらがっかり
前脚をクロスして歩きすぎだし調教も前脚が明らかにV字になっている。
ただ前脚の角度以外は良い。どこまでリスクとるか。


シャラントレディの14
前脚外向で脚を交差、しかも筋肉がよくないのか全身の動きが硬いし
飛節が伸びないしバネはまったく感じない

クライウィズジョイの14
左前ちょっと外向、バランスも良く歩き方も力強い。
筋肉はダイワメジャー産らしい付き方でいい
高齢牝馬の高い馬は地雷だと思っていたがこれは問題なさそう。

ヒシエンジェルの2014
前脚も変な出し方してない、前後バランスもよく、筋肉はちょっと硬いタイプだけど気にするほどじゃない。
繋ぎの角度も理想的で一番故障リスクがなさそうでしかも安い!
母系は微妙だが馬体は欠点が少ない。




第76回 皐月賞(GI) 大外れ 

弥生賞で早いタイムを出したら勝てないデータもあっていた。
スプリングの3勝馬は駄目、きさらぎ賞直行も駄目も大体データでは合っていたのに
共同通信からの直行で勝たれた
しかもディーマジェスティが物凄い末脚で1馬身も抜けて1.57.9とか凄いわ
最近共同通信から直行で勝ってる馬が3頭もいたのだから押さえるべきだった
しかし予想は軸を間違っている
バカな予想したもんだ。

12.0 - 10.7 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 11.5 - 12.4 - 12.2 - 11.6 - 11.8
5F58.4 ここまではG1なら普通かな
そこから6F目が11.5って加速しているここでリオンディーズが先頭に行ってしまった
前に行って自分で勝ちに出た馬は相当厳しい流れになった。
リオンディーズはさすがに坂で止まってしまった
苦しくなって寄れていたし強気に行き過ぎた。

エアスピネルはリオンマークで接戦だったがやっぱりあれで交わせないのは能力の限界だろう
降着で4着だが力負け
ストライドがちょっと立ち気味だし1800くらいがベストなのかも
2400はまったくいいと思えない。
もっと沈むようなストライドにならないと距離は持たない。

サトノダイヤモンドは中段から捲って外目からあがっていったが伸びが微妙だった。
ダービー目標で仕上げ不足かな?
きさらぎ賞からのぶっつけローテでよく3着にきたな

マカヒキは後方から外回った自分の競馬をやっただけ
あまり勝ちにでるって感じでもない
皐月は小回りだし直線一気でどこまでやれるかの一発狙いだったのかも
ダービーなら期待できる。

ディーマジェスティは後方でサトノの一団後ろから外回って
突き抜けていった。
共同通信のときも持続ペースでずっと追い通しで勝った馬
母父ブライアンズタイムの粘りが発揮された
共同通信1:47.4がやや重だからドゥラメンテとかリアルスティールクラスの時計だったのを忘れていた。

ロードクエストは早めに行き過ぎ
末脚溜めて爆発を期待したのに追走で使ってしまった。
この馬マイラーかもしれない

雨が降って馬場が渋ればディープ全滅かなと期待したのに終わってみればディープが1.2.3着独占
しかし勝ったのがノーザン産じゃない零細牧場のディープってのが凄い。

ダービーは皐月賞の疲労がどれだけ回復できるかの戦いだろう
ディーマジェスティはタフなブライアンズタイムが入ってるから二冠いけそうだ

第76回 皐月賞(GI) 

◎リオンディーズ
弥生賞で2着
マカヒキに負けたが休み明けだったし早めに動いて負けたのはエピファネイアそっくり
使って上昇する血統なので今度はもっと強い
不安は16番に入ったことだけだ
ある程度前にいってほしい後方からの直線一気になると負けるだろう

○マカヒキ
弥生賞を1.59.9で走った疲労だけが心配
ここを勝てば3冠馬になれる可能性が高い。

▲アドマイヤダイオウ
新馬でリオンにぶっちぎられてるが使ってる末脚は同じで位置の差がそのまま出た感じ
そのあと3連勝
若葉Sは普通なら負けている
並んで交わされてからの差し返しは凄い根性
内側の枠で先行タイプで良い位置が取れる。
前の位置で併せる形になったら一発ありそう。
ノガロを物差しにすればきさらぎ賞のサトノダイヤモンドと互角にやれそう

△エアスピネル
弥生で前二頭と2馬身は決定的な差で逆転するのは不可能
マカヒキとサトノが飛べば安定走行タイプのこのが二着かな?

△ロードクエスト
スプリングSはスローの展開で後ろから3着
今回は叩き二戦目
リオンと初対戦だし母父チーフベアハートは穴で来る

サトノダイヤモンドはきさらぎ賞からの直行ローテ[0.0.0.9] で切った

馬連 7点 800円 リオンが溜めすぎて飛んだ時のために縦目も買った
03-16 200
04-16 100
14-16 100
15-16 100
03-04 100
04-14   100
04-15 100

スプリングS勝馬 3勝[2.0.2.9] 

中山限定
オルフェは参考外

4勝以上[5.2.1.1]
3着タニノギムレット年明け重賞3戦は使いすぎ。
着外はシンホリスキー年明け4戦は使いすぎ。

3勝[2.0.2.9]
3戦無敗「1.0.1.0」

スプリングS1着馬皐月賞 成績    重賞実績
ビゼンニシキ 2着   5.1.0.0 共同通信杯 弥生賞2着
ミホシンザン 1着   3.0.0.0
マティリアル 3着   3.0.1.0
ナルシスノワール9着 3.1.1.2
アズマイースト 11着   2.1.1.2
シンホリスキー 15着 4.3.0.2 きさらぎ賞
ミホノブルボン 1着 4.0.0.0 朝日杯3歳S
マルチマックス 14着 3.0.0.3
ナリタブライアン 1着 6.1.1.1 共同通信杯 朝日杯
ビッグサンデー 16着 2.3.1.0
クリールサイクロン7着 3.0.2.1 新潟2歳S
ダイタクリーヴァ2着 4.1.0.0 シンザン記念
タニノギムレット3着 4.1.0.0 アーリントン シンザン記念
ネオユニヴァース1着 4.0.1.0 きさらぎ賞
ブラックタイド 16着 3.1.0.1 きさらぎ賞2着
ダンスインザモア8着 3.0.0.1
メイショウサムソン1着 4.3.1.1 きさらぎ賞2着 スポ杯2歳S2着
フライングアップル12着 3.2.0.1 スポ杯2歳S2着
スマイルジャック9着 2.3.2.0 きさらぎ賞2着
アンライバルド 1着 3.0.1.0
アリゼオ 5着 3.0.1.0
グランデッツァ 5着 3.1.1.0 札幌2歳S(G3)
ロゴタイプ 1着 4.0.1.2 朝日フューチュリティ(G1)
ロサギガンティア10着 3.1.0.1
キタサンブラック3着 3.0.0.0

4勝以上だと半分以上は連にくるのだが3勝だとミホシンザン、アンライバルドが勝っただけ
ほとんど馬券外になる。
今年はマウントロブソン 3.2.0.0
無敗でもないけど3着以下もなく堅実
微妙に3着がありそうで困る。

弥生賞を2.02.0以内で勝つと「1.3.3.8」 

1.59.9 マカヒキ ??
2.01.8 サトノクラウン 6着
2.01.4 トゥザワールド 2着
2.01.0 カミノタサハラ 4着
2.01.0 サダムパテック 2着
2.01.8 マイネルチャールズ3着
2.00.5 アドマイヤオーラ 4着
2.01.5 アドマイヤムーン 4着
2.00.5 コスモバルク   2着
2.02.0 バランスオブゲーム8着
2.01.8 スペシャルウィーク3着
2.01.3 サクラエイコウオー8着
2.00.1 ウイニングチケット4着
2.01.5 アサカリジェント 3着
2.01.7 イブキマイカグラ 4着
2.01.7 シンボリルドルフ 1着

勝ったのはルドルフだけだ
マカヒキは1.59.9は早すぎる
スローの上がり勝負で後ろから行って33.6で勝った
前にいって息切れして粘って落ちていくより、溜めて一気に爆発させるほうが筋肉疲労がある。
しかも若駒Sで-10で弥生で+-0で増えなかった
これはかなり危ない

皐月賞データ きさらぎ賞連対からの直行組み[0.0.0.9] 

きさらぎ賞連対からの直行組み[0.0.0.9]
メジロマイヤー     皐月直行     皐月18着
サイレントディール  皐月直行      皐月6着
マイネルブルック    皐月直行     皐月8着
アサクサキングス   皐月直行    皐月7着
リーチザクラウン    皐月直行    皐月13着
ネオヴァンドーム    皐月直行   皐月17着
レーヴドリアン 皐月直行   皐月9着
トーセンラー 皐月直行   皐月7着
トーセンスターダム 皐月直行   皐月11着
サトノダイヤモンド 皐月直行
今年のサトノダイヤモンドは勝ち方やタイムは優秀だがローテーションが駄目
桜花賞も結局トライアルを使って正しいローテーションで来た馬のほうが結果がでた。
リーチザクラウンのように人気してぶっとびそうだ。

第76回 桜花賞(GI) ハズレ 

チューリップ賞の1.2着強すぎ
1.32.8で走ったあとだから反動あるかと思ったが関係なかった。
軽い馬場だったから負担がなかったのかな
桜花賞でも33.0なんて上がりがでるなんてすごい
5F59.1で後ろから2番目のジュエラーはよく届いたな
3F33.0の凄い末脚と持続力だ
シンハライトは早めに動いて勝にいったがそれでもギリギリ負けただけでこっちもかなり強い。
この二頭はオークスでも1.2着だろう

アットザシーサイドは軽い馬場の1600がやっぱり合っていた
3着まで伸びてきたのだが馬券がジュエラーとシンハライトの組み合わせに入れてなかった。

レッドアヴァンセは完全に力負け
こんなのを本命にした自分があほだった。
オッズに目が眩んだ。

メジャーエンブレムは包まれて自分のペースでレースができなかった
しかも3Fの末脚がすごい馬じゃないからスローの上がり勝負になっては駄目だ。

ルメールは1番人気で負けてデムーロが勝つ
G1のデムーロは強すぎる。
逆にルメールはなんか足りない

5頭印つけて4頭上位独占してるのに馬券外すとか下手糞すぎる。

第76回 桜花賞(GI) 

メジャーが厳しいペースで前が潰れる
さらにシンハライトとジュエラーが早めに動いてメジャーを潰しにいけば、
その一段後ろからの追い込みが決まるかも。
◎レッドアヴァンセ
チューリップは出遅れて大外回して33.1で伸びているが前が止まらない
今回はさすがに33.0とか出る展開じゃないだろう
ディープに母父ダンシングブレーブ
リファールの血は追い込みで強い。

○メジャーエンブレム
クイーンCが5F57.8で逃げ切り5馬身 1.32.5
12.3 - 10.8 - 11.3 - 11.7 - 11.7 - 11.2 - 11.6 - 11.9
ずっと11秒で失速しないのだから強すぎる
心配なのは1.32.5のタイムで走った反動だけだ。

チューリップ賞組みは芝が早すぎ
5F58.9で1.32.8
1.2着馬は3Fで33.0とかおかしい。
これは力で出したのではない芝の速さで出ただけで強いとは言えない
シンハライトとジュエラーは叩き合いの限界レースをすでにやってしまった
たぶん反動がでるはず
△シンハライト
△ジュエラー

▲アットザシーサイド
1400で追い込みしている馬なので1600で追走が楽になって
前が厳しい展開なら結構いい勝負になるんじゃないかと思う。

3連複 7点X100 
05-10-11 79.1
05-11-12 20.6
05-11-13 21.2
05-10-12 24.6
05-10-13 24.1
10-11-12 155.3
10-11-13 184.8

第60回 産経大阪杯(GII)的中 



12.8 - 11.5 - 12.5 - 12.1 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 11.3 - 10.9 - 11.4
キタサンブラックが前半ゆったりいって残り3Fのレース
これでは前にいないと厳しい
みんな上がり33秒台でどれだけ前にいていい脚を使えるかだけのレースだった。

まさかアンビシャスが2番手で行くとは思わなかった。
あの位置は正しかった。
いつもの後方からだったら今回の糞スローの展開では負けていた。

ヌーヴォレコルトは距離なのかなぁ
だからって持続する末脚はないしからヴィクトリアマイルは微妙だし強いだけに買い時に困る





第60回 産経大阪杯(GII) 

このレースは4歳馬が強くて
さらに絞ると斤量背負っていても4歳牡馬のG1馬がでてきたらほぼ馬券内[2.1.3.2]
着外二頭は秋は終わっていたヴィクトリーと4着だったダノンシャンティー59キロ

今回該当馬が一頭
◎キタサンブラック
菊花賞馬で有馬3着皐月賞3着
直線が短い内回りでも強い
阪神内回りで前に行けるのだから展開も味方する

○アンビシャス
末脚は凄い
56キロで軽い
ドゥラメンテとリアルスティールと互角になったのだから勝つチャンスは大きい
ただ後ろからなので微妙に届かないかも

▲ショウナンパンドラ
休み明けなのに調教の動きがめちゃくちゃいい
母系はステゴそのもの
阪神内回り得意血統

△ラブリーデイ
この馬も宝塚で強かったし阪神内回りは得意
もう6歳さすがに去年ほどの能力はもう出せないだろう。

△ヌーヴォレコルト
この馬は1800ベストかも
距離が長いと最後抜け出したあとに止まるから勝ちきれない
一応崩れないので押さえ

4歳牡馬二頭軸流し5点X200
02-07-09 10.5
03-07-09 19.5
04-07-09 67.1
06-07-09 37.3
07-08-09 21.9
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
疲れたときは
月別アーカイブ