競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年31戦5的中
-13840
第42回 エリザベス女王杯(GI)
-600
第156回 天皇賞(秋)(GI)
200X9.0=1800-700=+1100
第78回 菊花賞(GI)
-700
第22回 秋華賞(GI)
-700
第68回 毎日王冠(GII)
-900
第51回 スプリンターズステークス(GI)
-500
第65回 神戸新聞杯(GII)
4.6X300=1380-600
+780
第62回 京成杯AH(GIII)
-500
第53回 札幌記念(GII)
-1000
第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X14.3=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X4.5=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
8.6X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第68回 毎日王冠(GII) ハズレ 

12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7
5F60.0 1.45.6 スローペース

前半緩すぎて後ろにいたら圧倒的に不利
早めに動いたサトノアラジンの川田はうまく乗った
グレーターロンドンは内側に入れて良いポジションまであげたのに
アラジンがあがっていくところで動かず
後ろにつけての差し比べ
上りが32.6でこれ以上は出ない
東京コースの上りの限界くらいだろう
位置取りの差で負けてしまった
田辺は中山だと大胆に捲ってくるのに
東京は同じことやってたら差せないのにわかってない
特に重賞の東京は下手くそ過ぎ
グレーターロンドンは賞金たりないからG1にでれないだろう
富士S?スワンS?
天皇賞は頭数割れしないと無理だな

58キロでサトノアラジンは32.6は凄い
最後坂あがってからもうひと伸びでリアルスティールにクビ差までいった
安田記念で馬が変わったようだ

リアルスティールは調子が戻ったようだ
最後直線持ったままあがってきたところでこれは勝たれたと思った
32.8でギリギリ勝った
57キロと坂路でかなり仕上げていた効果だろう
あとペースがスローなのもよかった。
ハイペースだとなぜかこの馬伸びなくなる

馬券は縦目でハズレ
3着じゃ意味ないんだよ
今年は狙った軸がことごとく来ない。
あと一歩の判断がうまくいかない。
完全にスランプだ




第68回 毎日王冠(GII) 

土曜の2歳芝1600の サウジアラビアロイヤルカップで1.33.0がでた。
しかも稍重、これは物凄い高速馬場
1F12.0を足しても1.45.0
古馬のG2だと1.44.0を切ってもおかしくはない

◎グレーターロンドン
安田記念で4着になるまでは疑っていた
初の58キロで0.1差4着しかも休み明け
今回は56キロ
サトノアラジンと2キロあれば逆転可能

○サトノアラジン
58キロでちょっと他より重いのだけが心配
調教は普通にいい感じ
追い込みでどこまでこれるかだろう

▲ソウルスターリング
53キロは軽い
先行タイプでスローになったら有利になる

△リアルスティール
能力は高いのだが国内では勝ちきれない
今回坂路でめちゃめちゃ時計だしてるし相当仕上げていると思う
2着はあると思うのだが

△マカヒキ
京都記念は休み明け
大阪杯は小回り
理由があるが大阪杯はダービー馬にしてはしょぼかった
よくわからない
東京コースで走らなかったら終わりだ

馬連 グレーターロンドン流し
01-07 300
02-07 300
07-08 100
07-12 200

一応気になったので問い合わせした。 


シルクの回答
( ゚Д゚)ハァ?
システムの都合とかそんな普通の回答が来るのかと思ったら
予想の斜め上を行く著作権の問題
撮影者の著作権なら画像の大小、関係ないと思うのだが?よくわからん
キャロットに勝っているサービスは画像の解像度が高かった事なのに残念だ
300kbくらいで作ってほしいね。

第51回 スプリンターズステークス(GI) 大外れ 

ラインミーティアはスタート後下げやがって意味が分からん
前に行く馬なのに西田はやっぱあほだった

ダンスディレクターは外枠だし差す競馬だったが
ペースが遅すぎた
3F33.9とかG1のペースじゃないわ
上りのほうが早い3F33.7
これでは後ろにいた馬で外回ってたら届かない。

レッドファルクスは前の馬が断然有利の展開でギリギリ差し切ったのだから強かった
レッツゴードンキは岩田の腕だな
うまく内側で溜めて内側抜けてきた
相当うまく乗ったと思う

第51回 スプリンターズステークス(GI) 

セントウルの勝ち馬はその前にアイビスSDを勝ってないとダメ
ファインニードルは初重賞勝利でダメ
そうなると負けた馬から狙うしかない

◎ダンスディレクター
休み明けでラインミーティアと0.0
まともなら勝っていたかも
今年は休み明けが多く手薄
一発期待できる。

〇ラインミーティア
前2戦が重賞だが人気がない
しかし1着2着と走っている
重賞で連続連対できるのだから調子はいい

▲レッドファルクス
今年なら実績で抜けている
安田で3着もあり持続力もある
問題は仕上がりだけ
一回使っていれば◎であった

馬連3点BOX
05-08 100
05-16 100
08-16 300

第65回 神戸新聞杯(GII) 的中 

12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8
5F61.4 2.24.9
ペースはスローだが後半4Fが11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8
長くいい脚が使えないとダメな展開
坂がある最後1Fでも11.8で止まらないのだから後ろの馬は厳しい
レイデオロは先行して良い位置
4コーナーまわったところで前を捕まえるだけ
あっさり抜け出して2馬身つけて勝った
やっぱりダービー馬は強かったわ

期待したキセキはスタートで少し下げて内側に入って最短コースで脚を溜めて
直線で隙間を抜けてきた
デムーロは上手く乗っているが相手が強すぎた
菊花賞はレイデオロいないので勝てるかも?
ただパドック見た感じだとかなり仕上がっていた感じがする。

サトノアーサーは中段で前の先行集団から少し空いた位置にいて
上手く川田が乗っていたのだが直線はジワジワ伸びているがレイデオロとは差が開いた
3F34.4で溜めてた割には伸びてない
2400は長いのかも?

ダンビュライトは坂路で50秒連発してたが+16
パドックでもかなりイイ仕上がりに見えたのだが
最後1Fで失速
案外成長がなかったのか?
それとも距離が長いのか?
筋肉が付き過ぎて適正が2000くらいになったのかも?
1勝馬では菊花賞には出れないだろう。
京都大賞典で2着でも入らないと無理だがどうするのだろうか。

馬券は久々にまともに当たった
1.2番人気だから当たって当たり前。

第65回 神戸新聞杯(GII) 

今年の3歳牡馬はレベルが低いといわれていた
皐月賞は超高速インチキ馬場
ダービーは超スローでオークスより2秒も遅い糞レース
だったら夏の上り馬で通用するだろう。
◎キセキ
毎日杯で負けたあとの2連勝の末脚が凄い
中京の500万は33.2 上り2位より1.秒も早いレベルが違う
信濃川特別は32.9で直線一気1:56.9
このタイムは2017年の新潟2000の1番時計
新潟記念とは馬場差もあるが1秒も早い
ダービー組は使ってない分仕上げに余裕があるはず
レイデオロにも十分勝てるだろう。

○サトノアーサー
毎日杯の走りを考えたらキセキ以上なので買うしかない。

▲レイデオロ
皐月賞以外は負けてない
外回りだし普通にはしれば3着以下にはなりそうにないと思う

△カデナ
調教はいい
ダービーは末脚不発だったがまともなレースならあんな事はないはず
案外早熟か?

△ダンビュライト
調教抜群
坂路で50秒台なので相当仕上げていると思う。

馬連600円
05-08 300
02-05 100
03-05 100
05-11 100

第35回 関西テレビ放送賞ローズステークス(GII) 

◎モズカッチャン
今年のオークスは2.24.1でレベルが高い
2着だったが3着には2馬身もある
ソウルスターリングがいないのだから本命にするしかない。
先行タイプで母父キングカメハメハが入ってるので重馬場でも問題ないはず

○ファンディーナ
この馬は牝馬路線をまともにいったらG1勝っていたかもしれない。
今回は仕上げだけだが、ゆったり調教しかしてない。
大型馬では仕上がってないだろう。
ただ馬体は牡馬みたいな牝馬で能力は相当高い
仕上げ70%くらいでも勝ってしまうかも?

▲ミリッサ
中京1600で1.32.7はすごい
3歳牝馬が1000万で出す時計ではない
春とは別物だろう。
あとは馬場に対応できるかどうかだが
ダイワメジャー産駒なので問題ないかも

△リスグラシュー
毎回凄い末脚なのだが3歳になってからなんか反応がいまいち
案外早熟?
今回は馬場も悪くて後ろからいくのは不利だ

馬連 
2-6  100
2-5  200
2-17 300

第62回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII) 大外れ 

ブラックスピネルは内側に入っていいところがなかった
タイムも早すぎたし前に行き過ぎた
もっと中段後方で溜めて外回ってくると思ったのに最悪だ
セントウルSは◎○で的中なのに、ブログに書くと予想が当たらん
アタラネーゼだからこれでいいのかもしれん

グランシルクは強かった
中山でステゴ産は強い
母父はロベルト系で中山にいい
しかも中山だけ異常に上手い田辺
東京に変わったらまた勝ちきれないのに戻りそうだ



第62回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII) 

このレースはマルターズアポジーが逃げる
スローは無い
逃げ馬を見て先行しながら差せる馬
ダノンプラチナだったのだが取り消しになってしまった。
◎ブラックスピネル
一瞬の加速だけならかなりいい脚が使える
直線の短い中山のほうが合っているかも

○グランシルク
強いから崩れないのだが毎回何かに負けてしまう不思議な馬
ウインガニオンと差がないのでここでも上位

▲マルターズアポジー
58キロで急坂コースで不安がある
ただ前が止まらない今の中山なら逃げ切りもありそうだが
ぶっ飛びもあり

△ボンセルヴィーソ
前に行ける先行馬
内枠だしG1実績もある
3歳で斤量も軽い
あとは通用するかだけ

△ダノンリバティ
関谷記念は差してきた馬の中ではほとんど差がない
ウインガニオンと互角だしグランシルクとも互角だろう

馬連流し4点 500円
02-08 100
05-08 100
06-08 200
08-13 100


最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
疲れたときは
月別アーカイブ