競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2016年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年19戦3的中
-8220

第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

第22回 NHKマイルカップ(GI) 

未勝利で1.34.1 F59.4
ハイペースでもないのにこのタイムは早い
プリンシパルSは1.58.3と物凄い高速決着

◎レッドアンシェル
高速決着で強い母父ストームキャット
アーリントンCで34.3でディバインコードは楽に交わせている
休み明けでペルシアンナイトから0.5ならまあまあ
朝日杯は体ができてなかった
今回は調教が抜群にいいし、肉の厚みが全然違う
叩き2戦目で坂が緩い長い直線
この馬にぴったりなコースだと思う。

あとはもう手広く流すしかない
桜花賞組
アエロリット
カラクレナイ
距離短縮
アウトライアーズ
プラチナヴォイス
モンドキャンノ

馬連流し5点X100 500円
04-15 28.5
15-16 35.2
01-15 43.6
03-15 52.1
05-15 146.9



第155回 天皇賞(春)(GI) 馬単的中 

12.9 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 13.0 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2
3.12.5
キタサンブラックは離れた2番手で12秒台を維持してはしっていたような感じ
下りから12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2
さすがのキタサンブラックも12.2で失速している
相当厳しいレースだった。

シュヴァルグランはジワジワと差をつめていたのだが競るまでは無理だった
下りから直線に入るところでもう併せていければよかったのだが、そこで差が開いてしまった。
加速していくときのスピードが足りなかった
ステイヤーとしての能力は相当高い

サトノダイヤモンドは直線でシュバルグランを交わせるかと思ったら案外伸びなかった
4コーナー外まわっていたのが相当厳しかった。
シュバルグランに負けるのだから距離適性が出たのだろう。

ディーマジェスティは下りから反応が悪すぎ
胴が詰まった体系だし、距離が長すぎた

ゴールドアクターは珍しくパドックで入れ込みがなかった
出遅れてポジションが悪くなった時点で終わってしまった



久々に馬単で◎○で的中
今回は簡単だったがNHKマイルはやばいな

第155回 天皇賞(春)(GI) 

土曜の芝レースは2400で2.23.9がでている
結構早い馬場で内が止まらない感じだ
芝が軽いので距離ロスがある外を回すと伸びてくるが届かない

◎キタサンブラック
前にいけて粘りがある馬
去年も勝っている4歳馬がでてきたらヒルノダムール以外は連対のデータもある
大阪杯も普通に走って勝った感じで疲労もなさそう
最終追切はちょっと馬を交わすあたりでふわふわしてる当たり気にはなるが
レースでは大丈夫だろう。

天皇賞春はハーツクライ産が強い
2012年からずっと3着以内に一頭は入ってくる
今年は3頭いるが終わってるダービー馬と牝馬では無理
○シュヴァルグラン
阪神大賞典は完敗だったが今年は調教の動きがいい
福永ならある程度前で内側を狙ってくるはずだ
勝つのは厳しいが距離適性で2着は来るかも

▲ディーマジェスティ
日経賞は57キロで結構いい脚で伸びていた
直線で内側からレインボーラインが寄れてきて避ける形で外に移動で追えなくなった
あれがなければ5着はあっただろう
調教は3歳の春のような、馬なりで凄い加速はないが時計はいい
どこまで調子がもどっているかだけだ

△ゴールドアクター
調教はすごくいい動き
一回使って調子はかなり良さそう
去年の有馬でキタサンとガチでやりあって直線叩き合いで3着
交わせなかったが垂れたわけではない。
上位3頭は相当強い
折り合いだけなんとかなれば連はありそう

△アルバート
58キロでダイヤモンドSを楽勝
去年の秋からやっと調子が戻ったようだ
シュヴァルグランとは元々差はなかった

サトノダイヤモンドは切った
まず直前の調教が軽すぎる
折り合いを重視なのだろうけど流しただけでまったく評価できん
調教師が適正が2400までとか言ってる時点で負け前提
2強対決はどちらかが馬券外になることが多い
この馬買ってたらまったく配当がつかない

馬単流し 4点0 500円
03→06 200
03→07 100
03→09 100
03→12 100

最近当たらないので切ったサトノが勝つのかな?

前年の天皇賞春を4歳で勝った馬が次の年でてきた[3.2.0.1] 

前年の天皇賞春を4歳で勝った馬が次の年でてきた[3.2.0.1]
ヒルノダムール 11着 天皇賞春後G1連対無し
メイショウサムソン     2着 天皇賞春後G1連対あり
テイエムオペラオー 1着 天皇賞春後G1連対あり
メジロブライト 2着 天皇賞春後G1連対あり
メジロマックイーン 1着 天皇賞春後G1連対あり
フェノーメノ     1着 秋休養でG1連対なし
キタサンブラック     天皇賞春後G1連対あり

特殊な距離なので前年4歳で勝ってる馬がでてきたらめったに崩れない
5歳になっても春なら衰えはほとんどない
キタサンブラックは最低でも連は確保するだろう。

サトノダイヤモンドが天皇賞春で連対できないデータ 

3歳で有馬記念を勝った馬は疲労残る??
有馬1着の次のレースが3000Mで連対したら駄目。[0.0.0.5]
シルクジャスティス 阪神大賞典(G2)2着 天皇賞春4着
ナリタブライアン 阪神大賞典(G2)1着 壊れて出れず。
マヤノトップガン 阪神大賞典(G2)1着 天皇賞春4着
ゴールドシップ  阪神大賞典(G2)1着 天皇賞春5着
オルフェーヴル  阪神大賞典(G2)2着 天皇賞春11着
サトノダイヤモンド阪神大賞典(G2)1着  ???

サトノダイヤモンドは4連勝できているし普通なら連を外すはずがない。
だがデータでは全滅だ
データなんてのは過去の事だと思って買うか、データを信じて人気馬を切るか
(〃*`Д´)どうしたらいいんだよぉ!!

第2回追加募集のご案内 

第2回追加募集のご案内

シルクの追加募集見れるようになっている
2015産は追加もうないのか思ったら、こんな時期に来るとはびっくりだ

カイゼリンの15
見た目ぴかぴかで体は(・∀・)イイネ!!
問題は前の繋ぎの付き方が微妙左右で違うようにみえる
動画で正面から見たい

ストラスペイの15
この時期のルーラー産としてはなんか筋肉の張りがない
首が短く見えるのはなんでだろ
成長が遅いのか

プロミストスパークの15
肉が硬そうにみえる
動画待ち
冬毛がなくなるまで様子見

スルーレートの15
去年のクライムメジャーをしょぼくしたような感じだなぁ
値段も安いけど。

アンナヴァンの15
薄い皮膚
トモもしっかり
飛節も頑丈そう
繋ぎも角度と長さが揃ってる
悪いところは無さそう
母系は微妙

アーデルハイトの15
これはいい感じで馬体はまとまりがある
管が細い?
母系は優秀

体重とかの数字も早くだしてほしい

第52回 サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII) 大外れ 

13.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 12.6 - 12.8 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.0
5F61.5 

モズカッチャン
まさか勝つとは思わなかった。
最後の100Mくらいから物凄い加速だった
一頭だけ33.9
最内ぴったりで直線も内側
最後の1F過ぎたあたりで前が開いて一気に差し切った
ビービーガウディはそこそこ強かったが牝馬が牡馬に勝ってきた事をもっと評価すべきだった。
パドックでは気合入って踏み込みも力強い


ヤマカツグレースはスローで先行、展開を味方につけて2着だが血統の力か?
ハービンジャー産駒が1.2着だった。
先週からハービンジャーが走りまくりだ。

フローレスマジックは限界まで仕上げてなかった
パドックは毛艶が悪いし気合もいまいち
それでもギリギリの3着だから使ってよくばれなオークスでも掲示板くらいはあるか?

レッドミラベルはパドックでイレ込みがひどいしお腹のあたりかなり湿っていたので発汗もあっただろう
レース前に今日は終わっていた感じだ

ホウオウパフュームは休んでた割には細く見えた。
後ろから外回って伸びてはいるのだが前も同じ上がりなのだから
届くわけがない
田辺は東京じゃ買ってはだめだな
中山で捲ってくるパターンを東京でやったって通用しない。

当たると思ったのに大ハズレで笑うしかない

第52回 サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII) 

◎レッドミラベル
5F60.5で1.48.9
ペース的にはスプリングSと互角で、時計で0.5差
フラワーカップにでてたら2着に入れる
未勝利戦としてはレベルが高すぎる
これは狙うしかない。

○フローレスマジック
クイーンCは+18
1.33.6で走れているしレーヌミノルには先着している

▲ホウオウパフューム
寒竹賞は2.01.5
京成杯より時計が早い
しかもスロー5F61.3で12.0 - 11.8 - 11.5
最後の3Fを加速し続けるラップで後ろから突き抜けるのだからかなり強い

BOX 500円 これは当たるだろ
04-05 100
04-14 100
05-14 300

第77回 皐月賞(GI) 大ハズレ 

昨日から高速馬場だとは思っていたが
1000万で1.58.7とか1200OPで1.07.5
馬場いじりすぎ

12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7
5F59.0で平均ペース
馬場が軽くて最後の3F11.4-11.4-11.7
坂のあるところで11.7で失速しないのだから物凄い軽い馬場だ
4コーナーで後方にいたらダメ、外回ったのもダメ

ペルシアンナイトは内側ぴったり最短コース
途中であがっていって前目のポジションにいたのは素晴らしい判断
しかも内側入っても、前が空いた凄く運のいい騎乗だった。
デムーロはやっぱG1だと運があるな

アルアインは先行してファンディーナの外にいたのだが4コーナーから動くところで
反応が悪いのか少し放されたのだが、それがよかったのか最後凄い伸びだった
毎日杯1.46.5を甘く見ていた
サトノアーサーってやっぱり強いのか(・Д・)アン?

ファンディーナ
パドックで前よりうるさくなっていた
攻めの調教をやったらテンションが上がり過ぎるのを気にしていたのかな
前につけて自分で勝ちにいって負けた
能力は出し切っているので、馬場とペースが問題かな
これでオークスにいくでしょう

ダンビュライトには驚いた
先行して外にいてファンディーナに並んで一旦は
放されたがそこから、すごい持続力で3着に踏ん張った
高速馬場だめだと思ってたのになぁ

スワーヴリチャードは普通に外まわって伸びてるけど前も止まらないのだから
差が詰まらずおわり

クリンチャーは予想通りのしぶとさを発揮して3着に粘れそうだった
やっぱりすみれSはレベルが高かった

カデナは内側ぴったりにいて直線外だして坂で失速
高速決着に対応できなかった

期待したアウトライアーズは後方にいて外にもっていって伸びてはいるが
前が止まらないのだからどうにもならん
田辺なんも考えてないときは後方からまくってくる事がとても多い
そしてだいたいその時は負ける
もっと考えてほしい。

同じ位置にいたレイデオロは内側まわって凄い伸びだった
あと2列前につけていたら3着はあっただろう
一回使っていればもっと動けてポジションがとれたはずだ

馬券は大外れでションボリクリスエス



第77回 皐月賞(GI) 

土曜の芝は軽い馬場になっている
上がり33秒台がでるし、未勝利2000Mで2.00.4
山藤賞が1.48.9で勝った馬が3F33.3
今までの上がりの掛かる馬場なんだったのか?


◎アウトライアーズ
今年のトライアルで一番タイムがまともだったのがスプリングS
緩みがないきついペースを経験できたのが大きい
東京の長い直線よりは小回りでいいタイプ
スプリングSは休み明け
ひいらぎ賞ではウインブライトに楽勝していた。
調教は素晴らしい動きで使って確実に調子が上がっている。
そして、なぜか人気まったくない

○カデナ
弥生賞は超スローの上り勝負
普通なら負ける展開で差し切ったのだから凄いのだが
相手が弱すぎるのとタイムが遅すぎる
このときは仕上げ不足だったのもある
マカヒキみたいなレースができれば2着はあるかも

▲ファンディーナ
スプリングSより遅いペースで楽勝で0.3
すごい加速力
先行タイプなのもいい
2キロ斤量も軽い
前が止まらない軽い馬場
有利な条件が揃っている。

△スワーヴリチャード
1.47.5は優秀なのだが小回りよりは東京でいいタイプなのがどうか
共同通信組は最近出世するのは33秒台の上りで走った上位馬ばかり
34.1で二馬身抜けたのは相手が弱すぎた?

△クリンチャー
未勝利で2.00.8は優秀
すみれSの2.14.1は古馬の尼崎S(1600万下)よりも早いめちゃくちゃ優秀なタイム
しかも4馬身ぶっちぎり
早い上がり無いが強気に逃げれば相当粘るんじゃないかと思う

△レイデオロ
去年の年末はこの馬が皐月賞勝つだろうと思ったほど
直行になったのは使えない理由があったはず
押さえにまわした。

△ペルシアンナイト
勝イメージができないが
先行して抜け出すタイプなので連はあるかも

馬連流し6点X100 600円 
02-06 47.3
04-06 44.2
05-06 93.5
06-07 80.0
06-08 43.1
06-16 657.2

当たったらいいな



最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
疲れたときは
月別アーカイブ