競馬予想がアタラネーゼ

俺の予想がこんなにはずれるわけがない。
 
 
2017年の成績

ネーゼ

Author:ネーゼ


2017年22戦3的中
-10820

第58回 宝塚記念(GI)
-900
第67回 安田記念(GI)
-1000
第84回 東京優駿(GI)
-700
第78回 優駿牝馬(GI) 
-800
第12回 ヴィクトリアマイル(GI)
-800
第22回 NHKマイルカップ(GI)
-500
第155回 天皇賞(春)(GI)
200X1430=2860-500=+2360
第77回 皐月賞(GI)
-600
第77回 桜花賞(GI)
-900
第61回 大阪杯(GI) 
-1000
第47回 高松宮記念(GI)
-600
第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII)
-800
第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
200X450=900-600
+300
第54回 報知杯弥生賞(GII)
-900
第91回 中山記念(GII)
-500
第34回 フェブラリーステークス(GI)
-1000
第51回 共同通信杯(GIII)
-600
第67回 東京新聞杯(GIII)
-700
第31回 根岸ステークス(GIII)的中
860X200=1720-500
+1220
第57回 京成杯(GIII)
-600
第51回 日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)
-900
第66回 日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)
-300




--------------------------------
2016年35戦8的中
合計+590

2015年47戦10的中
合計-5770

2014年46戦6的中
合計 -5760円

2013年
40戦8的中
合計 -28230円




2011年
55戦12的中
合計 -38060

2010年
55戦13的中
合計 -19130

2009年
98戦38的中
合計 +9080

ブロとも申請フォーム
出資馬
競馬格言
馬連からは何もうまれん
馬連買ったら1着3着ではずれ
2着3着ではずれる
ワイドにしとけばと後悔したときの状態

マイネルニハマイルネ
ラフィアンの糞馬で馬券が外れたとき。

ハーツライ
ハーツクライ産駒で勝負して外れたとき
はぁー辛い

椎茸
四位と武で決まったとき
過去には一杯あったのに最近はもうない
アホマイヤ アドマイヤの馬を買って負けた時

2017年度募集予定馬リスト 

15年産の下が結構そのままいる
シルク血統として固定するのかな?
ずっと固定なら当たりもでるはずだが。

ディープの1億は今年はないかな
キンカメが一頭だけ、どこにいったんだ?
ダメジャーが全部牡馬なのは(・∀・)イイ!!
ゴールドアリュール5頭もいる
しかしサマーハ以外はくそ血統だ

ブラックタイド牝馬は走らん
トーセンホマレボシとかいらん
ワークフォースもいらん
ヨハネスブルクもいらん
やすそうなのは変なのばっかだな

2015年産より劣るな。

2017 社台募集馬よく見えた馬 

買えないけど、一応見てみた

3 スタセリタ
ディープになっても(・∀・)イイ!!
牝馬ディープでは一番

31 シナノネージュ
背中のラインもいいしトモの容量もある
飛節もロスが少ない作り
安いけどこれいいんじゃないの

42 ドバウィハイツ
ディープ牡馬ならこれかな

44 クリアンサス
無駄に筋肉が多くないのが(・∀・)イイ!!

50 ゴールデンドックエー
これは素晴らしい
早生まれだからそう見える可能性もある。

59 ブーケフレグランス
上体はいい
後ろ脚が細く見えるので管が細いのか?

66 ヘヴンリークルーズ
肩の角度もいい尻もでかい
飛節も確り
これはかなりいい馬
繋ぎ長さがもうちょっとほしい

67 ヴァルパライソ
形がいいし悪いところは無さそう

83 キャッシュインクルーデッド
トモもしっかり形もいい

関東はひどい、全然いいのがいなかった

第67回 安田記念(GI) 縦目でハズレ 

12.2 - 10.6 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.0 - 11.3 - 12.1
5F57.7 1.31.5 優秀

今年叩き1戦の馬のBOXだけであたりだったのに
ステファノスを軸にして死亡
○▲なんだから馬連で買うべきだった。
しかも万馬券を逃すとか大失態だ。
ステファノスを信頼しすぎた。

サトノアラジンは早いペースで折り合いがついていた
直線大外にだしての追い込み
今まで囲まれてまともに走れなかったのが今回は前に馬がいないので能力を出し切った
高速決着のときはストームキャットの血が発揮される
カナロアのときも1.2着だった。

ロゴタイプも早いペースで逃げていたが
粘り切って2着で1.31.5は相当強い
3歳の皐月賞の頃の状態に戻ってきたのだろう

ステファノスは直線で余裕があるかに見えたが追い出してみたら全然伸びなかった
1600のハイペースで追走経験がなく脚を溜めれなかったのか?
大阪杯がG1になって限界まで仕上げた反動だろうか?
今まで距離短縮はG2で叩きだったが今年は仕上げてたのもあるか。

アンビシャスはスローの上り勝負専用馬なのでペースが速すぎてダメだった
もしかしたら2400とかの長距離で溜めまくった方がいいのかもしれない

レッドファルクスは3番人気とかありえねーと思ってたが
3着まで来るとはびっくりだ
完全に短距離馬だと思っていた。

エアスピネル内側ぴったりで来たが出れず
武豊にしては珍しく下手だったな

グレーターロンドンは初G1で1.31秒台に対応
この馬凄いわ
無事なら1年後凄い馬になってそうだ

今年はまったくアタラネーゼ

第67回 安田記念(GI) 

このレースは
疲労が無い実績馬が強い
休み明けだったグランプリボス、アドマイヤマックス
1戦だけのモーリス、ダイワメジャー、アサクサデンエン、スイープトウショウ、グラスワンダー、ストロングリターン

今年1戦の馬
サトノアラジン
イスラボニータ
ロゴタイプ
ディサイファ

距離短縮も強い
ジャスタウェイ
ショウワモダン
ディープスカイ
ショウナンマイティ
ダイワメジャー
ツルマルボーイ
アサクサデンエン
アドマイヤマックス

距離短縮はステファノス、ロゴタイプ、アンビシャス、ディサイファ

ディサイファはさすがにいらんだろう残った馬全部買えばいい

◎ステファノス
大阪杯からの距離短縮ローテ
休み明け[1.0.1.5]
2戦目以降[4.4.3.4]
休み明けは全くダメなのは厩舎の仕上げだろう
だが狙ったG1では確実に着順を上げてくる
二戦目以降の着外4回は
香港C10着 海外は仕方ない
宝塚記念5着 内回り+馬場が悪い
皐月賞5着 内回り
白梅賞5着 浜中の糞騎乗と内回り
海外以外の3回は内回りコースで直線が短い
東京の広いコースで走ればほぼ連に入ってくる。


○ロゴタイプ
去年はスローだったにしてはやたら強かった
天皇賞秋も最後1Fまでは内側で2番手に抜け出ていたのだがゴール前で失速、距離が限界だった
香港マイルでは日本馬で最先着
中山記念は叩き
今年も逃げ馬がいないのでこの馬のペースでいけるだろう
前いった馬が圧倒的有利な馬場も味方するはずだ

▲サトノアラジン
この馬は瞬間的な加速が遅いので毎回不利受ける
マイルCSは浜中にやられて進路が塞がって終わり
安田記念も前のスペースがなかなか無くて加速したのはゴール前だけ
本当はもっといい着順なはずだ
京王杯も前の馬が邪魔でなかなかスペースがなかった空いたと思ったらゴール
しかも雨で加速が鈍って入れなかった
今回は良馬場で内側ぴったりを回ればいいだけのレース
下手に外だしたらダメだ

△イスラボニータ
マイラーズカップを勝ってしまったのだけが不安だ
しかも1.32.2はダメージが残るレベル
調教めちゃくちゃやってマイラーズカップを勝ちにいったように思える
今回連をはずしたら疲労だろう

△ビューティーオンリー
香港マイルで日本馬を相手にしなかった
能力を出し切れば2着は十分ありえる

△アンビシャス
一瞬の加速では凄いものがあるのだが勝ちに繋がらない
馬群が固まった状態の上り勝負だったら2着はありそう

3連複一頭軸流し10点X100 
04-12-18 208.4
04-14-18 142.2
04-15-18 36.3
04-16-18 302.6
12-14-18 335.5
12-15-18 61.2
12-16-18 505.2
14-15-18 58.9
14-16-18 402.4
15-16-18 66.5
万馬券もあるぞ

アンナヴァンの15 馬名が決まっていた 

競走馬名が決定しました。

競走馬名: アンナベルガイト
欧字表記: Annabergite
意味由来: 未来と希望、自由を象徴する石。パワーストーンの一種

珍しく連想じゃない名前がついたな
微妙に読みにくいが、ンイを抜けばアナベルガトーに似てるからまあいいか。
ジオンのエースと同じ名前だったら糞強そうだったがな。

第84回 東京優駿(GI) 大外れでハーツライ 

13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4
物凄いスローペース最後の3Fまでに11秒が2F目の11.2しかない
あまりにも緩い上がりだけのレース

レイデオロはパドックで暴れてるしこれは大丈夫なのかと思ったらレースでは折り合いがついてた
外人は折り合いつけるのが異様に上手い。
5Fのところで遅すぎて上がって、二番手にいって早め先頭から末脚を持続させて勝った
昔の絶好調だったときのアンカツを思い出す
ペースが遅かったら自分で動くってのが最近なさすぎる
折り合いと馬をコントロールする技術があるからやれるのだろう。
ルメールすごい。

期待したペルシアンナイトはスタートから頭あげたり
外で折り合うのに苦労してレイデオロが動いたところで一緒に動いてペースがあがって多少折り合ったが
直線までまともに折り合うことができなかった。

直線でかなり頑張って伸びていたが坂を上がったところで力尽きた
やっぱり調教に乗って折り合いを確認してないのはダメだわ。
パドックは落ち着いてて柔らかい歩様でこれはやれると思ったのになぁ
レースはまったく折り合い付かないとか想定外

スワーヴリチャードは内側ぴったりで折り合い
直線だけ外の完璧な乗り方
それで勝てないのだから力が足りなかった

アドミラブルはスローで後方になり
4コーナーからずっと外回って絶望的な位置から大外追い込んできた
33.3でよく3着まで来たと思う
一番強い競馬をやってる。
まともな平均ペースだったらこの馬勝ったんじゃないのかな
青葉賞みたいに3コーナーから捲っていくべきだった。

馬券は大外れだ。
予想の前に書いたデータの残った馬のBOXでよかったじゃんか、配当に目が眩んで変えたのが、アホ過ぎる






第84回 東京優駿(GI) 


アドミラブルは青葉賞のタイムがやばい2.23.6
これで走ったら普通に勝つレベル
ソウルスターリングがチューリップ賞ですごいタイムで勝ったあと桜花賞で
思ったほど伸びず3着に負けたが
あれは関西に二回輸送とトライアルで走りすぎた疲労だろう
アドミラブルは今回このパターンだと思う

◎ペルシアンナイト
皐月賞は5F59.0だが馬場が軽すぎて先行馬は楽な展開だった
この馬は5Fのとこから上がっていって緩むところで動いている
息の入るところがなかった。
それで坂あがって2着は相当強い
同じ位置で動いたカデナは伸びなかった
安定して3着以内は確保するしダンツフレームに似ている

○レイデオロ
今回は写真でみても銭型がでて艶がよくなってる
皐月組では一番疲労がないはず
末脚はしっかりしているのであとは位置取りだが
ルメールなら内側ぴったりで来るだろう
気になるのはサンデーがない血統だ

▲アドミラブル
疲労だけ
まともに走れば勝てるでしょう。

△スワーヴリチャード
トライアル使ってない余裕ローテ
皐月賞は外を回った影響

△カデナ
弥生賞で負かした馬が青葉2着にプリンシパル勝ち
ベストアプローチがアドミラブルと0.4
カデナと弥生賞で0.3
直線の短いスローの上り勝負で0.3なのだから
比較でいけばアドミラブルと差はないはずなのだが。

馬連 BOX 3点 300円
11-12 100
11-18 100
12-18 100
馬連流し4点  400円
04-11 100
11-13 100
04-18 100
13-18 100

1.59.0以内の皐月賞出走馬のダービー成績 [4.2.2.20] 

アルアイン 1.57.8 1着
ペルシアンナイト 1.57.8 2着
ダンビュライト 1.57.9 3着
クリンチャー 1.58.1 4着
レイデオロ 1.58.2 5着
スワーヴリチャード 1.58.2 6着
ファンディーナ 1.58.3 7着
ウインブライト 1.58.3 8着
カデナ 1.58.3 9着
トラスト 1.58.6 13着
1.59.0以下の決着で59秒以下で走れた着順
2016は7着まで 2着マカヒキが1着  3着サトノダイヤモンドが2着
2015は6着まで 1着ドゥラメンテが1着
2013は9着まで 2着エピファネイアが2着
2009は3着まで 13着リーチザクラウンが2着 14着ロジユニヴァースが1着
2004は2着まで 14着ハーツクライが2着
2002は5着まで 3着タニノギムレットが1着
一頭はダービーで連にくる
今年の皐月賞は14着までが1.59.0以内なのだから馬場が早い以外ありえないインチキ馬場

弥生賞からのローテがマカヒキ、エピファネイア、ロジユニヴァース 
皐月前にトライアルを使わない余裕ローテがドゥラメンテ、リーチザクラウン、サトノダイヤモンド

ハーツとギムレットは次を使ってダービーに出るくらいの体力があった。
今年はこのパターンはいない

今年
弥生ローテ
カデナ

余裕ローテ
スワーヴリチャード、レイデオロ、アメリカズカップ

アメリカズカップはさすがに弱すぎて駄目だろう

年明けぶっつけで皐月を叩いたレイデオロは他より疲労がない
スワーヴリチャード、カデナも叩き1戦で皐月賞も末脚不発でそこそこに負けてるので疲労はない
この3頭のどれかは連に来るはず

疲労という意味ではサトノアーサーは毎日杯からのぶっつけで高速タイムのダメージもない
アドミラブルは疲労との闘いだろう
最後の直線さすがに苦しくなって寄れていた
2:23.6なんて早いタイムで走ったら相当負担になる
なんかペルーサぽい
あの時のダービーもエイシンフラッシュは余裕ローテで
3着ヴィクトワールピサが弥生ローテだった

また再募集きた 


◆再募集馬一覧(募集馬名 口数)◆
42.リビアーモの15  2
44.ウィルパワーの15  4
53.トゥハーモニーの15  125

前回 トゥハーモニーないなと思ったらなぜか今回で125とかどうなってるんだろか?
これだけあるなら前回ので出せたはずだが、ここまで引っ張ったのは何故だろう
|゚д゚) ぁ ゃ ι ぃ


第78回 優駿牝馬(GI) ハズレ 

12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6
5F61.7 2.24.1 
スローなのにオークスで二番目のタイム
馬場が軽すぎる

後半11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6
前にいた馬がそのまま伸びているのだから、これでは後ろにいた馬はもう勝負にならない
ソウルスターリングは2番手から突き抜けている
モズカッチャンも5番手の内側から伸びてきている

リスグラシューパドックで馬体みたいときにあまりにも細すぎた
中段後方から内側を狙ったが前が邪魔になって割って出てきたが
だいぶ離れた5着
3F34.2はソウルスターリングが前で34.1なので完敗
2400で強気に前にいって持続力を発揮する体力がなかったように思う
直前の調教もウッドで流したのも馬体がギリギリだったのだろう。

アドマイヤミヤビはよく差してきたが位置が後ろすぎた
前が止まらないのに直線で一番後ろのほうではどうにもならない
0.7秒も離された。

モズカッチャンは先行して34.1で伸びている
前半の位置取りの差がそのままでただけで相当強い
良馬場では3連勝だったことをもっと評価するべきだった

ソウルスターリング
二番手で内側ぴったりで直線だけ中央
直線でモズカッチャンが並んだように見えたところから突き放してしまった。
スピードの持続力と坂を上がってまだ加速できるスタミナ
すごい馬だわ
フランケル産駒は軽い馬場のスピード勝負がいいようだ
秋華賞もでれば勝てるだろう

ヤマカツグレースは大失速
2000までだった
こんなのに印つけたのはダメだわ

馬券は3連複で大外れ
2着買ってないし|←樹海|         オワタ┗(^o^ )┓三
最近の記事
リンク
RSSフィード
カウンター
カテゴリー
最近のトラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
疲れたときは
月別アーカイブ